葬儀にかかる費用の相場はどのくらい?費用の相場・内訳を確認しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

大切な人が亡くなると深い悲しみに包まれるでしょう。
けれども、すぐに葬儀の準備をしなければなりません。
葬儀について“今さら人に聞けない”と悩んでいる人は多いです。
そこで、葬儀費用の相場や内訳、費用を安く抑えるポイント、遺品整理の注意点について詳しく説明します。
葬儀の準備を始める前に確認しておきましょう。

目次

  1. 葬儀費用の相場・内訳
  2. 費用を安く抑えるポイント
  3. 遺品整理の注意点
  4. まとめ

1.葬儀費用の相場・内訳

「葬儀費用はいくらかかるのか?」と疑問に思っている人は多いでしょう。
身内の大切な葬儀は順調にすすめていきたいものです。
後で困らないよう事前に葬儀費用の相場や内訳を確認していきましょう。

1-1.葬儀にかかる費用は全体でおよそ200万円

規模の大きさによって異なりますが、葬儀にかかる費用は全体でおよそ200万円です。小規模の葬儀だとしても100万円以上はかかるでしょう。
また、葬儀にはさまざまな費用があります。
大まかな費用の内訳は「葬儀一式費用」「接待飲食費用」「寺院費用」の3つです。
3つの中でも特に費用が高いのは“葬式一式費用”になります。
葬式一式費用は、遺体のお迎え・搬送、通夜・葬式の準備、祭壇、人件費など葬式をするためにかかる費用のことです。ほとんどが葬儀社に支払うお金になるでしょう。
葬式の規模が大きいほど葬式一式費用は高くなります。
基本的に必要な金額は、葬式一式でおよそ120~130万円です。

1-2.接待飲食費用にかかる金額はおよそ40万~50万

葬儀費用は準備に必要なお金だけではありません。
葬儀に参列する人への返礼品や食事も必要になります。
料理・飲み物・会葬返礼品など準備するためにかかる費用は、およそ40万~50万になるでしょう。
しかし、あくまで平均の金額だと思っておいてください。
実際のところ、葬儀に参列する人数によって金額が異なるのです。参列数が多ければ多いほど、接待飲食費用がかかります。
よって、事前に参列する人数の予想を立てておかなければなりません。
集まる人数によって飲み物・食べ物・返礼品を用意してください。そして、必要な金額の見積もりを出しておきましょう。

1-3.寺院費用の金額はおよそ50万

葬儀一式、寺院費用と同じく、もうひとつ必要になる内訳が「寺院費用」です。
寺院費用は、寺院や教会に支払う費用になります。
大切な身内を見送るためにはお経をとなえなければなりません。
お経をとなえるためにお世話になっている寺院へ頼む必要があります。お寺の人に依頼する際は、読経料が必要です。
また、読経料だけでなく身内の戒名を決めるための戒名料も必要になります。
寺院費用の金額はそれぞれの寺院や教会によって異なるでしょう。
事前にいくらほど必要になるのか、確認してください。
一般的な金額は、50万円だと言われています。
しかし、寺院費用は読経・戒名が必要ない場合発生しません。家族で話し合った結果、必要だと判断した場合に発生する費用になるでしょう。

2.費用を安く抑えるポイント

2-1.見積もりをした総額の葬式費用を比較する

葬式費用に出すお金が心配な人は、費用を安く抑えるポイントをつかんでください。
大切なポイントとしては、葬儀社に“総額の葬式費用”を見積もりしてもらうことです。一般的に、葬儀社が出す見積もりには葬式一式費用しか入っていません。
ほかの費用である「接待飲食費用」や「寺院費用」が入っていないのです。
よって、葬式一式費用だけの見積もりでは総額がわかりません。結果、葬式が終わってから予想以上のお金がかかってしまいます。
そこで、葬儀社には総額の見積もりを依頼しましょう。
希望する葬式形式や斎場・自宅の選択、参列者の数、喪主の現住所など確認すべきところをチェックしてください。
また、できるだけ葬儀費用を安くするためにも、葬儀社を複数比較すると良いでしょう。比較することで最も安い葬儀社に依頼できます。

2-2.葬儀に必要なこと、大まかな費用を把握する

1度葬儀の経験があれば準備しやすいです。しかし、初めての場合は何もわかりません。
急いで葬儀の手配をすすめては失敗します。費用面で納得できないまま葬儀社と契約してしまうのです。後味の悪い葬式になるでしょう。
故人を気持ちよく送るためにも、事前に調査をきちんとしてください。
特に、「葬儀の内容」と「相場」は把握しておかなければなりません。
家族で話し合いつつ、葬式の希望を具体的に持ってください。
葬儀のすべてを葬儀社任せにしては費用が高くなってしまいます。
自分の希望を出すことも、費用を安く抑えるポイントです。
そして、希望に合った内容の費用相場を把握しておきましょう。ある程度の金額を把握しておけば、葬儀社との打ち合わせもスムーズにできます。
また、安心して依頼できる葬儀社が選択できるでしょう。

3.遺品整理の注意点

3-1.親族が集まる日に遺品整理をする

故人のものを整理する遺品整理は、通夜・葬式が終わった後にしてください。
亡くなった後では通夜・葬式の準備で遺品整理をする時間がありません。
ある程度落ち着いてから遺品整理をしたほうが、スムーズにすすめることができます。遺品整理は故人の所有物を親族でわけるための大切な行為です。
遺品整理を始める前に、必ず親族に伝えておきましょう。
自分で勝手に遺品整理をしてしまえば、後でトラブルになってしまいます。
そして、親族が集まる日に遺品整理をしてください。
たとえば、49日は親族が集まります。状況も落ち着いているので皆で故人との思い出を話しながら遺品整理ができるでしょう。

3-2.遺品整理サービスを利用する

自分たちで遺品整理ができないところもあるでしょう。
遠い場所で生活している、遺品整理をする時間がない、遺品が大量にある場合、“遺品整理サービス”を利用してください。
遺品整理サービスは自分の代わりにプロの業者が遺品整理をしてくれるサービスのことです。
貴重品の捜索作業や必要品・不用品の仕分け作業、不用品の処分、大型家財の移動などさまざまな内容が入っています。
業者に内容や料金が異なるので事前に確認してください。遺品整理サービス業者の中には、家具・家電を買い取ってくれるところもあります。
まだ、使用できる家具・家電があれば買い取ってもらいましょう。
買い取りによって処分費用を抑えることができます。費用の節約におすすめのやり方です。

4.まとめ

葬儀費用の相場や内訳、費用を安く抑えるポイント、遺品整理の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
葬儀をする際、最も気になるのが「費用」です。
「葬儀費用が高くなるのでは…」と不安になりがちですが、事前に葬儀の内容と相場を把握しておけば費用を安く抑えることができます。
大切なのは「情報」と「知識」です。
基本的な知識を身につけて、効率的に葬儀や遺品整理をすすめていきましょう。

  • 葬儀にかかる費用は総額およそ200万円
  • 接待飲食費用にかかる金額はおよそ40万~50万円
  • 寺院費用の金額はおよそ50万円
  • 見積もりをした総額の葬式費用を比較する
  • 葬儀に必要な内容や相場を把握する
  • 親族が集まる日に遺品整理をする
  • 遺品整理サービスを利用する

以上のポイントは要チェックです。
自分たちで遺品整理ができない場合は、遺品整理サービス業者を利用してください。時間がかかる遺品整理が短時間で終わります。
特に、時間がない人や家が遠いところにある人はおすすめです。