遺品整理で出るゴミを処理する方法は? 費用を抑えるポイントも解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

遺品整理で出るゴミにはどんな種類があるのか・どのように処理すればいいのかなど、遺品整理のゴミ処理で悩んでいる方は多いでしょう。大量のゴミが出てくる遺品整理だからこそ、時間と手間をかけずスピーディーに片付けたいものです。遺品整理で出るゴミ処理のポイントを把握しておけば、上手に捨てることができるでしょう。

本記事では、遺品整理で出るゴミの処理方法やポイントなどを解説します。

  1. 遺品整理で出るゴミにはどんな種類があるのか?
  2. 遺品整理で出たゴミはどう処理すべきか?
  3. 遺品整理業者に依頼するという選択肢も
  4. 遺品整理のゴミに関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で出るゴミをお得かつスピーディーに処理する方法が分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

遺品整理はファンデックスへ

1.遺品整理で出るゴミにはどんな種類があるのか?

最初に、遺品整理で出るゴミにはどんな種類があるのか、大まかな品目をチェックしておきましょう。

1-1.不燃ゴミ

遺品整理で最も多いゴミの種類といえるのが、不燃ゴミでしょう。木製や紙製のものは可燃ゴミとなりますが、ガラスや陶器といった素材は不燃ゴミ扱いとなります。遺品整理で出るゴミには、お皿などの食器類もたくさん出てくると思うので、それらは不燃ゴミとして処分してください。また、遺品整理の作業中に、誤ってお皿やガラスびんを割ってしまうこともあるでしょう。その場合は、新聞紙やチラシなどに破片を包んで袋に入れるのがベストです。じかにそのまま袋へ入れないように気をつけてください。

1-2.粗大ゴミ

不燃ゴミと同じく、遺品整理で大量に出てくるのが粗大ゴミです。粗大ゴミの定義は自治体によって異なりますが、ほとんどは一辺が30cm以上のものとなっています。たとえば、アイロン・クッキングヒーター・炊飯器などの調理器・ミシン・布団・工具類・ヘルメット・体重計などです。大型家具や大型家電も粗大ゴミ扱いになることが多いでしょう。また、粗大ゴミとして処分する場合は、可燃ゴミや不燃ゴミとは違う方法で処分しなければなりません。自治体に連絡し回収日を予約した後、所定のゴミシールを貼りつけて回収日に指定された場所へ持っていくことになります。

1-3.家電リサイクル法の対象品目

洗濯機(衣類乾燥機)・エアコン・テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)の家電4品目は、家電リサイクル法の対象品目になっているので自治体での回収ができません。間違ってゴミ捨て場に持っていってしまうと不法投棄になる恐れがあるため、注意してください。家電リサイクル法に基づいて処分することが義務づけられています。郵便局でリサイクル料金を支払いメーカーまたは販売店に回収を依頼するか、認可業者へ依頼することになるでしょう。

1-4.パソコン・スマホなど

遺品整理で出てくるゴミの中で、1番やっかいなものといえるのがパソコンやスマホといった小型家電です。小型家電は家電リサイクル法の対象品目外となっていますが、自治体によっては小型家電リサイクル法に基づいて処分しなければなりません。公共施設や家電量販店などに設置されている小型家電回収ボックスへ投かんするという形で処分することになるでしょう。ただし、ここで気をつけておきたいのが、パソコンやスマホの中に残っているデータです。データを完全消去せずに処分してしまうと、それらのデータが外部に流出してしまい悪用される恐れがあります。そのため、処分前にパソコンやスマホに含まれているデータを完全に消去しなければなりません。

2.遺品整理で出たゴミはどう処理すべきか?

