遺品整理の優良業者を選ぶ方法は? 主なポイントや注意点を詳しく!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「親が亡くなって遺品整理をすることになったので、優良業者を選ぶポイントを知りたい」とお考えではありませんか? 遺品整理を依頼する場合、故人の持ちものを整理するという意味からも、後悔することがないようきちんとチェックして優良業者を選びたいものです。しかし、実際に遺品整理を優良業者に依頼したくても、どんなポイントで選ぶとよいのかよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、遺品整理で優良業者を選ぶ方法について詳しく解説します。

  1. 遺品整理を業者に依頼するメリット
  2. 遺品整理で優良業者を選ぶべき理由は?
  3. 遺品整理の優良業者を選ぶポイント
  4. 遺品整理を業者に依頼するときの注意点
  5. 遺品整理の優良業者に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の優良業者を見極めるポイントがよく分かります。遺品整理の予定がある人は、記事を読んでみてください。

1.遺品整理を業者に依頼するメリット

最初に、遺品整理を業者に依頼するとどんなメリットがあるか、詳しく見ていきましょう。

1-1.時間や労力の節約になる

遺品整理を業者に依頼すると、時間や労力の大幅な節約になります。遺品整理は、想像以上にやるべきことが多く、膨大な時間や労力を必要とするものです。しかし、業者に依頼すれば、プロならではのテクニックと経験により、効率よく作業してもらうことができます。自分たちで作業するよりもはるかに短時間で仕上がり、また、労力をかけずに済むのは大きなメリットです。

1-2.都合のよい日時と場所で作業してもらえる

都合のよい日時と場所で作業してもらえるのも、遺品整理を業者に依頼するメリットです。たとえば、賃貸物件の退去期限が迫っているなど、特定の日にちまでに遺品整理を終えたいこともあるでしょう。また、仕事などで多忙な場合は、立ち会いできる日にちが限られているものです。そんなときでも、業者に依頼すれば、都合のよい日時と場所を指定して作業してもらうことができて助かります。

1-3.遺品の処分や買取を依頼できる

遺品の処分や買取を依頼できるのも、遺品整理を業者に依頼するメリットの一つです。遺品整理では、大量の遺品を処分する必要があります。遺品を種類ごとに仕分け、それぞれ適切な方法で処分するのはとても大変です。しかし、業者に依頼すれば、まとめて処分を依頼できます。また、まだ十分に使えるものは買取してもらうことも可能です。

1-4.自分たちで行うより仕上がりがキレイ

自分たちで行うよりも仕上がりがキレイな点も、遺品整理を業者に依頼するメリットです。遺品整理の現場は物量が多いだけでなく、あらゆるところに長年の汚れがたまっていることも多く見られます。遺品の仕分けだけでも大変なのに、掃除まで手が回らなくても当然です。さらに、限られた時間内で作業を終える必要がある場合は、まったく掃除できない場所も出てくることでしょう。しかし、業者に依頼すれば、プロならではのテクニックで隅々まで効率よくキレイにしてもらえます。

1-5.特殊清掃などの専門的な作業を依頼できる

遺品整理を業者に依頼すると、必要に応じて特殊清掃や消毒作業・害虫駆除などの専門的な作業を依頼できるのも大きなメリットです。たとえば、遺品整理すべき場所が孤独死の後やゴミ屋敷状態では、ひどい汚れや悪臭・物量の多さなどに困惑してしまうことでしょう。また、不衛生な状況での作業は困難を極めるだけでなく、感染症などのリスクも伴います。遺品整理を業者に依頼すれば、どんなにひどい状況であっても安全かつ確実に作業してもらえるので安心です。

1-6.第三者に依頼することで気持ちに区切りが付く

遺品整理を業者に依頼すると、気持ちに区切りが付くのもメリットといえるでしょう。遺品には故人の思い出が詰まっているため、人によっては頻繁に手が止まってしまい、なかなか作業が進まないことがあります。しかし、遺品整理業者は故人とまったく関係のない第三者の立場から淡々と作業してもらえるので、スムーズに片付けることが可能です。余計な感情が入らないので、自分たちで作業するよりはるかに効率よく進みます。

2.遺品整理で優良業者を選ぶべき理由は?

