ごみ屋敷の片付けでもう悩まない!不用品をスッキリ&快適な生活へ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「ごみ屋敷を片付けたいけど、何から始めて良いかわからない」「ごみ屋敷を脱出するために、不用品を回収してほしい」といった人が、急増しています。日本は、お金を出すことで何でも手に入りやすいことがメリットと言えるでしょう。しかし、不用品を処分していかないと部屋がすぐにごみ屋敷状態になってしまう点ではデメリットとも言えます。今回は、ごみ屋敷の片付けの悩みを解消するべく、必要な知識や解決方法について詳しくまとめていますのでぜひ読んで参考にしてください。

  1. ごみ屋敷問題とは?
  2. ごみ屋敷への対応策を確かめよう
  3. 片付けられない症候群と遺品整理について
  4. ごみ屋敷のさまざまな片付け方を学ぼう
  5. ごみ屋敷にありがちなトラブル
  6. もしかして私もごみ屋敷症候群?セルフチェックをしよう!
  7. ごみ屋敷に最適な業者の選び方を伝授

悩みを解消するためには、まず、どうしてごみ屋敷の状態にしてしまったのかを認識することも大切です。せっかくの機会ですから、ごみ屋敷をきれいに片付けるためにもしっかり学んでいきましょう。


1.ごみ屋敷問題とは?

ごみ屋敷問題について、具体的に考えてみましょう。背景には、もっと深刻な問題が隠されているのです。

1-1.深刻化するごみ屋敷問題を考えよう

最近、ごみ屋敷問題が深刻化していますよね。床が見えないほどに、ごみが散乱しているだけでなくもはや空間がすべてごみで埋まっているという状態の家もあるでしょう。ごみ屋敷問題は、年々増加・深刻化しているのが現実。そして、皆さんにとっても他人事(たにんごと)ではないことも、おわかりいただけているはずです。

1-2.ごみ屋敷問題と高齢化の深い関係

日本社会の高齢化は、ごみ屋敷問題と深い関係があります。高齢になると、どうしても体が動かしづらくなるでしょう。また、判断能力もだんだん鈍(にぶ)ってくるものです。心身が老化することは、ごみを片付けるという簡単なことも不可能にしてしまうのでしょう。特に、認知症を発症することは、ごみ屋敷への道を加速します。認知症は、身の回りをさっぱりと保(たも)ったり、家をきれいな状態に保(たも)ったりすることが難しくなることも症状の一部と考えてください。もはや、ごみ屋敷化することは避けることができない現実なのだと考えましょう。

1-3.ごみ屋敷はなぜ発生するメカニズム

ごみ屋敷は、どのように発生するのでしょうか。理由は、ごみを片付けることをしないからです。ごみが出たら片付けたり捨てたりすることは、子どものころに教えてもらうこと。自然と身に付いているはずのことができないからこそ、ごみ屋敷状態になっていると言えるのです。ごみが溜(た)まり過ぎた状態になると、もっと面倒くさくなって放置してしまうことがごみ屋敷を生むのでしょう。

1-4. ごみ屋敷が発生する原因は?

ごみ屋敷が発生する原因は、さまざまにあります。

  • 必要以上の物を買い込む
  • 物を捨てることができない
  • 掃除の習慣が無い
  • 極端にだらしない性格
  • 片付けられない症候群
  • うつ状態
  • ADHDなどの脳の障害
  • 認知症

ごみ屋敷に至る前に、特定の部屋だけがごみで溢(あふ)れてしまう汚部屋の状態になります。しかし、汚部屋からごみ屋敷へ移行するのは時間の問題でしょう。いずれにしても、ごみ屋敷を解消する方法は、根本的な原因を取り除(のぞ)くことが大切なのです。

1-5.ごみ屋敷による問題や困りごと

ごみ屋敷は、たくさんの問題や困りごとを作ります。まず、ごみが散乱し過ぎていて寝る場所も無いなど日常生活を送ることが困難になることでしょう。また、ごみから発生する臭(にお)いや害虫などの深刻な問題もあります。また、ごみ屋敷には人を呼びにくくなるので住人が孤立しやすいという側面もあるでしょう。それに、ごみ屋敷であることが近所迷惑であることは間違いありません。さまざまなことが重なった結果、困ったことがあっても周囲に協力を依頼できなくなりがちでますます孤立を深めることになるのです。

