古い布団の捨て方がわからない!布団の簡単な処分方法を紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

要らなくなった布団、皆さんはどのように処分していますか?使っていない布団は、場所を取るだけで非常に邪魔ですよね。古くなった布団の捨て方がわからず押し入れにしまったままの方も多いでしょう。そのまま放置していると、 貴重な収納スペースを占領するどころか、カビが発生してしまうことも考えられます。状態のいい布団ならリサイクルする方法もあるのですよ。 この記事では、布団のさまざまな処分方法についてご紹介します。 布団を処分するにはどのような方法があるのでしょうか?

  1. 布団を自治体の粗大ごみ回収に依頼する
  2. 布団を引っ越し業者に捨ててもらうには?
  3. 販売業者に下取りしてもらう方法とは?
  4. 要らなくなった布団はリサイクルできる?
  5. 布団は不用品回収業者に回収してもらおう
  6. 布団の処分についてよくある質問
  7. まとめ

この記事を読むことで、布団を手間や時間をかけることなく処分することができます。自分では重たくて処分できなかった方にも楽に捨てられる方法です。非常に便利なサービスをご案内しますので布団・マットレスの処分に困っている方はぜひ目を通して見てくださいね。


1.布団を自治体の粗大ごみ回収に依頼する

1-1.布団を自分で捨てるには?

布団を自分で捨てる方法は2つあります。1つは、裁断して捨てる方法です。布団を指定ごみ袋に入る大きさまで細かく裁断し、燃えるごみで出します。布団の捨て方がわからない方には、裁断する方法を選択する方も多いです。しかし、大きな布団を裁断する作業は想像以上に労力がかかります。布団の中綿にはダニやダニの死骸・フンが含まれているため、子供や高齢者が吸い込むとアレルギーを引き起こす恐れもあるでしょう。布団の処分方法としては、オススメできません。
布団を自分で捨てるもう1つの方法は、自治体の粗大ごみ回収を利用する方法です。

1-2.自治体を利用した処分方法とは?

日本では、住んでいる地域に、それぞれ粗大ごみを受け付ける窓口が設けられています。居住地の粗大ごみ受付センターに依頼すれば、布団を粗大ごみとして収集してもらえるのです。収集可能な粗大ごみは、各自治体で異なります。市のホームページなどに記載していますので、確認してみてください。また、自治体の粗大ごみ回収は、処分手数料がかかります。

1-3.布団は粗大ごみとして回収してもらえるの?

自治体の粗大ごみ回収は、回収できる品目に制限があります。住んでいる地域により定められている処分ルールが異なるのです。一般的に、指定ごみ袋に入らない大きさのごみを粗大ごみと考えます。最大で30cmを超えるもの、棒状で1mを超える長さのものが粗大ごみです。

  • 自治体が収集しない粗大ごみは、
  • 事業所から出るごみ
  • 車・バイク・タイヤ
  • 農薬や廃油・危険物・爆発物

などが代表的です。
布団を収集しているかどうかは、居住地の自治体ホームページで確認してみましょう。

1-4.自治体の粗大ごみ回収に依頼するには?

自治体の粗大ごみ回収を利用する際の流れをご紹介します。

1-4-1.お住まいの自治体の粗大ごみ受付センターに依頼

収集依頼は、電話かホームページから受け付けています。電話番号は市役所のホームページで確認してください。申し込みの際に必要な情報は、”住所””氏名””電話番号”粗大ごみの品目や大きさ”です。申し込みのときには、収集日や受付番号・品目ごとの手数料のアナウンスがあります。メモを用意しておくといいでしょう。通話時間は5分程度です。

1-4-2.粗大ごみ処理券を購入する

申し込みの際に指定された粗大ごみ手数料は、粗大ごみ券を購入して支払います。粗大ごみ券が買える場所は、スーパーやコンビニです。一部の地域では郵便局でも購入できます。

1-4-3.粗大ごみ処理券を貼り付ける

購入した粗大ごみ券はシールになっています。シールには、受付番号や氏名を記入してください。粗大ごみを収集する人が確認しやすい場所に貼り付けます。

1-4-4.収集日に指定場所まで運搬する

粗大ごみは、決められた収集日に指定場所まで運搬する必要があります。時間も朝8時~9時までに出すよう指示されるでしょう。収集が終わるまでは、粗大ごみ処理券を購入した領収書は保管してください。

1-3.聴覚や音声機能、言語の機能障害がある場合どうする?

