遺品整理で困る物はどんなもの?正しい遺品の片付け・処分方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

故人のお葬式が終わったら、遺族は遺品整理を行わなければなりません。遺品は故人の思い出がたくさん詰まった物ですが、中には処分に困る物もあります。

今回は、残された家族にとって困る遺品の処分方法をご紹介しましょう。

  1. 遺品整理と生前整理
  2. 遺品で残されると困る物は?
  3. 残されて困る遺品の片付け方
  4. 遺品の処分方法

1.遺品整理と生前整理

1-1.遺品整理とは?

遺品とは、故人が生前に使用していた衣類・家具・日用品などすべての品物を指します。遺品はただの「物」ではなく、故人が生きてきた証しともいえるでしょう。そのために、残された遺族は心を込めて片付けたいものです。

しかしながら、遺品整理とは、単純に遺品をまとめて片付けたり処分したりするだけではありません。金銭的な価値が高い物などは、遺言があればそのとおりに分け、遺言がなければ遺族で話し合って形見分けをする必要があります。

けれど、亡くなってすぐの状況では、葬儀や告別式などの準備があるので遺品を整理している時間はないでしょう。一般的には、遺品整理は四十九日までに済ませ法要のときに形見分けをするケースが多いようです。

ただし、故人が賃貸しのマンション・アパートで暮らしていた場合は、速やかに管理者に明け渡す必要があります。できるだけ早く行うようにしてください。

1-2.生前整理で不用品を処分

遺品整理は、遺族にとっては、悲しみの中で行わなければならないつらい作業です。また、残す物と処分する物に分けるのも、なかなか難しいでしょう。そこで、最近では自分が死んだ後に家族が困らないように、残してほしい物と処分してほしい物に分ける「生前整理」を行う人も増えてきました。今までの人生の中でため込んできた不用品を、思いきって処分するのです。本当に大切な物だけを残したほうが、すっきりとした老後を過ごせるでしょう。

生前整理をしておけば、遺品整理もスムーズに進みやすいんですね。
はい。現在は終活の一環として生前整理を行う人が増えています。

2.遺品で残されると困る物は?

遺品は故人の生きた証しとなる物なので、不用品を処分するような気分で片付けるのは難しいものです。明らかにゴミや不用品と分かる物以外は、捨てるべきなのか残すべきなのか迷うことも多いでしょう。故人と同じ家で長年一緒に暮らしていた場合は、大切な物と捨てていい物の区別は付きやすいものです。

しかしながら、ずっと離れて暮らしていた場合は仕分けに悩んでしまいますよね。遺族が残されて困る遺品とは、どのような物があるのでしょうか。

2-1.写真やアルバム

遺品整理のときに困った…という声を多く聞くのが、写真とアルバムです。特に、高齢者の場合は、生きてきた年月が長いために数多くの写真を残しています。写真やアルバムは、自分の物であっても捨てづらいものです。ましてや、故人の物はたくさんの思い出が詰まっています。どうしたらいいのかと、取捨選択に頭を悩ます人がほとんどです。

2-2.寝具

故人が使用していた寝具も、困る遺品に挙げられます。布団や枕などは、かさばるので処分に困る人が多いようです。

また、故人が長期間寝込んでいた場合は、再利用するのも抵抗感があります。来客用や未使用の物以外は、捨ててもいいのか、捨てるのは失礼かなどと悩む人が多いのです。

2-3.書籍

愛読家は、たくさんの書籍を所有しています。家族が読書好きなら、そのまま残しても問題はありません。しかしながら、家族が本を読まない人たちだと、どう処分していいのか迷うでしょう。ひと部屋まるごと本で埋もれているような場合は、生前整理で冊数を減らすことをおすすめします。

2-4.趣味の道具やコレクション

趣味の道具やコレクションも、処分に困る遺品です。家族や親戚に同じ嗜好(しこう)の人がいるのであれば、そのまま譲れるので問題はありません。しかしながら、引き取り手がない場合は、どんなにレアな物でも、片付けるほうにしてみればただの不用品です。趣味で集めた物は、興味のない人にとっては価値が分かりません。生前整理のときに、処分を考えたほうがよいでしょう。

2-5.衣類

洋服は、高価な素材の物やブランド物の場合は再利用できるでしょう。けれども、古ぼけた洋服や傷みやシミのある洋服は残されても困ってしまうだけです。

思い出の品や引き取り手がないものは残されても困ることが多いんですね。
はい。できるだけ生前整理で処分しておくことがおすすめです。

3.残されて困る遺品の片付け方法

自分が死んだ後に、残された家族に迷惑をかけないためにも、時間のあるときに生前整理を行っておきたいものです。

前項でご紹介した「残されて困る遺品ワースト5」の片付け方をご紹介しましょう。

3-1.写真やアルバムの片付け

写真やアルバムなどは、たとえ家族でも、捨てたり処分したりしづらいものです。そこで、生前整理で、過去の写真やアルバムの見直しをしましょう。大切な思い出がある写真だけを残し、後は思いきって処分してください。

