遺品整理業者の費用はいくら? 遺品整理の大変さや料金など徹底解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「遺品整理をしたいけど、やり方が分からない」「片付ける時間がない」など、遺品整理で悩んでいる方が多いでしょう。遺品整理は時間と手間がかかるため、きちんと計画を立てて、順序よくすすめていかなければなりません。どうしても、自分の手でできないときは、遺品整理業を行っている業者に依頼するのも選択肢の1つです。しかし、いくらかかるのか遺品整理の費用に疑問を感じるでしょう。そこで、本記事では、遺品整理の基礎知識から、業者へ依頼する場合の費用・注意点などについて説明します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理の難しさ
  3. 遺品整理業者とは?
  4. 遺品整理の費用について
  5. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の費用・業者について分かります。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


1.遺品整理の基礎知識

遺品整理を行う前に、基礎知識を身につけることが大切です。それでは、早速チェックしていきましょう。

1-1.遺品整理とは

故人の遺(のこ)した遺品を整理することを「遺品整理」といい、遺品処理・遺品処分ともいわれており、残しておくものと処分するものに仕分け・整理する作業のことです。亡くなった人の家や部屋には、形見として残しておきたいもの・まだ使えそうなもの・処分してもよいものなどがあります。いつまでもそのままにしておくわけにはいかないため、きちんと整理して要らないものを処分しなければなりません。
特に、賃貸物件の場合は、家賃が発生する前に遺品整理を行い引き払う必要があります。遺品整理をきちんとしなければ、家賃を支払うことになるので注意が必要です。できるだけ、早めに部屋を引き払わなければなりません。

1-2.最近の傾向

最近は、遺品整理をプロの業者に依頼するケースが増えてきています。理由はさまざまですが、高齢化と核家族化によって1人暮らしの高齢者が増加しているから、と考えられているのです。また、親と離れて生活する人が増えてきているため、遺族が遺品整理を行うのが難しくなっています。そんなときに、業者に依頼すれば、遠方にいても遺品整理が可能です。
ただし、遺品整理業者が注目されている中、不正を働く業者が増えています。不正業者に引っかからないためにも、遺品整理の知識・業者選びのポイントなどを知ることが大切です。

2.遺品整理の難しさ

大量の遺品を一から整理するのは大変ですよね。ここでは、遺品整理の難しさについて詳しく説明します。

2-1.作業の大変さ

遺品整理で多くの人が作業の大変さに悩まされます。遺品の量が多いほど、作業時間と手間がかかるため、特に仕事で忙しい方は困難でしょう。残すものと処分するものの仕分けだけで、ギブアップしたくなります。実際に、途中で遺品整理を諦めたというケースも多いのです。また、アパートなど賃貸物件に住んでいる場合は、家を明け渡す日まで、作業を済ませておかなければなりません。

2-2.故人の意志を尊重する

遺品整理は遺族の気持ちよりも、故人の気持ちを大切にしなければなりません。遺品はただのものではなく、故人の生きた証(あかし)といわれています。中には、故人が大切にしていたものもあるはずです。遺品整理は、故人の意志を尊重しながら行います。

2-3.親族間のトラブル

遺品整理でよくあるのが、親族間のトラブルです。遺品整理の旨を伝えず作業を行い、親族間でトラブルが起きたというケースが多発しています。遺品の中には、アクセサリー・宝石類・着物など高価なものもあるため、きちんと親族に伝えてから遺品整理を行わなければなりません。トラブルになってしまうと、親族の付き合いも悪くなります。

2-4.ゴミ屋敷問題

高齢者の中には「もったいない精神」が強く、なかなかものを捨てられない人がいます。捨てられないゴミが溜(た)まればゴミ屋敷となり、遺族に大きな負担をかけることになるのです。ゴミ屋敷化した実家の片付けは、思っている以上に労力と時間を要します。1人では無理なので、家族・親戚同士で協力し合わなければなりません。

2-5.相続・法律手続きについて

人が亡くなった後に資産価値のあるものを相続権のある人が受け継ぎます。遺言書があれば、記載のとおりに相続されることになるでしょう。相続権を持っている人は、相続放棄しない限り、遺品整理を行う義務があります。また、相続により生じた財産には「相続税」、個人の贈与により生じた財産には「贈与税」が課せられるので注意が必要です。さらに、遺品整理による相続トラブルも起きているため、十分に注意しておかなければなりません。

3.遺品整理業者とは?

なかなか遺品整理ができない場合は、専門業者に依頼するのも選択肢の1つです。ここでは、遺品整理の専門業者について説明します。

3-1.専門業者とは

遺品整理の専門業者とは、どのような特徴があるのでしょうか。

3-1-1.特徴

名前のとおり、遺品整理を専門的に行っている業者のことです。要らないものと残すものの仕分けから家財の片付け・ゴミ屋敷の清掃・特殊清掃・現状復帰まで行います。遺品整理に詳しい知識を持っているため、状況に合った方法で素早く片付けることができるでしょう。また、遺品に対する扱い方も心得ているので安心して依頼できます。遺品整理のプロといっても過言ではありません。

3-1-2.ほかの業者との違い

不用品回収・買取業者なども存在していますが、あくまで不用品の回収・買取だけです。遺品の整理・部屋の片付けはサービスのうちに入りません。また、不用品回収業者などは遺品としてではなく、不用品として扱うことがほとんどです。大切に扱ってほしい形見でも、ぞんざいに扱われてしまうおそれがあります。

3-2.業者に依頼する場合

プロに依頼したほうがよいケースと方法・ポイント、注意点についてチェックしていきましょう。

3-2-1.プロに依頼したほうがよいケース

遺品の量が多い・遺品整理をする時間がない・遠方に住んでいる場合は、プロに依頼したほうがよいでしょう。遺品の量が多いほど手間と時間がかかるため、1日では終わらないことがほとんどです。プロの業者に依頼すれば、手際よくスピーディーに整理・片付けができます。また、遠方に住んでいる方でも業者に依頼することで、安心して遺品整理ができるでしょう。「自分で片付けるのが困難」と思う方は、プロに相談してください。

3-2-2.方法・ポイント

業者によって具体的な遺品整理の方法が異なるでしょう。たとえば、生前・遺品整理を行っている「遺品整理ファンデックス」の場合、不用品の仕分け作業・ゴミの処分・大型家財の吊降ろし作業・ハウスクリーニングなどが含まれています。家具・家電などの家財道具は、まだ使える状態なら買い取りを行っているため、費用の節約が可能です。業者へ依頼する前に、作業内容・方法を確認しておきましょう。

3-2-3.注意点

できるだけ、費用を抑えたいからと無理に遺品整理を行う方がいます。業者に依頼するよりも費用は節約できますが、作業に時間と労力が必要です。思っている以上に時間がかかったり、大型家具の搬出でケガをしたりすることもあるでしょう。無理だと思ったときは、プロの業者に依頼したほうが安心です。

4.遺品整理の費用について

それでは、遺品整理業者に依頼した場合、費用はいくらかかるのでしょうか。費用を抑えるポイント・業者の選び方・注意点について説明します。

4-1.費用はどのくらいか

遺品整理の費用は、部屋の広さ・作業員人数などによって異なります。参考として、「遺品整理ファンデックス」の料金を以下にピックアップしてみました。

  • 1K(作業員2名):34,800円~
  • 1DK(作業員2名):59,800円~
  • 1LDK(作業員3名):79,800円~
  • 2DK(作業員3名):119,800円~
  • 2LDK(作業員4名):149,800円~
  • 3LDK(作業員5名):199,800円~
  • 4DK(作業員6名):229,800円~
  • 4LDK(作業員6名):25,900円~

