古くなったお守りやお札の正しい捨て方について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

毎年、初詣でお守りやお札を購入している人は、捨て方に悩むこともあるでしょう。新しいお守り・お札を購入したとき、去年まで使っていたものの処分方法に困ってしまうものですね。そのまま捨てようか…と思っても、お守りやお札は特別なものであるため、そのままゴミと一緒に出すのは抵抗があるでしょう。そこで、この記事ではお守り・お札の正しい捨て方についてご紹介します。その1年自分を守ってくれたものだからこそ、適切な方法で処分するようにしていきましょう。

  1. お守り・お札の捨て方について
  2. お守り・お札を処分するタイミングは? 
  3. お守り・お札に関する豆知識

1.お守り・お札の捨て方について

古くなってしまったお守り・お札は、どのように処分すれば良いのでしょうか。ここでは、適切な処分方法をいくつかご紹介します。

1-1.初詣に持って行き、納める

元旦に神社で行われている初詣では、多くの神社が古いお札の回収を行っています。できれば、このときに新しいお守り・お札を購入すると同時に古いものを納めると良いでしょう。ただし、神社の規模が小さかったり、ほとんど無人だったりするところでは古いお守り・お札の回収を行っていないこともあります。注意しましょう。

1-2.どんど焼きでお焚(た)き上げする

1月中旬になると、全国各地でどんど焼きと呼ばれるお祭りが行われます。このとき行われるお焚(た)き上げの中にお守り・お札を入れて焼いてもらうのもOKです。また、このときはお正月飾りなども焼いてもらうことができるので、一緒に持って行くと良いでしょう。

1-3.1月を過ぎても神社で処分してもらうことはできるのか? 

神社によっては、お正月やどんど焼きのシーズンを過ぎてからでも古いお守り・お札を納めることができます。特に、規模の大きな神社、有名な神社であれば1年を通して納めることができるでしょう。ただし、基本的に規模の小さな神社では、お正月のシーズン以降は古いお守り・お札の回収を行わない傾向もあるようです。自宅近くの神社がお正月以外もお守り・お札の回収を行っているかどうかは、直接問い合わせてみてください。

1-4.神社のものか、お寺のものかも重要

ひとくちにお守り・お札と言っても神社で入手できるもの、お寺で入手できるものの2種類がありますね。どちらも同じお守り・お札ですが、ひとまとめにして納めるのはNGなので注意が必要です。
まず、神社は神様がいるところで、お寺は仏様がいるところとされています。そして、神様と仏様は一緒にしてしまうとケンカをしてしまうため、縁起が良くないと言われているのです。つまり、お寺で入手したお守り・お札を神社に納めるのも、その反対もNGということになります。それぞれきっちり分けて、入手したところに納めるよう心がけてください。

1-5.自分で処分することはできるのか? 

部屋を片付けていたり、引っ越しの準備をしていたりしたら古いお守りがひょっこり出てきた…ということもあるでしょう。近くに古いお守り・お札を納められる神社がなかったら、困ってしまいますね。この場合は、自分で処分すると良いでしょう。自分でお守り・お札を処分する方法は、次の2パターンがあります。

ゴミとして捨てる場合

ゴミとして捨てることもできますが、そのまま捨ててしまうのはNGです。白い紙などにお守り・お札を粗塩と一緒に包みましょう。その状態で、お守りに対して感謝の気持ちを持ちながらゴミとして捨ててください。これなら、ほかのゴミと一緒に捨てても問題ありません。

焼却処分する

庭などに焚(た)き木ができるスペースがあるなら、自分で焼却処分するのも良いでしょう。焼却処分するときの手順は、ゴミで捨てるときと同じです。白い紙にお守り・お札と一緒に粗塩を包みます。その状態で今まで自分を守ってくれたお守り・お札への感謝を意識しながら焼却処分してください。

1-6.適切な方法なら不用品回収業者などに引き取ってもらうことも可能

引っ越しのための掃除をしていたら色々な古いお守り・お札が出てきて処分に困ってしまった…ということもあるでしょう。その場合は、上記でご紹介したように粗塩と一緒に白い紙に包んで感謝の気持ちを込めれば、あとはほかの不用品と一緒に出してしまって問題ありません。特に引っ越しのときは、効率よく片付けられることが一番です。神社まで納めに行っている暇がない人も多いでしょうから、業者をうまく利用して効率化を求めましょう。

2.お守り・お札を処分するタイミングは? 

