遺品整理で冷蔵庫を処分する方法は? 遺品整理業者に依頼するメリットも

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

遺品整理で出てくる不用品はたくさんありますが、中には冷蔵庫など自治体回収ができないものもあります。自治体で捨てるのが困難な遺品をどうすればいいのか、悩んでいる方は多いでしょう。また、不用品が多すぎて遺品整理を思うように進めることができないケースもあります。そこで、手助けになってくれるのが遺品整理業者です。

本記事では、遺品整理で冷蔵庫を処分する方法や遺品整理業者に依頼するメリットを解説します。

  1. 冷蔵庫を処分する前に確認すべきポイント
  2. 遺品整理で冷蔵庫を処分するには?
  3. 遺品整理で出た冷蔵庫の処分費用
  4. 遺品整理業者を利用するメリット
  5. 冷蔵庫の処分と遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で出た冷蔵庫を処分するコツなどが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.冷蔵庫を処分する前に確認すべきポイント

まずは、冷蔵庫を処分する前に確認すべきポイントをチェックしておきましょう。

1-1.冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目

最初にチェックしてほしいポイントは、冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になっている点です。家電リサイクル法とは、家電に含まれている部品を再利用すること・廃棄量を減らすことを目的とした法律となります。製造メーカーによる回収とリサイクルが義務づけられているため、自治体回収での処分ができません。そのことを知らずに、ゴミ捨て場へ冷蔵庫を持って行ってしまう人がいます。誤った方法で処分すると不法投棄とみなされ罰金が科せられることもあるので注意してください。

1-2.正常に稼働するかチェック!

家電リサイクル法に則(のっと)った方法で処分しなければなりませんが、まだ使える状態の冷蔵庫は買取に出すことも可能です。遺品=買い取ってもらえないというイメージから、査定に出さず捨ててしまう人が多いでしょう。たとえ、遺品であっても壊れていたり不具合が出たりしていない限り、買取対象になる可能性があります。買い取ってもらうことができれば処分費用はかかりません。だからこそ、処分する前に冷蔵庫がしっかりと稼働するか確認が必要です。

2.遺品整理で冷蔵庫を処分するには?

では、遺品整理で冷蔵庫を処分するには、どうすればいいのでしょうか。

2-1.自分で冷蔵庫を処分する

前述したように、冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収での処分ができません。自分で冷蔵庫を処分する場合は、製造メーカーに問い合わせて回収してもらうことになります。リサイクル料金の支払いが必要になるため、郵便局にある振込用紙でリサイクル料金を支払ってください。そして、購入した家電リサイクル券を持って全国にある指定取引場所へ冷蔵庫を持ち込みましょう。指定取引場所に関しては、各自治体に問い合わせをすれば確認できます。ただし、冷蔵庫は個人での持ち運びが困難なため、運べない場合は代わりに運搬してくれるか問い合わせてください。

2-2.遺品整理業者・不用品回収業者に依頼する

自分で廃棄するのが難しい・遺品がたくさんあるという方は、遺品整理業者や不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。遺品整理業者は故人の持ち物を整理分別して不用品を処分し、不用品回収業者は不用品回収を行います。遺品整理で冷蔵庫を処分する場合は、遺品整理業者に依頼したほうがスピーディーに終わらせることができるでしょう。自分たちで遺品を整理したり、不用品を処分したりする手間が省けます。

2-3.使える冷蔵庫は売却する

まだ使える冷蔵庫をゴミとして処分するのはもったいないことなので、買取専門業者やリサイクルショップに売却するのも選択肢の1つです。ほとんどの買取業者では冷蔵庫を積極的に買い取っているでしょう。生活には必要不可欠な生活家電の1つになるため、中古でも需要があるからです。発売されたばかりの冷蔵庫なら高価買取が期待できるかもしれません。買取専門業者やリサイクルショップ以外にも、ネットオークションで売却する方法があります。個人でも出品できるシステムで利便性はありますが、冷蔵庫を自分でこん包し落札者へ送らなければならないという手間がデメリットです。

