遺品整理の期間はどれぐらい? 短縮する方法やコツを詳しく教えます!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品整理の期間は、どれぐらいが適切なのでしょうか。遺品整理とは、大切な人がこの世に生きた証拠を整理することです。遺品をきちんと整理・処分することは、亡くなった人の供養にもなります。しかし、どれぐらいの期間でいつまでに完了するべきか分からないと困ってしまうでしょう。

そこで今回は、遺品整理の期間について詳しく解説します。

  1. 遺品整理の期間は短いほうがいい?
  2. 遺品整理に必要な期間は?
  3. 遺品整理の期間を短縮する方法
  4. 遺品整理の期間に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の期間や作業をスムーズに進めるコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。


1.遺品整理の期間は短いほうがいい?

最初に、遺品整理はいつまでにするべきかを見ていきましょう。

1-1.遺品整理はいつまでに行う?

遺品整理は、仏教では49日法要後・神教では50日が過ぎてから行うケースが多く見られます。この時期までは、何かとバタバタしがちで遺族も落ち着かないことが多いでしょう。法要が一段落し、納骨も済んだタイミングがベストです。確かに、遺品は早めに整理してしまうことに越したことはありません。しかし、特に急ぐ理由がないのなら、ゆっくり対応してもいいでしょう。悲しみが和らぎ、整理する気持ちになってからでも構いません。

1-2.相続手続きが必要なとき

土地や家屋・金融資産が多くて相続手続きが必要な場合は、総資産の把握という意味からも早めに遺品整理を行いましょう。民法では、死亡したときから相続が開始することになっています。相続税の納付は、相続の開始から10か月以内です。相続税をいくら支払うべきかを計算するためには、遺品整理が必要になります。なお、遺品整理中に現金・有価証券などが新たに発見された場合は、遺族に報告し遺産相続の対象に含めてください。

1-3.賃貸の退去期限があるとき

賃貸の退去期限があるときは、できるだけ遺品整理を急ぎましょう。退去期限までに遺品整理するだけでなく、原状回復する必要があるからです。まずは、退去期限を貸し主に確認してください。退去期限を確認できたら早急に片付けスケジュールを組み、作業を進めましょう。

1-4.形見分けは49日・50日が過ぎてから

形見分けは、遺品整理と同様に49日・50日が過ぎてから行うのが一般的です。遺品整理の際に、形見分けの対象品を仕分ける必要があります。主に、貴金属類・着物・洋服など、故人をしのぶものが対象となるでしょう。遺族の欲しがっているものを考慮することも大切です。なお、形見分けは必ずするとは限りません。遺族が不必要だと言うのなら、しなくていいでしょう。

2.遺品整理に必要な期間は?

遺品整理に必要な期間などのくらいか見ていきましょう。

2-1.遺品整理に必要な期間は2週間程度~

遺品整理に必要な期間は、3LDK程度の広さで大体2週間を目安に考えてください。のんびり作業したいのなら、少なくとも3週間以上の期間が必要です。遺品整理は、想像以上に作業量が多く、実際に手を付けてみて大変さに驚くケースが多く見られます。

2-2.遺品整理のスケジュールをチェック

遺品整理を自分たちでやる場合、以下のようなスケジュールで進みます。

  • 現場全体の把握・計画づくり(半日程度)
  • 重要書類・金融資産などの捜索(半日~1日程度)
  • 遺品の仕分け・不用品の処分(1~2週間程度)
  • 現場の掃除・片付け(1~2日程度)

2-3.家が広くて荷物が多いと長くかかる

以下のようなケースは、遺品整理が長くかかりがちなので注意しましょう。

  • 家が広い
  • 荷物が多い
  • 作業人数が少ない
  • 部屋の汚れがひどい
  • 遠方で足を運びづらい

2-4.片付け・仕分けルールを決めて分担する

遺品整理は、最初にスケジュールを組み、片付けや仕分けのルールを決めておくとスムーズに進みます。また、人数を確保できるのなら、それぞれ分担を決めることで作業に集中でき、効率よく行うことができるでしょう。また、スケジュールに遅れが発生したら、意識してペースを上げることも必要です。

3.遺品整理の期間を短縮する方法

遺品整理の期間は、工夫しだいで短縮することができます。

3-1.遺品整理を短縮したほうがいいケースは?