電話やホームページを利用できない事情がある場合は、ファックスやハガキで申し込みが可能です。市役所の窓口で相談されても構いません。

1-4.自治体の粗大ごみ回収を利用するメリット・デメリット

自治体の粗大ごみ回収を利用するメリットは、処分費用が安く済むところです。とはいえ、布団は、掛け布団・敷き布団・毛布などそれぞれに費用(200円~)がかかります。処分したい布団の枚数が多い場合は、処分費用が高くなってしまうでしょう。また、収集日は、申し込みから4日以降、最大で2〜3週間くらい時間がかかることも多いです。収集場所までは自分で運搬しなくてはならないので、手間もかかります。布団は各自治体により処分ルールにしたがって出す必要があるのです。丸めてビニールテープで縛る、小さく折って紐(ひも)で結ぶなど、非常に労力を使います。引っ越しや、急いで処分したい方、忙しい方は、ほかの処分方法を検討したほうがいいでしょう。

2.布団を引っ越し業者に捨ててもらうには?

2-1.引っ越し業者に依頼する方法

引っ越しを予定している方は、布団の処分を引っ越し業者にお願いすることもできます。不用品の引き取りサービスを行っている業者に相談してみましょう。

2-2.引っ越し業者を利用した際の手数料は?

引っ越し業者を利用する際に気になるのは手数料ですよね。引っ越しの際に不用品を引き取るサービスは業者によってもさまざまな内容があります。”不用品を買い取るサービス””無料で引き取り””有料で回収”などです。中でも一番お得な方法は、買い取りサービスでしょう。しかし、布団は中古で購入する人が少ないため、買い取る業者はなかなかいません。ですから、引っ越し料金に処分費用を上乗せされるケースも多いのです。引っ越しを安く抑えたい場合は、引っ越し業者に依頼せず、ほかの方法を考えた方がいいでしょう。

2-3.引っ越し業者を利用するメリット・デメリット

布団やマットレスを引っ越し業者に処分してもらうメリットは、手間がかからないところです。引っ越し荷物の搬出と同時に作業してもらえます。デメリットは、不用品の回収を行っていない業者があることと、引っ越し料金に処分費用が上乗せされてしまうことでしょう。さらに、引っ越し荷物でトラックがいっぱいになった場合は、処分する布団を違うトラックに乗せなければなりません。引っ越し荷物の搬出が終わったにもかかわらず、処分する不用品を積むトラックを待つ必要があるのです。すべての積み込みを見届けてから新居へ向かうことになり時間がかかるでしょう。過去には、時間がなく、不用品の積み込みを確認しないまま新居へ向かい、引っ越し業者が不用品を積み込み忘れるというトラブルも報告されています。

3.販売業者に下取りしてもらう方法とは?

3-1.販売業者に下取りしてもらうには?

要らなくなった布団は、新しく買い替える販売店で下取りしてもらえます。販売店によって異なるため、購入する前に、下取りサービスがあるか確認したほうがいいでしょう。下取りには、リサイクル料金や下取り手数料がかかる場合もあります。また、敷き布団・マットレスは下取り不可など、回収する品目に制限を設けている業者も多いです。

3-2.通販で購入する場合はどうなる?

最近では、布団を通販で購入することも一般化してきました。それにより、布団の買い替えをする方へ向けた、布団下取りサービスを行う会社も増えています。通販の下取り方法は、商品を届ける際に配達員へ渡す方法が多いです。業者によっては、こん包キットを使い、消費者が自分で布団をこん包・発送する方法を採ることもあります。

3-3.布団を下取りしてもらう手数料はいくらかかる?

