遺品整理はプロの手で!ゴミ屋敷の片付けもできる遺品整理業者選び

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

身内が亡くなり、葬儀を執り行った後、遺品整理という大仕事が待っています。故人が1人暮らしだった場合、生活用品・家電製品・服・食品など、あらゆるものが残されてしまうでしょう。中には、ゴミ屋敷で手がつけられないという事態もあります。
山積みになった遺品。大切はものはどれか?整理方法がわからない。ゴミ屋敷で途方に暮れてしまう。その悩み、非常によくわかります。
遺品整理は、悲しんでばかりいられない現実です。放置することもできなければ、逃れることもできません。今回は、遺品整理やゴミ屋敷の片付けについてご紹介します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理の注意点
  3. 遺品整理の方法
  4. 遺品整理業者選びのポイント
  5. 遺品整理でよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、遺品整理がいかに重要であり、労力を費やすものかがわかるでしょう。遺品整理の進め方で迷っている方、業者に依頼すべきか悩んでいる方も、ぜひ参考にして計画を立ててください。


1.遺品整理の基礎知識

遺品は、故人が生前に大切にしていた品です。決してゴミとして扱ってはいけません。長年生きてきた証(あか)しですから、大切に分別して供養する必要があります。

1-1.遺品とは何か? 

遺品は、写真1枚から有価証券のような価値のあるものまで、幅広い意味で捉(とら)えられています。自分にとって不用だからと安易に捨ててしまい、後々遺産トラブルに発展することを踏まえ、分別や整理が必要となるのです。

1-2.粗大ゴミと遺品はどう違う? 

遺品は故人の思いが詰まっているもので、ゴミではありません。ものとしてみなすのなら、ゴミとしてまとめられてしまうこともあるでしょう。捨ててしまう前に、生前はどう扱っていたかを思い出してみてください。視点を変えれば、遺品の価値が見えてくるはずです。

1-3.遺品整理の目的

遺産相続というのは、親族で思わぬトラブルに導きます。処分してしまった後では、大切な品を取り戻すことができません。誰が何を譲り受けるのか、手元に残しておくべき品はどれか、親族全員で話し合って決めるのが理想です。トラブル防止や廃棄して後悔しないためにも、遺品整理は正しく行いましょう。

1-4.近年増えている遺品整理の需要

独居老人が増え、孤独死も社会問題となっていますよね。家族が疎遠になり、遺品が残っても引き取り手がいないというのが現状です。加えて、賃貸住宅に入居していた場合は、すぐ明け渡しを要請されることもあるでしょう。疎遠で遠方に住んでいる親族にとって、遺品整理をする機会はなかなかないものです。困ったという声を受け、遺品整理を請け負う業者は近年増加傾向にあります。
遺品整理業者なら、金銭価値のある品はもちろん、思い入れのある品の分別もプロの視点で速やかに行ってくれて便利です。自分では難しい大型家具や生活用品の撤去も手がけてくれます。

2.遺品整理の注意点

やみくもにものを要る要らないと分類することは難しいですよね。ゴミ屋敷ならなおさら、どこから始めればいいかもわかりません。遺品整理で注意すべきことをご紹介します。

2-1.何より大切なのは故人の意思を尊重すること

小さなものであれ、故人の意思はきちんと反映することが大切です。故人が生前に希望していた譲り先がある・希少価値があるものは寄贈してほしいなど、故人の意思は必ず尊重するようにしてください。

2-2.遺品整理で多い親族間のトラブル

自分1人で処分を判断するのは危険です。いくら仲のいい親族でも、譲れないという品があります。遺産相続に該当する金銭価値のあるものもあり、必ず親族間でも合意の下で処分や譲渡などを考えていくことが必要です。

2-3.最も苦労するのはゴミ屋敷問題

独居老人の中には、寂しさを紛らわそうとゴミを集める癖を持つことがあります。年齢とともに認知判断能力が低下し、不用なものを捨てることができずにいたということも考えられるでしょう。公道まではみ出すゴミ屋敷となって、近隣住民も困惑しているケースもあります。
ゴミ屋敷化している場合、親族だけで何とかしようとするのは無理です。膨大なゴミを前にして、きっと心がくじけてしまいます。遺品整理業者なら、ゴミ屋敷だとしてもプロの技術で確実に処理できるのです。

2-4.遺品整理にまつわる相続・法律手続きについて

有価証券・資産価値のあるものは、遺産相続対象として相続手続きが必要です。不動産も同様に手続きを要します。

2-4-1.相続手続きをやるのは誰か? 