ここでは、遺品整理で出たゴミの処理方法を解説します。

2-1.自治体回収を利用する

ゴミとして自治体に出す方法があります。不燃ゴミや可燃ゴミであれば、お金をかけずに無料で処分できるのが大きなメリットです。粗大ゴミであっても、数百円程度で処分できるでしょう。家電リサイクル法の対象品目については、それぞれの家電によってリサイクル料金が決まっています。ただし、自治体回収を利用する場合は、遺品整理で出たゴミの量に注意しておかなければなりません。ゴミの量が多いと周辺の迷惑になってしまう恐れがあるため、自治体に相談してください。場合によっては、ゴミ処理センターへ直接運び込んだり、自治体に集荷を依頼したりすることになるでしょう。また、不用品の量が多いとゴミの分別に手間と時間がかかってしまうのが難点です。

2-2.不用品回収業者に依頼する

遺品整理で出たゴミを処理する方法として、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者の多くは、出張回収・宅配回収・持ち込み回収を行っているでしょう。現在は、新型ウイルスコロナ感染症の影響から回収方法を制限しているところもありますが、出張回収であれば、簡単な手続きで不用品をまとめて回収してもらうことができます。自治体回収とは違い、大量の不用品でも一気に処分できるため、時間と手間がかかりません。ただし、処分費用が自治体回収よりも割高になってしまうのがデメリットです。不用品回収業者を利用する際は、見積書の内容を細部まで確認することが大切なポイントとなります。

2-3.リサイクルショップ等の買取に出す

遺品整理で出たゴミはすべて処分するしかないと思うかもしれませんが、中には、買い取ってもらえるものもあります。たとえば、まだ正常に動く家電やきれいな状態の家具などです。特に、電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機といった生活家電は、正常に稼働すれば買取専門店やリサイクルショップで買い取ってもらうことができるでしょう。ベッド・ソファー・テーブルなどの大型家具も、買取を行っている業者はたくさんあります。できるだけ、遺品整理の費用を抑えたいという方は、買取専門店やリサイクルショップに査定を依頼してみてはいかがでしょうか。もしかしたら、高値で売れるものが出てくるかもしれません。

2-4.欲しがっている人に譲る・寄付する

あなたにとってはゴミだとしても、ほかの人から見ると貴重で欲しがっているものであるケースもあります。まだ使える状態であれば、まわりに欲しがっている人がいないか尋ねてみてください。知人や親戚、故人の知り合いなど、欲しがっている人がいるかもしれません。譲り先が見つかれば、処分費用の節約にもつながりますし、故人のものを処分する罪悪感も薄まるでしょう。また、衣類や絵本などがあれば、それらを寄付するのも選択肢の1つです。

2-5.遺品整理業者に依頼する方法も

手に負えない遺品の量があったり、自分で片付けられなかったりする場合は、遺品整理業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者は不用品の回収を行う業者ですが、遺品整理業者は遺品を対象として回収を行っているのが特徴です。そのため、遺品の扱いに長(た)けており、安心して任せることができるでしょう。次の項目では、遺品整理業者に依頼する方法やポイントなどについて説明するので、ぜひチェックしてください。

3.遺品整理業者に依頼するという選択肢も

ここでは、遺品整理業者に依頼する方法とポイントを解説します。

3-1.遺品整理のプロに任せることができる

遺品整理業者に依頼する大きなメリットは、遺品整理のプロに任せることができる点です。前述したように、遺品整理業者は不用品回収業者とは違って、遺品の片付けに慣れている業者となります。だからこそ、遺品をぞんざいに扱うことはありませんし、正しい方法で処理してくれる安心感が大きいといえるでしょう。回収業者の中には、遺品をぞんざいに扱うところもあるため、せっかく依頼したのにモヤモヤとした気持ちが残ってしまいます。気持ちよく遺品整理を終わらせるためにも、プロの力を借りることも視野にいれてみてはいかがでしょうか。

3-2.遺品の片付けから不用品の処分まで

不用品回収業者は不用品の回収が主なサービスですが、遺品整理業者は遺品の片付けから不用品の回収まで行ってくれます。具体的なサービス内容は業者によって異なるため、事前にしっかりとチェックしておきましょう。遺品の整理や片付けも行ってくれるからこそ、自分たちで作業する手間と時間が省けます。たとえば、遠くに住んでいる人でも、遺品整理業者に依頼することで故人の家を行き来する必要はありません。

