神棚の正しい処分方法は?遺品整理の「困った」を解消しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

神棚の処分でお困りではありませんか? 親が亡くなって遺品整理をしているとさまざまなものの処分に困ることがあるでしょう。神棚は神様をまつるもの。処分する際にはいろいろと注意が必要です。費用についても知っておくべきでしょう。「神棚を処分するには神社でお清めとお焚(た)き上げをしてもらう必要があるのか?」「玉串料はどのくらいかかるのか?」「神棚の正しい捨て方を知りたい」そんな悩みを解消して、遺品整理をスムーズに済ませましょう。

  1. 神棚の処分方法
  2. 神棚の処分費用
  3. 処分する際の注意点

1.神棚の処分方法

1-1.神社でお焚き上げしてもらう

神棚は神様をまつるための大切なもの。不要になった神棚を処分する際には、きちんと御霊(ごりょう)を抜いて、神様を天界にお還(かえ)しする必要があるのです。神棚にはいくつかの神具がまつられています。

その中でも最も重要なのが、神様の印となる「お神札」です。お神札は一般的に、神社に依頼してお清めとお(焚)き上げをしてもらうのがベストでしょう。最もかさばる神棚についても、玉串料と一緒に神社にお渡しし、しっかりと供養した後で処分してもらうことが可能です。

玉串料とはお祓(はら)いに必要な代金のことで、大きさやタイプによって異なります。神社に直接持って行くことができない場合は、郵送が可能かどうかあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

1-2.廃品回収業者に依頼する

環境問題など時代の流れにより、神棚の処分を受け付けていない神社も増えてきています。そのため、自分で神棚を処分する人も少なくないのです。提携先の神社で供養したうえで、神棚を処分してくれる廃品回収業者もあります。そのような業者に依頼して処分してもらうのもよいでしょう。

また、遺品整理に引っ越し業者を利用する際は、神棚の処分も引き受けてくれる場合があります。廃品回収業者に依頼する前に、確認してみるのがおすすめです。

1-3.可燃ゴミや粗大ゴミとして捨てることも…

お神札だけ神社で処分してもらえば、神棚本体は可燃ゴミや粗大ゴミとして捨ててしまっても問題ない、と考える人も少なくありません。しかし、いくら神様であるお神札がないとはいえ、神棚は縁起物。そのままゴミに出してしまうのは抵抗がありますよね。

その場合は、塩などをふりお清めをしてから処分するようにしてください。失礼なく神棚を処分することができるのではないでしょうか。

1-4.遺品整理業者に依頼するのもおすすめ

「遠方に住んでいるため遺品整理のために足を運ぶことができない」「体の具合が悪くて遺品整理が難しい」という人もいるでしょう。親が亡くなっても遺品整理に取りかかれずにいる人はたくさんいるのです。

そんなときは、遺品整理を専門に行っている業者に依頼するとよいでしょう。近年、遺品整理業者は急増しています。中には、自分で処分するのが難しい神棚などの供養を行っている業者も。そういった業者に依頼することで、スムーズに遺品整理をすすめることができるでしょう。

神棚自体はゴミとして処分できるんですね。
はい。ご神体を神社にお返しすれば大丈夫です。

2.神棚の処分費用

2-1.神社に依頼する場合

神棚そのものを神社で供養し処分してもらうためには、玉串料を納める必要があります。代金は神社によっても異なるため、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。一般的には、3,000~5,000円程度だと言われています。お神札だけ処分を依頼する場合は、お志として数百円を納めれば問題ないでしょう。

2-2.廃品業者に依頼する場合

代理で神棚の処分を行っている業者に依頼する場合も、費用は業者によってまちまちです。
事前に無料見積もりを受け付けている業者がほとんどのため、自分で神棚のサイズを測って連絡しておきましょう。ここで大切なのは、業者選びです。廃品業者は全国に多数ありますが、すべてが良心的な業者というわけではありません。

中には、高額な処分費用をだまし取ったり、回収した廃品を不法投棄したりするような悪質な業者も。そういったトラブルに巻き込まれないためにも、業者選びは慎重に行う必要があるでしょう。まずは、事前に複数の業者に見積もりを依頼して、比較してから検討してください。そうすることで相場を知ることにもつながります。

神棚の処分費用は数千円前後が相場と考えていいんですね。
はい。自治体にゴミとして回収を依頼する場合は、無料のこともあります。

3.処分する際の注意点

3-1.丁寧に扱う

神棚は神様が宿っている神聖なものです。移動する際には、傷をつけないように十分注意する必要があります。神社に持ち運ぶ際や郵送する際には、布でしっかり包むようにしましょう。

また、神棚の処分方法はそれぞれの宗派によって異なる場合もあります。購入したお店やそれぞれの宗派に、供養の方法を確認してみるとよいでしょう。最善の方法で神棚を処分することができます。

3-2.遺品整理業者選びの注意点

遺品整理業者に依頼する際は、注意しなければならない点がいくつかあります。遺品整理の依頼が増加するとともに、悪質とも言える業者も目立ってきているのが現実なのです。悪質な業者を選んでしまうことがないように、業者選びのポイントをご紹介しましょう。

まず、遺品整理業者の形態はさまざまです。遺品整理を専門にしている業者もあれば、廃品回収やリサイクルショップなど、さまざまなことを行っている業者もあります。神棚の取り扱いについて満足に知識を持たない業者もあるでしょう。そのような業者に依頼してしまうと、神棚をただのゴミとしてしか扱わない場合もあります。遺品整理にかんする知識を十分に持ち、安心してお願いできる業者を探すようにしてください。

また、最もトラブルになりやすい料金システムについても、あらかじめ確認しておきましょう。「最初の見積もりより高額な料金を請求された」ということがないように、見積書の内容が明確な業者を選ぶのが一番です。見積書は必ず事前に受け取り、料金の詳細と作業内容をしっかりと確認しておくようにしましょう。

遺品整理業者に依頼する際は、よく選ぶことが大切なんですね。
はい。見積もりを作ってもらい、そのできや従業員の対応、実績などで選びましょう。

まとめ

遺品整理の際に困ることが多い神棚の処分。大切なものだからこそ、正しく処分する方法を知っておきたいものですよね。神棚を処分する方法や処分にかかる費用、注意点などを把握し、しっかりと処分してあげましょう。そして、遺品整理をスムーズにすすめてください。