実家の片付けをする必要性やメリットは? 片付けの手順などをご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

親が高齢になると、思うように体が動かなくなり、家の中がものであふれ、片付けを要することがあります。中には、久しぶりに訪れた実家が、ゴミ屋敷になっていたという事例もあるのです。とはいえ、実家の片付けをしたくても、どう進めればいいのか、注意すべきことはないかなど、分からない点も出てくるでしょう。実家の片付けをする際は、始める時期や効率よく進めるコツなどを覚えておくと安心です。

そこで、本記事では、実家の片付け方や業者を利用する方法などについてご紹介します。

  1. 実家を片付ける必要性
  2. 実家の片付け方
  3. 実家の片付けを業者に依頼する方法
  4. 実家の片付けでよくある質問

遺品整理で実家の片付けをするケースもあります。実家の片付けをスムーズに進めるためにも、片付ける際のポイントをしっかり覚えておきましょう。

1.実家を片付ける必要性

実家の片付けが必要になるのは、どんな場合なのでしょうか? 片付けのタイミングなどと併せてご紹介します。

1-1.どんな場合に片付けが必要なのか?

親の世代は、ものを大切にする考えを持っている方が多いものです。そのため、ものへの執着心が大きくなる傾向があり、捨てられずに抱え込んでしまう場合があります。実家がものであふれているようであれば、老後を暮らしやすくするためにも、親が元気に過ごしているうちに、片付けを実践したほうがいいでしょう。

1-2.生前整理を考えたとき

近年は終活ブームとなり、生前整理を始める方が増えてきました。体力や気力があるうちに生前整理を行い、実家の片付けを実践しましょう。

1-3.遺品整理を行うとき

親の死去後、遺品整理を行うときに、実家の片付けを行うことがあります。遺品整理では、貴重品の捜索なども行わなければなりません。大切なものだけを残し、生活雑貨や家電などの不用品は思いきって処分しましょう。

1-4.介護施設や福祉施設などへ入所するとき

親が介護施設や福祉施設などへ入所するときも、実家の片付けに適したタイミングです。身の回りをコンパクトにして入所に備えることができます。実家を売却する予定がある場合は、速やかに片付けを行い、売却できるよう準備しましょう。施設入所に際し、自宅から持ち込むものは必要最小限のものに絞り込んだほうが、身軽になるため、安心して新しい生活を送ることができます。

1-5.実家を片付けることで得られるメリット

実家を片付けることで、たくさんのメリットが得られます。メリットを知り、片付けの必要性を改めて考えてみましょう。

1-5-1.安全な暮らしを送ることができる

ものであふれた家は、災害時にものが倒れてきたり、ものの下敷きになってしまったりすることがあります。火災などが起きても、ものが障害になり、逃げ場がなくなる恐れもあるのです。片付けで整理整頓された環境にすることで、安全な暮らしを送ることができるでしょう。

1-5-2.探しものをしなくて済む

ものがたくさんある家は、探しものに時間がかかるケースがあります。整理整頓し、収納場所を明確にすることで、探しものをする時間を大幅に削減できるのがメリットです。

1-5-3.在宅介護に備えることができる

近年は、在宅介護をする方も増えています。実家の片付けと同時にバリアフリー化の工事などを行っておけば、在宅介護が始まっても慌てることがありません。

2.実家の片付け方

実家の片付けを行う際の心構えや注意点などをご紹介します。

2-1.仕分けボックスを用意すると便利

片付けを行う際は、必要品と不用品に仕分けるボックスを用意しておくと便利です。処分に迷うものは、保留ボックスを準備し、一定期間保管しておくといいでしょう。

2-2.実家の片付けをする際の心構えについて

実家を片付ける際は、トラブルが起こらないよう配慮が必要です。片付ける際の心構えについてご紹介します。

2-2-1.親の意向を尊重する

慣れ親しんだ実家とはいえ、住んでいるのは親です。自分本位に片付けを進めず、親の意向を尊重することを忘れないでください。片付ける時期なども相談しながら決めると揉(も)めずに済むでしょう。

2-2-2.兄弟姉妹がいる場合は事前に相談しておく

遺品整理などで実家の片付けを行う場合は、遺産相続に関連するものなどが出てくるケースもあるため、兄弟姉妹には事前に相談しておくことをおすすめします。親族で協力し合い、実家の片付けをしてもいいでしょう。

2-2-3.なるべく自分のものから処分していく

親の所有物をいきなり捨てるのではなく、なるべく自分のものから処分していくと、トラブルになりにくく、スムーズに進めることができます。自分のものなら必要品と不用品の区別も付けやすいでしょう。

2-3.キッチンなど身近な場所から始めるといい

実家の片付けを効率よく進めるためには、キッチンなど毎日使う場所から始めるのがコツです。賞味期限が過ぎた食品や不要な密閉容器などを処分して整理整頓するだけでも、すっきりした環境にすることができます。身近な場所がきれいになると、片付けへの意欲も湧いてくるでしょう。

