遺品整理でエアコンを処分する方法は? 遺品整理業者を利用するメリット

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「遺品整理で出たエアコンを処分したいけれど、自治体回収以外でどのように捨てればいいのか」など、エアコンの処分で頭を抱えている方は多いでしょう。基本的に、エアコンは家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収での処分ができません。間違った方法で処分すると不法投棄とみなされる恐れがあります。では、どのように処分すればいいのでしょうか。

本記事では、エアコンを処分する方法や遺品整理業者を利用するメリットなどについて解説します。

  1. エアコンを処分する前に確認すべきポイント
  2. 遺品整理でエアコンを処分する方法は?
  3. 遺品整理で出たエアコンの処分費用
  4. 遺品整理業者を利用するメリット
  5. 遺品整理とエアコンの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で出たエアコンをお得に処分するコツが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.エアコンを処分する前に確認すべきポイント

最初に、エアコンを処分する前に確認すべきポイントを解説します。

1-1.エアコンは家電リサイクル法の対象品目

エアコンを処分する前に、家電リサイクル法について理解することが大切です。家電リサイクル法は、貴重な資源が含まれている家電をリサイクルするための法律で、対象品目になっている家電はメーカーによる回収とリサイクルが義務づけられています。その対象品目の中に、エアコンも含まれているのです。エアコンのほか、冷蔵庫(冷凍庫)・テレビ・洗濯機(衣類乾燥機)の4品目が、家電リサイクル法の対象品目となっています。家電リサイクル法の対象品目は、自治体回収で処分できません。

1-2.正常に稼働できるかチェックする

エアコンを処分する前に、正常に稼働できるか状態を確認することが大切です。正常に稼働できるエアコンは、買取専門業者やリサイクルショップに買い取ってもらえる可能性があります。処分すると費用はかかりますが、買い取ってもらえれば処分費用はかかりません。有名メーカーで人気モデルであるほど中古市場における需要があるため、高価買取が期待できるでしょう。買取可能な状態か、ある程度自分で確認しておきましょう。

1-3.賃貸物件は大家または管理会社に確認

賃貸物件の場合、エアコンはもともと備えられていたものである可能性があります。住人が亡くなった際、エアコンが賃貸物件の設備なのか、それとも故人が持参して取りつけたものなのか確認しておかなければなりません。もともと備わっていたものなのに勝手に処分したり売却したりしてしまうと、後でトラブルになる恐れがあります。賃貸物件の場合は、大家または管理会社にしっかりと確認を取っておきましょう。

2.遺品整理でエアコンを処分する方法は?

では、遺品整理で処分することになったエアコンは、どのようにして捨てればいいのでしょうか。

2-1.家電リサイクル法に基づいて処分する

自分でエアコンを処分する場合、家電リサイクル法に基づいて捨てることが大切です。自治体回収で捨てることができないため、自治体の認可を受けている業者に依頼することになるでしょう。また、郵便局の窓口で家電リサイクル券を購入し、自分で自治体の指定引取場所に持ち込む方法もあります。ただし、エアコンは素人が簡単に取り外せるものではないため、プロに任せたほうが安心です。家電リサイクル法に基づいた処分方法については、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページで確認してください。

2-2.販売店や家電量販店に回収してもらう

新しいエアコンに買い換える場合、購入店に古いエアコンを回収してもらうのも方法の1つです。ほとんどの販売店や家電量販店では、古い家電の引き取りを行っています。ただし、新しい家電の購入者限定など、引き取りの条件が決まっているので事前の確認が必要です。また、回収時はリサイクル料金のほかに、収集・運搬費用や出張費用がかかる可能性もあります。購入と処分が同時に利用できるのは大きなメリットですが、費用がいくらかかるのか必ず確認してください。

2-3.不用品回収業者または遺品整理業者に依頼する

エアコンを処分する方法として、不用品回収業者または遺品整理業者に依頼するのも選択肢の1つです。不用品回収業者では、さまざまなジャンルを扱っています。遺品整理で出た不用品をまとめて処分するには最適の方法といえるでしょう。また、出張回収を利用すれば、わざわざ持ち運ぶ必要もありません。なお、遺品整理がなかなか終わらない・片付けなければならない不用品が多いという方は、遺品整理業者に依頼するのも方法の1つです。遺品整理業者に依頼するメリットについては、後ほど【4.遺品整理業者を利用するメリット】で説明するのでぜひチェックしてください。

3.遺品整理で出たエアコンの処分費用

ここでは、遺品整理で出たエアコンの処分費用について解説します。

3-1.エアコンのリサイクル料金は990円~

家庭で設置されている壁掛けタイプや床置きなどさまざまなタイプがありますが、エアコンのリサイクル料金は990円(税別)が目安です。ただし、メーカーやエアコンの種類によって具体的な費用が異なるため、メーカーを確認した上でホームページをチェックしてください。ホームページに記載されていない場合は、お客様サポートセンターに問い合わせるといいでしょう。高いものだと2,000円以上になる可能性があります。すでに、メーカーがなくなっている場合は、一般財団法人家電製品協会リサイクルセンターで受けつけているので、問い合わせてください。

3-2.回収費用と収集・運搬費用がかかることも

不用品回収業者に依頼する場合、回収費用に加え、収集・運搬費用が数千円かかる可能性があります。たとえば、A社の場合、エアコンの回収費用は約3,000~5,000円、収集・運搬費用が約2,000円~の合計5,000円以上かかるでしょう。2階以上など収集・運搬に手間と時間がかかる場合は、もっと割高になることもあります。リサイクル料金と合計すれば、1万円以上になる可能性もあるので注意が必要です。どんな作業にいくらかかるのか、見積書を細部まで確認しましょう。

