遺品整理で衣類を処分する方法は? スッキリ簡単に片付くポイント!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「親の遺品整理をしていたら大量の衣類が出てきたけど、どんな方法で処分すればよいのだろう」とお考えではありませんか? 高齢者は不要になったものを捨てずに保管していることが多いため、遺品整理でびっくりするほど大量の衣類が出てくることがあります。しかし、大量の衣類を処分するにしても、どこにどんな方法で依頼すべきかよく分かりませんよね。それに、不要な衣類でも遺品なので、なるべくきちんと処分したいことでしょう。

そこで今回は、遺品整理で衣類を処分する方法について詳しく解説します。

  1. 遺品整理で衣類を仕分ける方法
  2. 遺品整理で衣類を処分する方法
  3. 遺品整理で衣類を処分する前の注意点
  4. 遺品整理業者を選ぶポイント
  5. 遺品整理で出た衣類に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で効率よく衣類を整理するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.遺品整理で衣類を仕分ける方法

最初に、遺品整理で衣類を仕分ける方法を詳しく見ていきましょう。

1-1.仕分け基準を決めておく

遺品整理で衣類を処分するときは、仕分け基準を決めておくことが大切です。具体的には、以下を参考にしてください。

  • 汚れや傷みがひどい:処分
  • ひどい臭いがする:処分
  • 使用済みの下着類や普段着:処分
  • 特に汚れや傷みがなくキレイな外出着:形見分けや買取に出すことを検討
  • 着物など高価なもの:形見分けや買取に出すことを検討
  • 故人の思い入れが強いもの:形見として保管

形見分けや買取に出すものは、ダンボール1個程度までにし、大量に残さないことも大切です。

1-2.仕分けに必要な道具を用意する

仕分け基準が決まったら、作業に必要な道具を用意しましょう。具体的には、以下を参考にしてください。

  • ゴミ袋
  • ダンボール箱
  • マジック
  • ビニールテープ
  • マスク
  • ゴム手袋
  • 汚れてもよい服装

1-3.基準に沿って仕分けて処分する

仕分け作業に必要な道具をそろえたら、「1-1.仕分け基準を決めておく」を参考に、どんどん仕分けしていきましょう。一つずつじっくり考えていると時間が足りなくなるので、淡々と作業するようにしてください。処分する衣類は、そのまま捨てられるようにゴミ袋やダンボール箱に入れていくと二度手間になりません。最後に、不要な衣類を処分しましょう。具体的な処分方法は、「2.遺品整理で衣類の処分方法」を参考にしてください。

2.遺品整理で衣類を処分する方法

遺品整理で衣類を処分する方法を詳しく解説します。

2-1.自治体回収にゴミとして出す

遺品整理で出た衣類は、自治体回収にゴミとして出すことができます。多くの場合、可燃ゴミに分類されますが、自治体によっては布ゴミや資源ゴミ扱いになることもあるので確認してください。ゴミとして処分するときは、自治体ごとに決められた曜日・時間・回収ルールを守って出しましょう。なお、衣類はそのほかのゴミと分けて袋に入れ、塩を振ってから捨てると気持ちに整理が付くのでおすすめです。

2-2.親族などに形見分けする

遺品整理で出た衣類でも、キレイな状態のものは親族などに形見分けすることも可能です。親族に形見分けすれば、故人の供養にもなります。処分する前に、何か欲しいものはないか親族に確認してみるとよいでしょう。なお、形見分けは必ずしも行う必要はありませんが、後から文句を言われないためにも確認だけはしておくことをおすすめします。

2-3.慈善団体に寄付する

遺品整理で衣類を処分する方法として、慈善団体に寄付することも検討してみましょう。たとえば、以下のようなところに寄付できます。

ただし、汚れや傷みがひどいものは基本的に寄付できません。また、宅配便の送料や利用手数料を負担することになります。

2-4.遺品整理業者に処分を依頼する

遺品整理で衣類を処分する場合、遺品整理業者に依頼する方法がおすすめです。仕分け作業から依頼することも可能なので、遺品整理の負担を大きく減らすことができます。たとえば、手付かずの衣類がたくさんある、汚れや傷みがひどくて手を付けられないという場合も、遺品整理業者に依頼するとよいでしょう。

2-5.買取に出す

遺品整理で出た衣類でも比較的キレイで中古品として使えるものは、買取に出すことも可能です。

2-5-1.衣類買取専門店に売る

遺品整理で大量の衣類を処分する場合、衣類買取専門店に売る方法を考えてみましょう。衣類買取専門店では、中古品として需要がある衣類は1点ごと、そのほかの衣類は1kgいくらといった感じで買取してもらえます。なお、多くの場合、業者の店頭に持ち込む必要があるので、自分の車を手配できることが前提です。また、総じて買取価格が安いので高く売りたい場合には向きません。

