遺品整理で家具をお得に処分するコツは? 業者に依頼するポイントも

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

遺品整理で不要になった家具をどうやって処分すればいいのか、悩んでいる方は多いでしょう。すべて木材でできている家具は燃えるゴミとして捨てることができますが、一辺が30cm以上の場合は粗大ゴミ扱いとなります。また、遺品の量が多ければ多いほど、ゴミの分類や処分に手間と時間がかかってしまうでしょう。

そこで、本記事では、遺品整理で家具をスムーズかつお得に処分する方法を解説します。

  1. 家具を処分する前に確認すべきポイント
  2. 遺品整理で家具を処分するには?
  3. 遺品整理で出た家具の処分費用
  4. 遺品整理業者を利用するメリット
  5. 家具の処分と遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で出た家具を処分するコツが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.家具を処分する前に確認すべきポイント

最初に、家具を処分する前に確認すべきポイントをチェックしておきましょう。

1-1.正常に使えるか状態をチェックする

まずは、遺品整理で出た家具の状態をチェックしてください。まだ正常に使える状態なら、処分ではなく買取に出すことができるからです。買い取ってもらうことができれば、処分費用の節約につながります。遺品整理では不用品がたくさん出るため、売れるものは売却したほうがお得です。自分にとってはゴミと思える家具でも、買取対象になるかもしれません。壊れていたり不具合が出たりしている家具は買取不可になりますが、正常に使える状態ならほとんどの業者で買い取ってもらえるでしょう。

1-2.引き出しの中身をすべて出しておく

家具を捨てる際のトラブルとしてよくあるのが、引き出しを確認せずにそのまま捨ててしまったというケースです。1度捨ててしまったものは手元に戻ってきません。テーブルなど引き出しの中には、故人の形見が入っていることもあるので捨てる前にしっかりとチェックしておきましょう。後でトラブルにならないためにも、入念に確認することが大切です。

2.遺品整理で家具を処分するには?

それでは、遺品整理で家具を処分する主な方法をチェックしておきましょう。

2-1.自治体回収で処分する

家具は処分方法が法律で決まっていないため、自治体回収での処分が可能です。ただし、大きさや素材によってゴミの分類が異なります。たとえば、一辺が30cm以上の家具は粗大ゴミになる自治体がほとんどです。一辺が30cm以内であれば燃えるゴミとして処分することもできますが、金具部分を外さなければなりません。ゴミの分類や処分方法に関しては、自治体のホームページ等で確認してください。

2-2.遺品整理業者・不用品回収業者に依頼する

自治体回収で処分するほかに、遺品整理業者・不用品回収業者に依頼する方法があります。遺品整理業者は不用品の回収だけでなく、遺品の片付けなどさまざまなサービスを展開しているのが特徴です。一方、不用品回収業者は名前のとおり、不用品の回収を行っています。遺品整理の方は、遺品整理業者を利用するのがおすすめです。遺品整理業者を利用するメリットについては、後ほど【4.遺品整理業者を利用するメリット】で説明するのでぜひチェックしてください。

2-3.買取専門業者・リサイクルショップに売却する

壊れていない・不具合が出ていない家具なら、買取専門業者またはリサイクルショップに売却する方法も選択肢の1つです。デザイナーズ家具や人気ブランドの家具など、中古市場で需要がある種類は買取専門業者に依頼するといいでしょう。買取専門業者は中古市場の需要を把握しているので、より適切な査定額を提示してくれます。買取専門業者で買い取ってもらえなかった家具は、リサイクルショップに売却してください。査定額は下がってしまいますが、買い取ってもらえる可能性があります。

2-4.引き取りサービスを行っている家具屋

新しい家具の購入を検討している方は、引き取りサービスを行っている家具屋に依頼するのも方法の1つです。家具・インテリア用品量販店の中には、新しく購入する家具と同じ数量・容量であれば古くなった家具の引き取りサービスを行っているところがあります。新しく購入する方限定という条件があるところもありますが、購入と処分が同時に利用できるのは大きなメリットといえるでしょう。