3.遺品整理で出た冷蔵庫の処分費用

ここでは、遺品整理で出た冷蔵庫の処分費用について解説します。

3-1.リサイクル料金は約3,672円~

冷蔵庫の場合、リサイクル料金は容量によって異なります。170ℓ以下は3,672円(税込)、171ℓ以上は4,644円(税込)です。あくまで大手メーカーのリサイクル料金となっているため、具体的な費用に関しては、一般財団法人家電製品協会のホームページを確認してください。なお、大手メーカーに属さないそのほかの企業商品は、170ℓ以下で5,146円(税込)、171ℓ以上で5,578円(税込)となります。

3-2.業者に依頼する場合はサービス内容で異なる

遺品整理業者または不用品回収業者に依頼する場合、サービス内容や不用品の量などによって異なるため、見積書の内容を確認することが大切です。たとえば、不用品回収業者に依頼すると、冷蔵庫は約4,000~が回収費用になるでしょう。遺品整理業者に依頼する場合、冷蔵庫だけでなく遺品すべてを片付けてもらうことになります。その場合は、間取りや作業員の人数で費用が変わるでしょう。主な費用は以下のとおりです。

  • 1K(作業員人数2名):34,800円~
  • 1DK(作業員人数2名):59,800円~
  • 1LDK(作業員人数3名):79,800円~
  • 2DK(作業員人数3名):119,800円~
  • 2LDK(作業員人数4名):149,800円~
  • 3DK(作業員人数5名):179,800円~
  • 3LDK(作業員人数5名):199,800円~
  • 4DK(作業員人数6名):229,800円~
  • 4LDK(作業員人数6名):259,800円~

3-3.収集・運搬料金は約3,000円~

リサイクル料金のほかに、収集・運搬料金が数千円かかることがあります。業者によって費用は変わりますが、目安は約3,000円~です。不要になった冷蔵庫を回収するには手間がかかるので、高額になるケースもあります。家電リサイクル券を購入して回収を依頼する際も、運搬・収集費用どちらとも消費者が負担する仕組みです。販売店に回収を依頼する場合も有料となるので、いくらぐらいかかるのか詳細をしっかりとチェックしておきましょう。また、業者の中には、追加費用といって高額な費用を請求する悪質な業者が存在しています。念のため、追加費用が発生するケースも確認が必要です。

4.遺品整理業者を利用するメリット

ここでは、遺品整理業者を利用する主なメリットを解説します。

4-1.短時間で遺品整理を済ませられる

遺品整理業者を利用する大きなメリットは、短時間で遺品整理を済ませられることです。遺品の量が多いほど、ゴミの分類や処分に手間と時間がかかってしまいます。遠方で住んでいる人にとっては、通うたびに交通費も高くついてしまうことになるでしょう。けれども、遺品整理業者に依頼すればわざわざ通う必要もなく、自分の代わりに遺品を整理してくれます。遺品整理は親族が集まりやすい四十九日などの法事に行うのがベストだといわれていますが、賃貸物件の場合はスピーディーに終わらせなければなりません。遺品整理が遅くなればなるほど賃貸料を支払わなければならなくなるからです。自分たちでなかなか作業が進まないという方は、プロの遺品整理業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

4-2.冷蔵庫など大型家電や大型家具の運び出しが不要

冷蔵庫・洗濯機・ソファー・ベッドなどの大型家電や大型家具の運び出しが任せられるのも、遺品整理業者に依頼する大きなメリットです。特に、2階以上に置いてある場合、自分たちで運搬するのはなかなか困難なことでしょう。無理に運び出しを行うと大ケガをする恐れがあります。遺品整理業者は遺品整理のプロなので、どのようなものでもスピーディーかつ丁寧に運び出しを行うことができるのです。

