認知症のゴミ屋敷対策はどうする? 主な原因・予防法を詳しく解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「親が認知症でゴミ屋敷になってしまったが、どんなリスクがあるのだろう」「ゴミ屋敷を防ぐ方法や効率よく片付ける方法を詳しく知りたい」とお考えでしょうか? 一人暮らしの高齢者が認知症になると、高確率でゴミ屋敷になってしまいます。ゴミ屋敷のリスクを回避するためにも、どんな方法で対処するべきか、どんな点に注意して予防するべきかなどを理解することが大切です。

そこで今回は、認知症とゴミ屋敷について詳しく解説します。

  1. 認知症とゴミ屋敷にはどんな関係がある?
  2. 認知症の人の家がゴミ屋敷に住み続けるリスク
  3. 認知症の人の家がゴミ屋敷になるのを防ぐ方法
  4. ゴミ屋敷になってしまったときの対処法
  5. 認知症とゴミ屋敷に関するよくある質問

この記事を読むことで、認知症とゴミ屋敷の関係がよく分かり、適切な対応ができます。まずは、記事を読んでみてください。

1.認知症とゴミ屋敷にはどんな関係がある?

最初に、認知症とゴミ屋敷の関係について見ていきましょう。

1-1.ゴミや不用品が捨てられなくなる

認知症になると、ゴミや不用品が捨てられなるケースが多く見られます。ゴミや不用品を定期的に処分することができず、ため込んでしまうからです。中には、捨てようと考えていても、捨てる行為自体を忘れてしまうこともあります。家の中にゴミや不用品が増えてきたら、認知症を疑いましょう。

1-2.ゴミを捨てなくても平気になる

認知症になると衛生観念が低下するため、ゴミを捨てなくても平気になります。また、部屋がゴミであふれて不衛生になっても、積極的に掃除をしなくなることも特徴です。ゴミを捨てない、掃除をしないといった状態では、当然ながらゴミ屋敷になります。しかし、本人は気にしないので、ますます悪化するのです。

1-3.掃除の段取りが理解できなくなる

掃除をしようと思っても、認知症のせいで段取りが理解できなくなることがあります。掃除をしたくてもうまくできないため、ゴミや汚れがたまるのがゴミ屋敷になる原因です。適切な掃除道具を用意できない、使い方が分からないといった理由で掃除をきちんとできず、途方に暮れてしまうことがあります。また、本人は掃除をしたつもりでも、周囲から見ればまったくできていないこともあるでしょう。

1-4.不用品を大量に買い込んでしまう

認知症になると、不用品を大量に買い込んでしまうことがあります。すでに家にあることを忘れて、また買ってきてしまうのです。また、悪質業者にだまされて特に必要がないものを大量に購入してしまうケースもあるでしょう。さらに、自己判断で不用品を処分することができないため、すぐにゴミ屋敷になってしまいます。

2.認知症の人の家がゴミ屋敷に住み続けるリスク

認知症の人がゴミ屋敷に住み続けるとどんなリスクがあるのか、詳しく見ていきましょう。

2-1.ケガをしやすくなる

ゴミ屋敷にはものが大量にあるため、つまずいたり踏んでしまったりしてケガをしやすくなります。特に、認知症の人は、ものが床の上にあることを認識できない、ケガをする可能性を理解できなくなることなどが問題です。中には、ケガをしても適切な手当てができずに放置してしまうケースもあるでしょう。ゴミ屋敷は、認知症の人にとってケガのリスクが高いといえます。

2-2.感染症や病気にかかりやすくなる

ゴミ屋敷は、生ゴミなど食品の腐敗、掃除不足によるハウスダストの蓄積、害虫やカビの繁殖などによって、感染症や病気にかかりやすくなるのがデメリットです。認知症の人は衛生観念が低下するため、不衛生な状態であってもそのまま暮らしてしまいます。また、感染症や病気になっても、自らの意思で適切な治療を受けることができません。周囲が気付いたときには深刻な状態になっていることが多いので、注意が必要です。

2-3.火災のリスクが高まる

認知症の人がゴミ屋敷に暮らす場合、火災のリスクがグンと高まります。特に、暖房器具の異常加熱による火災や、電気コンセントにホコリがたまって起きるトラッキング火災などが心配です。火災が発生すると、大量のものに燃え広がって大きな被害につながりやすくなります。近隣に延焼する可能性もあるので、不安が尽きません。また、認知症の人は、逃げ遅れて大ケガをしたり亡くなったりする可能性も高くなります。

2-4.近隣に迷惑がかかる

認知症の人がゴミ屋敷に住むと、臭いや害虫の繁殖などで近隣に迷惑がかかるのも問題です。認知症になると近隣住民から苦情があっても、本人が意味を正しく理解できないことが多くなります。中には、被害妄想により近隣住民からいじめられていると考えてしまう人もいるでしょう。そのため、近隣住民と深刻なトラブルに発生することもあります。

2-5.孤独死の原因になることもある

認知症の人がゴミ屋敷に住むと、孤独死する原因になることもあります。ゴミ屋敷になると、親しい人や近隣住民などと疎遠になってしまうことが多いからです。すると、病気やケガなどで食事が思うようにできない、体がうまく動かないなどの状況になっても、ほかの人に助けを呼ぶことが困難になるでしょう。ゴミ屋敷からの異臭がひどくなってから家に入ったら、すでに孤独死していたというケースもあります。

