遺品整理で起こりがちなトラブルや問題点とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今、故人の遺品整理で悩む方が増えています。
一昔前まではあまりなかったトラブルや問題が次々と起こり、遺族が故人の死を悼(いた)むどころではないケースもあるのです。
いったいなぜ遺品整理でトラブルが起こるのでしょうか?
そこで、今回は遺品整理をする際に起こりがちな問題やトラブルとその対処法についてご説明します。
遺品整理をスムーズの行う方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。
また、生前整理を考えている方もこの記事は参考になるはずです。

目次

  1. 遺品整理って何?
  2. 遺品整理で起きがちなトラブルとは?
  3. 遺品整理をスムーズに行うためには?
  4. 業者の選び方とは?
  5. 生前整理を心がけよう
  6. おわりに

1.遺品整理って何?

遺品整理とは、故人が残したものを整理することです。
現金や有価証券などは「財産分与」と言って、法律に沿って分配しなければなりません。
ですから、遺品整理は故人が残した資産価値のあるもの以外で行います。
一昔前まで、遺品整理はそれほど大変なものではありませんでした。
2世代3世代の同居はごく普通でしたから、個人の持ち物はそれほど多くなかったのです。
ですから、衣料や愛用品を形見分けという形で配ってしまえば、それで終わりでした。
しかし、今はひとり暮らしをしている高齢者も珍しくありません。
亡くなった後は家財道具一式が残されることも多いのでしょう。
さらに、ゴミの分別も厳しくなり、「いらないものはまとめてゴミ捨て場へ」というわけにもいきません。
また、着物や食器などが山のように遺(のこ)されていて引き取り手がおらずに困ってしまった、という方も多いでしょう。

2.遺品整理で起きがちなトラブルとは?

では、遺品整理をする際に起きがちなトラブルや問題とはどのようなものでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

2-1.賃貸の退去問題

賃貸でひとり暮らしをしている方が亡くなった場合は、速やかにその部屋を明け渡さなければなりません。
遺品が少なければよいのですが「汚部屋」だった場合は大変です。
また、遺族が遠くに住んでいる場合は、限られた時間で遺品を整理しなければなりません。

2-2.価値がよく分からない品が残された場合

美術品や骨とう品、さらにコレクターズアイテムなどが残された場合も問題が起こりやすいです。
価値があるものが多い場合は、遺族の中で誰が受け継ぐかもめることも多いでしょう。
また、取っておこうという人と売り払ってしまおうという人が対立した場合は、もっとややこしいことになる可能性もあります。さらに、価値がよく分からない品が残されて捨ててしまったり格安で売り払ってしまったりした後に真の価値が分かった場合も、トラブルに発展しやすいでしょう。

2-3.形見分けを要求してくる人が出てきた

美術品や骨とう品など、何かをコレクションしている人は、コレクターズ仲間がいる場合が多いです。
また、お付き合いが深いお店もあるでしょう。
コレクターの方が亡くなると残されたコレクションを受け継ぎたい、という人が出てくることもあります。
故人が遺言で「コレクターズ仲間に形見分けをしてほしい」と残した場合は、問題ありません。
しかし、「これを譲ってくれると生前言っていた」と自称する人が多数出てくる場合もあるのです。
特に、故人が有名なコレクターだった場合は、コレクションを巡って第三者が口をはさんでくる可能性も高くなるでしょう。

3.遺品整理をスムーズに行うためには?

遺品整理をスムーズに行うためには、どうしたらよいのでしょうか?
この項では、その方法をご紹介します。

3-1.親族総出で片付ける

近所に故人の親族がたくさん住んでいる場合は、一族総出で遺品整理を行いましょう。
事前に自治体のゴミ収集センターに、ゴミの持ちこみを申請しておくと片付けがスムーズに行えます。
遺品整理は、引っ越しと同じ手順で行うのです。
遺品をゴミといるものに分けて、ゴミはまとめて自治体のゴミ収集センターに持ちこみましょう。
5人以上の人手があれば、1日で家の中を空っぽにできます。
故人が賃貸住宅に住んでいてすぐに遺品整理をして明け渡さなければならない、という場合はこの方法が一番手っ取り早いでしょう。

3-2.業者を依頼する

現在は、遺品整理を行う業者も増えています。
遺品整理専門の業者もいますし、不用品回収業者が業務の一環として遺品整理を行ってくれるところもあるのです。
故人がものをたくさん残した場合や、片付けの人手が足りない場合は業者に依頼すると便利でしょう。
遺品整理業者は不用品を有料で回収しますが、資産価値のあるものは買い取ってくれます。
ですから、価値があるものとガラクタが混在しているという場合も、安心して依頼してください。

4.業者の選び方とは?

しかし、遺品整理業者は依頼者とトラブルになるケースも多いです。
遺品整理業者になるには、特別な資格や届け出は必要ありません。
ですから、最初から「むしりとれる人からお金を取ろう」と考えている業者もいるのです。
そのような業者は、遺品を不当に安い値段で買い取ったり、高額な処分費用を請求したりします。
「見積もりを出してもらったが、高くて断ったらキャンセル料を請求された」という例もあるのです。
ですから、業者を選ぶ際は信頼できるところに依頼しましょう。
最近は、遺品整理業者の口コミ掲示板やランキングサイトもあります。
また、民間資格の「遺品整理士」が在職している業者は、信頼できるでしょう。
さらに、「利用してみたけれどよかったよ」という業者を知人から紹介してもらう、という方法もあります。
逆に、電話の応対がいいかげんだったり見積もりを出さずに「遺品整理ならば××万円です」と言いきったりするところは、信用しない方がよいでしょう。

5.生前整理を心がけよう

「立つ鳥跡を濁さず」ではありませんが、ある程度の年齢になったら持ち物を整理していきましょう。
日本では昔から、死について考えたり話し合ったりすることをタブー視する風潮があります。
しかし、自分が死んだ後に残された遺品の整理に子どもや孫が苦労すると思えば、生前整理など縁起でもないとは言えないでしょう。
古い衣服や使わない食器、家電製品などは、ゴミに出したりリサイクルショップに売却したりしてください。
また、コレクションがある方は目録を作りましょう。
そして、自分が死んだ後にコレクションをどうするかを遺言として残してください。
そうすれば、遺品整理もスムーズに行きます。

6.おわりに

いかがでしたか?
今回は、遺品整理をするときに起こりがちなトラブルや問題点についてご説明しました。
まとめると

  • 遺品整理はものが多いほど大変。
  • ひとりでやろうとは思わず、親族総出で行うか業者を利用しよう。
  • 業者は信頼できるところを選ぼう。
  • 生前整理を心がけよう。

ということです。
現金や貯金、有価証券のほかに高値で売れる美術品や骨とう品は、遺品ではなく財産扱いするという方法もあります。
これならば、誰が受け継ぐかでもめることもないでしょう。
また、価値が分かりにくい品物がたくさんあるという場合は、生前に価値をきちんと聞いておくことも大切です。
特に、ホビーや古書などは価値が分かりにくいので、気を付けてください。
また、収納スペースにものがいっぱい詰まっているという家は、住人の体力があるうちに少しずつ片付けていきましょう。
親子が一緒になって家を片付けるという方法もあります。
ものが少なくなれば、遺品整理も楽になるでしょう。