遺品整理で家族が困る前に! 生前整理で分けておきたい物

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

故人が亡くなると行われる遺品整理。その順番は誰にでもやってきます。そこで、知っておきたいのが遺品整理にて困るもの。
家族のためを思って残したものが思わぬ火種となることは多いです。そこで、生前整理にて家族に残して大丈夫なものを確認しておきましょう。
この記事では、遺品整理で困るものと生前整理の方法についてまとめました。

  1. 遺品で残ると困るもの
  2. 生前整理とは
  3. 生前整理における片付け方
  4. 遺品整理を業者に手伝ってもらう
  5. まとめ

1.遺品で残ると困るもの

遺品整理をするとき、遺族の人が捨てるのにためらうものがあります。生前整理するときは、遺族が困らないように整理しておきましょう。

1-1.写真

個人的に撮った写真があれば処分しておきます。また、家族に混乱を与えるものがあれば処分しておきましょう。
ですが、家族みんなで撮ったものは勝手に捨てないようにします。

1-2.布団

古くて使っていない布団があれば処分しておきましょう。捨てる機会が無くて押し入れなどに入れっぱなしのものは率先して捨てます。
布団は処分するとき、かさばるので非常に邪魔です。体力があるとき、自分で処分しておくことをおすすめします。

1-3.本・書籍

自分で買い集めた書籍などは量を減らしておきましょう。書籍もまとまると重たいので処分時に負担となります。
また、書籍は処分の判断を迷わすアイテムのひとつ。事前に処分するようにしましょう。

1-4.自分の集めていたコレクション

模型・骨とう品など自分の趣味で集めているものは、できるだけ数を減らしていきましょう。遺族には価値の分からないものが多いです。
また、価値あるものを所有しているなら分けておきましょう。遺族が間違って捨てるともったいないですよ。

1-5.衣類

着ない・汚れている・ボロボロになっている服は捨てましょう。衣服も大量にあるとかさばります。事前に整理しておきましょう。
また、着物など捨てづらいものがあるかと思います。その場合、自分の子どもに譲る・施設に寄付という選択があるのを知っておきましょう。

12