遺品整理を依頼する前に知っておきたい! 安心できる業者の選び方は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

実家と離れている場所で暮らしていると、なかなか遺品整理ができません。遺品整理代行サービスを探している人も多いのではないでしょうか。依頼する人も増えてきているため、遺品整理業者も年々増えてきているのです。遺品整理業者の選び方で困っている人は、ぜひチェックしてくださいね。

遺品整理業者を選ぶポイントや依頼する際の注意点、整理前に確認しておきたいことについて説明しましょう。

  1. 遺品整理業者を選ぶポイント
  2. 遺品整理業者にい依頼する際の注意点
  3. 整理前に確認しておきたいこと

1.遺品整理業者を選ぶポイント

年々増えてきている遺品整理業者の中には、悪徳業者もいます。悪徳業者に引っかからないためにも、業者を選ぶポイントをつかんでおきましょう。

1‐1.親身になって聞いてくれるかどうか

遺品整理業者の選び方で最も大切なのは、「親身になって聞いてくれるかどうか」です。遺品整理は、大切な人の遺品を整理する作業であり、丁寧に進めていかなければなりません。依頼者の気持ちをしっかり理解している業者でなければ、安心して任せることができないでしょう。きちんと依頼者の気持ちを理解していない業者は、捨ててほしくないものまで勝手に捨ててしまいます。1度捨ててしまったものは2度と手元に戻ることはありません。

実際に、業者との打ち合わせをきちんとしていなかったせいでトラブルになっています。親身になって自分の話を聞いてくれるかどうか、業者との打ち合わせはきちんとしてくださいね。悪徳業者の中には、電話1本で請け合いをするところもあります。注意しながら信用できる業者かどうか見極めましょう。

1‐2.料金は必ず「後払い」

遺品整理業者を選ぶポイントは、「支払い方法」です。悪徳業者ほど、すぐに契約をする方向に持っていく傾向があります。適当に依頼者の話を聞き、「契約のことですが…」と迫ってくるのです。契約をした後、「先払いになります」と言われたら悪徳業者だと考えてください。遺品整理をする際、業者と入念に打ち合わせをした後、日程を決めるでしょう。契約した日のうちに整理をすることもありますが、優良業者のほとんどは「後払い」です。

実際、先払いをした業者と連絡が取れなくなったトラブルも多発しています。せっかくお金を支払ったのに遺品整理をしてくれなければ意味がありません。トラブルを未然に防ぐためにも、料金は必ず後払いにしてくださいね。

1‐3.説明の仕方や受け答え

スタッフに好感が持てなくては、安心して遺品整理の依頼ができません。スタッフの印象が良いほど、安心して任せることができるでしょう。そこで、ぜひチェックしてほしいのがスタッフの「受け答えや説明の仕方」です。わからないところを質問しても丁寧に答えてくれるスタッフなら、安心して整理遺品を任せることができます。

しかし、適当な説明をする、質問してもわかりやすい説明をしてくれない、面倒くさいような受け答えをするなど、印象が悪い業者は危険です。悪徳業者の可能性があるため、注意してください。説明の仕方や受け答えがきちんとしている業者を選びましょう。

料金はもちろんのこと、スタッフの態度も遺品整理業者を選ぶポイントなんですね。
はい。対応がいいかげんな業者は選ばないようにしましょう。

2.遺品整理業者に依頼する際の注意点

2‐1.契約する前に「見積もり」を確認する

遺品整理業者と契約する前に、必ず確認してほしいことがあります。「見積もり」のチェックです。業者から出た見積もりは、最低2回~3回チェックした方が良いでしょう。

見積書には内訳がきちんと載っています。内訳をしっかり確認したうえで、不備な点がないか確認してくださいね。悪徳業者は、見積もりに内訳を書かず、後で高い料金を請求する傾向があります。

「見積もりでは…」と訴えても「きちんと支払ってくれなければ裁判所に訴えることになります」など脅迫に出てくるのです。トラブルにならないためにも、依頼する私たちがきちんと把握しておかなければなりません。

もし、見積もりに不備な点を見つけたのなら、すぐ業者に確認を取りましょう。契約する前に不安要素を解決しておいた方が、スムーズに進めることができます。

2‐2.下見をする際の対応を要チェック!

遺品整理業者に依頼する際、事前の下見があります。業者は、実際に遺品整理をする部屋の状態を観察しながら見積もりを出していくのです。そのため、下見をしない業者には不信感を持ってください。

業者が下見をする際、必ず対応をチェックしておきましょう。遺品をどのように扱っているのか、しっかり隅々まで確認しているかどうか、近所のこともしっかり配慮しているかどうか、下見をする際のチェック項目はたくさんあります。

依頼する際、下見のチェックが大きなポイントになるのです。遺品を丁寧に扱ってほしい人ならなおさらのこと、遺品に対する様子は見逃さないでくださいね。遺族それぞれ、遺品をどのように扱ってほしいのか異なるでしょう。自分たちの気持ちをしっかりくんでくれるスタッフでないと、後でトラブルになってしまいます。依頼する際は、下見の様子を必ずチェックしてくださいね。

見積もりのチェックも大切なんですね。
はい。見積もりがいいかげんだったり理由をつけて見積もりの作成を渋る業者には依頼しないようにしましょう。

3.整理前に確認しておきたいこと

3‐1.遺品整理を処分する基準

遺品整理をする前に確認しておきたいことがあります。1つ目は、「遺品整理を処分する基準」です。遺族によって「捨てて良いもの」の判断基準が異なるでしょう。主に、思い出の品や貴重品などは残しておきたいものです。人によって「洋服は残しておきたい」「母が大切にしていたものだから捨てないでほしい」など、さまざまな意見があります。優良業者は依頼者の気持ちを理解してくれるので、判断がわからないものは取っておいてくれるでしょう。

しかし、悪徳業者は自分たちで判断しながら処分してしまいます。遺品整理を始める前に、捨てて良いもの、捨ててはいけないものをきちんと業者に伝えておかなければなりません。捨てたものは返ってくることはないので要注意です。

3‐2.要らないものの処分方法

ほとんどの遺品整理業者では、遺品整理に出たゴミを業者の方で処分してくれます。処分方法は業者によって異なりますが、使えそうな家具や家電類は買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。遺品整理を始める前に、要らないものの処分はどうなるのか確認してくださいね。

実際、悪徳業者とのトラブルになったケースもあります。回収してもらった遺品が林の中で不法投棄していたのです。せっかく遺品整理をしてもらったのに不法投棄の現場を見ることもあります。本当にショックな気持ちになるものです。遺品整理で出た不用品の行く末もきちんと確認しておきましょう。

残しておきたい遺品はきちんと選ぶことが大切なんですね。
はい。特に、思い出の品は一度処分すると手元に戻りません。よく選びましょう。

まとめ

遺品整理業者を選ぶポイントや業者に依頼する際の注意点、整理前に確認しておきたいことについて説明しました。大切な家族の遺品だからこそ、きちんと整理整頓しておきたいものです。不正を働く悪徳業者が続出しているので、依頼する際はさまざまなことに気をつけなければなりません。スムーズに遺品整理をするためにも、以下の項目は必ずチェックしてくださいね。

  • 親身になって話を聞いてくれるかどうか
  • 料金は必ず「後払い」
  • 説明の仕方や受け答えを要チェック
  • 契約する前に「見積もり」を確認する
  • 下見をする際の対応を要チェック
  • 遺品整理を処分する基準
  • 要らないものの処分方法

以上のポイントを踏まえつつ、安心して信用できる業者を選びましょう。きちんとポイントを踏まえておけば、悪徳業者にだまされることもありません。