遺品整理で家族が困る前に! 生前整理で分けておきたい物

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

故人が亡くなると行われる遺品整理。その順番は誰にでもやってきます。そこで、知っておきたいのが遺品整理にて困るもの。
家族のためを思って残したものが思わぬ火種となることは多いです。そこで、生前整理にて家族に残して大丈夫なものを確認しておきましょう。
この記事では、遺品整理で困るものと生前整理の方法についてまとめました。

  1. 遺品で残ると困るもの
  2. 生前整理とは
  3. 生前整理における片付け方
  4. 遺品整理を業者に手伝ってもらう
  5. まとめ

1.遺品で残ると困るもの

遺品整理をするとき、遺族の人が捨てるのにためらうものがあります。生前整理するときは、遺族が困らないように整理しておきましょう。

1-1.写真

個人的に撮った写真があれば処分しておきます。また、家族に混乱を与えるものがあれば処分しておきましょう。
ですが、家族みんなで撮ったものは勝手に捨てないようにします。

1-2.布団

古くて使っていない布団があれば処分しておきましょう。捨てる機会が無くて押し入れなどに入れっぱなしのものは率先して捨てます。
布団は処分するとき、かさばるので非常に邪魔です。体力があるとき、自分で処分しておくことをおすすめします。

1-3.本・書籍

自分で買い集めた書籍などは量を減らしておきましょう。書籍もまとまると重たいので処分時に負担となります。
また、書籍は処分の判断を迷わすアイテムのひとつ。事前に処分するようにしましょう。

1-4.自分の集めていたコレクション

模型・骨とう品など自分の趣味で集めているものは、できるだけ数を減らしていきましょう。遺族には価値の分からないものが多いです。
また、価値あるものを所有しているなら分けておきましょう。遺族が間違って捨てるともったいないですよ。

1-5.衣類

着ない・汚れている・ボロボロになっている服は捨てましょう。衣服も大量にあるとかさばります。事前に整理しておきましょう。
また、着物など捨てづらいものがあるかと思います。その場合、自分の子どもに譲る・施設に寄付という選択があるのを知っておきましょう。

2.生前整理とは

「生前整理」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
自分がいなくなる前に身の回りのものを整理することを言います。特に、遺品整理で家族が分かりやすく分配できるようにするのが目的です。そのため、自分のためよりは家族のためにすると思いましょう。
そんな生前整理のやり方をまとめてみました。

2-1.老いる前にやっておく重要性


体力がないと重たいものを運べません。1日に整理できる時間も限られてくるでしょう。
また、年齢を重ねるとものに対する執着心が強くなります。そのため、本来なら捨てるべきものを捨てることができません。整理するつもりが反対に増えることもあります。さらに、判断力が無くなると貴重品などを捨てる可能性が高いので注意しましょう。
そのため、生前に整理する重要性が高まっています。

2-2.生前整理で扱うもの

生前整理では、家族に迷惑を掛けないように物品の整理をしましょう。押し入れや倉庫などものを詰め込んでいる場所から整理します。
ものだけでなく家・土地など財産にかんする書類も整理対象です。さらに、財産整理と同時に遺書を作成するのがおすすめ。整理しながら書いておくと手間が掛かりません。
また、自分の趣味でコレクションしているものがあれば整理しておきましょう。ただの骨とう品だと思っていたものが資産のひとつになることがあります。このとき、しっかりと処分方法や財産の分け方を決めておきましょう。

3.生前整理における片付け方

生前整理にて分けるべきものは把握できたでしょうか。では、実際にどのような手順で整理すればいいのかチェックしておきましょう。

3-1.ものの数を減らしていく

まず、ものが大量にあれば減らすことを心がけましょう。押し入れ・クローゼット・倉庫などものを入れてある場所から引っ張り出します。
整理するとき、まずは「使えるもの」と「使わないもの」で分けていきましょう。使うものは押し入れなどに収納して大丈夫です。使わないものや判断できないものは、とりあえず段ボールなどに入れておきます。時間ができたときに整理し直したので大丈夫です。

3-2.財産を確認・整理する

整理する中で貴重品・財産となる資産が出てきます。財産となるものは、押し入れなどに入れず分けて保管しておきましょう。
また、ものだけでなく財産にかんする書類も分けていきます。家・土地などが主になってくるでしょう。
さらに、自営業の方は自分がいなくなった後のために分かりやすく整理しておきます。

3-3.遺言を書いておく

ものを整理して財産の把握をした後、その財産の分け方を遺言として残しましょう。財産の分け方は法律で決まっています。もし、遺言が無効となれば家族は困るのでしっかり残しておきましょう。
また、財産だけでなく死後の手続きや埋葬方法にこだわりがあれば残しておきます。

3-4.エンディングノートも検討する

最近では、財産整理だけでなく「エンディングノート」を書いてメッセージを残す人が多いです。配偶者や兄弟、子どもなどに大切なメッセージを残るのがエンディングノートの役目だと思いましょう。
このエンディングノートには、遺言と違って法的な力はありません。そのため、財産分配のことなどを書くのはNG。しかし、死後にやってほしい「願望」などがあればエンディングノートに残しておきましょう。

4.遺品整理を業者に手伝ってもらう

遺品整理しようと思っても量が多い上に重いものを整理できないこともあるでしょう。そこで、不用品回収業者に遺品整理を手伝ってもらうのをおすすめします。

4-1.作業がスムーズである

不用品回収業者はごみ回収のプロです。そのため、遺品整理の片付けに時間が掛かりません。故人が賃貸住まいで急ぐ場合は頼りになります。
また、仕事も丁寧です。ごみ分別も業者側で行ってくれると共に遺品となるものは残してくれます。

4-2.遠方でも対応してくれる

最近では、親と離れて暮らしている人が多いです。そのため、親が亡くなってもすぐ遺品整理できない人もいます。ですが、不用品回収業者に依頼すればすぐに対応してくるので安心です。対応エリアを確認して依頼しましょう。
しかし、遺品整理は基本的に立ち合いが原則。整理する中で処分か引き取りを判断するためです。無理な場合は、事前に業者と打ち合わせをしましょう。

4-3.見積もりサービスの充実

不用品回収業・遺品整理業は、少子高齢社会ということもあって需要が上がっています。そのため、各品目に対して細かい料金設定を決めているのです。また、一定量まで定額料金で引き取るサービスもあるので検討しましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?
この記事では遺品整理で困る品目を中心にご紹介しました。さいごに、遺品整理のポイントについてまとめましょう。

  • 事前に整理することで家族は困らない。
  • 写真・コレクション・書籍などは早めに処分する。
  • 生前整理で処分するものを決めておく。
  • 遺品整理で困ったときは業者に依頼する。

遺品整理が元で家族がばらばらになる。そんな場面は想像したくないですよね。自分の死によって家族が困らないようにしっかり整理しておきましょう。