3.認知症の人の家がゴミ屋敷になるのを防ぐ方法

認知症の人の家がゴミ屋敷になるのを防ぐ方法を詳しくご紹介します。

3-1.定期的にゴミや不用品を処分する

定期的にゴミや不用品を処分することで、ゴミ屋敷になるのを防ぐことが可能です。家族や知人などがこまめに気をかけて一緒に片付けることで、ゴミ屋敷にならずに済みます。また、知っている人が定期的に会いにくると分かれば、認知症の人が落ち着きやすいのも大きなメリットです。

3-2.介護保険を利用する

介護保険を利用するのも、ゴミ屋敷を防ぐのに効果的です。認知症の人が介護保険の要介護認定を受けると、生活扶助サービスとしてゴミ出しや家の片付けをヘルパーに依頼することができます。ただし、要介護度によって利用できる時間や内容・回数などに制限があるため、詳しくは担当のケアマネージャーに相談してください。

3-3.定期的にハウスクリーニング業者を利用する

介護保険以外にも、民間のハウスクリーニング業者を利用するのもよい方法です。物量が多い、汚れがひどいといった場合でも、プロならではのテクニックでピカピカに仕上げてくれます。特に、ゴミ屋敷の片付けで豊富な実績がある業者に依頼すると、スムーズに作業が進むのでおすすめです。定期的にハウスクリーニングをしてもらえば、ゴミ屋敷にならずに済むでしょう。

4.ゴミ屋敷になってしまったときの対処法

認知症の人の家がゴミ屋敷になってしまった場合の対処法を詳しく見ていきましょう。

4-1.一緒に片付ける

認知症の人の家がゴミ屋敷になってしまった場合、まずは、本人と一緒に片付けることが理想的です。認知症の人でも、ゴミ屋敷になってしまったことを苦しく感じているケースもあります。一緒に片付けて家がキレイになれば、喜んでくれることでしょう。ただし、認知症の人は、言動や行動に一貫性がないことも多く、作業中に振り回されてしまうことがあります。一緒に片付けるときは、おおらかな気持ちで接することを忘れないようにしましょう。また、ゴミ屋敷の片付けは大変なので、なるべく複数人に協力してもらうことも大切です。

4-2.専門業者に依頼する

ゴミ屋敷の片付けは、専門業者に依頼することをおすすめします。専門業者に依頼するメリットは、以下のとおりです。

  • 自分たちで片付けるより効率よくキレイに仕上がる
  • 片付けにかかる時間や労力の大幅な節約になる
  • ゴミや不用品の処分も依頼できる
  • 認知症の人が留守のときなど、都合のよい日時を指定して作業してもらえる
  • 害虫駆除や消毒作業も依頼できる

なお、当ファンデックスでも、ゴミ屋敷の片付けをお受けしています。専門知識とテクニックを持ったスタッフが効率よく作業をしますので、安心してご依頼ください。

4-3.自治体に指導してもらう

近隣の家がゴミ屋敷になった場合などは、自治体に指導してもらうことも考えましょう。ゴミ屋敷の片付けをお願いしても一向に改善されない、住人の認知症が進んだ可能性があるなどの場合は、自治体の力を借りるのが一番です。自治体の指導が入れば、必要なゴミ屋敷対策を行ってもらえるだけでなく、認知症の人が各種福祉サービスを受けるきっかけにもなります。

5.認知症とゴミ屋敷に関するよくある質問

最後に、認知症とゴミ屋敷に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.ゴミ屋敷に住んでいる高齢者はすべて認知症の疑いがある?
A.すべてではありません。中には、足腰が不自由になってしまった、体調が悪いなどの理由で、ゴミや不用品の処分がうまくできないこともあります。

Q.ゴミ屋敷の敷地外にあふれたゴミや不用品を処分してもよい?
A.敷地外とはいえ、明らかにゴミ屋敷から出たゴミや不用品ならば、住人に処分してもよいか許可を得る必要があります。処分することを拒否された場合は、片付けてもらえるようにお願いしてみましょう。再三のお願いでも片付けが進まないときは、親族に連絡したり自治体に指導してもらったりしてください。

Q.認知症の人がものを捨てたがらない理由は?
A.執着心が強い傾向があるからです。ゴミや不用品も自分の所有物だと考えるため、捨てることに納得できなくなります。家族に捨てるよう指示されても、かたくなに拒否することもあるでしょう。

Q.ゴミ屋敷を片付けてもまた再発するのでは?
A.確かに、ゴミ屋敷を片付けても再発する可能性は高いでしょう。1回片付けたからといって安心してはいけません。しかし、定期的にほかの人が入って片付けることができれば、再発を防止することは可能です。

Q.ゴキブリなどの害虫が繁殖していて手が付けられないのですが?
A.専門業者に依頼して、きちんと駆除してもらうとよいでしょう。同時に消毒作業も依頼すると、病原菌に感染する心配もなくなるのでおすすめです。

まとめ

今回は、認知症とゴミ屋敷について詳しく解説しました。一人暮らしで認知症がある人は、高確率でゴミ屋敷にしてしまいます。判断能力や衛生観念が低下するため、ゴミを捨てたり不用品を処分したりすることが難しくなるからです。また、掃除ができなくなることも、ゴミ屋敷になってしまう原因といえます。ゴミ屋敷を片付けるには、専門業者に依頼することがおすすめです。自分たちで作業するよりもはるかに効率がよく、キレイに仕上げてもらえます。また、ゴミや不用品の処分、害虫駆除や消毒作業も依頼できて便利です。