もし、どうしても捨てきれない場合は、紙焼き写真をスキャニングしてデータにするサービスなどもあります。データなら、コンパクトに保存できるので利用してみてはいかがでしょうか。

3-2.寝具

古い寝具や汚れの付いた寝具は、使用している本人にとっては気にならなくても、他の人にとってはちょっと気持ちが悪いものです。さらに、寝具は重いしかさばるので片付けるのも大変でしょう。生前整理をするときには、長年使用した古い物は処分してください。寝具は、リーズナブルで軽量の製品がたくさん出ています。生前整理をきっかけに、古い寝具をすべて買い替えるのもおすすめです。

3-3.書籍

どうしても書棚に置いておきたい書籍以外は、古本買い取りサービスに売却しましょう。地域の図書館や福祉施設、病院なども読み終わった書籍を求めていることが多いようです。まとめて寄付するのもいいでしょう。

3-4.趣味の道具やコレクション

時間のあるときに、自分で集めたコレクションや道具を見直し、不用な物は同じ趣味の人に譲ってはいかがでしょう。また、高価な物なら売却するのもおすすめです。

3-5.衣類

1〜2年袖を通していない洋服は、処分しましょう。使用していないシューズやバッグなどの服飾小物も同様です。衣類を整理すると、クローゼットやたんすの引き出しなどのスペースが空いて収納もしやすくなります。

思い出の品以外は、処分する方法が最適というケースが多いんですね。
はい。ですから、同好の士に譲りたい場合は、生前に譲り先を決めておきましょう。

4.遺品の処分方法

自分がこの世から去った後は、できるだけ家族に迷惑をかけたくありません。そこで、身体の動くうちに、身の回りの物を整理するのが生前整理です。生前整理をするときには、家族にあてて「生前整理ノート」(エンディングノート)を書いておきましょう。

通常、生前整理ノートには、通帳・印鑑・生命保険・証券などの大切な財産や、葬儀やお墓についての希望などを書くものです。

さらに、自分が亡くなった後、どの方法で遺品を処分してほしいかを事前に伝えておくと、家族も迷わないで済むでしょう。遺品の処分方法には、以下の4とおりの段階があります。

4-1.形見分けをする

遺品の中でも思い出深い物、価値のある物は親族で形見分けをします。金銭的に高価な遺品は、形見分けでもめないように、事前に遺言書を書いておきましょう。

4-2.リサイクルショップに売る

まだ使用できる家具や家電、日用品はゴミとして処分するのはもったいないものです。そこで、リサイクルショップに売却するという処分方法もあります。ただし、近くにリサイクルショップがない、運ぶ車や人出がない場合は大変です。荷物の引き取りや搬送・運搬を行ってくれるショップのほうがいいでしょう。

4-3.残りは自治体のゴミで処分

形見分け後、売れる物は売却して、さらに残った物は自治体のゴミで処分する必要があります。中には、粗大ゴミとして回収に出す物も多いでしょう。粗大ゴミや出し方やルールが細かく決まっているので、役所に問い合わせをして確認してください。

4-4.遺品整理の専門業者に依頼する

不用品の買い取り&回収業者の中には、遺品整理を行っている業者もあります。時間がなくて遺品整理が進まない、借家なのですぐ片付けなければならないなど、さまざまな理由でお悩みの人はプロに遺品整理を依頼するのもおすすめです。荷物が多く、遺族だけでは処分しきれない場合も、整理から搬出まですべてお任せできます。

ハウスクリーニングも行う業者なら、遺品整理と部屋の明け渡しの両方を済ませられるでしょう。依頼するときは、事前に見積もりを出してくれる業者を選んでください。

専門業者に遺品整理を依頼する方法もあるんですね。
はい。時間がない場合や遺品の量が膨大で個人では片付けきれないときなどにおすすめです。

まとめ

自分にもしものことがあったとき、遺品整理をする遺族のためにも、できるだけ迷惑をかけないようにしたいものですよね。そのために、最近では人生の断捨離を兼ねて生前整理をする人も多くなっています。

そこで、ここでは生前整理を計画している人にむけて、以下のような情報をご紹介しました。

  1. 遺品整理と生前整理
  2. 遺品で残されると困る物は?
  3. 残されて困る遺品の片付け方
  4. 遺品の処分方法

以上のことをふまえて、上手に遺品整理を行ってくださいね。