遺品整理で故人が入っていた保険が分かる? 調査方法や必要な手続きは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

故人が入っていた保険が分からず、請求ができなくて困っている。こんな悩みを抱えている人は意外と多いのです。遺族のために残した保険なのに、遺族にそのありかが分からなければ意味はありません。また、近年は自分の葬儀料金や遺品整理を行うためのお金を積み立てる保険も登場し、注目を集めています。

そこで、今回は故人のかけていた保険を調べる方法や手続きの仕方、遺品整理に関する保険について解説しましょう。

  1. 遺品整理と故人の保険について
  2. 故人がどのような保険に入っていたか調べる方法
  3. 遺品整理時の保険の手続きについて
  4. 遺品整理に関する保険について
  5. 遺品整理の保険に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、いざというときに慌てることはありません。ぜひ参考にしてください。


1.遺品整理と故人の保険について

保険とは、いざというときに備えて加入者が保険料としてお金を出し合う相互扶助の精神に基づいた制度です。国が行っている年金や健康保険も保険の一種になります。また、民間業者(保険会社)からもたくさんの保険が販売されていますから、全く保険に入っていない、という人はほとんどいないでしょう。
さて、民間の保険には契約者が死亡した場合、遺族に保険金が支払われる生命保険があります。契約者が死亡した後に支払われるので、支払いに手続きは遺族が行わなければなりません。しかし、故人がどのような保険に入っていたか分からない場合、遺族は必要な手続きを行うことができず、せっかくの保険金がむだになってしまうこともあります。
そのため、「故人がどのような保険に入っていたか知りたい」という理由で、遺品整理を急ぐことは決して珍しいことではないのです。