古くなってしまったお守り・お札の処分ですが、処分するのに良いタイミングなどはあるのでしょうか。

2-1.お正月がベスト

やはり、古いお守り・お札を処分するタイミングとして最も適しているのは、お正月シーズンです。この時期は小規模な神社でもお焚(た)き上げや古いお守り・お札の回収を行ってくれるので、この時期にまとめて納めるようにしましょう。何よりも、それが一番の基本となります。

2-2.タイミングを逃しても大丈夫? 

とはいえ、喪中で神社に行く機会がなかったり、お正月シーズンを過ぎてから部屋の片付けをしていたら古いお守り・お札が出てきたり…ということもあるでしょう。お守り・お札を処分するタイミングとしては、やはりお正月シーズンが一番ですが、必ずしもその時期でなければならないというわけではありません。この時期を逃してしまったとしても、大きい神社なら1年中回収してくれる場合もありますし、適切な方法であれば自分で処分することも可能です。あくまでお正月シーズンが一番良いタイミング、として頭に入れておくようにしましょう。

3.お守り・お札に関する豆知識

日本人ならなじみ深いお守り・お札ですが、意外と知らないこともあるものです。ここでは、お守り・お札についての豆知識をご紹介しましょう。

3-1.お寺と神社で違いはあるの? 

お守り・お札は、お寺と神社どちらでも入手できます。同じ名前だからどっちも同じものだろう…と、思っている人は多いでしょう。しかし、実はお寺のお守り・お札と神社のものでは、全く違うものとなるので注意が必要です。
そこで、「じゃあどうやって見分ければいいの? 」という疑問が生まれてくると思います。そこで、お寺と神社それぞれで入手できるお守り・お札の見分け方をご紹介しましょう。簡単に言えば、お守り・お札に書いてある名前を見ることですぐに見分けられます。

  • 神社のお守り・お札に見られる特徴

神社のお守り・お札だったら、名前の最後に「神社」、「大社」、「神宮」と付いています。お守り・お札に書いてある名前の語尾がこれらのものであれば、神社に納めると良いでしょう。

  • お寺のお守り・お札に見られる特徴

お寺のお守り・お札だったら、名前の最後に付いているのは「寺」、「寺院」です。これらの名前だったら、納めるときは神社ではなくお寺に持って行くようにしてください。

3-2.実は郵送でも古いお守り・お札を処分できる!? 

お守り・お札は直接お寺や神社に持って行って納めるもの…というイメージが強い人も多いでしょう。しかし、実は納める方法はそれだけではないのです。
人によっては、旅行などで遠くのお寺や神社に行って、そこでお守り・お札を入手してきたということもあるでしょう。この場合、家から遠ければ遠いほど、自分の足で直接納めに行くことは困難となってしまいますね。そのような場合は、郵送でお守り・お札をお返しすると良いでしょう。特に大きなお寺や神社の場合は、ほとんどが郵送によるお返しに対応しています。ただし、お寺・神社によっては郵送によるお返しに対応していない場合もあるようです。郵送する前に、必ずいったん問い合わせをして、郵送対応をしているかどうか確認してみてください。

まとめ

古くなったお守り・お札の捨て方などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか? 神社やお寺で入手できるものなので、なかなか気軽に処分することはできないものというイメージが強いでしょう。しかし、適切な処分方法を知っておけば、誰でも手軽に処分可能です。この記事でご紹介したことを意識しておくことで、いざ古くなったお守り・お札を処分しなければならない場面に直面しても、問題なく処分できるでしょう。