相続人全員で決める協議分割、相続人と裁判所で行う調停分割、相続人と裁判所の審判の決定で執り行われる審判分割があります。

2-4-2.相続手続きの窓口

相続に関する相談センターは各地にあります。また、行政書士でも引き受けていますし、協議や審判の際には家庭裁判所が窓口です。
遺産分割は経験値が少ない人の方が圧倒的に多いもの。悩むようなら、ひとまず相談センターを訪ねてみてください。遺品について記しておき、スムーズな相談ができる準備は忘れずに。

3.遺品整理の方法

遺品整理の流れなどについて触れていきます。業者に依頼する方が安心ですが、親族で片付けようとされる場合もあるでしょう。遺品整理のポイントを知っておいてください。

3-1.遺品整理の流れ

残すものと捨てるものの分別からスタートです。膨大な遺品から、大切な品をより分ける作業は、大変な重労働ですが、故人の死で免れることはできません。
大型家具や生活用品全般は不用となりますが、写真・愛用品・コレクション・金品にかかわるものはすべて遺品として残しておきます。

3-2.遺品の仕分けはなぜ重要? 

遺品をそのままにしておく、すぐにゴミとして処分してしまうという方もいます。しかし、気持ちの整理ができなくなる可能性が高いのです。遺品を抱え込んで、自宅がゴミ屋敷になることもあります。大切な品を簡単に処分していけません。重要なのは、仕分けをしていくこと。気持ちに区切りをつけるように、1つ1つの品と向き合っていきましょう。

3-3.遺品整理に必要な人数・日数

住宅の広さによって、作業人数は変わってきます。遺品の量が多い・ゴミ屋敷だったという場合、人海戦術で手がけていく必要があるでしょう。作業日数は、よほどの事情がない限り1日です。大型家具の運び出しや家電製品の処分などを考え、トラックを用意しておきます。
ただし、遺品整理業者だから素早く仕分けできても、自分でやると1つ1つに思い出が蘇(よみがえ)り、処分に迷ってしまい、数日~1週間かかることもあるでしょう。

3-4.遺品整理を自分でやる場合のコツ

自分で遺品整理を行うなら、業者に依頼する費用を削減できるメリットがあります。しかし、遺品整理は1人では難しいため、一緒に作業してくれる親族の協力がなくては成り立ちません。
遺品整理開始前に、残しておくべきものをリストアップしましょう。故人のエンディングノートがあるなら、記載されている内容を重視し、遺品の捜索を行ってください。

3-5.遺品整理を業者に頼んだ方がいいのはどんなとき? 

遺品の量が少ないなら、自分で手がけることも可能です。しかし、長年同じ場所に住んでいた場合は、膨大なゴミの量になっていることもあります。ゴミ屋敷問題は深刻で、住人でも自力で片付けられない状態に陥ってしまい、業者に依頼した方が安心です。大切な貴重品をうっかりゴミと一緒に処分してしまう心配もありません。プロの目線と判断力に委ね、しっかり仕分けてゴミの処分を依頼しましょう。

4.遺品整理業者選びのポイント

遺品整理を手がけるのは、遺品整理士の資格者です。孤独死などが増加している中、遺品整理の需要は高まっている一方、悪質な業者による遺品の持ち去り事件も増えています。不快な思いをしないためにも、遺品整理業者選びはしっかり行いましょう。

4-1.遺品整理のプロならではのメリット

遺品整理士なら、客観的な視点で判断してくれますから、しがらみに関係なく的確な遺品整理を行うことができます。親族同士で行うなら、何かとトラブルが起こりやすいのですが、プロに依頼することで効率よく終えることができるのです。運搬やゴミの処分などの物理的負担もありません。

4-2.遺品整理士と法律手続きについて

遺品整理士は民間資格の遺品のプロです。素人では見極めにくい遺品の価値も熟知しており、遺品として発掘してくれます。遺品整理はゴミを捨てる作業だけではなく、こうした分別がしっかりできる遺品整理士がいる業者に依頼してください。
価値のあるものが出てきた場合、相続手続きも行わなければなりません。法律手続きのアドバイスも的確に受けられます。

4-3.どんな遺品整理業者なら安心? 

