ごみの分別はなぜ必要? リサイクルできるものは買取を利用して処分

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

毎日家庭からはたくさんのごみが出るため、中には捨て方に戸惑うものもあるでしょう。ごみの処分は、分別ルールに添った捨て方が求められます。リサイクルが必要な場合もあり、処分できないまま残っているという方も少なくありません。
「なぜごみの分別は必要なのか?」「リサイクルの仕方がわからない」といった、ごみの捨て方やリサイクルにかんする疑問は、毎日のことゆえ、必ず出てきます。
捨てずにものをリサイクルすることは、ごみの削減につながり、環境汚染を抑制するメリットがあるものです。一人ひとりがごみの分別についてよく理解することで、環境保護がより身近なものになります。
今回は、難しいと思われがちなごみの分別や処分についてです。

  1. ごみの分別について
  2. ごみ分別の仕方
  3. ごみの処分とリサイクルについて
  4. ごみの処分とリサイクルの仕方
  5. ごみの処分・分別・リサイクルでよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、ごみの分別がなぜ必要なのか、リサイクルがいかに重要なことなのかを理解できます。ものの循環を意識し、環境保護やごみの削減に貢献しましょう。


1.ごみの分別について

ごみを分別するのが面倒という方も多いでしょう。しかし、分別を怠った場合、ごみを処理していく過程でさまざまなトラブルが起こるのです。なぜ分別が求められるのか、目的などを見ていきましょう。

1-1.ごみを分別する必要性と目的

ごみにはさまざまな種類のものが含まれており、燃やす過程ですぐに溶けるものとそうではないものが出てきます。分別せずに混ぜ込んでしまった場合、すべてを完全に燃やすためには、たくさんのエネルギーを必要とするのです。ところが、分別されていれば、燃やす時間を一定にすることができ、省エネルギーに貢献できます。

1-2.ごみの分別は現状どうなっているのか? 今後はどうなる? 

自治体ごとにごみの分別にかんする規定は異なります。大きくわけて、燃えるごみ・燃えないごみ・粗大ごみ・資源ごみです。資源ごみには、ビン・カン・ダンボール・古紙などがあります。分別をしっかりしている地域もあれば、ごみの種類を無視してごみの出し方を守らない人もいるものです。省エネルギーは重点を置いていくべき問題で、地球温暖化を抑制するとされています。今後はより分別ルールが厳しくなることが予想されるでしょう。