遺品整理とは? 自分で整理できるのか? 上手に遺品整理をするコツ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

親や親族が亡くなったときにしなければならないのが‟遺品整理”です。「早く遺品を整理しなければならない」とわかっていても、家庭や仕事の都合でなかなかスムーズにいかないときがあります。また、遺品整理のやり方がわからずに悩んでいる方も多いでしょう。何もわからないまま始めてしまえば、中途半端に終わるなど遺品整理で失敗するものです。そこで、本記事では、遺品整理の基礎知識や自分でやるために必要なことについて詳しく説明します。

  1. 遺品整理とは?
  2. 遺品整理を自分でやるためには
  3. 自分でやる遺品整理の方法
  4. 自分でやる遺品整理の悩み
  5. こんなときはプロに相談
  6. 遺品整理にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理をスムーズにすすめるために必要な情報を知ることができます。遺品整理に困っている方は、ぜひチェックしてください。


1.遺品整理とは?

スムーズに遺品整理を行うためには、基礎知識を身につけておかなければなりません。遺品整理の概要や現状と問題、遺品整理が必要なときなどについて詳しく説明します。

1-1.遺品整理について

遺品整理とは、故人の遺(のこ)した品々を整理することです。遺品処理・遺品処分とも呼んでおり、親族が責任を持って整理しなければなりません。整理するものは、衣類・家具・家電製品などの生活雑貨から、日記・手紙・アルバム・写真などの思い出の品、貴重品・アクセサリー類などさまざまです。価値のあるものは、遺族で形見分けをします。

1-2.遺品整理の現状と問題

現在は、少子高齢化がすすんでいることもあり、1人暮らしの高齢者が増えています。そのため、孤独死をするケースが多く、親族が遺品整理を行わずに放置するケースが増加中です。賃貸物件の場合は、管理人が仕方なく業者に依頼することも多くなっています。少子高齢化は、遺品整理の現状をさらに深刻化させているのです。また、現在の日本は核家族化がすすみ、親と離れて暮らしている人が増えています。そのため、遺品整理をするために遠方へ行くのが難しくなるのです。

1-2-1.ごみ屋敷の問題

高齢者の孤独死と同じく、問題視されているのがごみ屋敷問題です。遺品をそのまま放置することで、家の中にホコリがたまり、ダニ・ノミなどの害虫が汚臭が発生します。ごみ屋敷は近隣住民とのトラブルになるだけでなく、空き巣や火災の原因にもなりかねません。

1-3.遺品整理が必要なとき

親や親族が亡くなったときに、遺品整理を行わなければなりません。特に、賃貸物件の場合は、賃貸料が発生する前に退去しなければならないのです。時間制限があるため、できる限り早めに取り組まなければなりません。また、持ち家の場合は遺産相続などの手続きが必要となります。

2.遺品整理を自分でやるためには

自分で遺品整理を行う場合は、必要な心構えやタイミングを把握しておかなければなりません。また、事前に知らせておくべきこともあります。

2-1.必要な心構え

遺品整理をしなければならないときは、身も心も疲れきっているはずです。そのような状態のままで作業を始めると、途中放棄をする・部屋がごちゃごちゃになるなど失敗してしまいます。きちんと心の整理をして、最後までやり遂げる心構えを持たなければなりません。また、遺品整理は多くの人手が必要です。家族総出で行うことが好ましいですが、それぞれのスケジュールもあるでしょう。家族のスケジュールを把握しつつも、無理のない遺品整理の計画を立てることが大切です。

2-2.タイミング

遺品整理に適したタイミングは、四十九日・一周忌など、親族が集まる時期です。遺品整理を始める方の多くが、四十九日を選んでいます。仕事や遠方に住んでいる親族が一同に集まるタイミングこそ、遺品整理に適した時期といえるでしょう。ほかには、故人への思いが整理できたとき、遺産相続を済ませたときなど、人によってタイミングはさまざまです。

2-3.事前に知らせておくべきこと

遺品整理を始める前に、親戚への通知や税金関連など、知らせておくべきことがあります。それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

2-3-1.親戚への通知

遺品整理を始める前に、必ずしなければならないのが親戚への通知です。遺品の中には、アクセサリー類や貴重品・ブランドバッグ・着物など価値あるものもあります。価値があるものは遺産となるため、きちんと遺族同士で形見分けをしていかなければなりません。もし、無断で形見分けをしてしまうと、親族同士のトラブルに発展してしまうでしょう。トラブルを防ぐためにも、「いつどこで遺品整理を行うか」伝えることが大切です。

