遺品整理はいつから始めるべき? 業者に依頼するポイントと注意点

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

身内が亡くなったときに必ずやらなければならないのが「遺品整理」です。遺品の中には、貴金属・骨董品(こっとうひん)など相続税がかかるものも含まれています。相続税がかかるものは早めの手続きが必要なため、遺品整理も早めに行わなければなりません。また、タイミングによっては、後々、親族同士の争いにまで発展するおそれがあります。では、遺品整理をいつから始めたらよいのでしょうか。本記事では、遺品整理を始めるべきタイミングについて解説します。

  1. 遺品整理について
  2. 遺品整理はいつから始めるべきか
  3. 遺品整理の困りごと
  4. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理を行うベストタイミングやスムーズに終わらせるためのポイントが分かります。検討している方は、ぜひチェックしてください。


1.遺品整理について

まずは、遺品の基礎知識と、近年増えている需要や問題についてチェックしておきましょう。

1-1.遺品とは

故人が残したものすべてを「遺品」といいます。具体的に説明すると、日常生活に使っていた家財道具・アルバム等の思い出の品々・衣類などです。遺品の中には、故人が大切にしていたものや、後世に残しておきたいものもあるでしょう。遺品には、故人の想いも含まれていることを忘れずにいてくださいね。

1-2.遺品整理とは

遺品整理とは、故人が残したものを整理・処分することです。遺族にとって思い出深いものは形見として保管し、要らないものは処分しなければなりません。遺品整理をせずに放置すると、部屋の中がゴチャゴチャになり、不衛生になるでしょう。多くの遺品の中から、遺族にとって必要なものと要らないものを仕分けることが、遺品整理の目的でもあるのです。そのため、遺品整理をするときは、「残しておきたいもの」「価値あるもの」「要らないもの」と、区別しながら整理してください。

1-3.近年増えている遺品整理の需要・問題について

近年は、故人の遺品整理を親族が行わずに、遺品整理業者に依頼するケースが増えています。気持ち的に処分できなかったり、自分たちで整理をするにはものが多すぎたりするなどの理由で、業者に依頼するケースです。また、問題視されている理由として、「孤独死」の問題が出ています。少子高齢化・独身者の増加によって、家族がいない人の孤独死が増え、遺品整理業者に依頼せざるをえないケースが増えているのです。孤独死が増加するほど、遺品整理業者の需要も高まるでしょう。

2.遺品整理はいつから始めるべきか

遺品整理を始めるタイミングはとても重要です。では、一体いつから遺品整理を始めればよいのでしょうか。

2-1.一般的なタイミングとは?

一般的なタイミングとしては、親族同士が集まりやすい「49日」がベストだといわれています。通夜や葬儀はバタバタしているため、親族が集まっても遺品整理をする時間がありません。気持ちも落ち着く49日なら、時間に余裕をもって遺品整理を行うことができます。ただし、状況によっては、49日よりも早めに遺品整理を行わなければならないこともあるので要注意です。

2-2.早めに行うべき場合

賃貸物件の場合は、遺品整理をできるだけ早めに行わなければなりません。なぜなら、遺品整理を終わらせなければ部屋を引き払うことができず、家賃を支払う必要があるからです。実際に、住んでいる人がいないのに家賃を支払いたくありませんよね。また、オーナーや管理会社も、早めに次の住人を探したい気持ちがあります。「早く遺品整理をしてください」と要求される可能性もあるため、トラブルにならないためにも早めに行うことが大切です。

2-3.気持ちに合わせて行う場合

一般的な遺品整理のタイミングは49日ですが、気持ちに合わせて行うのも選択肢の1つです。大切な人が亡くなると、なかなか気持ちの整理ができず、遺品整理にも手をつけることができないと思います。遺品整理業者に依頼する方の中には、気持ち的に故人の持ち物が処分できないという理由もあるのです。ずっと気持ちの整理ができない状況はよくありませんが、しっかり向き合い、整理ができた時点で遺品を片付けるのもポイントでしょう。

2-4.相続・形見分けの時期は?