4-3.遺品整理サービスが充実している

遺品整理業者の中には、遺品整理サービスが充実しているところもあります。たとえば、遺品整理や不用品の回収などを行っているファンデックスでは、遺品整理はもちろん、デジタル遺品処理・遺品供養・遺品買取とさまざまです。パソコンやスマホに入っているデータの処理から、位牌(いはい)などの供養まで請け負っています。また、買取サービスを行っているため、遺品の中から買取も可能です。できるだけ、処分費用を抑えたい方にとっては大きなメリットなのではないでしょうか。

4-4.体力的な負担が軽減できる

年を重ねるほど体力がなくなり、遺品整理をしたくても体力が追いつかないというケースが多いでしょう。体力的な問題を抱えている方でも、遺品整理業者に依頼すれば安心して作業を進めることができます。大型家具や大型家電の搬出はもちろん、不用品の処分まで依頼できるので気力・体力ともに消耗することなく遺品整理ができるでしょう。普段力仕事をしていないのに急に重いものを運んだ結果、ぎっくり腰やヘルニアになってしまった方もいるので無理はしないでくださいね。

5.冷蔵庫の処分と遺品整理に関してよくある質問

冷蔵庫の処分と遺品整理に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.冷蔵庫の買取相場はいくらか?
A.状態や型番・製造年などによって異なりますが、2012年製造で約1,000円~、2016年製造で約6,000円~が目安です。あくまで目安となるため、具体的な査定額が知りたい方は無料査定を依頼してください。複数の業者から出た査定額を比較すれば、最も高値がついた業者に買い取ってもらうことができるでしょう。

Q.ネットオークションやフリマアプリでも売れるのか?
A.冷蔵庫を自分で売却する場合、ネットオークションやフリマアプリを利用することも可能です。インターネットを通して全国から買い手を見つけることができるでしょう。また、自分で希望額を設定できるのもメリットです。ただし、すぐに買い手が見つかるとは限りません。たとえ、落札されたとしても自分でこん包し運搬しなければならないので手間と時間がかかってしまいます。

Q.遺品整理業者選びのポイントは?
A.遺品整理業者を選ぶ際は、料金設定が明確になっているか確認してください。ホームページ等で料金体系が明確になっている業者は安心して依頼できる証拠です。見積書の内容も内訳が記載されているか、追加料金が発生するケースはどんなときか確認しましょう。また、遺品整理士が在籍しているかも要チェックです。遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会から発行されている民間資格となります。遺品整理士が在籍している業者は、遺品に対する扱いが丁寧なので安心して任せることができるでしょう。

Q.依頼前に準備しておきたいことは?
A.遺品整理にかかる費用や形見分けについて決めることです。遺品整理において、親族間とのトラブルが相次いでいます。誰が費用を負担するのか・形見分けの仕方などについてトラブルにならないためにも、親族間でしっかりと話し合い決めておきましょう。遺族の全員が気持ちよく作業を終えるために、丁寧に検討することが大切です。

Q.遺品整理の注意点は?
A.故人に借金などの負債がないか必ず確認してください。故人の遺産には、負債も含まれているからです。1度、遺品整理に着手すると相続放棄ができなくなるため、負債も相続することになります。相続破棄を検討している方は、遺品整理を始めないように注意してください。遺品整理をする前に、故人の遺産状況を必ず確認すると同時に、相続権のある親族と話し合うことも大切です。遺品整理をする前にすべての相続人に合意を得る必要があります。

まとめ

遺品整理で冷蔵庫を処分する場合、自分で捨てるか不用品回収業者に依頼するかになるでしょう。自分で処分するなら自治体回収を利用することになりますが、冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目なので自治体回収での処分ができません。家電量販店または小売店に引き取ってもらう、または回収業者に依頼してください。遺品整理業者なら、要らないものがまとめて処分できます。遺品整理もスピーディーに終わらせることができるでしょう。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア