遺品整理の手順や流れを紹介! トラブルなくすすめるポイントとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品整理は遺族の大切な仕事ですが、手順や流れが分からなくてお困りの人も多いのではないでしょうか。人が住んでいた部屋には、思っている以上にたくさんのものが残されています。そのすべてを整理し、片づけることは容易ではないのです。どのような手順で、いつまでに完了するのか、事前に決めておく必要があるでしょう。この記事では、遺品整理の手順や方法、業者に依頼するメリットなどを詳しくご紹介したいと思います。

  1. 遺品整理、まず何から始めるべきか?
  2. スムーズな遺品整理のために知っておくべきポイント
  3. 遺品整理で注意すべきこととは?
  4. 遺品整理業者に依頼するメリットを紹介
  5. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、スムーズな遺品整理をするために知っておくべきことが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.遺品整理、まず何から始めるべきか?

遺品整理を始めるにあたって、まずやっておきたいことや押さえておくべき手順をご紹介しましょう。

1-1.完了日を決めてスケジュールを立てる

遺品整理に取り掛かる前に、完了日の目安を決めた上でスケジュールを立てておくのがおすすめです。遺品整理にかかる期間は、部屋の大きさや遺品の量、作業人数などによって変わってくるでしょう。こうした条件を踏まえて、「この日までに完了したい」という目標を決めてください。ただし、賃貸物件の場合は明け渡し期限までに完了する必要があるため、事前の確認が必要です。完了日を決めたら、いつごろどんな作業をするのか、具体的な計画を立てておきましょう。

1-2.遺品を「残すもの」と「処分するもの」に仕分けする

すべての遺品を「残すもの」と「処分するもの」に分類しましょう。貴重品や思い出の品などは形見分けすることも考えなければなりません。アルバムや日記など、思い出の品であってもかさばるものは、思いきって処分することも検討する必要があるでしょう。

1-3.遺品整理の大まかな手順とは?

遺品整理の大まかな手順は、以下のようになります。

  • 遺品の中から形見分けするものを仕分けする
  • 処分するものを分別し、処分方法を決める
  • 再利用できるものをリサイクルに出す
  • 部屋を掃除する

2.スムーズな遺品整理のために知っておくべきポイント

遺品整理をスムーズにすすめるために、知っておくべきポイントをまとめました。

2-1.四十九日を目安にして行うのがおすすめ

遺品整理は、四十九日法要を目安にして行うのがおすすめです。基本的に、遺品整理をするタイミングに決まりはありません。葬儀が終わってすぐに取り掛かっても問題はありませんが、ある程度気持ちの整理がついてからのほうが的確な判断ができるでしょう。四十九日法要の際には親族も集まるため、遺品整理について相談することもできます。親族トラブルを避けるためにも、よいタイミングといえるでしょう。

2-2.形見分けは自分自身の判断で

何を形見分けするかは人によって基準が異なるため、自分自身で判断する必要があります。一般的には、故人が生前大切にしていた品や、写真やアルバムなどの思い出の品などが、形見分けの対象になることが多いでしょう。

2-3.廃棄するものはきちんと分別する

ゴミとして廃棄するものは、きちんと分別しましょう。自治体ごとにゴミ分別のルールは異なるため、事前の確認が必要です。特に、大型の家具や家電など粗大ゴミに分類されるものについては、どのように捨てる必要があるのかしっかり調べておきましょう。

2-4.リサイクルに出す方法はいくつかある

再利用できるものをリサイクルに出すには、リサイクルショップや不用品買い取り業者を利用する方法があります。また、遺品整理業者の中にも、状態のよい遺品を買い取りしてくれる業者があるため、確認してみるとよいでしょう。

2-5.ハウスクリーニングを業者に依頼することも

遺品整理後の掃除をハウスクリーニング業者などに依頼することもできます。また、孤独死などで遺体の発見が遅れた場合は、特殊清掃が必要になることもあるでしょう。特殊清掃を行っている遺品整理業者もあるため、依頼してみることをおすすめします。

3.遺品整理で注意すべきこととは?

遺品整理では注意すべきこともいくつかあるため、事前に知っておきましょう。

3-1.処分に困るものに注意

大量の遺品の中には、処分に困るものもあるでしょう。たとえば、写真やアルバムなどは故人の思い出がつまっているため、捨てづらいと感じる人がほとんどだと思います。そのほかにも、コレクションアイテムや書籍など、捨てづらいけれど残しておくと場所をとるものは、どうしたらよいのか迷うことが多いですよね。そういったものの処分方法を考えておきましょう。写真やアルバムは、データ化して残すことも可能です。コレクションアイテムや書籍などは、買い取りに出してみることをおすすめします。捨てることには抵抗を感じても、誰かがまた使ってくれると思えば、手放しやすくなるのではないでしょうか。