優良な遺品整理業者は、遺品整理士の資格を持つ人材を確保しています。ゴミの処分を請け負う業者が、オプションとして遺品整理をやっているというのではなく、遺品整理のプロとしての実績も豊富であることが前提です。
契約を急がず、遺族の気持ちに寄り添った対応をしてくれているかどうかも、しっかり見て判断してください。

4-4.遺品整理業者の料金相場

遺品整理を業者に依頼した場合、作業内容が遺族から見えないという不安もあります。作業内容を確認できるWEBカメラでの公開をしている業者も安心です。
料金相場は、広さ・間取り・ゴミの量・人員によって変動があります。いずれの場合も、作業内容と金額に納得できるかが大切です。下記は、遺品整理の料金相場ですので、参考にしてみてください。

  • 1DK(作業員2人、5万9800円~)
  • 2LDK(作業員4人、14万9800円~)
  • 4LDK(作業員6人、25万9800円~)

エアコンの取り外し・ゴミの処分・ハウスクリーニング代金も含まれています。別途料金が発生しないかも確認しましょう。

4-5.遺品整理業者に頼む際の注意点

遺品整理業者によって、作業範囲は異なります。必ず、複数の業者から見積もりを出してもらい、慌てずじっくり比較してください。そして、遺品整理士がいる業者に依頼しましょう。故人の大切な遺品ですから、丁重に扱ってもらえないなら、遺品整理で嫌な思いをしてしまいます。気持ちの区切りをつけるための遺品整理であることを念頭に、心から信頼できる業者を選びましょう。遺品の大切さを知っている業者なら、ゴミもきちんと供養してから処分しています。

5.遺品整理でよくある質問

遺品整理を気持ちよく終えるため、不安や疑問はよくある質問を参考にして解消してください。

5-1.遺品整理業者に依頼した場合に立ち会いは? 

処分した後では、遺品を手放したことに後悔することもあるでしょう。遺品整理士は確かな目利きを持っているので安心です。しかし、自分の目で確認することも大切。作業前と作業後に立ち会い、問題がないかは把握してください。

5-2.ゴミ屋敷で害虫駆除や腐敗臭の除去が必要な場合は? 

遺品整理後は、ゴミを撤去してハウスクリーニングを行います。必要に応じて、害虫駆除・消臭・消毒も手がけてくれ、安心して委ねてください。ゴミ屋敷のほとんどは、害虫や悪臭などの問題を抱えています。遺品整理業者もそうした事例をたくさん見てきていますので、事前に気になるポイントを相談してみましょう。

5-3.写真や動画の遺品整理はどうやる? 

写真や動画は記録メディアへコピーし、コンパクトにしておくと便利です。特に写真はかさばりますから、収納場所に困る遺品の1つ。いつでも見ることができるよう、メディア保管することで劣化も防止できます。故人の使っていたパソコンは、デジタル遺品整理を依頼することで、ハードディスクを物理破壊して処分してもらえ、データ流出防止になるでしょう。

5-4.遺品の中から買い取りもしてもらえる? 

家電製品や大型家具は、良好な状態で使用できるのなら、リサイクルという手段もあります。遺品整理業者では、見積時に希望を伝えれば、買い取りにも対応可能です。

5-5.遺品整理を始める時期は? 

遺品整理は先延ばしにしても、気持ちを引きずるだけです。形見分けが必要になるものもありますから、親族が集う四十九日までに終えるといいでしょう。賃貸住宅の場合は、明け渡さなければなりませんので、早めに行うようにしてください。

6.まとめ

いかがでしたか?遺品は故人の大切な品であり、遺品整理は故人の意思を尊重して行うべきだということをご理解いただけたかと思います。自己判断で処分してしまい、後になって親族間でのトラブルにならないためにも、遺品整理士の手で的確に分別してもらう方が安心です。遺産相続対象になるものもありますから、安易に処分してしまわず、プロの目線できちんと見極めてもらいましょう。自分だけで抱え込まず、遺品整理士を活用してみてください。