通販会社に下取りしてもらう場合、処分手数料に送料が加算されます。引き取りを希望した場合、通販会社で使えるポイントをもらえるなど、サービスはさまざまです。処分手数料や送料は業者によっても異なるため、購入前に確認しておきましょう。

3-4.布団を下取りしてもらうメリット・デメリット

布団を新しく買い替え場合、要らなくなった布団を下取りしてもらえるのは大変助かりますよね。ただし、こん包の手間や下取り手数料がかからないなどが下取りを利用する条件です。布団の処分だけを考えている方には、下取りを受け付けてもらえないことも多いでしょう。利用できるとしても、手数料や送料が余分にかかってしまうことも考えられます。処分だけを予定している方、処分する布団の枚数が多い方には、デメリットの大きい処分方法です。

4.要らなくなった布団はリサイクルできる?

布団を処分するのではなく、リサイクルする方法についてご案内します。

4-1.どんな布団がリサイクルできる?

布団は、肌が直接触れるものです。汚れや破損が激しいものは、リサイクルが難しいと考えましょう。マットレスは、クリーニングが難しいため、買い取りや引き取りを行う業者も少ないです。買い取りを希望する場合は、未使用品であること、高級羽毛布団や購入から3年以内のものなどが対象になります。状態が良くても、たばこの臭いが染みついているもの、ペットを飼っているご家庭のものは、買い取り不可になることもあるでしょう。押し入れにしまったままの布団はカビが生えていることもあります。よく確認してみましょう。

4-2.リサイクルショップを利用する

リサイクルショップに布団を買い取りしてもらう場合は、店頭に持ち込むか査定に来てもらいます。寝具の買い取りは、基本的に、新品・未使用のものが対象です。リサイクルショップによって、査定内容が異なるため注意しましょう。せっかく店頭に持ち込んだのに買い取りしてもらえなかったということもよくあります。そうなれば、持ち帰る手間も発生するでしょう。布団を買い取りしてもらえるか事前に確認して、持ち込みましょう。リサイクルショップの出張買い取りは、大型家具を対象としたお店が多いです。新品の布団が何枚もあるなどのケースを除き、布団1組などでは、出張買い取りは難しいでしょう。

4-3.ネットを利用したリサイクル方法

新品・未使用・汚れのない布団は、ネットオークションや携帯電話のフリマアプリを利用してリセールすることも可能です。リサイクルショップでは買い取りしてもらえなかったものでも、購入してもらえる可能性は十分にあります。出品・取り引き連絡・こん包・発送などの手間を問題なくこなせる方はぜひチャレンジしてみましょう。ネットを利用した取り引きのデメリットは、相手の顔が見えず個人間のやり取りになるためトラブルに巻き込まれる可能性があるところです。また、いつ落札されるかわからないため時間もかかります。そのあたりを重々確認したうえで、出品しましょう。

4-4.NGOなどに寄付をする

まだ、使えそうな布団を捨ててしまうのはもったいないですよね。布団の処分は、ボランティア団体を通して発展途上国へ寄付する方法もあります。ボランティア団体へ寄付した布団や毛布は、発展途上国の団体へ送られリサイクルされるのです。途上国では、暖かい布団や毛布を必要としている人がたくさんいます。人間だけではなく、動物愛護施設や動物の孤児院などで暮らすわんちゃんの防寒にも最適です。たった毛布1枚、布団1枚でも助かる命があります。捨て方がわからない・処分するにはもったいないと思う布団は寄付をすることで、社会貢献につなげてみてはいかがでしょうか?
ただし、極端に破損や汚れがひどいものやリサイクルできない状態の布団は避けてください。また、寄付する場合には送るときに送料(2000円~)を負担する必要があります。あくまでも善意の寄付ですので事前に理解しておきましょう。