遺品整理で優良業者を選ぶべき理由について、詳しく見ていきましょう。

2-1.思わぬトラブルを避けることができる

遺品整理で優良業者を選ぶべき理由の一つに、思わぬトラブルを避けられることが挙げられます。遺品整理の需要が高まるにつれ、悪質業者も多く参入してきており、何かとトラブルが絶えないのが現状です。たとえば、法外に高い金額を請求される、金銭価値の高いものを無理やり回収されてしまう、家を汚されたり傷付けられたりするなどがあります。こうしたトラブルを避けるためにも、優良業者を選ぶことが大切です。

2-2.心理的な負担が軽くなる

遺品整理を優良業者に依頼することで、心理的な負担が軽くなるのも大きなメリットでしょう。遺品整理は、近い親族が行うことが多くなります。大切な人を亡くしたばかりで十分に悲しむ時間がない中では、心身共に大きな負担がかかるものです。しかし、優良業者に依頼すれば、丁寧な作業で効率よく遺品を整理してもらえるほか、行き届いた気遣いにより心理的な負担が軽くなります。

2-3.プロの視点による的確なアドバイスを受けられる

プロの視点による的確なアドバイスを受けられることも、遺品整理を優良業者に依頼すべき理由です。優良業者は遺品整理のプロであり豊富な知識があるほか、多くの現場を見てきているのも大きな強みになります。遺品整理は何度も経験している人のほうが少なく、何かと分からないことが多いものです。そんな場合でも、優良業者に相談すれば、プロの視点により的確なアドバイスを受けられるので助かります。

3.遺品整理の優良業者を選ぶポイント

遺品整理の優良業者を選ぶ際、どんなポイントをチェックすべきか、詳しく見ていきましょう。

3-1.遺品整理で豊富な実績がある

まずは、遺品整理で豊富な実績がある業者を選びましょう。遺品整理で豊富な実績があれば、あらゆる現場を経験しているため、柔軟に対応してもらえます。また、問い合わせや質問に対しても、的確な回答を期待できるでしょう。なお、当遺品整理ファンデックスでも遺品整理の実績が多数あり、ご好評をいただいています。まずは、何なりとお申し付けください。

3-2.丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある

丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある業者を選ぶことも、大切なポイントです。遺品整理は遺品を取り扱うことから、特に丁寧な対応が望まれます。遺品を雑に扱われると、大変気分が悪いものです。しかし、優良業者に依頼すると、遺品を丁寧に扱ってもらえます。また、遺品を回収した後も、隅々まできちんと清掃してくれるので、美しい仕上がりを手に入れることが可能です。

3-3.現場視察および見積もりは無料

優良業者は、現場視察および見積もりを無料で行っていることも特徴といえます。優良業者は、常に顧客の立場になって考え、現場視察や見積もりを無料にして顧客の心理的なハードルを下げているのです。実際に、現場視察や見積もりが有料の業者より、無料の業者のほうが気軽にコンタクトできます。業者としても、現場視察や見積もりを無料にしたほうが、より多くの正式契約につながるものです。こうした仕組みを理解できている点でも、優良業者と判断できます。

3-4.分かりやすくて良心的な料金システム

分かりやすくて良心的な料金システムがあることも、優良業者の大きな特徴になります。遺品整理は、部屋数・部屋の広さ・汚れ具合・物量などにより、実際の費用が大きく異なるものです。そのため、料金システムが分かりづらいことがあります。しかし、信頼できる業者では細かな料金設定を行い、明確に提示しているので安心です。また、リーズナブルなので、法外に高い金額を請求される心配もありません。

3-5.回収後の遺品を適切な方法でリサイクルしている

優良業者を見極めるポイントとして、回収後の遺品を適切な方法でリサイクルしているかどうかも挙げられます。遺品の中には、再販もしくは再資源化によリサイクルできるものもあるはずです。その点、回収後の遺品をきちんと再販・再資源化している業者なら、有効活用してもらうことができます。まだ使えるものを有効活用することは、故人の供養にもなるものです。

