ゴミ屋敷から脱出する方法は? 片付ける前の準備や脱出方法のコツ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「ゴミ屋敷を奪取するために何ができるのか?」「楽に脱出できるコツは?」など、ゴミ屋敷で悩んでいる方は多いでしょう。不用品が大量にあるほど時間と手間がかかりますが、コツを押さえればスピーディーに片付けることができます。では、どうすればゴミ屋敷から抜け出すことができるのでしょうか。

本記事では、ゴミ屋敷の脱出方法や片付ける前の準備などについて解説します。

  1. ゴミ屋敷を脱出するためのポイント
  2. ゴミ屋敷を片付ける前の準備・確認事項
  3. ゴミ屋敷を脱出する方法は?
  4. ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する方法
  5. ゴミ屋敷に関してよくある質問

この記事を読むことで、ゴミ屋敷から抜け出す方法とポイントが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.ゴミ屋敷を脱出するためのポイント

最初に、ゴミ屋敷を脱出するためのポイントを紹介します。

1-1.まずはゴミ屋敷になった原因を知ろう

ゴミ屋敷を脱出するための1番のポイントは、ゴミ屋敷になった原因を知ることです。きちんと原因を把握しておかなければ、せっかく片付けてキレイにしても再びゴミ屋敷化する可能性があります。よくある原因は、「整理整頓が苦手」「日々の生活が忙しすぎる」「1人暮らしの寂しさからものを集めてしまう」などです。特に、要らないものを収集してしまう・捨てられない・整理できないという3つの原因が深く関係していると言われています。この機会に、ゴミ屋敷化した原因を自分で改めて考えてみるといいかもしれませんね。

1-2.ゴミ屋敷を脱出できないことで起こるトラブル

周囲から見るとゴミ屋敷に感じますが、住んでいる本人はゴミ屋敷になっているという自覚はありません。住人が納得していないのに無理やり片付けるのは何の解決にもなっていないので、まずは本人を説得させることが大切です。ゴミ屋敷だと認識させ片付けの意欲を高める第一歩として、ゴミ屋敷を脱出できないことで起こりやすいトラブルを伝えるといいでしょう。たとえば、以下のようなトラブルが起きやすくなります。

  • 生ゴミなどによる悪臭
  • ゴキブリやネズミなどの害虫
  • 家族間での絶縁
  • 火災・犯罪のリスク
  • 近隣住民とのトラブル

1-3.自分でできない場合は専門業者に依頼する

大量のゴミや不用品がある状態を片付けるとなると、かなりの時間と労力を消耗することになります。家族で協力し合うことができればいいですが、協力者が得られない場合は自分で何とかしなければなりません。ただし、現実的に自分1人でゴミ屋敷を片付けるのは困難ですし限界があります。自分でできない場合は、専門業者に依頼するのもポイントの1つです。後ほど【4.ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する方法】で詳しく説明するのでぜひチェックしてください。

2.ゴミ屋敷を片付ける前の準備・確認事項

ここでは、ゴミ屋敷を片付ける前の準備・確認事項について解説します。

2-1.どのくらい散らかっているか確認する

最初にチェックしてほしいのは、どのくらい散らかっているのか現状を把握することです。まずは現状をしっかりチェックしておかなければ、具体的なスケジュールを立てることができません。ゴミ屋敷を片付ける時間と手間がかかるからこそ、事前に計画を立ててスケジュールどおりにすすめることが大切です。ある程度、室内の状況をチェックしておけば大まかなスケジュールが立てられるようになりますし、業者の力が必要か判断しやすくなります。

2-2.家族の協力が得られるか

現状をチェックした後は、家族や友人の協力を得ることができるのか確認しましょう。ゴミ屋敷から脱出するためには自分の力では限界があります。家族の協力を得ることができれば、専門業者に依頼する必要はほとんどないでしょう。また、不用品が大量に出てくると思うのでトラックなど運搬できる車を用意しなければなりません。軽トラックが準備できるか、どのくらい費用がかかるのかもチェックする必要があります。