5.布団は不用品回収業者に回収してもらおう

この項では、最も時間と手間がかからない”不用品回収業者”を利用した処分方法をご案内します。

5-1.こんな方は不用品回収業者に依頼しよう

この記事では、さまざまな布団の処分方法をご紹介してきました。
処分方法はわかったけどやっぱり・・・・

  • 「自分で処分する時間がない」
  • 「病気で布団の搬出が難しい」
  • 「処分したい布団が何枚もあり、費用がかかってしまう」
  • 「引っ越しが迫っていて急いで処分したい」

というようなお悩みを抱えている方も多いでしょう。自治体やリサイクルショップ・布団の下取りなどは、利用に条件があります。ですから、上記のようなお悩みでお困りの方は、不用品回収業者を利用する方法が最適なのです。

5-2.不用品回収業者を利用するメリット

不用品回収業者は、回収する品目が幅広く、危険物や生き物、廃油などを除いてほとんどの不用品を回収してもらえます。不用品は1個から回収可能です。電話一本で、なんと、自宅まで取りに来てもらえます。しかも、早ければ即日対応可能!病気や色々な事情で、布団を自分で処分することが難しい方、急いで処分したい方に最適の処分方法なのです。また、不用品回収業者の中には買い取りサービスを行う業者もあります。買い取り不可の不用品も、回収してもらえるため手間も時間もかけずリサイクルすることが可能です。処分したい布団の枚数が多くても、押し入れから出す必要はありません。そのままの状態で依頼すれば、不用品回収業者が運び出してくれるでしょう。費用はかかります。しかし、業者に依頼したほうが、時間と労力をかけて処分するより、はるかに楽に捨てることができるのです。

5-3.トラブル回避!不用品回収業者の選び方

ごみの処分ルールが厳しくなった近年、不用品の処分を不用品回収業者に依頼する人が増えてきました。利用する人が増えるにつれ、業者と消費者間のさまざまなトラブルも問題になっています。中でも、「料金が事前に聞いていた金額と違う」といった料金トラブルが急増中です。そこで、トラブルを事前に回避すべく、不用品回収業者の上手な選び方についてご紹介します。

出張費・見積もり無料

不用品回収業者では、無料見積もりが一般的です。しかし、住んでいる地域や業者によっては、出張費がかかることもあります。まだ利用するかどうか決まっていない段階で費用がかかる業者は避けた方がいいでしょう。出張費・見積もりが無料の業者を選ぶようにしてください。

自治体の許可がある

家庭から出る不用品を回収・買い取りするサービスを営むには、自治体の許可が必要です。許可のない業者に依頼すると、回収した不用品が不法投棄される恐れもあります。きちんと許可を得ている業者は、ホームページの会社概要に記載しているはずです。また、ホームページを持っていない業者には、電話で確認してみましょう。

見積書・領収書を作成してくれる

業者との料金トラブルを防ぐには、見積書の発行が必要です。作業内容も含めてわかりやすく記載したものを用意してもらいましょう。口頭で料金の交渉をしてくる業者には十分気を付けてください。

料金がわかりやすい

不用品回収業者の料金は、業者によって異なります。追加料金やオプションなどが加算されることも多く、料金相場がわかりづらいのです。「思ったより高くなった」ということがないよう、”1個○○円””追加料金なし”などわかりやすい金額を提示してくる業者に依頼しましょう。

臨機応変に対応してくれる

忙しい方では、夜間や早朝に作業を依頼したいことも多いでしょう。”時間の融通が利く””1個から回収可能””年中無休”など、状況に応じて臨機応変に対応してくれる業者だと助かります。

損害保険に加入している

万が一の事故に備えて、損害保険に加入している業者を選びましょう。布団1枚だから、大丈夫だろうと安易に考えトラブルが起きてしまっては遅いです。保険加入業者を選ぶことで安心感もあります。

5-4.不用品回収業者に依頼した場合の料金は?