2.ごみ屋敷への対応策を確かめよう

では、ごみ屋敷への対応策は現状どうなっているのでしょうか。自治体など、ごみ屋敷に対してどのように対応を取っているのか確認します。

2-1.ごみ屋敷に対する自治体の対応

ごみ屋敷問題に対しては、自治体も目をつぶっているだけではありません。自治体には、毎日ごみ屋敷への苦情や相談ごとが届くからです。しかし、条例や法律で問題にならない限りは、自治体もごみ屋敷問題に強く出ることはできないことでしょう。もちろん、対策が必要な状況であることは自治体も十分承知はしています。ごみ屋敷問題にかんしては、自治体独自の判断基準によって介入をしているのが現状なのだと理解しましょう。

2-2.ごみ屋敷の条例など法律上の対応

ごみ屋敷にかんする条例など、法律上の対応はどうなっているのでしょうか。現在は、国の法律でごみ屋敷にかんする撤去命令や改善命令を出すことができるものはありません。しかし、ごみ屋敷問題の深刻化を受けた結果、最近では条例制定や法律の制定に対して動きが出ているのも事実です。ごみ屋敷が問題となり、近所とのトラブルが絶えない状況では、条例や法律上の早期対応を期待しましょう。

2-3.ごみ屋敷の片付けなど周囲ができること

ごみ屋敷に住んでいる人の中には、自分がごみ屋敷に住んでいる自覚が無い人がたくさんいます。たとえば、精神障害があったり認知症があったりなど、心や脳問題を抱えている人も多いことでしょう。ごみ屋敷の周囲に住んでいる人は、ごみ回収を助言したり不用品の処分や片付けを手伝ったりなど、できる範囲で協力することが良い解決策となります。ただし、ごみ屋敷に住んでいる人から強い拒否反応があった場合は、急ぎ過ぎないことも大切でしょう。しかし、すぐに解決できなくても根気強く周りがサポートをすることを心掛けてください。

3.片付けられない症候群と遺品整理について

ごみ屋敷と深い関係がある、片付けられない症候群とは何かということを学びましょう。また、ごみ屋敷の片付けを行うきっかけともなる遺品整理についてもお話しします。

3-1.片付けられない症候群の人が増えている

片付けられない症候群になる人が、増えています。特に、ひとり暮らし世帯では、物が散らかっている状態でも厳しく言う人がいないことが、背景にあるのでしょう。また、高齢者にも片付けられない人は増加するばかりです。物を片付けないことには、家の中にどんどん溜(た)まっていくだけ。片付けられない症候群を発症している場合は、ごみ屋敷化は避けられない問題とも言えるでしょう。

3-2.ごみ屋敷と遺品整理問題

親が亡くなったことをきっかけに、久しぶりに実家に戻ることになった人もいるでしょう。親が亡くなることは、遺品整理が必要になることを意味するからです。しかし、中には久しぶりに帰った実家がごみ屋敷になっていて驚いたという人もいることでしょう。実は、遺品整理を行う必要がある人は、汚部屋やごみ屋敷問題で悩むことになるケースがとても多いのです。遺品整理は、相続にかんする品物を含む場合があるため、何でも不用品として捨ててしまうわけにはいきません。ごみ屋敷での遺品整理は、現代日本における新たな悩みになっていると言えるでしょうね。

3-3.高齢世帯になった実家がごみ屋敷に?

最近、実家がごみ屋敷になってしまって途方に暮れる人が増えています。実家で暮らすのが年老いた親だけになることは、ごみ屋敷になる可能性を考えることになるでしょう。ごみを片付けるようにと促(うなが)す家族がいないことや、認知症の発症などで、たちまちごみ屋敷状態になることもあるのです。昔はきれい好きで有名だった女性であっても、ごみ屋敷の住人となってしまうこともあるでしょう。

3-4.片付けられない症候群や遺品整理の相談窓口・解決法

片付けられない症候群にかんしては、心や脳に障害などの問題を考えることができます。相談窓口は、心理内科や脳外科などになるでしょう。また、遺品整理の相談窓口にかんしては、遺品整理を扱っている不用品回収業者などの相談窓口を利用するのもおすすめです。いずれの問題も、解決する方法は存在します。悩みをひとりで持っているままにしないで、第三者の意見を聞いたり、適切な治療を受けたりしてみてください。