遺品の中から故人の愛用品を選び、大切にしてくれる方へ分けることを「形見分け」といいます。貴金属などの高価な品は、相続税のかかる「財産」になるため、気軽な品だけを形見分けするのが一般的です。相続・形見分けの時期は、遺品整理と同じく「49日」が最適といわれています。親族と一緒に形見分けを行うには、49日を目安に考えましょう。キリスト教の場合は故人の死から1か月後に行う「追悼ミサ」、神式の場合は故人の死後「五十日祭り」の区切り以降がおすすめです。

2-5.注意点

遺品整理・形見分けで注意してほしいのが、親族同士のトラブルです。遺品整理を親族に伝えず勝手に行った結果、親族同士でトラブルになり不仲になったというケースが増えています。遺品の中には、貴金属などの価値あるものも含まれているため、勝手に形見分けをするとほかの遺族が納得しません。遺品整理と形見分けを行う前に、親族へいつ行うのか伝えることが大切です。具体的に日にちが決まっていない場合は、親族に相談するとよいでしょう。絶対に1人で実行しないようにしてくださいね。

3.遺品整理の困りごと

遺品整理においてどんな困りごとがあるのか、事前に把握しておけばスムーズに終わらせることができます。また、遺族を困らせないための生前整理と、遺品整理をプロに頼むべき場合について説明しましょう。

3-1.よくある困りごとについて

遺品整理でよくある困りごとといえば、遺品の多さです。想像以上に、故人の残したものが多いと、遺品整理に時間と手間がかかります。遠方に住んでいる方は休日を割いて時間をつくり、交通費もかかることになるでしょう。
また、仕事が忙しくて時間がない・人手がないという状況もよくある困りごとの1つです。親族同士で力を合わせれば1日で終わる量だとしても、人手が集まらなければ意味がありません。協力者が集まらず、遺品整理が始められないという場合は、業者への依頼をおすすめします。

3-2.生前整理の重要性

生きているうちに家具・資産など、身のまわりのものを片付けておくことを「生前整理」といいます。生前整理の大きな目的は、自分がいなくなった後の家族に負担をかけないことです。生きているうちに身のまわりにあるものを整理整頓しておけば、遺品も少なくなります。遺品の量が多いほど、家族に負担がかかるので要注意です。生前整理の具体的な方法は、以下のとおりとなります。

  • 遺産相続に対する遺言書の作成
  • 財産目録の作成
  • 断捨離での遺品整理
  • 住宅関連の整理・賃貸住宅・持ち家の生前整理

3-3.遺品整理をプロに頼むべき場合

自分たちで遺品整理ができない・遺品の量が多い・遠方に住んでいる場合は、プロの遺品整理業者に依頼したほうがよいでしょう。ここでは、遺品整理業者の方法・メリット・注意点を説明します。

3-3-1.方法

遺品整理業者は、遺品整理(仕分けと処分)を代わりに行います。最初に、依頼者の要望を聞き、残したいものと要らないものの区別をした上で作業をすることになるでしょう。故人が遺した家財・日用品などを丁寧に仕分け・整理を行い、不用品の処分も請け負います。賃貸物件が汚れていたり、においがついていたりする場合は、特殊清掃などのハウスクリーニングを依頼することも可能です。業者によって、方法・サービス内容が異なるので事前に確認しておきましょう。

3-3-2.メリット

専門業者に依頼する大きなメリットは、手早く遺品整理ができることです。遺品整理は精神面・体力面でも負担を強いられる作業でしょう。遺族の中に若い人がおらず、年配の方だけで作業しなければならないこともあります。そのため、転んでケガをしたり、落ちて頭を打ったりするなどケガをするおそれもあるのです。業者に依頼すれば、スムーズに作業ができるだけでなく、負担をかけずに済みます。