3.遺品整理で出た家具の処分費用

ここでは、遺品整理で出た家具の処分費用を解説します。

3-1.粗大ゴミの料金は200円~

自治体回収で処分する場合、粗大ゴミは燃えるゴミや燃えないゴミとは違って費用を支払わなければなりません。家具の種類や大きさ・自治体によって費用は異なりますが、200円~で処分できるでしょう。具体的な費用に関しては、自治体のホームページ等で確認してください。なお、粗大ゴミ処理券と呼ばれるシールをコンビニまたはスーパーで購入することになります。シールを家具の目立つ場所に貼りつけてから回収指定場所に持ち運ぶという流れです。衣装タンス・本棚・テーブルなど大型家具を処分する場合、自分たちで運搬ができなければ自治体に運搬をお願いすることもできます。

3-2.不用品回収業者の場合は約5,000円~

不用品回収業者に家具の処分を依頼する場合、基本料金として約2,000~3,000円を支払う必要があります。基本料金の上に、品物ごとの回収費用が加算される仕組みがほとんどです。家具は大きさや容量によって費用が大きく異なるでしょう。ベッドで約9,000円~、タンスで約6,000円~、食器棚で約3,000円~とバラバラです。余裕を持って1万円は見積もったほうがいいかもしれません。また、不用品回収業者によっては、収集・運搬料金が数千円かかる可能性もあります。家具の処分にいくらかかるのか内訳をしっかりと確認してから依頼しましょう。

3-3.遺品整理業者に依頼する場合は約34,800円~

遺品整理業者は不用品の回収だけでなく、遺品の片付けも行うことになるの部屋の間取りや作業員の人数によって費用が異なります。参考として、遺品整理を行っているファンデックスの料金体系を以下にまとめました。

  • 1K(作業員人数2名):34,800円~
  • 1DK(作業員人数2名):59,800円~
  • 1LDK(作業員人数3名):79,800円~
  • 2DK(作業員人数3名):119,800円~
  • 2LDK(作業員人数4名):149,800円~
  • 3DK(作業員人数5名):179,800円~
  • 3LDK(作業員人数5名):199,800円~
  • 4DK(作業員人数6名):229,800円~
  • 4LDK(作業員人数6名):259,800円~

具体的な費用に関しては、無料見積もりを依頼してください。

4.遺品整理業者を利用するメリット

ここでは、遺品整理業者を利用する主なメリットを紹介します。

4-1.分別や運搬の必要がない

遺品整理ではたくさんの不用品が出てくると思いますが、そこからゴミを分別したり指定回収場所まで運んだりしなければなりません。親族同士で協力し合うことができれば、スムーズに遺品整理を終わらせることができるでしょう。けれども、遠方に住んでいたり、協力者が得られなかったりする場合は自分たちですべての作業を行わなければなりません。体力や気力的にも難しく、大ケガをする恐れもあります。そんなときこそ、遺品整理業者に依頼すべきです。遺品整理業者に依頼すれば、分別を丁寧に行い、要らないものを運び出し処分してくれます。自分で遺品整理を行うよりもスピーディーに終わらせることができるでしょう。

4-2.遺品の供養もしてもらえる

時間と手間がかかる遺品整理を早く終わらせることができるのはもちろん、遺品の供養まで依頼できるのが大きなメリットです。遺品整理業者の中には、位牌(いはい)といった遺品の供養を請け負っているところがあります。遺品の正しい扱い方を心得ているからこそ、適切な方法で供養してもらうことができるのです。処分方法や供養の仕方で悩みがちな不用品まで回収してくれるのは、遺品整理業者のメリットといえるでしょう。