4.ごみ屋敷のさまざまな片付け方を学ぼう

それでは、実際にごみ屋敷の片付け方を学んでいきます。必ず、ごみ屋敷から脱出することができますからがんばりましょう。

4-1.ごみ屋敷の掃除に必要なもの

ごみ屋敷の掃除に必要なものは、以下の通りです。

  • 粗大ごみや不用品を仕分けるための場所
  • マスクや軍手・汚れてもよい服装
  • ダンボールやゴミ袋
  • 雑巾(ぞうきん)などの掃除用具
  • 殺虫剤や消臭剤など

ごみ屋敷は、害虫が潜んでいる可能性が高いので殺虫剤を用意することもポイントです。また、作業中のハウスダストや汚れ、思わぬケガから身を守るためにも、マスクや軍手をはめた状態で作業をしましょう。

4-2.不用品と粗大ごみの仕分け

ごみ屋敷の片付けは、不用品と粗大ごみの仕分けも重要なポイントです。ここでは、具体的な仕分けのコツを解説していきましょう。

4-2-1.家電は不用品か粗大ごみか

古くなったなどで使っていない家電は、不用品か粗大ごみとして仕分けましょう。仕分けの基準は以下の通りです。

  • まだ使える家電:不用品としてリサイクルを考える
  • 家電リサイクル法に指定のある家電:不用品として引き取り処分
  • 故障している家電:粗大ごみとして処分

このうち、家電リサイクル法に指定のある家電は、テレビ・エアコン・洗濯機や乾燥機・冷蔵庫や冷凍庫、の4品目となります。家電リサイクル法に指定のある4品目は、粗大ごみとして自治体の粗大ごみ回収には出すことができないので注意しましょう。

4-2-2.思い出の品の仕分けは後日に

思い出の品を仕分けることは、大変労力を使います。ひとつずつ、思い入れのあるものを仕分けることは作業効率が大幅に低下することが想像できるでしょう。ごみ屋敷の片付けは、スピードも大切です。しかし、勢いに乗って思い出の品を捨ててしまうことは、後悔する原因にもなります。思い出の品にかんしては、後日ゆっくりと行ってもかまいません。

4-2-3.粗大ごみの処分は業者の依頼も考えよう

仕分けをした結果、リサイクルの可能性も低いものにかんしては、ごみ・粗大ごみとして扱うことになるでしょう。特に、家電や家具・ベッドの処分は粗大ごみとして考える可能性が高くなります。しかし、粗大ごみは大きさも重量もあることでしょう。特に、大量に出た場合は、粗大ごみの処分を業者に依頼することを考えてみてください。

4-3.不用品と粗大ごみの仕分けの注意点    

不用品と粗大ごみを仕分けるときには、深く考え過ぎないことが大切です。必要なものと不用品を分ける基準は、現在使用するものか使用していないものかで素早く仕分けると良いでしょう。ひとつずつじっくり考えることは、効率が悪くなります。てきぱきと、必要なもの・リサイクルの可能性を含む不用品・粗大ごみに分類してきいきましょう。なお、どうしても判断が付かないものにかんしては、保留としても良いです。しかし、保留とするものは思い出の品だけにしておきましょう。

4-4.不用品処分や回収の方法

不用品処分や回収の方法には、いくつかあります。ここでは、主な方法について取り上げてみましょう。

4-4-1.地方自治体に処分や回収を依頼する

地方自治体に、不用品の処分や回収を依頼する方法ですね。多くは、材質や大きさによって、可燃ごみ・不燃ごみ・粗大ごみなどに仕分けする必要があるでしょう。また、リサイクル目的での回収を行っているところもあります。

4-4-2.リサイクルショップに買い取り依頼をする

不用品でも、まだ使用できる家電製品やマニア向けのコレクショングッズなどはリサイクルショップに買い取り依頼をする道もあります。ただし、家電はきれいな状態であることも条件になるでしょう。でも、リサイクルショップへ買い取りとなる場合は、多少なりともお金が手に入るのも魅力ですね。

4-4-3.不用品回収業者に回収を依頼する

不用品回収業者に回収を依頼する方法は、ごみ屋敷のように大量の不用品が出る場合に特におすすめです。不用品回収業者は、大量の不用品の回収に慣れているので処分依頼もスムーズに進むことでしょう。ごみ屋敷の片付けと同時に、不用品回収も行っている業者にそのまま依頼すると楽ですよ。