3-6.可能なものは買取している

遺品であっても可能なものは買取している業者は、優良業者と判断してよいでしょう。遺品の中には、まだ十分に使えるものが含まれていることがあります。特に、貴金属品やブランド品など、思わぬ高額買取になるものもあるでしょう。また、遺品を買取してもらうことで、遺品整理の費用と相殺して安くすることができるのもメリットです。

3-7.都合のよい日時で作業してもらえる

優良業者に遺品整理を依頼すると、都合のよい日時で作業してもらうことが可能です。遺品整理は、顧客の事情によって特定の日時に行う必要があるケースも多くあります。多忙な人は、スケジュールの都合がなかなか付かないこともあるでしょう。また、賃貸物件の退去期限が迫っているなどの場合も、日時指定で作業してもらうことが必要になります。もしも業者に都合のよい日時を指定されると、とても不便です。一方、優良業者は顧客の都合を最優先してくれるので助かります。

3-8.特殊清掃や遺品供養なども依頼できる

遺品整理業者でも、優良業者は特殊清掃や遺品供養なども幅広く依頼できます。遺品整理の現場では、孤独死などのために汚れや臭いがひどいケースも多くあるものです。また、仏壇や位はいなど、そのまま処分するのは気が引けるものが残されていることもあるでしょう。その点、特殊清掃や遺品供養などを同時に依頼できれば、大変便利です。一方、単に遺品の片付けや回収だけを行う業者に依頼すると不便なだけでなく、大きな不満が残ることがあるので注意してください。

3-9.スタッフの言葉遣いや態度が丁寧で感じがよい

優良業者は、スタッフの言葉遣いや態度が丁寧で感じがよいことも特徴です。遺品整理は、人が亡くなった後に必要な作業であり、一般的な作業よりも細やかな気遣いが必要になります。スタッフが丁寧な言葉遣いや態度で感じがよい業者は、スタッフの教育が行き届いている点で、安心して依頼できると判断してよいでしょう。また、終始気持ちよく取り引きできる点でもおすすめです。

3-10.顧客からの評判がよい

顧客からの評判がよいことも、遺品整理の優良業者選びでチェックすべきポイントです。どんなによさそうな業者であっても、顧客からの評判が悪いのでは信頼できません。一方、複数の顧客から評判がよい業者なら、実際にサービスの質が高いと判断できます。もちろん、すべての人から満点の評価を受けることは難しいでしょう。しかし、総じて高評価であれば優良業者であり、信頼できるといえます。

3-11.業務に必要な許可を取得済み

遺品整理の優良業者を選ぶときは、業務に必要な許可を取得済みであることもきちんとチェックしておきましょう。遺品整理自体には、特別な資格を必要としません。しかし、遺品を買取する場合は、古物商の許可が必要になります。信頼できる業者では、業務に必要な許可をきちんと取得しているので安心です。業者がどんな許可を取得済みかについては、業者のホームページなどで確認してみてください。万が一記載がない場合は、業者に直接問い合わせて教えてもらいましょう。

4.遺品整理を業者に依頼するときの注意点

遺品整理で後悔しないためには、業者に依頼する際にいくつか注意すべき点があります。

4-1.やってほしいこととやらなくてよいことを明確にする

遺品整理を業者に依頼する場合、やってほしいこととやらなくてよいことを明確にしておくことが大切です。たとえば、特定の部屋だけは自分たちで片付けたい場合もあるでしょう。しかし、業者にきちんと伝えておかないと、ほかの部屋と同様に作業してしまうことがあります。思わぬ行き違いを防ぐためにも、やってほしいこととやらなくてよいことを明確にして業者に伝えることが大切です。口頭で伝えるとミスが起きやすいので、メールでやり取りして記録に残すか、文書にして渡すとよいでしょう。

4-2.見積もりや契約書のミスをそのままにしない

業者からの見積もりや契約書にミスがある場合は、そのままにしないでください。単なる記載ミスだからとそのままにすると、後日大きなトラブルにつながることがあります。特に、契約金額は間違いがないようにしておきましょう。よく見ると金額の桁が違っていることがあります。信頼できる業者と判断して契約した場合でも、念のため差し替えてもらうことが大切です。