2-4.1部屋ずつ片付ける

一気にいろいろな場所の片付けを始めてしまうと、ものが散乱し、収拾が付かなくなってしまいます。片付けをする際は、1部屋ずつ行いましょう。1部屋片付くごとに、目に見えてきれいな環境になっていくため、達成感を抱くことができます。

2-5.掃除は最後に行うこと

不用品の処分をし、残すものを整理整頓をしてから、最後に掃除を行ってください。片付けをしながら掃除をしても、舞い上がったホコリや汚れが再び付着し、余計な手間がかかるからです。効率よく片付けを終えたいなら、掃除は最後にまとめて行いましょう。

3.実家の片付けを業者に依頼する方法

実家の片付けをプロの業者に依頼したほうがいいケースや、メリットなどをご紹介します。

3-1.時間的制約がある場合

実家が遠方で足を運ぶことができない場合や、時間的制約があるなどの場合は、業者に依頼したほうがいいでしょう。業者なら、迅速に実家の片付けを終えてくれます。

3-2.実家を売却する必要がある場合

施設入所や遺品整理などをきっかけに、実家を売却する必要がある場合は、短期間で明け渡しをしなければなりません。遺品整理を伴う場合は、相続手続きに備えて貴重品や遺言書などの捜索も要します。業者に依頼すれば、確実に貴重品を見つけ出し、短時間で作業を終えてくれるでしょう。

3-3.不用品の処分も行ってくれるのがメリット

プロの業者なら、実家の片付けを終えた後、不用品の処分も行ってくれるのがメリットです。不用品の処分は、個人で行うと仕分けなどが面倒に感じるのに加え、すべてを処分するまでに長い時間がかかります。業者は不用品をまとめて引き取ってくれるため、時間と労力を大幅に削減できるのです。

3-4.どの程度の片付けを希望するのかを明確にしてから依頼すること

実家の片付けといっても、人によって希望する範囲は異なります。あらかじめどの程度の片付けを希望するのかを明確にしておき、業者に伝えてから見積もりを出してもらいましょう。また、業者によってサービス内容や費用に差があるため、複数の業者から見積もりを出してもらい、比較検討することが大切です。

3-5.部屋の広さや荷物の量によって費用は異なる

実家の片付けにかかる費用は、部屋の広さや荷物の量によって異なります。業者に現地調査をしてもらい、明確な料金を算出してもらうことが大切です。複数業者の見積もりを比較すると、相場を知ることができます。

3-6.作業の流れ

実家の片付けは、以下の流れで行います。

  1. 業者に問い合わせをする
  2. 現地調査をしてもらう
  3. 見積もりを比較する
  4. 見積金額に納得できたら、作業日時を決めて契約
  5. 当日、業者が訪問して片付け開始
  6. 必要品・不用品の仕分け
  7. 貴重品の捜索
  8. 不用品の回収
  9. ハウスクリーニング
  10. 作業完了後、支払い

3-7.見積もりの内訳がはっきりしない業者は注意

見積もりに大まかな金額だけ記載し、内訳がはっきりしない業者は、追加料金の発生や作業の不備などが起こりやすいため、注意が必要です。見積もりは隅々まで読んでください。見積時の対応などもしっかり見ておき、誠実な対応をしてくれる業者に依頼しましょう。 

4.実家の片付けでよくある質問

実家の片付けに関する質問を集めました。

Q.実家の片付けを始める際は、何を参考にすればいいのか?
A.断捨離などを実践したブログを見てみましょう。片付けを成功に導くコツや効率のいい片付け方などを参考にすることができます。

Q.ゴミ屋敷化している場合、どこから片付けを始めればいいのか?
A.まず、普段過ごしているリビングなどから始めてみましょう。リビングが過ごしやすくなるだけでも、片付けの効果を実感できます。

Q.ものを捨てることに戸惑いがある場合はどうすべきか?
A.片付けをする際は、ものへの執着心をなくすことが大切です。あまり考え込まず、1年使っていないものは処分するなどの基準を設け、思いきって断捨離を実践していきましょう。

Q.親が実家の片付けに抵抗を感じている場合は?
A.片付けをすることで得られるメリットを分かりやすく伝え、老後の暮らしを快適に過ごせるよう説得してみましょう。ただし、強引に片付けを急(せ)かさず、親のペースや思いも大切にして進めてください。

Q.業者では、片付けで出た不用品を買取してくれないのか?
A.業者によっては、買取してくれる場合があります。ただし、ものの状態や中古需要などにより、買取不可となるケースもあるでしょう。見積時に不用品の買取を希望する旨を伝えてください。

まとめ

実家を片付けることで、身の回りをコンパクトにすることができ、老後を暮らしやすい環境にすることができます。施設入所や実家の売却などを検討している方は、片付けを実践しましょう。時間的制約がある場合や荷物の量が多い場合は、個人で行うのが難しい場合があります。プロの業者に依頼することも考えてみませんか? 短時間で実家の片付けを終えることができ、時間と労力の削減につながります。見積もりで複数の業者を比較し、信頼できる業者を見つけてください。