3-3.ハウスクリーニングサービスも

遺品整理業者の中には、ハウスクリーニングサービスも行っているところがあります。たとえば、遺体の発見が遅れた場合、腐敗臭などが部屋に染みついてしまうことがあるでしょう。素人ではなかなか落ちない汚れや臭いでも、プロによるハウスクリーニングならすぐに決してしまうことができます。手につけられない惨状でも原状回復できるのが、ハウスクリーニングの大きなメリットです。その他、デジタル遺品処理や遺品供養・遺品買取も行っている業者はあります。

3-4.遺品整理業者選びのポイントをチェック!

どの遺品整理業者に依頼すればいいのか分からない……と悩んでいる方は、以下のポイントをチェックするといいでしょう。

  • 遺品整理の作業に長けているか
  • 不用品回収や買取も行っているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • サービス内容が充実しているか
  • 遺品整理士が在籍しているか

遺品整理ファンデックスでは、遺品の処分だけでなく高価買取も行っています。明確な料金システムとなっているので、作業前に正確な見積額を提示できるのでご安心ください。

4.遺品整理のゴミに関してよくある質問

遺品整理のゴミに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.パソコンのデータを完全消去する方法は?
A.論理的な方法としては、専用ソフトを使って消去するやり方があります。物理的な方法としては、ハードディスクをカナヅチやカッターで傷つける方法です。どちらの方法にせよ、自分で消去するのは不安……と感じている方は、専門業者にデータの削除を依頼するといいでしょう。遺品整理ファンデックスでは、デジタル遺品処理も行っているのでぜひ1度お問い合わせください。

Q.仏壇や位牌(いはい)はどうすればいいのか?
A.処理に困りがちな仏壇や位牌は、お寺などで供養してから処分することが推奨されています。供養しなくても処分する方はいますが、魂が入っているものなのできちんと供養すべきです。遺品整理業者の中には、遺品供養サービスを行っているところもあるため、片付けを依頼する際に相談するといいでしょう。処理するのが困難なものでも対処してもらえるのは、遺品整理業者の大きなメリットです。

Q.遺品整理士とは?
A.一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する資格のことです。遺品整理士になるためには、遺品整理士認定協会が行う通信講座を2か月間受講しなければなりません。「遺品はゴミではなく、故人の生きた証(あか)し」であるという心構えをもとに作業をしてくれるので、遺品整理士が在籍している業者は安心して依頼できます。遺品を尊重し大切に扱ってくれるでしょう。

Q.遠方にいる場合、作業風景をリアルタムでチェックできるか?
A.遺品整理業者の中には、作業風景をリアルタイムで公開しているところがあります。たとえば、遺品整理ファンデックスでは、トラブルを防ぐためにもWEB中継を利用して作業風景を公開しているのです。作業を行う部屋にWEBカメラを設置し、専用のスマホで作業風景をリアルタイムでモニタリングができます。遠方にいても作業状況がチェックできるので安心できるでしょう。

Q.遺品整理業者に依頼する際の注意点は?
A.どんな作業にいくらかかるのか、見積書の内容をきちんと確認することです。よく遺品整理業者との間で金銭トラブルが起きているので、依頼する前に料金設定や見積書の内容を確認しておかなければなりません。不明な点や気になる箇所があれば、すぐに業者スタッフへ尋ねましょう。分かりやすく丁寧に答えてくれるなら安心できますが、きちんと説明してくれない業者は信用できません。

まとめ

遺品整理で出るゴミを処理する方法としては、自治体回収・不用品回収業者・リサイクルショップ等への買取などがあります。ただし、遺品の量が多いと作業の手間や時間がかかってしまうので、処理が困難な場合は遺品整理業者に依頼したほうがいいでしょう。遺品整理業者は不用品回収業者とは違い、遺品に対する扱いが慣れています。処分だけでなく、遺品の片付けや遺品供養なども行ってくれるので、安心して任せることができるでしょう。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア