遺品整理を自分でする際の心構えは? 業者へ依頼するポイントも解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「大切な人の遺品を捨てたくない」「申し訳ないことをしているのでは」など、遺品整理に対して罪悪感が沸き起こり作業できない方が多いでしょう。しかし、遺品をそのままにしておけばホコリやカビなどの汚れが発生し、さらに悪い環境へと陥ってしまいます。最終的には「ゴミ屋敷化」するという最悪なケースにもなることもあるので注意が必要です。遺品整理をスムーズに終わらせるため、今から作業を始める前に心がけてほしい内容を分かりやすく解説します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理に必要な心構えは?
  3. 遺品整理を自分でやる場合
  4. 遺品整理を業者へ依頼する場合
  5. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理を順調に終わらせるための心構えとポイントが分かります。これから始める方はぜひ参考にしてください。


1.遺品整理の基礎知識

まずは、なぜ遺品整理をしなければならないのか、必要性を理解することが大切です。そして、遺品整理の主な方法とメリット・デメリットをチェックしていきましょう。

1-1.遺品整理の意味、必要性は?

故人への思いが強く気持ちの整理がつかないままの遺品整理は、ただつらくて悲しい作業になるでしょう。大切な人が使っていたものはすべて残しておきたい気持ちは分かりますが、何もかも取っておくわけにはいきません。だからこそ、遺品整理で「必要なもの」と「要らないもの」に分ける必要があります。つまり、遺品整理は「本当に大事なもの」を見極める大切な作業なのです。また、遺品整理をしながら故人への思いを整理することもできます。なかなか踏ん切りがつかなかった思いを整理するのも、遺品整理で大切なことなのです。

1-2.遺品整理の方法は?

遺品整理の主な方法は、「自分でする方法」と「専門業者へ依頼する方法」の2つがあります。それぞれのメリット・デメリットについて解説しましょう。

1-2-1.自分でする方法

自分でする場合はゴミ袋や手袋など必要なものを用意するだけなので、低費用で済むのが大きなメリットです。ただし、遺品の数が多い場合は一人だけで作業するのは難しいでしょう。また、遠くに住んでいる場合は休みの合間をぬって通い、作業しなければなりません。自分で行うのが困難な場合は、遺品整理の専門業者へ依頼するのも選択肢の1つです。

1-2-2.業者へ依頼する方法

業者へ依頼する大きなメリットは、すぐに遺品整理を終わらせることができる点です。自分の代わりに、遺品整理の経験が豊富なプロが作業を行うので迅速かつ丁寧に片付けを終わらせることができます。また、遠方に住んでいる方や仕事で忙しい方など、業者に依頼すれば時間と手間を省けることができるのです。しかし、遺品整理サービスを利用する方が増えるにつれ、悪徳業者とのトラブルが増えています。スムーズに作業を行うためには、慎重に業者を選ぶことが大切なのです。
また、それぞれの具体的な流れに関しては、後ほど【3.遺品整理を自分でやる場合】と【4.遺品整理を業者へ依頼する場合】で説明するのでぜひチェックしてください。

2.遺品整理に必要な心構えは?

遺品整理の際に感じる罪悪感から抜け出すためには、どのような心構えが必要なのでしょうか。

2-1.自分でやる場合の心構え

罪悪感を抱いている方は、遺品整理を故人との最後の触れ合いと捉えることが大切です。故人のものを捨てるのではなく、本当の意味で供養をするという心構えで作業を始めましょう。意識を少しでも変えることで、罪悪感が薄まるはずです。
そして、自分で遺品整理を始める際は、時間と労力が必要になると理解しておかなければなりません。「残すもの」と「残さないもの」を選択し見極める判断はもちろんですが、作業を続けるにつれ体力も消耗します。特に、遠方に住んでいる方は休みの日に通わなければならないので思っている以上に大変です。

2-2.業者へ依頼する場合の心構え

遺品整理を業者へ依頼する際は、悪徳業者に引っかからないように気をつけることです。遺品整理の重要性が注目されている昨今、不正を働いてお金儲けをしようとする悪徳業者も増えてきました。そんな業者がいることをきちんと把握しておかなければ、トラブルを招いてしまいます。大切な故人の遺品だからこそ、丁寧に扱い迅速な作業をしてくれる業者を選びましょう。

3.遺品整理を自分でやる場合

遺品整理を自分でやる場合のタイミング・流れ・ポイントについて解説します。

3-1.ベストなタイミングはいつか?

遺品整理のベストなタイミングは、四十九日と言われています。基本的に死後何日に行わなければならないと決まっていないので、遺族の方が望むタイミングで構いません。ただ、理想的なタイミングが「四十九日」だと言われているのは、葬儀から気持ちの整理がつきやすく、親族同士で集まる絶好の機会だからです。四十九日は故人が来世に旅立つという仏教の教えがあるため、遺族が別れを告げる区切りの1つとなります。この日をきっかけにして、親族同士で協力し遺品整理をすると良いでしょう。

3-2.主な流れ

遺品整理の悩みで多いのが、「何から始めたら良いのか分からない」という点です。そんな悩みを解消するために、まずは「必要なもの」と「捨てるもの」に分けてください。遺品に優先順位をつけ、明確な基準を設けることで迷いがなくなります。どうしても2つの選択で悩んだときは「保留」を設け、後で考えるのがポイントです。そして、3つの基準に分けたら、「捨てるもの」を処分し、「必要なもの」から形見分けを行いましょう。

3-3.ポイントと注意点

遺品整理をする際に、アルバム・写真などたくさんの思い出が出てくるはずです。何十冊もアルバムを保管している高齢者が多く、処分の判断が難しくなるでしょう。そんなときは、「誰と映っているのか分かる写真」だけを保管するのがポイントです。ベストショットを選び、アルバム1~2冊にまとめてください。最近では、データとしてスキャン・保管するという方法もあります。
自分で作業をする際は時間と労力がかかるので、無理なくできる範囲かどうか見極めも大切なのです。「費用節約のためだから」と無理に作業をすれば、いつまで経(た)っても終わりません。また、積み重なった遺品が崩れ落ち、ケガをするおそれもあるので注意してくださいね。

4.遺品整理を業者へ依頼する場合

業者へ依頼すべきケース、主な流れ、そして押さえておきたい業者選びのポイントを紹介します。

4-1.どんなケースがおすすめか?

「遺品の量が多い」「部屋数がたくさんあって作業が終わらない」「遠方に住んでいるため作業できない」という方に、遺品整理業者への依頼がおすすめです。遺品整理の実績がある業者ほど、迅速かつ丁寧な作業をしてくれます。自分の状況や遺品の量などを見極めた上で、業者に依頼すべきか判断してください。

4-2.主な流れ

遺品整理を業者へ依頼し作業が終わるまでの大まかな流れを以下にピックアップしてみました。

  1. 電話またはホームページのフォームから問い合わせする
  2. 整理作業をする部屋をスタッフが確認し、見積書を確認する
  3. 見積書に納得したら契約を交わし、希望日時を決める
  4. 見積時に作成したヒアリングシートをもとに、遺品整理を行う
  5. 整理作業中に契約書・現金・通帳・貴金属など貴重品が見つかった場合は、別途仕分けられる
  6. 要らないものの搬出作業を終えた後、クリーニング作業を行う
  7. 作業完了後、部屋の確認を行い終了

上記の流れはあくまで一例なので、具体的な流れやプラン内容は業者によって異なります。依頼前に、具体的な流れを必ず確認しておきましょう。分からないところがあれば、すぐにその場で尋ねてください。