2-3-2.税金関連

親が亡くなったときに移転する財産に課す税金を相続税といいます。相続税はすべての人が支払う必要はありません。遺産の評価額によって支払いの有無が決められます。相続税の対象となる財産が、相続税の基礎控除額を超える場合は、相続税の申告が必要です。基礎控除額は「5,000万+1,000万×法定相続人の数」となります。税金関連の手続きは、遺品整理前に終わらせておかなければなりません。

3.自分でやる遺品整理の方法

自分で遺品整理を行う場合は、用意するものの準備から行わなければなりません。具体的な方法や手順についても説明します。

3-1.用意するもの

遺品整理を始める前に、事前に用意すべきものがあります。最低限、用意しておきたいものは以下のとおりです。

  • 軍手・マスク
  • 各自治体指定のごみ袋
  • ダンボール
  • ガムテープ・ひも
  • ほうき・ぞうきん・バケツ

ほかにも、整理を始める前の状態を証明するためにカメラで撮影しておくといいでしょう。部屋の様子を撮影することで、どのような状態だったのか証明できます。また、ダンボールに何が入っているのかわかりやすくするために、ペンも用意するといいでしょう。

3-2.方法・手順

まず、片付け始める場所を決めていきます。家の中がごちゃごちゃしている場合は、玄関から窓・ベランダまでの道を確保してください。そうすれば、ごみの搬出が楽になります。そして、要らないものと残すものにわけていきましょう。1人が収納からものを出し、もう1人が袋に詰める、2人1組で作業をすすめたほうが効率的です。また、要らないものは燃えるごみ・燃えないごみ・粗大ごみとわけなければなりません。大型家具・家電類は、業者に依頼するか、自分たちで搬出するか決めておいたほうがいいですよ。

4.自分でやる遺品整理の悩み

遺品整理は自分でも作業できますが、さまざまな悩みが出てきます。一体、どのような悩みが出てくるのか、事前に把握しておきましょう。

4-1.不用品の量が多い

不用品が多くなるほど、処分に手間と時間がかかるものです。特に、人手が足りない場合は不用品の量に困ってしまいます。ごみ捨て場に置けばいいと思いがちですが、大量の不用品は近所迷惑になる可能性があるのです。

4-2.仕分け・運搬・作業量

不用品の量が多くなると、ごみの分別や仕分けに時間がかかってしまいます。また、自分たちで遺品整理をする場合は、大型家具・家電の運搬もすることになるでしょう。足元が少しでもふらついてしまえば、大けがをする可能性があります。作業量が増えるほど、遺品整理が終わるまで時間がかかるのです。

4-3.賃貸の場合

賃貸物件の場合は、退去日までに遺品整理を済ませておかなければなりません。遺品整理を放置すれば、賃貸料を支払わなければならなくなります。時間制限がある中で自分だけで遺品整理をするのは、とても大変なことです。

4-4.親戚との法的手続き

相続手続きなど、親族同士で行う手続きも遺品整理では必要です。自分で作業をすすめる場合は、必要な手続きもすべて行わなければなりません。手続きに必要な書類を自分たちで用意する必要があります。遺品整理にかかる時間だけでなく、手続きにも時間と手間がかかるのです。

4-5.トラブルを起こさないためのポイント

トラブルを起こさないためには、きちんと遺品整理の計画を立てておかなければなりません。いつどこで誰と遺品整理を行うのか、いつまで終わらせるのか、どこから整理するのかなど、具体的かつ無理のないスケジュールを立てていきましょう。どうしてもスケジュールどおりにいかないときは、業者に依頼するのもポイントの1つです。

5.こんなときはプロに相談

無理に遺品整理を始めるのは好ましくありません。無理な状態のままで行う遺品整理は、中途半端で終わる可能性があります。無理だと思ったときは、遺品整理のプロに依頼してください。

5-1.遺品整理のプロとは

遺品整理の問題が深刻化しつつある現在、遺品整理を代行する業者が増えています。遺品整理のプロは、依頼者の代わりに的確かつ迅速に遺品整理を行う人たちのことです。遺品や家財の分別、片付け、ごみ屋敷の清掃まで行っています。遺品整理にかんする知識を持っているため、安心して任せられるでしょう。

