遺品整理でお悩みの方は必読!ゴミ屋敷も簡単・スッキリ片付くコツ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

親族が亡くなった後は、遺品整理が待っています。しかし、遺品整理は想像以上に大変なことでしょう。そこで、今回は、スムーズな遺品整理を行うために必要な知識を詳しく解説しましょう。たとえば、ゴミ屋敷のような家であっても記事を参考にすることで着実に作業を進めることができますよ。

  1. 遺品整理の基礎知識を身に付けよう
  2. 遺品整理を行うときの注意点
  3. 遺品整理と相続手続きについて
  4. 遺品整理士を知っておこう
  5. 遺品整理と不用品回収を学ぼう
  6. 遺品整理の業者選びのポイント
  7. 遺品整理でよくある質問やお役立ち情報

それでは、早速記事を参考にして遺品整理を効率良く進めていきましょう。


1.遺品整理の基礎知識を身に付けよう

まずは、遺品整理の基礎知識を身に付けましょう。基本を学ぶことは、スムーズな遺品整理に欠かすことができません。

1-1.遺品とは何?

遺品とは、何を指すのでしょうか。遺品は、故人が所有していた物を言います。古い写真から金銭価値のある骨董(こっとう)品など、内容は広範囲になるでしょう。実は、相続に関係していて動産に当たるので勝手に処分することは難しいのです。

1-2.遺品の仕分けをしよう

遺品の中でも、残すべきものと処分するべきもので仕分けを行いましょう。故人の思い入れがあるから処分しにくい、という気持ちもわかります。しかし、必要なものだけを手元に置いて残りを処分する方が現実に沿った方法と言えるでしょう。遺品の仕分けは、遺族としての感情があるとなかなか進まないものです。仕分けが難しいと思う場合は、プロの手を借りるのも良い方法でしょう。

1-3.遺品と粗大ゴミは何が違う?

遺品と粗大ゴミは、どんな点が違うのでしょうか。いずれも、単なる物体として見た場合は違いがありません。しかし、遺品は故人が大切にしていたものも含みます。つまり、思い入れがあるものかどうかという点で違うと言えるでしょう。

2.遺品整理を行うときの注意点

遺品整理は、何かとトラブルが起きやすいのも事実です。トラブルを避けるためにも、遺品整理の注意点を確認しておきましょう。

2-1.故人の遺志を尊重することが大切

遺品整理は、故人の遺志を尊重することが大切です。たとえば、遺書や遺言などで特定の遺族に渡してほしいと書いてあることもあるでしょう。また、貴重なコレクションや歴史資料などは、特定の場所へ寄付してほしいと希望しているケースもあるはずです。私的財産ではありますが、故人の遺志を尊重して処分していきましょう。

2-2.親戚間のトラブルに注意しよう

遺品整理では、親戚間にトラブルがよく起こります。写真1枚にしても、処分するかしないかで揉(も)めることもあるでしょう。親戚間のトラブルは、後日まで尾を引く可能性が高いので注意してください。思い入れのある品物にかんしては、できる範囲で関係のある親戚に聞いてから処分することでトラブルを避けることができるでしょう。

2-3.形見分けって何?

形見分けとは、故人の遺品を親族の間で分けることを言います。実際に行われる時期は、仏式で葬式を行ったときは49日法要以降となるでしょう。故人が愛用していた物を、親族それぞれで大切に受け継いでいくという考えが、良い供養になるとの考えです。最近は形見分けもカジュアルになり、場合によっては行わないことも増えてきているのが現状と言えるでしょう。

2-4.ゴミ屋敷問題を考える

家が、多くの品物であふれてしまっているゴミ屋敷。遺品整理をするときになって、故人の家がゴミ屋敷状態であることに改めて困っているケースも多いことでしょう。ゴミ屋敷になってしまう背景にも、いろいろあります。高齢になって、不用品を捨てる判断力が鈍(にぶ)っていたりゴミを捨てたりすることも面倒になっていたこともあるでしょう。いずれにしても、遺品整理を行うためにはゴミ屋敷でも関係ありません。ゴミ屋敷の遺品整理はとにかく大変なので、遺品整理に詳しいプロの力を借りることをおすすめします。

3.遺品整理と相続手続きについて

遺品整理を行うことは、故人からの相続手続きに大きく関係してきます。では、遺品整理と相続手続きについて具体的に学ぶことにしましょう。

3-1.遺品整理の法律的な手続きには何がある?

遺品整理の法律的な手続きとしては、相続手続きを挙げることができます。遺品には、有価証券など金銭価値があるものも含むことがあるでしょう。金銭価値がある場合は、動産とみなして相続の対象になります。相続対象になる遺品がある場合は、所定の手続きを経て相続してください。

3-2.手続きは誰がやるべきか?