2-3.片付けに必要なものを準備する

家族や友人の力を借りてゴミ屋敷を片付ける場合、必要なものを準備しなければなりません。ゴミ屋敷の片付けに必要なものは以下のとおりです。

  • ゴミ袋
  • ダンボール
  • 軍手
  • ゴーグル・マスクなどの保護服
  • ガムテープ
  • 紐(ひも)
  • 丈夫な靴

悪臭や害虫が発生している可能性があるため、ゴーグル・マスクなど自分の体を守るためのアイテムも必ず用意してください。状況によっては、室内に入るのが困難になるほどひどい悪臭が漂っていることもあります。

3.ゴミ屋敷を脱出する方法は?

では、ゴミ屋敷を脱出する方法を解説します。

3-1.大きいものから処分する

ゴミ屋敷から脱出するためには、まずゴミと思うものを処分することが大切です。たとえ、自分にとっては必要なものだとしても、客観的に見るとゴミに分類されるものがあると思います。片付けやすくなるように大きいものから処分するようにしましょう。玄関からベランダ・庭につながる道を先に作ってあげると、外に運び出す経路ができるので片付けやすくなります。大きいものから処分していけばスペースも生まれるので、ゴミ屋敷から抜け出しているという実感も湧いてくるはずです。

3-2.要るものと要らないものに分ける

大きいものから処分し終えたら、次は、要るものと要らないものに仕分けます。ここでのポイントは、使っていなかったもの・今必要ないものはすべて要らないものに分類することです。できるだけものを処分したほうがゴミ屋敷から脱出しやすくなります。特に、「いつか使うかもしれない」と考えて手元に残してしまうものは必要ないものなので処分しましょう。たとえ、思い出が詰まっているものでも見返すことがないものは処分の対象となります。

3-3.不用品は素早く処分する

要らないものに分類した不用品は、できるだけ早めに処分することが大切です。不用品をそのまま放置すると、そこから悪臭や害虫が発生する可能性があります。再びゴミ屋敷になってしまうので早めに処分するようにしてください。ただし、大量の不用品をゴミ捨て場に持っていくのはNGです。近所迷惑になってしまう恐れがあるため、自治体に相談するか、不用品回収業者などに依頼することをおすすめします。

3-4.ものを増やさない努力をする

ゴミ屋敷から脱出するためには、キレイに片付けた後の努力が1番大切なポイントとなります。片付けてキレイにした後は、ものを増やさない努力をすることが大切です。前述したように、ゴミ屋敷になりやすい人ほど要らないものや使わないものをため込んでしまう傾向があります。「もったいない」「捨てられない」という心理が強く働いてしまうのです。本当に自分にとって必要なものなのかじっくりと考えて判断する必要があります。

4.ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する方法

それでは、ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する方法とポイントを解説します。

4-1.スピーディーかつ的確に片付けることができる

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するメリットは、スピーディーかつ的確に片付けることができる点です。害虫や悪臭が出ていても素早く片付けてくれるので、時間と手間がかかりません。また、片付け業者の多くは不用品回収も受けつけています。片付けで出たゴミを処分してくれるため、自分たちでゴミの分類をしたり処分したりする手間が省けるのです。さらに、片付け業者の中には、ハウスクリーニングや消臭などのオプションサービスを行っているところがあります。ひどい悪臭は素人で除去するのが難しいので、業者にまとめて依頼したほうがいいでしょう。

4-2.作業範囲をしっかりと確認する

片付け業者に依頼する場合は、どこからどこまで作業してくれるのか範囲を確認することが大切です。業者やサービス内容によって作業範囲が異なります。A社ではハウスクリーニングまで、B社はハウスクリーニングはオプションで不用品回収までと決められているのです。中には、詳しく説明をしないまま契約を交わそうとする悪徳業者もあるので十分に注意してください。疑問点や不明点があれば、依頼前にきちんと確認しておきましょう。

4-3.そのほか業者選びのポイントをチェックしよう!