5-2.プロに頼んだほうがいい場合

不用品の量が多い・遺品整理をする時間がない・遠方に住んでいる・明日までに家を空けないといけないなど、自分で作業をするのが困難な場合は、プロに頼みましょう。家族総出で片付けるのが無理な場合も、専門のサービスに依頼したほうがスピーディーに片付けられます。

5-3.メリット

遺品整理業者に依頼するメリットは、時間と手間が省けることです。自分で作業をすすめる場合は、作業時間や体力が必要となります。家族総出で片付けるとしても、ある程度時間はかかるものです。また、業者に依頼すれば、片付けはもちろんのこと、不用品の処分や運搬も代わりにしてくれます。わざわざ自分たちで仕分けをして運ぶ必要はありません。急を要する場合でも、すぐに遺品整理を終わらせることができます。

5-4.料金について

プロに依頼する際に最も気になるのが料金ですよね。遺品整理にかかる料金は、部屋の広さや不用品の数、業者によって異なります。目安として、遺品整理サービスを行っている「ファンデックス」の費用を以下に記してみました。参考にしてみてください。

  • 1K・作業員人数2名の場合:34,800円~
  • 1DK・作業員人数2名の場合:59,800円~
  • 1LDK・作業員人数3名の場合:79,800円~
  • 2DK・作業員人数3名の場合:119,800円~
  • 2LDK・作業員人数4名の場合:149,800円~
  • 3DK・作業員人数5名の場合:179,800円~

5-5.業者選びのポイント

複数存在している業者の中から、どこに依頼すべきか悩む方は多いでしょう。悩んだときは、以下のポイントに注目しながら選んでください。

  • 不用品の回収・買取を行っているか
  • 料金システムが明確になっているか
  • 資材を無料提供しているか
  • 作業風景の公開をしているか
  • 古物商や産業廃棄物収集運搬などの許可を取得しているか
  • 遺品整理士が在籍しているか
  • 丁寧かつスピーディーな対応か

6.遺品整理にかんしてよくある質問

遺品整理にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

6-1.相続税の対象となる財産とは?

動産・無体財産権・不動産・債権・預貯金・現金・有権証券が、相続税の対象となる財産です。ほかにも、ゴルフ会員権・自動車・生命保険金・生命保険契約にかんする権利も含まれています。

6-2.遺品整理業者に依頼する際の注意点とは?

業者によって、遺品整理の作業範囲が異なります。実際に、依頼した後に「ここまでやってくれると思っていた」というトラブルが起きているのです。依頼する前に、サービス内容や見積もりだけでなく、作業範囲を必ず確認してください。また、追加料金の有無もチェックしておきましょう。

6-3.遺品整理士とは?

一般社団法人遺品整理士認定協会が認定している民間資格です。遺品整理のモラルの低下を防ぐ目的を持ち、正しい知識と理解を有している証(あかし)になります。業者に依頼する際は、遺品整理士が在籍しているところを選んでください。

6-4.遺品整理を始める前にチェックしておきたいこととは?

遺品整理を始める前に、遺言書があるかどうかを確認しておかなければなりません。自分で行う場合も業者に依頼する場合も、遺言書の有無の確認が大切です。遺言書には、形見の仕分けや遺品に対する故人の思いが記載されている可能性があります。遺言書として適用される場合は、きちんと故人の意志に従って作業しなければなりません。

6-5.悪徳業者の特徴とは?

悪徳業者は、見積もりがあまい・対応が悪い・料金体系が明確になっていない・許可を取得していないなどの特徴が挙げられます。「今だけ特別サービスで作業する」という謳(うた)い文句で、契約を迫ろうとするでしょう。少しでも不安を感じたときは、依頼しないようにしてください。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理を自分で行う場合は、親戚が一同に集まる日を選び、事前に知らせておかなければなりません。また、いつまで終わらせるのかスケジュールを立てて、家族と協力しながらすすめることが大切です。不用品が多い・整理する時間がない・遠方に住んでいるなど、自分でするのが困難な場合は業者に依頼しましょう。無理に遺品整理を始めてしまうと、中途半端になってしまいます。業者に依頼したほうが、時間と手間が省け、すぐに遺品整理を終わらせることができるのです。不用品の買取を行っている業者に依頼すれば、費用を抑えることができます。遺品整理のポイントをつかんでから、作業を始めることが大切です。