故人の入れ歯を処分する方法4つ! リサイクルもできるって本当?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「故人の入れ歯はどうやって処分すればよいのか?」とお困りではありませんか? 生前、故人の食生活を支えてきた大切な入れ歯は、遺族にとって処分に悩むものの1つでしょう。一緒に火葬してあげるべきなのか、別の方法で処分すべきなのかも迷いますよね。

この記事では、故人の入れ歯を処分する方法について、詳しくご紹介しましょう。

  1. 故人の入れ歯はどうすべきなのか?
  2. 故人の入れ歯を処分する4つの方法
  3. 故人の入れ歯はリサイクルできるのか?
  4. 故人の入れ歯処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、入れ歯を遺体の口に入れるメリット・デメリットや、買取に出す方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.故人の入れ歯はどう処分すべきなのか?

まずは、遺体に入れ歯をするメリットやデメリットなどをまとめました。

1-1.顔つきを整えることができる

入れ歯をしていないと生前と顔つきがかわってしまうため、顔つきを整えるために遺体に入れ歯をする人も多いでしょう。特に総入れ歯だった場合は、入れ歯をしていないと顔の印象が大きく違います。「できるだけきれいな顔のまま旅立ってほしい」と遺族が願うのは当然のことです。また、「あの世でも食事ができるように」という思いを込めて、遺体に入れ歯をするケースも多いでしょう。

1-2.逆に違和感が出てしまう場合も

亡くなる前、しばらく入れ歯をつけていなかった場合も多いでしょう。入れ歯はしばらくつけずにいると口に合わなくなり、つけると違和感が出てしまうこともあるのです。また、死後硬直が緩み、口にうまくはまらなくなってしまうこともあります。特に、顔の筋力が低下している高齢者の場合、入れ歯をうまく装着できないケースが多いでしょう。そうなると、違和感があるままの顔つきで旅立つことになってしまいます。

1-3.火葬場で入れ歯を外すよういわれることもある

火葬場によっては、遺体から入れ歯を外すよういわれるケースもあります。入れ歯の素材によっては溶け残ってしまい、骨との判別が難しくなることもあるためです。火葬場ごとに「棺(ひつぎ)に入れてはいけないもの」が決められているため、必ず事前に確認してください。

2.故人の入れ歯を処分する4つの方法

一緒に火葬しなかった故人の入れ歯は、どうやって処分できるのでしょうか。

2-1.火葬後、骨つぼに入れる

遺体と一緒に火葬するのではなく、火葬後、骨つぼに入れてあげる方法もあります。ただし、入れ歯に高価な金属が使われている場合、換金目的で墓荒らしをされてしまう可能性も考える必要があるでしょう。万が一、お墓を壊されてしまった場合は、高額な修理費用がかかってしまいます。

2-2.自治体の回収を利用して処分する

入れ歯を廃棄する場合は、自治体による回収を利用できる場合が多くなっています。ただし、自治体によっては入れ歯を分解し、可燃ゴミと不燃ゴミに分けて出す必要があるところもあるため、注意してください。必ず事前に確認しましょう。

2-3.歯科に処分を依頼する

入れ歯を歯科に持っていけば、医療廃棄物として処分してもらえます。最も確実な方法といえるでしょう。定期健診で歯科を受診する際などに、持っていくことをおすすめします。

2-4.買取に出す

保険外で作られた入れ歯の中には、換金してもらえるような高価な金属を使用しているものもあります。インレーやクラウンなどの部分は買取対象になることもあるため、査定を依頼してみるのもよいでしょう。ただし、買取できる部分以外は引き取ってもらえないケースもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

3.故人の入れ歯はリサイクルできるのか?

入れ歯には合金や銀・パラジウムなどが使われているため、リサイクルすることも可能です。方法をご紹介しましょう。

3-1.日本入れ歯リサイクル協会を利用する

日本入れ歯リサイクル協会では、不要になった入れ歯の回収・リサイクルを行っています。入れ歯をリサイクルすることで得られた収益は、ユニセフや福祉団体に寄付されているのです。世界中の困っている人たちの役に立てることは、故人への大きな供養にもなるのではないでしょうか。

3-2.郵送または回収ボックス設置場所への持ち込み

日本入れ歯リサイクル協会を利用する方法は2つあります。1つ目が、入れ歯を郵送する方法です。消毒した入れ歯をビニール袋に入れてから封筒に入れ、日本入れ歯リサイクル協会あてに郵送してください。2つ目は、自治体に設置されている回収ボックスへ投かんする方法です。消毒した入れ歯を備え付けのビニール袋に入れ、回収ボックスに入れてください。全国の回収ボックス設置場所はこちらから検索できます。

4.故人の入れ歯処分に関するよくある質問

「故人の入れ歯を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.故人の入れ歯を形見として保管してもよいのでしょうか?
A.もちろん構いません。袋や箱に入れて仏壇の引き出しなどに保管しておくとよいでしょう。

Q.入れ歯の買取はどこに依頼すればよいですか?
A.金を取り扱っている買取業者の多くが対応しているでしょう。

Q.  入れ歯は供養したほうがよいですか?
A.供養するかどうかは気持ちの問題でしょう。供養する方法はいくつかありますが、地域によっては入れ歯の供養祭が行われているところもあります。また、遺品整理業者などに入れ歯の供養を受け付けていないか確認してみてください。

Q.入れ歯を換金した場合、いくらぐらいになるのですか?
A.入れ歯1個あたり2,500円の価値があるといわれています。

Q.入れ歯を買取に出す前にやっておくべきことは何でしょうか?
A.使用している金の純度を調べておく必要があります。入れ歯を製作した歯科医師に確認するとよいでしょう。

まとめ

故人の入れ歯を処分する方法について、詳しくご紹介しました。故人の入れ歯を処分する際は、遺族が後悔しない方法を選ぶことが大切です。また、どの方法で処分するにしても、入れ歯を丁寧に扱うことを忘れないようにしましょう。ぜひこの記事を参考に、故人の入れ歯を悔いなくスムーズに処分してください。