4-3.業者選びのポイント

遺品整理を業者へ依頼する家庭が増えてきており、年々業者の数も増加しています。その中には不正を働く悪徳業者も存在しているため、業者選びは慎重に行わなければなりません。以下に、最低限押さえておきたい業者選びのポイントをピックアップしたのでぜひチェックしてください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 遺品整理の実績がある
  • 不用品の回収だけでなく買取も行っている
  • 資材を無料提供している
  • 料金システムが明確になっている
  • 作業の内容や見積書を細かく説明してくれる
  • 低費用かつ高品質なサービスが受けられる
  • 遺品整理士が在籍している
  • 古物商許可や産業廃棄物収集運搬許可を取得している

生前・遺品整理を行っている「ファンデックス」では、さまざまなジャンルの遺品買取にも対応しています。要望に合わせた最適・最安プランをご提案しておりますので、ぜひ1度ご相談ください。

4-4.料金、期間、注意点は?

気になる遺品整理業者へ依頼する際の費用は、部屋の広さや作業員数などで異なります。参考として、「ファンデックス」のサービス料金一覧を以下にピックアップしました。

  • 1K(従業員人数2名):34,800円~
  • 1DK(従業員人数2名):59,800円~
  • 1LDK(従業員人数3名):79,800円~
  • 2DK(従業員人数3名):119,800円~
  • 2LDK(従業員人数4名):149,800円~
  • 3DK(従業員人数5名):179,800円~
  • 3LDK(従業員人数5名):199,800円~

具体的な料金については、無料見積もりを利用してください。

5.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.遺品整理のスケジュールの立て方は?
A.スケジュールを立てる前に、まずは下見で現状を確認してください。何回に分けて片付ける必要があるか、1回にどの程度の範囲を整理すべきか大まかな計画を立てましょう。そして、日時・参加人数・片付けの範囲とそれぞれの役割分担など方針を決めておきます。遺品整理を行う日は一気に整理するのではなく、1回の片付けを5~6時間に設定するのがポイントです。数日かけて行うなら、近くのホテルなど宿泊先も確保しておきましょう。

Q.遺品整理を始める前に決めておくべきことは?
A.故人が使用していたもののなから、どんなものを「遺品」として残すのか判断基準を決めておかなければなりません。手元に残しておきたい思い出の品は、人によってバラバラです。後でトラブルにならないためにも、家族・親族で何を残したいのか統一しておきましょう。業者に依頼する際も、どんなものを残してほしいのか、具体的に作業員へ伝えることが大切です。

Q.仏具の処分方法が分からない……
A.位牌(いはい)や仏壇などの仏具は、供養してから処分しなければなりません。供養はお世話になっているお寺または仏具店に依頼できます。遺品整理業者に依頼する際は、仏具の供養と処分を行っているところに頼むと良いでしょう。「ファンデックス」では仏具の供養と処分を同時に行っているので、安心してご利用いただけます。

Q.業者への依頼費用を抑えるコツは?
A.不用品の処分だけでなく買取サービスを利用することです。不用品の中には、価値のあるものや再販できるものもあるので、積極的に買い取ってもらいましょう。買取対象の不用品が多いほど、処分費用を抑えることができます。また、複数の業者を比較するのもコツの1つです。サービス内容はもちろんのこと、費用を比較することで低費用で済ませられる業者が見つかります。

Q.作業風景を見ることはできるのか?
A.業者によって異なりますが、「ファンデックス」では作業風景をリアルタイムで見ることができます。遺品整理を行う部屋にWEBカメラを設置し、専用のスマホで作業風景をモニタリングする仕組みです。遠方にいる方でもWEBカメラで作業風景が見られるため、安心して依頼できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理は故人に対する想いを整理する意味でも大切な作業となります。衣類・アクセサリー類・思い出のアルバムなど、遺品になるものはさまざまです。中には、遺族で形見分けの対象となるものもあるでしょう。遺品整理をする前にきちんと親族へ伝えておかなければ、後でトラブルに発展することもあるので注意しなければなりません。遺品の量が多く自分で片付けられないときは、業者へ依頼するのも方法の1つです。遺品整理の心構えとポイントをつかみ、上手に整理してください。