では、相続手続きは誰がやるべきなのでしょうか。特定の遺族が何を相続するかなど、分割手続きの詳細は、手段によっても異なります。実際の手続きを誰がやるべきかという点については、以下を参考にしてください

  • 指定分割:故人が生前に手続きをする
  • 協議分割:相続人全員の話し合いで手続きする
  • 調停分割:相続人全員と裁判官と家事調停委員の話し合いで手続きをする
  • 審判分割:相続人全員で裁判官による審判(しんぱん)の決定で手続きをする

3-3.相続手続きの相談窓口はどこ?

相続手続きの相談窓口は、行政書士事務所や相続相談センター、家庭裁判所の相談窓口などになります。相続は法律が絡んできますから、自分たちだけで悩んでいても仕方がありません。実際に、相続手続きが必要になった場合は速やかに相談窓口に訪問しましょう。相続の専門家から、適切なアドバイスを受けることができます。相談するときは、何を聞きたいのかを前もってリストに書いておくと役に立つでしょう。

4.遺品整理士を知っておこう

遺品整理士、という資格があることをご存じでしょうか。ここでは、遺品整理士について詳しく解説しましょう。

4-1.遺品整理の社会状況を理解する

核家族化が進んだことは、人が亡くなった後に遺品整理をする人手も足りないことを意味しています。昔は、複数の世代がひとつ屋根の下に住んでいたので、遺品整理を行う人手もあったと理解してください。また、親族が近くに住んでいるとは限りません。現代の社会状況を考えると、遺品整理を行うことは困難さを増しているのです。

4-2.遺品整理のプロの必要性を学ぶ

遺品整理のプロが必要になってきた背景は、ご理解いただけたでしょうか。遺品整理は、物理的に負担が大きいだけではありません。親戚の間で、無用なトラブルの原因になることが多い点が難しいのです。遺品整理のプロは、故人と血縁関係が無いことで客観的な作業が可能になる点でも有意義な存在と言えるでしょう。また、遺品整理に伴う作業を効率良く進めるためにも必要です。

4-3.遺品整理士とはどんな資格か

遺品整理士は、遺品整理にかんするプロであることの証しとなる民間資格です。遺品整理士は、今後ますます需要が高まることでしょう。故人の遺品として手元に置くべきものを的確に仕分けたり、遺族が行うべき処分や手続きについてのアドバイスを行ったりすることが仕事となります。遺品整理を業者に依頼する場合は、遺品整理士の資格を持ったスタッフがいることも確認しておきましょう。遺品整理士がいる業者は、総じて優良と考えて良いです。

5.遺品整理と不用品回収を学ぼう

遺品整理と不用品回収を切り離すことは、不可能です。不用品回収について、詳しく学ぶことにしましょう。

5-1.不用品回収できるものは?

不用品回収できるものは、実にさまざまになるでしょう。たとえば、洋服・本・家具・家電などですね。むしろ、回収できないものをお答えしたが方が良いでしょう。不用品回収業者に依頼しても回収できないものとしては、業者によって設定が異なります。どんなものが回収不可になるのか、事前に問い合わせをしておきましょう。しかしながら、遺品となるものにかんしてはほとんどが回収対象となると考えて良いでしょう。

5-2.リサイクルできるものは活用しよう

遺品でも、家電や本などリサイクルする価値があるものがあります。リサイクルできるものは、積極的に活用しましょう。リサイクルすることで、多少のお金になることもあります。また、必要としている人の手に渡ることで故人も満足することでしょう。

5-3.デジタル遺品はどうするべきか?

最近問題になっているのが、デジタル遺品の処分問題です。デジタル遺品とは、パソコンやスマホやデジタルカメラなどに入っているデーター。故人のプライバシーにかかわる部分が大きいこともあり、どのように処分するべきか判断に迷っている人も多いでしょう。デジタル遺品は、故人からの遺言や希望が無い限りはデーター消去を選択することになるはずです。デジタル遺品には、故人だけでなく友人や知人の人の個人情報を含む場合がありますので流出に注意しながら処分を検討しましょう。

6.遺品整理の業者選びのポイント

遺品整理のプロに依頼するメリットは、作業効率が良いだけではありません。また、遺品整理で失敗したくない人は、信頼できる業者を選ぶことも大切であることを認識してください。それでは、どんな業者を選ぶべきかのポイントを解説しましょう。

6-1.プロならではのメリットを確認しよう

遺品整理で業者に頼む場合のメリットを、確認しておきましょう。遺品整理のプロは、たくさんの現場を見てきています。また、さまざまな状態の遺品整理を行ってきたという実績が頼りになると言えるでしょう。

6-2.良い遺品整理業者選びのポイント

遺品整理で良い業者を選ぶためのポイントを、伝授しますね。

  • 遺品整理の実績が多いこと
  • 問い合わせ時の対応が親切なこと
  • 利用者の評判が良いこと
  • むやみに契約を急がないこと

特に、契約を急ぐような業者は選んではいけません。契約を行った途端に、態度が変わってしまったという声も聞きます。信頼できる業者は、契約を急ぐことが無くても評判の良さで次々に契約を取ることができるので余裕があるはず。また、何よりも問い合わせ時の対応が親切な点は見逃せないポイントでしょうね。