4-3.遺品の買取を行っているところもある

遺品整理業者の中には、遺品の買取サービスを行っているところがあります。遺品は買い取ってもらえないというイメージがあるかもしれませんが、買取は可能です。自分にとっては何でもないものでも価値があったり、高額な査定額がついたりすることもあります。遺品の中から買い取ってもらえるものがあれば、処分費用をその分浮かせることができるでしょう。買取不可になっても回収してもらうことができるため、わざわざほかの業者に依頼する必要もありません。手間を省くためにも、不用品の回収だけでなく買取も行っている遺品整理業者を選びましょう。

4-4.遺品整理業者を選ぶコツ

どの遺品整理業者に依頼すればいいのか分からないと悩んでいる方は、以下のポイントをチェックしながら複数の業者を比較してください。

  • 料金体系が明確になっているか
  • 遺品整理士が在籍しているか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 利用者の口コミが高評価か
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 遺品整理のサービスが充実しているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか

生前整理・遺品整理を行っているファンデックスでは、無料相談を受けつけています。どのような質問にも丁寧に答えておりますので、ぜひ1度ご相談ください。

5.家具の処分と遺品整理に関してよくある質問

家具の処分と遺品整理に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.家具を分解したら燃えるゴミとして処分できるのか?
A.粗大ゴミとして処分するのは面倒だからと家具を分解して燃えるゴミとして処分する方がいます。確かに、分解すれば燃えるゴミとして処分できるでしょう。組み立て式なら素人でも簡単に分解できますが、誤ってケガをしたり分解に手間と時間がかかったりします。組み立て式ではない家具は分解が難しいのでおすすめしません。

Q.どんな家具が高く売れるのか?
A.中古市場で需要があるのは、人気ブランドやデザイナー家具です。ブランド家具は元値が高く需要もあるため、ほとんどの買取業者で高価買取が期待できるでしょう。ただし、ブランド家具であっても壊れていた本来の働きをしなかったり、損傷が激しかったりすると買取不可になることもあります。また、小さな子どもがシールを貼りつけて跡が残ってしまったケースも同様です。

Q.家具を高く売るポイントは?
A.購入時についてきた付属品をすべてそろえることです。取扱説明書・棚板・ネジなどの付属品をそろえることで高価買取が期待できるでしょう。特に、ブランド家具やデザイナー家具には保証書がついています。保証書はその家具が本物だという証(あか)しになるため、準備しておかなければ買い取ってもらえないというケースもあるのです。事前に、付属品をそろえることをおすすめします。

Q.注意したほうがいい遺品整理業者の特徴は?
A.すぐに査定額を提示し「今なら高く買い取りますよ」という言葉をアピールする業者です。強くアピールしてくる業者は悪徳業者の可能性があります。また、遺品整理士認定協会の認定資格を取得していない事業者も安易に依頼しないほうがいいでしょう。認定資格を取得している業者は、一定水準以上のノウハウとモラルを持っているので安心して依頼できるはずです。

Q.遺品整理業者に依頼する際の大まかな流れは?
A.大まかな流れは以下のとおりです。

  1. ホームページまたは電話で問い合わせをする
  2. 作業前に部屋の広さ・間取り・作業時間・捜索品の有無などヒアリングを行う
  3. 見積書とプランに納得したら作業日を決める
  4. 作業日に遺品の仕分け→不用品の運び出しを行う
  5. 最終確認の後に料金を支払い完了

まとめ

遺品整理で不要になった家具は、自治体回収での処分が可能です。木製でできている家具がほとんどなので、多くの自治体で燃えるゴミとして処分できるでしょう。ただし、一辺が30cm以上となる家具は粗大ゴミ扱いとなります。粗大ゴミの場合は、燃えるゴミと違った方法で処分することになるため、各自治体で処分ルールを確認してください。まだ使える状態であれば、リサイクルショップや買取専門業者に査定を依頼することもできるでしょう。自分で遺品整理ができない場合は、不用品の回収を行っている遺品整理業者に依頼するのも方法の1つです。