3-2.高価なものは買い取りに

貴金属や着物など、高価なものは買い取りに出すことをおすすめします。「古いものなので価値が分からない」という場合も、まずは査定を依頼してみましょう。思っている以上に高額で買い取りしてもらえる可能性があります。

3-3.仏壇は供養してから処分を

仏壇は処分する前に、供養をする必要があります。自分で仏壇を処分する場合は、お寺に依頼して閉眼供養をしてもらいましょう。また、仏壇のお焚(た)き上げと処分を行ってくれる遺品整理業者もあります。

3-4.個人情報の処理は十分慎重に

健康保険証やパスポート、免許証、クレジットカードなど、故人の個人情報が記載されている遺品の処理は、十分慎重に行う必要があります。こうした個人情報が万が一流出すると、架空請求やクレジットカードの不正利用などのトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるのです。そのまま捨てるようなことはせず、警察署や年金事務所など、決められた窓口に返却してください。クレジットカードは解約の手続きをして、カード会社に返却しましょう。

4.遺品整理業者に依頼するメリットを紹介

近年は、遺品整理を専門の業者に依頼する人が増えています。業者に依頼するメリットや料金相場、作業の流れなどをご紹介しましょう。

4-1.業者に依頼すればスムーズに遺品整理ができる

遺品整理業者に依頼することで、遺品整理をスムーズに終えることができます。遺品整理には時間も手間もかかるため、遺族にとっては大きな負担になってしまうことが多いでしょう。特に、「1人で遺品整理をしなければならない」「遠方に住んでいるので通うのが難しい」という場合などは、業者に依頼することで負担を減らすことができます。また、遺品の供養や部屋の清掃なども依頼することができるという点も、大きなメリットでしょう。

4-2.信頼できる業者を選ぶポイントとは?

信頼できる遺品整理業者を選ぶために、以下のポイントをチェックしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 料金システムは明確であるか
  • 事前に無料見積もりを出してくれるか
  • 一般廃棄物収集運搬許可や古物商許可を得ているか
  • 遺品整理士が在籍しているか
  • 丁寧でスピーディーな対応をしてくれるか

4-3.業者を比較して料金相場を知ろう

遺品整理の料金は業者ごとに異なるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼して、比較することをおすすめします。そうすることで、大まかな料金相場を把握できるでしょう。遺品整理業者「ファンデックス」では、間取りと作業員の人数によって料金を設定しています。こちらからチェックしてみてください。

4-4.「ファンデックス」を利用する流れを紹介

ファンデックス」では、依頼から実際の作業まで、以下のような流れで行われています。参考にしてください。

  • 電話またはホームページのフォームから無料見積もりを申し込む
  • 見積金額に納得できたら、作業日時を決定する
  • 決定した日時に遺品整理作業を行う
  • 不用品を搬出する
  • ハウスクリーニング作業を行う
  • 作業完了・清算

4-5.悪徳業者の存在に注意

悪質な遺品整理業者の存在に十分注意してください。中には、必要な許可を持たずに営業している悪徳業者もいます。そのような業者を利用すると、「遺品を粗末に扱われた」「高額な追加料金を請求された」などのトラブルに巻き込まれる可能性があるのです。悔しい思いをすることがないように、安心して依頼できる業者を選びましょう。

5.遺品整理に関するよくある質問

「遺品整理について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理を業者に依頼すべきなのはどんなときですか?
A.遺族が遺品整理をするのが難しい場合や、遺品が大量にある場合、ゴミ屋敷化している場合などは、業者に依頼するべきでしょう。

Q.遺品整理士とはどのような資格ですか?
A.一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する民間資格のことをいいます。この資格を持っていると、遺品整理に関する知識を正しく身につけていることが証明されるのです。

Q.遺品を買い取りに出す際のポイントを教えてください。
A.できるだけきれいに掃除をし、付属品をそろえておきましょう。使用感を少なくして新品の状態に近づけることが、高価買い取りのポイントです。

Q.特殊清掃とは何でしょうか?
A.孤独死などで遺体の発見が遅れ、遺体の腐敗によってダメージを受けた部屋を原状回復するための清掃のことをいいます。通常の清掃では取り除くことのできない汚れや悪臭を除去することが可能です。

Q.悪質な遺品整理業者にはどのような特徴がありますか?
A.ホームページに会社概要についての記載がない業者や、事前に見積もりを出さない業者などは注意が必要です。また、遺品を粗末に取り扱う業者は、良心的な業者とはいえないでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理をスムーズに終えるための手順や流れ、業者への依頼方法などをご紹介しました。遺品整理をするにあたって、事前に知っておくべきポイントや注意点はたくさんあります。業者に依頼する方法も検討した上で、どのように遺品整理をするべきか、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。