家の中で探し物を見つける3つのコツ!簡単な整理整頓ポイントとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

何度も探しているのに見つからない!必要なものがどうしても出てこない~!
探し物が見つからないと、イライラしてしまいますよね。
モノをよく無くすという人は、部屋が整理整頓できていないことが原因です。この記事では、家の中で探し物を見つける3つのコツと、簡単な整理整頓ポイントをご紹介しています。無くしたものが見つからず困っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. 探し物が見つからない部屋の特徴
  2. 探し物を見つける3つのコツ
  3. 物が無くならない部屋にしよう

1.探し物が見つからない人の特徴

「よくモノがなくなる」「探し物が多い」原因はどこにあるのでしょうか?、探し物が見つからない人の特徴をチェックしてみましょう。

1-1.とりあえずが多い

モノをなくすことが多い人は、「とりあえず置き」を繰り返す傾向があります。何でもかんでも、とりあえず目のつくところに置いてしまうのです。さらに、電話をしながら、料理をしながらとりあえず置くから、置いたことさえ忘れてしまいます。これでは、どこに置いたかわからなくなるのは当然ですよね。眼鏡・携帯電話・保険証など、必要なモノほど、どこに置いたか忘れてしまいます。

1-2.整理整頓ができていない

部屋の中にモノがあふれ、ごちゃごちゃしているとモノをなくすこをも多くなるでしょう。整理整頓ができていない部屋は、イライラすることも増え、生活しづらい環境といえます。

  • 床にモノを置く
  • モノを出したままにする
  • モノが多い
  • 捨てられない
  • クローゼットに詰め込む

以上のような習慣は、部屋が散らかる原因です。モノが多すぎると、モノを把握できなくなり、片付けることが困難になるでしょう。整理整頓できている部屋は、探し物もすぐに見つかりやすくなります。

12