遺品整理で故人が入っていた保険が分かる? 調査方法や必要な手続きは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

故人が入っていた保険が分からず、請求ができなくて困っている。こんな悩みを抱えている人は意外と多いのです。遺族のために残した保険なのに、遺族にそのありかが分からなければ意味はありません。また、近年は自分の葬儀料金や遺品整理を行うためのお金を積み立てる保険も登場し、注目を集めています。

そこで、今回は故人のかけていた保険を調べる方法や手続きの仕方、遺品整理に関する保険について解説しましょう。

  1. 遺品整理と故人の保険について
  2. 故人がどのような保険に入っていたか調べる方法
  3. 遺品整理時の保険の手続きについて
  4. 遺品整理に関する保険について
  5. 遺品整理の保険に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、いざというときに慌てることはありません。ぜひ参考にしてください。


1.遺品整理と故人の保険について

保険とは、いざというときに備えて加入者が保険料としてお金を出し合う相互扶助の精神に基づいた制度です。国が行っている年金や健康保険も保険の一種になります。また、民間業者(保険会社)からもたくさんの保険が販売されていますから、全く保険に入っていない、という人はほとんどいないでしょう。
さて、民間の保険には契約者が死亡した場合、遺族に保険金が支払われる生命保険があります。契約者が死亡した後に支払われるので、支払いに手続きは遺族が行わなければなりません。しかし、故人がどのような保険に入っていたか分からない場合、遺族は必要な手続きを行うことができず、せっかくの保険金がむだになってしまうこともあります。
そのため、「故人がどのような保険に入っていたか知りたい」という理由で、遺品整理を急ぐことは決して珍しいことではないのです。

2.故人がどのような保険に入っていたか調べる方法

この項では、故人が加入していた保険を調べる方法を解説します。どのような方法があるのでしょうか?

2-1.各種書類を探し、通帳を確認する

保険に加入した場合、保険会社から「保険証書」が郵送されます。大切な書類ですから、貴重品などが保管されている場所を重点的に探してみましょう。また、毎年保険会社から「生命保険料控除証明書」が送られてきます。これは、年末調整の際に必要となる書類です。保険証書がなくても控除証明書があれば、どのような保険に加入しているか分かるでしょう。
いくら探しても一切書類が出てこないという場合は、通帳を確認してみてください。保険料が引き落とされている場合は記載があるはずです。

2-2.勤めていた会社に連絡する

会社ぐるみで団体保険に加入していた場合、給与から保険料が天引きされています。ですから、会社に連絡すれば加入している保険が分かるでしょう。団体保険に加入しているはずなのに書類が見つからないという場合は、会社に問い合わせてみてください。

2-3.保険会社からの粗品をチェックする

保険会社からの書類もない、通帳も見つからない(記載がない)という場合は、保険会社からの粗品をチェックしましょう。保険会社は契約者に折に触れて粗品を送ります。保険会社の名前が入ったカレンダーやティッシュなどがある場合は、そこの保険に加入している可能性が高いでしょう。

2-4.問い合わせ方

保険会社に問い合わせる場合は、契約者の死亡診断書や戸籍抄本、契約者と問い合わせる人の関係が分かる書類(住民票など)が必要になります。まずは電話で問い合わせて、後日、必要な書類をもって再度窓口へ問い合わせを行ってください。

3.遺品整理時の保険の手続きについて

故人が加入している保険が分かったら、払い戻しなどの手続きを行います。この際、必要な書類は以下のようなものです。

  • 死亡診断書
  • 保険に加入していた人の戸籍抄本
  • 受取人の本人確認ができる書類(免許証など)
  • 受取人の住民票
  • 保険証書

これ以外にも必要な書類が発生する場合があります。分からないことは、保険会社にそのつど聞きましょう。また、生命保険は手続きを行わない限り支払われません。諸事情あり、どうしても受取人が手続きをするのが難しい場合は、遺品整理業務を行っている行政書士や、司法書士の事務所に相談しましょう。手続きの代行をしてくれます。なお、代理人による手続きの場合は保険会社によって必要な書類が異なるので、必ず確認しましょう。

4.遺品整理に関する保険について

この項では、遺品整理に関する保険を紹介します。どのような保険があるのでしょうか?

4-1.遺品整理にかかるお金

現在、遺品整理に悩む人が増えています。現在はものが豊富になり、たくさんの遺品がある人も珍しくありません。「形見分けをすればよい」という意見もありますが、家具や家電など、形見分けできない、もしくは誰も欲しがらないものもたくさんあります。また、今は不用品を捨てるのにもお金がかかる時代です。大型家具や家電などをすべて処分したら、高額な費用がかかったという例もたくさんあります。

4-2.遺品整理に関する保険とは?

遺品整理に関する保険とは、遺品整理の費用に充てることを目的とした保険です。高齢でも持病があっても入れる商品も多く、高齢者がお守り代わりに加入することもあります。「遺品整理 保険」で検索すると商品がヒットするので、まずは各種商品を比較してみましょう。また、今まで加入していた生命保険に、付帯サービスとして遺品整理のための保険をつけることができる商品もあります。

4-3.保険に加入するメリット

遺品整理を業者に依頼すると、30万~120万円の費用がかかるといわれています。そのためのお金を貯金しておくという人もいますが、「なかなか貯金ができない」という人もいるでしょう。保険に入れば、月々一定額が自動で引き落とされますから、無理なく遺品整理に必要な費用を積み立てることができます。保険料も生命保険などに比べれば少額です。
また、遺族とはいえ自分の持ちものを勝手に見られたくないという人もいるでしょう。そのような人も、「このお金でプロに遺品整理を頼んでほしい」と遺言しておけば、プライバシーは確保できます。

5.遺品整理の保険に関するよくある質問

Q.遺品整理業者に遺品整理を依頼するメリットはなんですか?
A.業者に依頼すれば、短時間で遺品をすべてきれいに整理してもらえます。供養を引き受けてくれる業者もいるので、遺族の心理的な負担も軽くなるでしょう。また、手続きに関する相談に乗ってくれる業者もあります。

Q.遺族がほとんどいないのですが、保険に入っておけば死後業者に遺品整理を依頼することができるでしょうか?
A.遺族がいない場合は、生前に遺品整理業者と契約をしておくことがおすすめです。保険支払いの手続き代行を遺品整理業者に依頼し、書類をそろえておけば、もしものときはスムーズに作業を行ってくれるでしょう。

Q.保険会社は、契約者が死亡したときに「このような保険に入っていました」という通知はしてくれないのですか?
A.はい。保険会社がそのような通知をすることはありません。

Q.遺産相続を放棄した場合、生命保険も受け取れないのでしょうか?
A.生命保険の受取人になっている場合は、受取人個人の財産になります。ですから、相続を放棄しても生命保険は関係ありません。受け取れます。

Q.生命保険を受取人がスムーズに受け取れるようにするには、どうしたらいいですか?
A.自分が加入している生命保険を受取人に説明し、書類は分かりやすいところにまとめておきましょう。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は遺品整理と保険についていろいろと解説しました。故人と家族の意思疎通がしっかりと行われていないと、保険に入っていたのに遺族が気がつかなかったということになります。ですから、ある程度の年齢になったら、家族に自分の財産や借金・加入している保険についてしっかりと説明しておきましょう。