3-3.取り外し費用がかかる可能性も

ほとんどの場合、取り外しを業者に依頼することになるでしょう。取り外し費用もエアコンの種類や業者によって異なりますが、約3,000円~5,000円です。あくまで目安なので、もっと安くなったり高くなったりする可能性もあります。リサイクル料金や収集・運搬費用のほかに、取り外し費用がいくらかかるのかもチェックしておきたいポイントです。

4.遺品整理業者を利用するメリット

ここでは、遺品整理業者を利用するメリットやポイントなどについて解説します。

4-1.遺品の片付けと不用品処分が同時に利用できる

遺品整理業者を利用する大きなメリットは、遺品の片付けに加えて不用品が処分できる点です。遺品の量が多いほど片付け作業に手間と時間がかかってしまいます。自分1人で片付けをしなければならない場合、なかなかスムーズに進めることができなくなるでしょう。そんなときこそ、力を貸してくれる遺品整理業者に依頼することをおすすめします。遺品の整理や片付けだけでなく、要らないものも処分してくれるので一石二鳥です。また、遠方に住んでいる人でも遺品整理業者に依頼することで交通費を支払う必要もありません。

4-2.遺品供養や遺品の買取サービスも

遺品整理業者の中には、遺品供養や遺品の買取サービスを行っているところがあります。エアコンと同じく、位牌(いはい)などの遺品も自治体回収で処分してもいいのか不安になるでしょう。供養が必要か・そのまま処分してもいいのか悩みがちですが、遺品整理業者に依頼すれば自分で処分する必要がありません。すべてを業者に任せることができるため、安心して遺品整理を進めることができるでしょう。また、遺品整理業者の中には、買取サービスを行っているところもあります。遺品の中には、買取対象になるものもあるので費用削減につながるでしょう。

4-3.特殊清掃やハウスクリーニングにも対応

賃貸物件の場合、住居人がいなくなると期日までに遺品を整理し退去しなければなりません。遺品整理業者の中には、遺品の片付けや不用品の処分だけでなく、ハウスクリーニングにも対応しているところがあります。オプションサービスとしてハウスクリーニングを依頼すれば、家中の汚れもきれいにできるでしょう。退去日までに間に合わせることができます。また、なかなか汚れが落ちない場合も特殊清掃を依頼することで落とせるので安心してください。

4-4.大事なのは遺品整理業者選び

よりスピーディーに遺品整理を終わらせるためには、実績がある遺品整理業者に依頼することが大切です。どの遺品整理業者に依頼すべきか分からないときは、以下のポイントに注目してください。

  • 遺品整理サービスが充実しているか
  • 不用品の回収だけでなく買取を行っているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか
  • 遺品整理士が在籍しているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

上記のポイントを踏まえて複数の業者を比較してください。さまざまな遺品整理サービスを行っているファンデックスでは、無料相談を受けつけています。悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

5.遺品整理とエアコンの処分に関してよくある質問

遺品整理とエアコンの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.エアコンを自分で取り外すメリット・デメリットは?
A.自分で取り外すと取り外し費用がかからないというメリットがあります。けれども、素人が取り外しをするのはとても難しく、エアコンに傷をつけてしまうので注意が必要です。特に、買い取ってもらう場合、取り外しを失敗することで正常に稼働できなくなる恐れがあります。買取不可になってしまうと処分するしかなくなるので取り外しは専門業者に依頼しましょう。

Q.遺品整理業者に依頼する際の費用はいくらぐらいか?
A.間取りや作業員人数によって異なります。目安として、ファンデックスの料金設定を以下にまとめました。

  • 1K(作業員人数2名):34,800円~
  • 1DK(作業員人数2名):59,800円~
  • 1LDK(作業員人数3名):79,800円~
  • 2DK(作業員人数3名):119,800円~
  • 2LDK(作業員人数4名):149,800円~
  • 3DK(作業員人数5名):179,800円~
  • 3LDK(作業員人数5名):199,800円~

Q.遺品整理士とは?
A.一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する資格です。必要品と不要品を仕分けたり、不用品の回収と適切な処理を行ったりするなどが主な仕事内容となります。遺品はゴミではなく故人の生きた証(あか)しであることを学んでいるため、遺品を丁寧に扱ってくれるでしょう。できれば、遺品整理士が在籍している業者を選んでください。

Q.注意すべき遺品整理業者の特徴は?
A.サービスや見積もりの内容についてきちんと説明してくれない業者は、悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。すぐに契約を取ろうとする業者も、遺品を雑に扱ったり、高額な遺品を安く買い取ったりする傾向があります。どんな業者なのか、しっかりと確認した上で遺品整理業者を選びましょう。

Q.無料回収業者には依頼しないほうがいいのか?
A.できるだけ、費用を抑えたいからとエアコンの処分を無料回収業者に依頼する方がいますが、後でトラブルになる可能性があるので安易に依頼しないでください。無料回収業者は実店舗を持っておらず、回収後に追加費用を請求したり、回収したものを不法投棄したりする恐れがあるでしょう。無料だからといってすぐに依頼するのは危険です。

まとめ

エアコンは家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収での処分ができません。各都道府県から許可を取得している回収業者か、販売店などに回収を依頼することになるでしょう。ただし、遺品整理の場合は、エアコン以外にもたくさんの不用品が出てくるはずです。不用品をまとめて処分したい場合は、遺品整理業者を利用することをおすすめします。遺品整理業者の中には、不用品の買取を行っているところもあるので、処分費用節約にもつながるでしょう。