6-3.遺品整理の料金設定を事前に確認

良い業者は、料金設定の目安でわかりやすく提示があります。まずは、作業の見積もりを取ってみてください。料金設定は、契約の前にきちんと確認しておくべきです。信頼できる業者は、こちらにもわかりやすく説明をしながら見積もってくれることでしょう。見積もりの時点で、不明点がある場合は契約をする前に解消しておいてください。

7.遺品整理でよくある質問

それでは、遺品整理でよくある質問にお答えします。皆さんが不安に思っていることについて、確認してくださいね。

7-1.遺品整理はいつまでに行うべきですか?

遺品整理は、いつ行っても問題ありません。しかし、場合によっては相続が必要になるケースがありますからできるだけ早めに行った方が良いでしょう。故人が亡くなった後、何かと大変な時期でも遺品を整理することは、故人との思い出の整理やお別れの良い機会でもあります。

7-2.遺品整理は遺族全員の同意が必要ですか?

遺品整理遺族全員の同意を得ることは、現実として難しいでしょう。ただし、遺産相続に関係するような高価な遺品にかんしては片付けている人だけで判断をすることは避けましょう。勝手に処分をすることで、トラブルを起こす可能性が高くなります。遺品整理で揉(も)めないためには、処分するときに決定権を持つ人を決めておくと良いでしょう。

7-3.古い家で害虫がいたりや臭(にお)いがあったりしても問題ないですか?

故人のお宅が古い家屋の場合や、ゴミ屋敷のように散乱した状態の場合は、害虫問題や臭(にお)いの問題を避けることができないでしょう。でも、遺品整理のプロに頼むことで作業前の害虫駆除や消毒を行ってもらうことも可能です。経験豊富な業者に依頼する場合は、害虫や臭(にお)いの対応も可能ですから安心してください。

7-4.遺品整理は立ち合いが必要ですか?

遺品整理は、故人の大切な品物を分別(ふんべつ)・整理する大切な作業です。処分をした品物は、元に戻すことはできません。もしも、作業中にずっと立ち会うことができない場合は、作業開始と作業終了のタイミングで立ち会うようにしてください。後日、やはり処分しない方が良かったという失敗を防ぐことができるでしょう。

7-5.孤独死をした親戚(しんせき)の遺品整理も可能ですか?

孤独死をした親戚(しんせき)の遺品整理は、通常のケースと比較すると特殊清掃が必要になるでしょう。しかし、遺品整理を行うことはできます。遺品整理業者に依頼をするときに、相談してみてください。

8.遺品整理のお役立ち情報

遺品整理について、そのほかのお役立ち情報を解説しました。ぜひ、参考にしてください。

8-1.ゴミ屋敷の掃除も依頼できる

遺品整理をしたいけれど、あまりにもゴミ屋敷の状態で何から手を付けるべきかわからないときもあるでしょう。でも、ゴミ屋敷の掃除をすることは時間も労力も必要としますよね。実は、ゴミ屋敷の掃除も不用品回収業者に依頼することができるので安心してください。不用品回収業者は、ゴミ屋敷を片付けるプロです。自分たちだけで苦労して掃除をするよりも、確実にキレイに仕上げてくれますから活用してみましょう。

8-2.生前整理の大切さを学ぼう

物がたくさんある状態で亡くなることは、遺族に対して遺品整理という大きな問題を残すことを意味します。遺族に迷惑を掛けないようにするためには、生前整理が必要なことを理解してください。生前整理について、縁起が悪いなどと言ってはいけません。自分に判断能力があるうちに、必要なものだけを残して不用品を処分することは大切です。自分が亡くなった後の遺族の負担を軽くするためにも、生前整理を考えてみてください。

8-3.特殊な遺品はどのように扱う?

遺品の中でも、仏壇や写真や思い出の品のような特殊な遺品は処分に困ってしまうことでしょう。特殊な遺品については、思い入れが大きいために処分に踏み切ることが難しいですよね。多くの人が、特殊な遺品整理で時間と労力を使っているのも事実。本当に必要なものを少量残した後は、思いきって業者に処分を依頼することもひとつの方法と言えるでしょう。

まとめ

遺品整理について、詳しく解説をしてきました。皆さんの理解を深めることは、できたでしょうか。故人が亡くなった後は、遺品整理のために悲しんでいる時間も無かったという声を多く聞きます。遺品整理は、必要な知識が多く想像以上に大変なこと。ましてや、ゴミ屋敷のような状態を片付けることは困難です。遺品整理に詳しい業者に依頼することも考えて、効率良く進めてください。