2-5-2.リサイクルショップに売る

遺品整理で出た衣類でも、ほぼ未使用で人気ブランドのものや高価な着物は、リサイクルショップに売ることも可能です。買取を希望するときは、直接リサイクルショップの店頭に持ち込んで査定を受けてください。買取可能で提示金額に納得できる場合は、衣類を引き渡して代金を受け取りましょう。なお、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できません。また、有名ブランドの衣類でも、相場より相当安くなるのもデメリットです。

2-5-3.遺品整理業者に売ることも可能

遺品整理業者に衣類を売ることも可能です。買取を希望するときは、業者に査定を依頼してみてください。買取可能で提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼しましょう。なお、遺品整理業者なら、買取不可の場合でも引き取り処分を依頼できます。ただし、引き取り処分の場合は回収費用がかかるのが一般的です。

2-5-4.ネットオークションやフリマアプリでは売りづらい

ネットオークションやフリマアプリに出品し、遺品整理で出た衣類を売ることもできます。しかし、遺品整理で出る衣類は高齢者向けのものが多く、ネットオークションやフリマアプリを積極的に利用する世代とマッチしません。そのため、なかなか落札されない可能性があります。また、衣類が大量にあると出品作業だけでも大変で、落札者とのやり取りもこまめに行う必要があることから、手間や労力に見合わない方法といえるでしょう。遺品の性質を考えても、ネットオークションやフリマアプリでは売りづらいのも事実です。

3.遺品整理で出た衣類を処分する前の注意点

遺品整理で出た衣類を処分する前に注意すべきポイントを確認しましょう。

3-1.着物など高価な衣類は親族に断りを入れておく

着物など高価な衣類を処分するときは、親族に断りを入れておきましょう。親族の中には、故人の形見としてもらいたいと考えている人もいる可能性があるからです。無断で処分すると、親族との間にわだかまりが残ってしまうことがあります。不要な衣類を処分するときは親族に確認して、欲しい人がいないか確認してからのほうがベターです。

3-2.買取に出す衣類はきちんと洗濯やクリーニングをする

買取に出す衣類は、きちんと洗濯やクリーニングをしておきましょう。衣類は、長期間タンスや押し入れの中などで保管すると、シミや害虫が付いていることが多いからです。また、独特の臭いが気になることもあるでしょう。買取業者では、査定時に衣類の汚れや臭いなどを厳しくチェックします。なるべく高く買取してもらうためにも、洗濯やクリーニングを忘れないでください。

3-3.判断に迷う衣類はいったん保留する

処分するか判断に迷う衣類はいったん保留にしておき、最後にもう一度考えましょう。判断に手間取っていると、作業がストップしてしまいます。なお、特に思い入れのある衣類など、処分すると後悔しそうなものは、急いで捨てなくても問題ありません。処分せず大切に保管しておくことも、故人への供養になります。後日、思い入れがなくなったときに処分すればよいのです。

4.遺品整理業者を選ぶポイント

遺品整理業者を選ぶときにチェックすべきポイントを詳しく見ていきましょう。

4-1.遺品整理の実績が豊富にある

遺品整理業者を選ぶときは、遺品整理の実績が豊富にあることを確認してください。実績が豊富にある業者なら、さまざまなケースを経験しているので、柔軟に対応してもらえます。また、効率よく作業を進めてもらえるのもメリットでしょう。最近は、遺品整理の需要が高まるにつれ、新規参入業者が急増しています。実績が乏しい業者では、何かと気が回らず、不満が残りやすいので避けましょう。なお、当ファンデックスも、多数の遺品整理をお受けしてご好評をいただいています。まずは、何なりとご相談ください。

4-2.丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある

遺品整理業者を選ぶときは、丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評があることも大切なポイントになります。遺品は単なる不用品ではなく、故人が残したものです。遺族にとっては特別な思い入れがあるものなのに、雑に扱われるのでは気分を害してしまいます。また、遺品を片付けた後、きちんと掃除をして仕上げていることも確認しておきましょう。

4-3.見積もりは無料

見積もりを無料で行っていることも、信頼できる業者のポイントです。見積もりが無料なら、気軽に問い合わせできます。今は、多くの業者が見積もりを無料にしていますが、念のため確認しておきましょう。中には、見積もりだけでも手数料がかかるケースもあります。特に、個人事業者などで経営が不安定なところは、少しでも利益を確保しようとして見積もりが有料になるケースがあるので注意してください。

4-4.リーズナブルかつ明確な料金システム

遺品整理で衣類の処分を依頼するなら、リーズナブルかつ明確な料金システムがある業者を選ぶことも大切です。遺品整理は、物量や汚れ具合など現場の状況によって大きく費用が異なります。しかし、明確な料金システムがあれば、ある程度目星を付けて依頼することができるので安心です。リーズナブルな料金設定なら、なお助かります。

4-5.買取も積極的に行っている

遺品整理業者でも、買取を積極的に行っているところを選ぶと何かと便利です。遺品整理では、衣類のほか電化製品や家具など、多種多様の不用品が出ます。それぞれ買取に出すのは大変な作業です。しかし、遺品整理業者に依頼すれば、一括して買取を依頼できます。買取してもらえる遺品があれば、衣類などそのほかの遺品の処分費用と相殺できてお得です。