5.ごみ屋敷にありがちなトラブル

ここでは、ごみ屋敷にありがちなトラブルを見ていくことにします。ごみ屋敷は、ご近所の皆さんにも大変迷惑であることをしっかり理解してください。

5-1.ごみ屋敷にまつわるよくあるトラブル

ごみ屋敷になると、多くのトラブルを引き起こしてしまいます。ごみ屋敷のトラブルで、主なものを見ていきましょう。

5-1-1.ごみ屋敷に住んでいる人自身のトラブル

ごみ屋敷は、住んでいる人にとっては問題が無いのではと考えるのはいけません。住んでいる人が気づかないうちに、さまざまなトラブルを引き起こしているものです。

  • 探し物がみつからない
  • 何枚買っても洋服や下着が足りない
  • 生活をするスペースがごみで埋まっている
  • よくわからない虫が発生して気持ち悪い
  • 原因不明の変な臭(にお)いがする
  • なんとなくいつも咳(せき)やくしゃみ・鼻水が止まらない
  • 体調不良や寝不足・うつな気分になりやすい

ごみ屋敷は、さまざまな方面から生活の質を落としたり心身の健康を奪(うば)っていったりするのです。

5-1-2.ごみ屋敷の近所に住んでいる人のトラブル

ごみ屋敷の近所に住んでいる人は、さまざまな迷惑を感じることでしょう。

  • ごみが溢(あふ)れていて見た目に気分が悪い
  • 自宅の敷地内にごみが入ってきて不快
  • 悪臭に耐(た)えることがきない
  • ねずみや害虫が発生して不衛生
  • 火事が発生しないか心配

不快に感じているけれども、近所付き合いのことを考えて強く意見することもできないという人もいます。とにかく、ごみ屋敷はご近所にとって大きなストレス。ご近所の皆さんが快適に暮らす権利を侵害していることを、深く自覚しましょう。

5-2.ごみ屋敷のトラブルにかんする相談窓口

ごみ屋敷のトラブルにかんする相談窓口は、現時点では主に地方自治体となるでしょう。しかし、すでに深刻なトラブルに発展した後は、場合によっては警察へ相談することにもなります。しかし、根本的な原因であるごみ屋敷を解消することが、トラブル解消につながるのだと考えてみましょう。つまり、不用品回収業者に相談窓口に相談することもトラブル解決に有効な手段とも言えるのです。

5-3.ごみ屋敷のトラブル対応法

ごみ屋敷のトラブル対応法は、まず冷静になることが大切です。そして、原因となっているごみ屋敷を解消するために何ができるかを考えていきましょう。もし、皆さん自身がごみ屋敷に住んでいる場合は速やかな片付けが必要です。また、皆さんがごみ屋敷の近所に住んでいる人で被害を受けていると感じている場合は、周囲の人とも協力してごみ屋敷に住んでいる人に改善要求をしましょう。いずれにしても、感情的にならないことが大切です。

6.もしかして私もごみ屋敷症候群?セルフチェックをしよう!

今この記事を読んでいる皆さんの家も、ごみ屋敷と言っても良いレベルに達している可能性もあります。簡単なセルフチェックを用意しましたから、自己診断してみてください。

6-1.ごみ屋敷のセルフチェック方法                          

自分の家がごみ屋敷かどうかは、以下のセルフチェック項目を参考にしてください。

  • 買い物が大好きですぐに購入する
  • 物が捨てられない性格である
  • 探し物がなかなかみつからない
  • 掃除をしないもしくは苦手である
  • 物が多過ぎて床が見えている部分が少ない
  • 洋服は脱ぎっぱなしの状態になっている
  • ベッドの上にまで物が溢(あふ)れている
  • 最近ごみを出した記憶が無い
  • 最近家に人を呼んだ記憶が無い

さて、いかがでしょうか。当てはまる項目が多い人ほど、ごみ屋敷問題は深刻と言えます。

6-2.ごみ屋敷の診断には身近な人のアドバイスも参考に

ごみ屋敷かどうか、セルフチェックをすることも有効です。しかし、中には客観的は判断ができない状態の人も多いことでしょう。自分だけでごみ屋敷の判断ができない人は、周囲の人に聞いてみてください。周囲の人も、ごみ屋敷だと思っていても指摘してはいけないことだと遠慮をしていた可能性もあります。ぜひとも、周囲の人から率直な意見を聞いて、判断してみてください。

7.ごみ屋敷に最適な業者の選び方を伝授

それでは、ごみ屋敷に最適な業者の選び方を伝授します。ごみ屋敷からの脱出は、良い業者選びから始まると言っても過言ではありませんよ。

7-1.ごみ屋敷の片付けを業者に頼んだ方がいい場合

ごみ屋敷の片付けを業者に頼んだ方がいい場合は、主に以下のような理由があるときでしょう。

  • 片付ける人手が足りない
  • 片付ける時間が無い
  • ごみや不要品がとにかく多い
  • 悪臭や害虫が発生している
  • 近所から苦情が発生している
  • なんとしてもごみ屋敷を脱出したい

ごみ屋敷を脱出することは、とても大変なことであることに間違いないでしょう。何しろ、ちょっと手間を掛けるだけで片付くほどの物量ではないからです。自分たちだけでごみ屋敷を片付けることは、心身ともに負担が大き過ぎるでしょう。積極的に、プロに依頼することを考えてください。

7-2.ごみ屋敷の片付けを業者に頼むメリット

ごみ屋敷の片付けを業者に頼むメリットについて、確認してみましょう。

  • ごみ屋敷の片付けで疲れない
  • プロ目線で効率の良い片付けをしてくれる
  • 希望した日時に作業をしてくれる
  • 不用になったテレビやパソコンの処分も依頼できる
  • 害虫駆除や消毒作業も依頼できる

業者は、ごみ屋敷の片付けにかんするプロフェッショナル集団です。豊富な経験と知識があるため、皆さんの悩みを解消するべく効率良く片付けを進めてくれることでしょう。また、業者は汚部屋やごみ屋敷は見慣れているので友人や知人に手伝いを依頼するよりも気軽という点も良いですね。

7-3.ごみ屋敷の片付けにふさわしい業者選びのポイント

ごみ屋敷の片付けを依頼するには、どのような業者を選ぶべきかついて確認しましょう。

  • ごみ屋敷・汚部屋の片付けで豊富な経験や知識がある
  • 不用品回収や買い取りにかんしても詳しい
  • 希望日時に作業ができるように調整してくれる
  • 質問や疑問に対して誠実な対応がある
  • 作業見積もりを無料で行っている
  • 無理やり契約をしたり不当な料金を請求したりしない

ごみ屋敷の片付けは、作業量も多くなることから業者とのやり取りも頻繁(ひんぱん)に行う可能性があります。気持ちよく作業依頼を行うためにも、満足する結果になるためにも、業者選びは重要でしょう。

7-4.ごみ屋敷の片付けを業者に頼むときのコツ

ごみ屋敷の片付けを業者に頼むときのコツを、伝授しますね。

  • ごみ屋敷の片付けを真剣に行いたい意志を伝えること
  • おおよその物量や部屋の広さを伝えること
  • 作業を希望する日時を決めてから連絡すること
  • やってもらいたいことをリストに書いて渡すこと
  • 予算を伝えること

ごみ屋敷の片付けは、作業量が多くなることから業者でも事前に準備を整える必要があります。片付け費用の見積もりを正確に出すためには、現状の様子とやってもらいたい作業内容についてきちんと伝えることが大切でしょう。また、片付け費用に対する予算を正直に伝えることも大切です。特に、お金の問題はトラブルになりやすい点なので注意してくださいね。

7-5.ごみ屋敷の片付け料金設定

ごみ屋敷の片付け費用は、実際の現場を見てみないことには正確な見積もりを出すことが難しいでしょう。しかし、業者にごみ屋敷の片付けや処分を依頼するときにはどのくらいの料金設定があるのか知りたいですよね。良心的な業者は、自社のサイトに目安を示していたり無料査定を行ったりすることで契約前におおよその費用を知ることができるでしょう。ただし、見積金額の多い少ないだけが、業者を判断する基準にはなりません。皆さんの予算とも照らし合わせてから、料金に見合うサービスを提供するところを選びましょう。

まとめ

今回は、最近問題になっているごみ屋敷についてさまざまな点から現状や解決方法をお話ししてきましたがいかがでしょうか。ごみ屋敷は、高齢世帯の増加に伴(ともな)って、まずます深刻化している問題です。ごみ屋敷に住むことは、住んでいる人の心身に大きなダメージを与えるだけでなく近所の皆さんにも大迷惑を掛けてしまうことになるでしょう。皆さんが、本気でごみ屋敷の片付けを行いたいと思う場合は、すぐに実行に移してください。ごみ屋敷から脱出できたときの、すがすがしい気持ちを早く味わっていただけることを願います。