4-3.不明な点をそのままにしない

もしも、業者とのやり取りで不明な点があったらそのままにしないでください。業者との間に行き違いが生じ、思わぬトラブルに発展することがあります。自己判断で進めず、その場で業者に確認し、解決しておきましょう。なお、信頼できる業者なら、要所要所で不明な点はないか聞いてくるはずです。このとき、不明な点があるのなら、たとえ小さなことであってもきちんと聞いておくようにしてください。

4-4.回収されると困るものは事前に移動しておく

業者に回収されると困るものがある場合は、事前に移動しておくとよいでしょう。たとえば、貴重品や思い出の品などです。ただし、実際にはそのほかの遺品の中に埋もれていてどこにあるか分からない場合もあるでしょう。その場合は、業者に遺品の特徴を伝えて捜索してもらうことも可能です。なるべく特徴を細かく伝えると、作業スタッフに見つけてもらえる可能性が高くなります。ただし、確実に見つけてもらえる保証はないので注意しましょう。

4-5.悪質業者の特徴を知っておく

悪質業者の特徴を知っておくことも、大切なポイントです。残念ながら、遺品整理業者の中には、悪質業者も多く存在します。うっかり悪質業者と契約してしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれやすいので注意が必要です。悪質業者によくある特徴には、以下のようなものがあります。

  • 突然訪問してきたり勧誘電話をかけてきたりしてコンタクトしてくる
  • 「今なら通常料金の半額で契約できる」などと根拠のない安さを前面にアピールしてくる
  • きっぱり断っているのにしつこく居座る
  • 強い言葉や態度で契約を迫る
  • 何かと理由を付けて家に上がりたがる
  • 法外に高くて不透明な料金システム
  • 現場視察や見積もりだけでも有料
  • スタッフの態度や言葉遣いが悪い
  • 身分証や社員証の提示を渋る
  • 顧客からの評判が悪い
  • 不法営業をしている可能性がある

5.遺品整理の優良業者に関するよくある質問

最後に、遺品整理の優良業者に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.全国チェーンの業者と地元密着型の業者ではどちらを選ぶべきか?
A.いずれにもメリット・デメリットがあるため、一概にはいえません。両者をよく比較し、メリットが大きいと感じたほうを選ぶとよいでしょう。たとえば、遠方の遺品整理を依頼するなら、全国チェーンの業者のほうがおすすめの場合があります。一方、地元で遺品整理を依頼するなら、地元密着型の業者のほうがフットワークが軽いなどの点で有利になることもあるでしょう。

Q.葬儀会社に紹介された業者は優良業者と判断できる?
A.断言できません。信頼できる葬儀会社からの紹介であれば、一定の信用度があると判断してもよいでしょう。しかし、葬儀会社が紹介するのは、自社と契約している業者であることが多く、ひいき目に評価している可能性があるので注意してください。

Q.知人に紹介された業者なら優良業者と考えてよい?
A.実際に知人が利用してみて優良業者だと判断したのなら、信頼してもよいでしょう。知人が実際に利用しておらず、単なるイメージや紹介料を得るためだけですすめてきている場合は、優良業者と判断するのは早急といえます。

Q.優良業者は遺品整理士の資格取得者が在籍していると聞いたのですが?
A.確かに、遺品整理士の資格取得者が在籍していることも、優良業者の特徴といえます。ただし、本当に資格取得者が在籍しているのか、業者のホームぺージなどで確認してみることが大切です。

Q.相場より相当安い金額を提示している業者は優良業者といえる?
A.単に安い価格を提示しているだけで優良業者と判断してはいけません。中には、激安価格を提示して契約を取り、実際には何かと理由を付けて高額な請求をしてくる業者も存在します。単に安いだけでなく、総合的にチェックして優良業者かどうか見極めましょう。

まとめ

今回は、遺品整理の優良業者について詳しく解説しました。遺品整理で後悔しないためには、さまざまなポイントをチェックして優良業者に依頼することが大切です。万が一悪質業者に依頼してしまうと、雑な作業をされたり依頼していないものまで勝手に回収されてしまったりなど、何かとトラブルに巻き込まれやすいので注意してください。遺品整理は、故人の持ちものを整理する作業であり、供養の一つでもあります。遺品整理は、この記事を参考にして信頼できると判断した業者に依頼すると安心です。