業者にゴミ屋敷の片付けを依頼する場合は、慎重に業者を選ぶ必要があります。ここでは、特に押さえておきたい業者選びのポイントをいくつか紹介するのでぜひチェックしてください。

  • ゴミ屋敷の片付け実績があるか
  • スタッフの対応がスピーディーで丁寧か
  • 不用品の回収・買取を行っているか
  • 低費用かつ高価買取が期待できるか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 口コミや評判がいいか
  • 見積書の内容が細かく記載されているか
  • ホームページ等に料金体系やサービス内容が記載されているか

不用品の回収や買取を行っているファンデックスでは、ゴミ屋敷の片付けはもちろんのこと、ハウスクリーニングサービスも行っています。悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

4-4.安すぎる業者は要注意!

ゴミ屋敷の片付け費用は、作業範囲や作業人数・不用品の量などによって異なります。できるだけ費用を抑えて依頼したい気持ちがあると思いますが、安すぎる業者は安易に利用してはいけません。安すぎる業者は作業後に追加料金を請求してくる恐れがあります。見積書に内訳がきちんと記載されているか、書面で提示してくれるか諸々(もろもろ)確認することが大切です。

5.ゴミ屋敷に関してよくある質問

ゴミ屋敷に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ゴミ屋敷を脱出するまでにかかる期間は?
A.作業範囲や不用品・ゴミの量などで異なりますが、業者に依頼するとほとんどのゴミ屋敷が数時間~1日でキレイになります。2日かかるケースはほとんどないと言えるでしょう。ただし、自分で片付ける場合は、1日で済ませられるとは限りません。ゴミ屋敷の状況によって1日以上かかることもあれば、片付けに使える時間によっては1週間~1か月かかることもあるのです。

Q.実際にゴミ屋敷から脱出した体験談は?
A.両親や夫・子供などに手伝ってもらって、みんなで協力しながらゴミ屋敷から脱出したという体験談があります。長期間かけて少しずつ片付けることで、負担がかからず、家族の力を借りながらキレイにすることができたそうです。また、身内がゴミ屋敷になってしまった場合、できるだけトラブルを回避するために長期戦になったというケースがほとんどでした。急がずに相手のペースや気持ちを尊重しながら少しずつ片付けることが大切です。

Q.ゴミ屋敷の片付け費用はいくらぐらいか?
A.あくまで目安ですが、以下の費用を参考にしてください。

  • 1K(作業人数2名):34,800円~
  • 1DK(作業人数2名):59,800円~
  • 1LDK(作業人数3名):79,800円~
  • 2DK(作業人数3名):119,800円~

具体的な費用を知りたい方は、無料見積もりを依頼するといいでしょう。

Q.お得に不用品を処分するコツは?
A.不用品を買取に出すことです。不用品の中には、買い取ってもらえるものがあるかもしれません。たとえば、大型家具・大型家電で正常に使うことができる状態なら買取店やリサイクルショップで買い取ってもらえるでしょう。買い取ってもらえる不用品があれば、その分だけ処分費用が節約できるはずです。

Q.特殊清掃とは?
A.ゴキブリ・ウジ・ハエなどの害虫が発生したり、手がつけられないほどの悪臭が発生したりする場合に行う清掃のことです。素人ではなかなか除去できない汚れや悪臭を、専用の機械や洗剤を使いキレイにすることができます。ファンデックスでは、床上の特殊清掃や消臭・除菌(オゾン処理)、畳の撤去などを行っているのでぜひ1度チェックしてみてはいかがでしょうか。お願いする際は、料金を確認することも忘れないようにしてください。

まとめ

ゴミ屋敷から脱出するためには、要らないものや不用品を徹底的に処分することが大切なポイントです。ゴミ屋敷にあるほとんどのものが不用品と言えるものでしょう。ほとんど処分するだけでも部屋の中がスッキリしますし片付けやすくなります。ただ、自分で作業できないほど部屋がひどい場合は、業者の力を借りるのもポイントの1つです。専門業者に依頼することでスピーディーに部屋がキレイにできるでしょう。後は、キレイな状況を維持することに力を注ぐだけでOKです。