3-3-3.注意点

「後で追加料金を請求された」「残したい遺品が勝手に捨てられた」など、業者との間でトラブルが起きています。すべての業者が丁寧な作業を行ってくれるわけではありません。中には、依頼者の要望に合わせた作業を行わずに高額な費用を請求する悪徳業者も存在しています。悪徳業者と優良業者を見極めるためには、以下のポイントをチェックしておきましょう。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 不用品の高価買い取りも行っている
  • 料金システムが明確
  • 資材を無料提供している
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけている
  • 作業風景を公開している

生前・遺品整理を行っている「ファンデックス」は、オーダーメイド型の家財整理サービスです。必要なサービスだけ選ぶことができるため、依頼者に最適・最安プランが提案できます。遺品整理を検討している方は、ぜひ1度ご相談ください。

4.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.遺品整理を行う前に確認すべきこととは?
A.故人が遺言書を遺していないかどうか確認してください。遺言書に形見分けの具体的な指示が記載されている可能性があります。有効な遺言書であれば、記載されているとおりにすすめることが大切です。また、遺言書を見つけた場合は、開封してはいけません。開封前に、裁判所へ持っていかなくてはならないと法律で決められているので注意してくださいね。

Q.デジタル遺品処理とは?
A.故人が遺したものの中には、スマートフォン・携帯電話・パソコンなどのデジタル遺品もあります。デジタルの場合は、内部に含まれているデータを完全消去しなければなりません。きちんと消去せずに処分すれば、個人情報の流出・悪用につながります。自分での消去が不安な方や分からない方は、業者に依頼してください。業者は、論理的消去機・物理的破壊機などを使用して、データを完全消去します。

Q.贈与税・遺産分割について知りたい
A.高額な遺品は贈与税の対象となります。受け取る額が1年に11万円より多い場合は贈与税の対象となるため、形見分けでは高価な品を贈らないようにしてください。また、遺品整理・形見分けを行う場合は、遺産分割も知る必要があります。故人の形見も遺産として捉えられるため、遺産分割前に勝手に手をつけてはいけません。遺産分割を行った後に、形見分けをしましょう。

Q.遺品整理業者への依頼にかかる大まかな費用とは?
A.遺品整理にかかる費用は、部屋の広さ・作業員人数・業者などによって異なります。参考として、「ファンデックス」の費用を以下にピックアップしてみました。

  • 1K(作業員人数2名):34,800円~
  • 1DK(作業員人数2名):59,800円~
  • 1LDK(作業員人数3名):79,800円~
  • 2DK(作業員人数3名):119,800円~
  • 2LDK(作業員人数4名):149,800円~
  • 3DK(作業員人数5名):179,800円~
  • 3LDK(作業員人数5名):199,800円~
  • 4DK(作業員人数6名):229,800円~
  • 4LDK(作業員人数6名):259,800円~

Q.供養が必要な遺品はどうすべきか?
A.仏壇・位牌(いはい)などの遺品は、きちんと供養をしてから処分しなければなりません。自分で処分する際は、お寺などで供養してもらう方法がありますが、業者の中には遺品供養サービスを実施しているところがあります。業者へ依頼する方は、遺品供養サービスを利用するのも選択肢の1つです。遺品整理と同時に依頼すれば、時間と手間がかかりません。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理を行うべきタイミングは、「49日」が目安といわれています。通夜と葬儀は気持ちの整理ができずにバタバタしているので難しいでしょう。49日であれば、時間に余裕ができるため、気持ちの整理ができ、親族同士でゆっくり遺品整理を行うことができます。ただし、遺品の量が多い・遠方に住んでいるなど、自分たちで遺品整理ができないケースもあるでしょう。そんなときは、遺品整理のプロである業者へ依頼してください。丁寧な作業を行っている業者なら、安心して任せることができるでしょう。