具体的な費用に関しては、無料見積もりを利用してください。電話またはホームページのフォームから申し込みが可能です。

4-2.費用を抑えるポイント

まだ、使用できるものは買い取ってもらいましょう。すべて処分するのではなく、買い取りも利用すれば費用が節約できます。「遺品整理ファンデックス」では、不用品買い取り事業にも力を入れているので、不用品の買い取りで整理費用の節約が可能です。また、遺品の運び出し・整理に必要となるダンボール・ガムテープなどの梱包(こんぽう)資材も無料で提供しています。

4-3.業者の選び方

複数の専門業者から、どこに依頼すべきか悩むこともあるでしょう。そんなときは、以下のポイントに注目して選んでください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 見積もり内容が細部まで記載されている
  • 無料見積もり・無料相談が可能
  • 不用品の買い取りも行っている
  • 低費用でサービスが利用できる
  • 料金システムが明確
  • 遺品整理サービスの実績がある
  • 古物商・産業廃棄物収集運搬許可を取得している

4-4.注意点

業者の中には、「回収したものを不法投棄する」「高額な料金を請求する」という悪質なところもあります。近年は、遺品整理業者に依頼する人が増えてきたこともあり、不正を働く業者とのトラブルも相次いでいる状態です。不正業者に引っかからないためには、サービス内容・スタッフの対応・料金システムなど、ポイントをきちんと押さえておかなければなりません。また、複数の業者を比較して、優良業者と不正業者を見極めましょう。

5.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.遺品整理をしないとどうなるのか?
A.家がゴミ屋敷・空き家状態になるおそれがあります。ゴミ屋敷・空き家は、空き巣や火事・汚臭などのトラブルになるため、できるだけ早めに遺品整理を行うことが大切です。近隣住民への迷惑行為にもなるので、絶対に放置しないでくださいね。

Q.遺品整理における相続税・贈与税の具体的な内容が知りたい
A.相続税は、親が死亡したときに移転する財産に課す「税金」のことです。すべての人が支払う必要はありません。相続税の基礎控除額を超える遺産の場合だけ、相続税の申告が必要となります。相続税の基礎控除額は「5,000万+1,000万×法定相続人の数」です。
贈与税は、預金・現金・不動産・車・骨董品(こっとうひん)など価値があるものを引き継ぐときにかかる税金を指しています。相続トラブルにならないためには、財産・相続人・遺言書の確認が必要です。

Q.相続放棄すると遺品整理はできないのか?
A.民法上において、相続放棄をした人は、故人の財産を処分する権利がないと考えられています。たとえば、相続放棄を考えている人が故人の遺産を処分した場合は、後日に相続放棄を申告しても受け入れてもらえない可能性が高いのです。相続放棄を検討している方は、遺品整理をしないほうがよいでしょう。

Q.遺品整理士とは?
A.一般社団法人「遺品整理士認定協会」が認定する民間資格です。遺品整理業界の健全化を目的に、遺品整理業に一定のガイドラインを定めています。遺品整理士は、遺品整理を正しく行うプロフェッショナルです。

Q.作業風景はリアルタイムで見られるのか?
A.「遺品整理ファンデックス」では、遠方にお住まいで作業の立ち会いができない方・作業が終わるまで出かける方にも安心していただけるよう、WEB中継を利用しています。お手持ちのスマートフォンで作業風景がリアルタイムで確認できるのでご安心ください。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理は思っている以上に大変な作業です。遺品の数が多いほど時間と手間がかかり、処分する不用品の数も多くなるでしょう。また、遠方に住んでいる方は休みの日に遺品整理を行わなければなりません。交通費はもちろんのこと、労力・時間を要することになるので大変です。そんなときは、遺品整理業者に依頼してください。プロの業者に依頼することで、あなたの代わりに丁寧かつスピーディーに遺品整理を行います。ただし、中には不正を働く業者も存在しているので注意が必要です。業者選びのポイントを押さえた上で、信用できる業者を選んでくださいね。