4-6.都合のよい日時と場所で作業してもらえる

遺品整理業者に衣類の処分を依頼すると、都合のよい日時と場所で作業してもらえるので大変助かります。特に忙しくて作業時間が取れないケースや、賃貸物件で退去期限が迫っているケースにも便利でしょう。仕分けの必要もなく大量にあっても依頼できる点でも助かります。また、遺品整理業者は遺品整理のプロなので、どんなに汚れている現場でも問題なく作業してもらえるのもメリットです。

4-7.特殊清掃や消毒作業も依頼できる

遺品整理業者でも、特殊清掃や消毒作業を依頼できることをチェックしてください。遺品整理業務を行っていても、特殊清掃や消毒作業は別の業者に外注しているケースもあるからです。自社で特殊清掃や消毒作業をしている業者のほうが、一連の作業をまとめて依頼できます。また、遺品整理に対する専門知識も豊富なので、より安心できるのもメリットです。

4-8.スタッフが遺品整理士資格を取得済み

信頼できる遺品整理業者の多くは、スタッフが遺品整理士の資格を取得済みです。遺品整理士を取得することは、遺品整理に必要な専門知識をきちんと学んで身に着けた証拠になります。遺品は一般的な不用品とは異なり、故人の供養という意味からも大切に取り扱うことが必要です。遺品整理士がスタッフにいる業者なら、遺族の気持ちを配慮し丁寧かつ必要な作業を効率よく進めてもらえるので、満足度が高いでしょう。

4-9.スタッフが親切で顧客からの評判もよい

スタッフが親切で顧客からの評判がよいことも、忘れずに確認してください。いくら料金が安くても、スタッフの態度が悪かったり遺品を雑に扱われたりすると、後悔する可能性が高くなります。遺品整理は、遺族にとって故人の思い出を整理する意味もあるのです。親切なスタッフに依頼できれば、気持ちもほぐれることでしょう。また、スタッフの対応が親切ならコミュニケーションも取りやすく、気持ちよく取り引きできます。

4-10.古物商など業務に必要な許可を取得済み

遺品整理業者を選ぶときは、古物商など業務に必要な許可を取得済みであることも確認してください。最近では、遺品整理の需要が高まるにつれ、新規参入業者が増えています。中には、業務に必要な許可を得ずに営業している不法業者も含まれているので気を付けましょう。万が一不法業者に衣類の処分を依頼してしまえば、不法行為に加担したのと同等になってしまいます。業者選びの段階で、不法業者でないことを確認しておくことが大切です。

5.遺品整理で出た衣類に関するよくある質問

最後に、遺品整理で出た衣類に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.虫食いやシミのある衣類を活用するアイデアは?
A.傷みや汚れがある部分は、裁断して掃除用のぞうきんとして使用することができます。また、キレイな部分は手芸材料として活用するとよいでしょう。たとえば、キレイな部分の布を少量使い、思い出の品としてくるみボタンに加工するのもよい方法です。

Q.買取対象になる衣類の条件は?
A.以下を参考にしてください。

  • 高級ブランド品
  • ほぼ未使用で汚れや傷み・ひどい臭いがない
  • 購入時のタグ・予備のボタンや・ショップ袋などがある
  • 有名産地の着物(加賀友禅など)
  • 上質な素材を使用している

Q.形見分けにふさわしくない衣類は?
A.汚れや傷みがひどいものや、下着類(未使用・使用済み共)は形見分けにふさわしくありません。

Q.故人の体液で汚れた衣類を自分で処分してもよい?
A.おすすめしません。故人の体液で汚れた衣類には病原菌や雑菌などが繁殖しており、感染症にかかる可能性もあります。遺品整理業者に特殊清掃および消毒作業を依頼し、処分してもらいましょう。

Q.未使用でキレイな衣類でも買取不可と言われたのですが?
A.たとえば、以下のような条件に当てはまるものは買取不可になります。

  • デザインが流行遅れ
  • サイズが極端に大きいもしくは小さい
  • タグが切られているなどの理由で材質やメーカーが判断できない

業者では、中古品として再販することを前提に買取しています。したがって、未使用品でキレイな状態のものでも、中古市場でほぼ需要がないものは買取不可になるのです。

まとめ

今回は、遺品整理における衣類の処分について詳しく解説しました。遺品整理では、大量の衣類を効率よく処分することが大切です。衣類を処分するには、自治体にゴミとして出すほかにも、さまざまな方法があります。中でも、おすすめは遺品整理業者に処分を依頼する方法です。汚れや傷みがひどくても仕分け作業から依頼でき、都合のよい日時と場所で回収してもらえるなど、メリットがたくさんあります。遺品整理をスムーズかつ楽に進めるためにも、信頼できる遺品整理業者によく相談してみてください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア