引っ越しのときに出るゴミの処分の仕方は?おすすめの方法を紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

引っ越しをするとたくさんの不用品が出ます。後でゴミとしてまとめて処分すればよいと考えている方も多いでしょうが、計画的に捨てないと引っ越し当日までにゴミが捨てきれないということも少なくないんですよ。

そこで今回は、引っ越しの時にでるゴミを効率的に処分する方法をご紹介します。引っ越しの予定がある方や、引っ越しが間近に迫っているのにゴミが捨てきれていない、という方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 引っ越しの際に出やすいゴミとその処分方法とは?
  2. ゴミを一番安く処分する方法とは?
  3. 不用品回収業者を利用してみよう
  4. 安すぎる業者は要注意?
  5. おわりに

1 引っ越しの際に出やすいゴミとその処分方法とは?

この項では、引っ越しの際に出やすいゴミや、その処分方法をご紹介しましょう。自治体では回収できないものもあるので、処分は計画的に行う必要があります。

家電製品

「引っ越しの際に新製品に買い替える」「今まで使っていたものではサイズが合わない」などという理由で、家電が不要になることは多いものです。多くの家電は各自治体で不燃ゴミ、もしくは粗大ゴミとして処分を依頼することができますが、

  • 冷蔵庫(冷凍庫)
  • テレビ(液晶・プラズマ・ブラウン管)
  • エアコン

は家電リサイクル法のため、どの自治体でも回収することができません。また、パソコンもパソコンリサイクル法によってメーカーが回収することが義務付けられています。
ですから、これらの家電を捨てたい場合は、時間に余裕をもって定められた方法で処分しましょう。

家具

大型なものから小型のものまでいろいろとありますが、引っ越しを機に買い替えたり、作りつけのものに変えたりすることも多いでしょう。家具はほとんどの自治体で可燃ゴミ、もしくは粗大ゴミとして回収を依頼することができます。回収が有料な自治体もありますので、捨て方に十分注意をしましょう。

節約法を紹介するサイトなどに、家具は分解すれば燃えるゴミとして出して大丈夫、と書かれていることもありますが、組み立て家具以外の家具を分解するには電動のこぎりが必要です。日曜大工が得意だったり、電動のこぎりが家にある、という方以外は無理をしてはいけません。

その他の大型ゴミ

引っ越しの際には、普段では処分しないようなゴミがたくさん出ます。一例をあげるとカーペットや古着、食器、大量の古本などですね。このようなゴミも大抵は自治体に回収を依頼することができますが、注意しなければならないのはゴミの分類です。

燃えるゴミや燃えないゴミ以外にもプラスチック、リサイクル、金属、大型可燃ゴミなどの種類があり、自治体によってはものを分解して出してください、と指示しているところもあります。

ゴミの分類の仕方は、自治体のHPに載っていることが多いので、ゴミの分別に迷ったら確かめてみてください。市役所で配っているパンフレットやポスターをもらってきて、確認しながら捨てていくのもよいでしょう。

2 ゴミを一番安く処分する方法とは?

引っ越しの時に出るゴミを一番安く処分する方法は、自分でゴミの回収方法を調べ、回収場所に持っていくことです。それならば粗大ゴミが有料な自治体でも処分費用は数百円程度、家電リサイクル法対象の家電ならば数千円で処分することが可能でしょう。

しかし、自治体によっては粗大ゴミ等の引っ越しの時に出やすいゴミの回収が月一回程度だったり、家電を回収してくれる家電量販店が遠くにあったりして、ゴミを捨てるのも一苦労という場合も多いです。

引っ越しのときはただでさえバタバタしがちなもの。ゴミを計画的に捨てることが不可能、という場合もあるでしょう。では、そのようなときはどうしたらよいのでしょうか。それを次項でご紹介しましょう。

3 不用品回収業者を利用してみよう

引っ越しの荷造りをしたらゴミがたくさん出たけれど、捨てる暇がない。そんなときは不用品回収業者を利用してみましょう。この項では不用品回収業者が引き取ってくれるものや利用の仕方などをご紹介します。

不用品回収業者とは?

不用品回収業者とは、文字通り、不要になった品を有料で引き取ってくれる業者のことです。業者によっては「ゴミ処分業者」と名乗っているところもあるでしょう。業者によっては不用品の引き取りだけでなく、ごみ屋敷や遺品整理などを引き受けているところもあります。

不用品回収業者に依頼をするメリットとは?

不用品回収業者に依頼をすると、不用品を種類にかかわらず一度に持って行ってくれます。ですからゴミを分別する時間のない人や、ゴミが重くてゴミ捨て場に持っていかれない人にとっては大変便利ですね。

また、対応が早い業者ならば、依頼をしたその日に見積もりを出して引き取りに来てくれるでしょう。さらに、ひとつからでも回収を引き受けてくれるので、引っ越し間近になって自治体が回収してくれないゴミが出た、という場合でも依頼をすることができます。引っ越し先までゴミを持っていかずに済みますね。

不用品を買い取ってくれる業者もあり

業者によっては不用品を処分するだけでなく、家具や家電を買い取ってくれるところもあります。「まだ使えるけれど不要になった」というものがある場合は、このような業者を利用すると、処分費用が抑えられるでしょう。

特に買って5年以内の家電や人気のあるブランド家具などが不要になった場合はただ処分を依頼するのももったいないですよ。不用品を買い取ってくれる業者はHPに必ずその旨を記載していますので、それを頼りに業者を探すとよいでしょう。

4 安すぎる業者は要注意?

不用品回収業者に依頼をした場合は、ゴミの回収は当然有料になります。その費用がどのくらいになるかは、回収を依頼したゴミの種類や量によっても変わってきますが、
だいたい数千円~数万円程度のことが多いですね。

びっくりするほど高額、というわけではありませんが、引っ越しで何かと物入りになる時期には手痛い出費となるでしょう。業者を探すときはできるだけ安く回収をしてくれるところと考えている人は少なくないと思います。

しかし、今は自治体でも有料で回収するゴミを無料で捨てることはできません。あまりにも回収費用が安すぎる業者は、不法投棄される恐れがあるので気をつけましょう。また、不用品の買い取りの営業をかけてくる業者もありますが、このような業者は現在価値が上がっている貴金属などだけを不当に安い金額で押し買いをするところが多いです。

業者に依頼をする場合は、まずは電話をかけて対応を確かめてみましょう。優良な業者ならば、対応も丁寧ですし、費用の内訳もわかりやすいはずです。

5 おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は引っ越しのときに出るゴミの処分方法についてご紹介をしました。
まとめると、

  • 引越しのときに出やすい家具や家電は捨て方に注意。
  • 家電リサイクル法の対象になっている家電やパソコンは自治体では回収不可。
  • ゴミ捨ての際はゴミの出し方を確かめてから出す。
  • 不用品回収業者に依頼をすれば、ゴミが早く一時に片付く。

ということです。引っ越しのときは何かと物入りなので、ゴミを出すのにお金をかけたくない、という方もいるでしょう。しかし、新居で改めて荷解きをしながらゴミ捨てをするのも大変です。多少の出費は必要経費と割り切って、引っ越し前にゴミをすべて処分してしまいましょう。そうすればすっきりと新生活を始められますよ。