不用品回収業者の料金体系は、

  • 回収費用(品目ごと)+基本料金+オプション-買い取り料金=合計金額

です。基本料金は、3000円~5000円になります。少量の回収であれば基本料金がかからない業者も多いです。オプションは、エレベーターの有無や搬出経路の状況で加算されます。買い取りしてもらえるものがあれば、回収費用と相殺してもらえるので安く済むでしょう。

安く回収してもらうコツ

家の中の不用品をまとめて処分すれば料金が安くなることも多いです。せっかくですからぜひこの機会に、ほかにも不用品がないか確認してみるといいでしょう。また、業者によっては、ホームページなどに割引券を載せているところがあります。利用金額により料金が安くなるのでぜひ活用してみてください。

5-5.不用品回収業者の回収方法

不用品回収業者の依頼~回収までの流れをご案内します。

  1. 不用品回収業者に回収依頼(電話かホームページから)
  2. 見積日の打ち合わせ(早くて即日)
  3. 自宅にて見積もり(見積金額に納得すればその場で引き取り)
  4. 搬出・運搬
  5. 作業内容確認
  6. お支払い
  7. 終了

以上です。回収依頼は電話かホームページから受け付けています。見積日は自分の都合のいい日時を伝えましょう。布団だけなら、見積日にそのまま引き取りしてもらえます。業者の空き状況によっては即日対応可能な場合もあるでしょう。急いでいる人には大変助かるサービスです。
搬出運搬はもちろん、業者が行います。見積もりどおり作業が終了すれば、お支払いです。買い取りしてもらう場合は、その場で現金が支払われるでしょう。自宅にいながら不用品が処分できるため手間と時間がかかりません。

5-6.こんな業者に注意!無料回収する業者について

昔からトラブルが絶えない業者と言えば、”無料回収”と謳(うた)いながらトラック1台で回っている回収業者です。自治体の許可を得ずまま営業している可能性があります。無料と言いながら高額な料金を請求したのち不法投棄することもあるのです。無料という言葉に惹(ひ)かれる気持ちはよくわかりますが、トラブルを回避するためにも利用を控えた方がいいでしょう。

6.布団の処分についてよくある質問

6-1.濡(ぬ)れて、ぼろぼろになった布団も回収してもらえますか?

不用品回収業者では、回収する品物の状態は関係ありません。処分に困っているものがあれば、どんなものでも相談してみましょう。

6-2.処分したい布団が10枚以上あります。お得な処分方法を教えてください。

不用品回収業者は、処分したい不用品が多ければ多いほど料金がお得になることが多いのです。状態が良ければ、買い取りしてもらえる可能性もあります。不要になった布団がたくさんある方は、処分する労力と時間を考えると業者に依頼する方法が一番お得です。

6-3.引っ越しで出た布団やベッド、不用品をまとめて回収してもらうには?

引っ越しで出る不用品は、トラック1台○○円などパック料金や定額プランを設けている業者に依頼するといいでしょう。引っ越し時期は、業者も混み合うため余裕をもって依頼をしてください。

6-4.ベッドのマットレスはどこに依頼したらいいでしょうか?

自治体の粗大ごみ回収やリサイクルショップではマットレスの回収を受け付けてもらえないことも多いでしょう。マットレスは重たいため、自分で運搬するのも難しいです。不用品回収業者に依頼すれば自宅まで回収にきてくれますよ。

6-5.遺品整理に困っています。故人の使っていた布団や不用品を処分してもらえますか?

もちろんです。不用品回収業者の中には遺品整理も行う業者があります。遺品整理には慣れていますので、作業自体すべて任せることもできるでしょう。不用品だけ回収してほしいといったケースにも対応してくれます。

まとめ

この記事では、布団の上手な処分方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今まで処分が面倒だった布団も、この記事でご紹介した方法を利用すれば、楽々処分できます。邪魔だった布団が家から無くなれば、収納スペースも増え、カビやダニの心配もありません。捨てる量や不用品の数で自分にあった処分方法を選択してください。忙しい方、自分で処分できない方は、不用品回収業者に依頼すれば、時間や手間をかけることなくスピーディーに処分可能です。処分したい不用品がほかにもある場合はまとめて依頼するといいでしょう。