以下のようなケースでは、遺品整理を短縮することをおすすめします。

  • 多忙
  • 人手が足りない
  • 高齢や病気・ケガなどで作業しづらい
  • 退去期限・相続期限が迫っている
  • 遠方

3-2.専門業者への依頼がおすすめ

遺品整理の期間を短縮するには、専門業者に依頼することがおすすめです。また、期間の短縮だけでなく以下のようなメリットもあります。

  • 手間や労力がかからない
  • 自分たちでやるよりもキレイに仕上がる
  • 都合のいい日時を指定できる
  • 物量が多くても対応可能
  • 遠方でも依頼できる

3-3.見積もりの依頼から始める

遺品整理を業者に依頼する流れは、以下を参考にしてください。

  1. 業者に遺品整理の見積もりを依頼する
  2. 業者が現場視察後、見積もりを送付してくる
  3. 見積もりの内容を確認して問題がなければ正式に依頼する
  4. 指定日時に業者がやってきて作業を開始する
  5. 作業終了後、業者と依頼者が確認して完了

3-4.1Kで34,800円~が費用目安

遺品整理の費用目安は、以下を参考にしてください。以下は、当ファンデックスの費用一例です。

  • 1K(2名):34,800円~
  • 1DK(2名):59,800円~
  • 1LDK(3名):79,800円~
  • 2DK(3名):119,800円~
  • 2LDK(4名):149,800円~
  • 3DK(5名):179,800円~
  • 3LDK(5名):199,800円~
  • 4DK(6名):229,800円~
  • 4LDK(6名):259,800円~

なお、特殊清掃が必要な場合や、つり出し作業が伴う場合など、別途オプション料金がかかることがあります。実際の費用については、業者の見積もりで確認してください。

3-5.信頼できる業者選びのポイント

遺品整理を依頼するなら、以下のポイントを満たした業者にすると安心です。

  • 遺品整理で豊富な実績がある
  • 遺品整理士が在籍しており豊富な知識がある
  • 回収後の不用品は再販・資源リサイクルしている
  • 見積もりは無料
  • 費用がリーズナブルで明確
  • 可能な限り買取もしている
  • スタッフが丁寧で感じがいい
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得済み

なお、当ファンデックでも遺品整理のご相談をお受けしています。まずは、お気軽にご連絡ください。

4.遺品整理の期間に関するよくある質問

最後に、遺品整理の期間に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.自分たちでやり始めたが収拾がつかなくなったらどうする?
A.途中からでも業者に依頼することをおすすめします。無理をして続行しようとしても効率が悪くなるだけです。

Q.1年以上遺品整理をしていなくても問題ない?
A.相続や賃貸の退去期限などがなく、気持ちの整理がつかないうちは問題ありません。しかし、いつかは遺品整理をする必要があります。まずは、簡単なところから始めてみましょう。

Q.遺品整理を数回に分けて行うのはダメ?
A.問題ありません。何らかの理由があって1回ですべての作業を終えるのが無理なら、数回に分けて進めましょう。

Q.どうしても処分できないものはどうする?
A.無理に処分する必要はありません。思い出の品として保管しておき、思い入れがなくなったときに処分してください。

Q.業者の見積もりより請求金額が大幅に高くなる理由は?
A.以下のような理由が考えられます。

  • 見積もりで想定するより作業が困難だった
  • 当日に追加作業が発生した
  • 単なる記載ミス

通常、見積もりより大幅に金額が高くなり正当な理由があるならば、業者から説明があるはずです。業者に問い合わせ、改めて理由を説明してもらいましょう。

まとめ

今回は、遺品整理の期間について詳しく解説しました。遺品整理は、仏教で49日・神教で50日を過ぎてから行うことが多くなります。遺品整理の期間は特に決まりがないので、自分たちのペースで進めて構いません。ただし、相続や賃貸の退去が迫っている場合などは、急ぐ必要があります。物量が多い・早く作業を終えたいなどの場合は、専門業者に依頼するといいでしょう。自分たちで作業するよりも効率よく、短期間で終えることができます。まずは、信頼できる業者によく相談してみてください。