遺品整理でやりがちな失敗は? スムーズに作業を進めるコツを解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品整理でよくある失敗を把握しておくと、スムーズに作業を進めるポイントが分かります。何も知らないまま遺品整理を始める方の多くは、価値が分からずに遺品を処分してしまったり、賃貸の退去に間に合わなくなったりしてしまうものです。特に、近年は、遺品整理業者との間でトラブルが相次いでいます。

では、どうすれば失敗せずに遺品整理を進めることができるのでしょうか。本記事では、遺品整理でやりがちな失敗について解説します。

  1. 遺品整理でやりがちな失敗は?
  2. 遺品整理の失敗を防ぐためにできること
  3. 遺品整理の失敗を避けるための業者選び
  4. 遺品整理の失敗に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理を成功へ導くポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。


1.遺品整理でやりがちな失敗は?

まずは、遺品整理でやりがちな失敗例をいくつか紹介します。事前に、失敗例を把握しておくことで、失敗を未然に防ぎ、スムーズに遺品を片付けることができるでしょう。

1-1.形見分けで親族ともめる

遺品整理は、形見分けという大切な作業も含まれています。そこで、よくやりがちな失敗が形見分けで親族とトラブルになってしまうことです。基本的に、遺品整理は親族と助け合いながら行いますが、親族に伝えず勝手に形見分けをしてしまうと親族とトラブルになってしまいます。特に、アクセサリー・宝石・着物類など価値があるものは、慎重に形見分けしなければなりません。

1-2.価値が分からず処分してしまう

「早く遺品整理をしなければならないから」という理由で、部屋にあるものをすべて処分してしまい、後悔することになったという失敗例がたくさんあります。焦る気持ちから亡くなった人が大切にしていたものまで処分してしまうのです。最初は、きちんと丁寧に分類していたのに、途中から仕分けがいい加減になり、価値があるものもゴミとして処分してしまう傾向があります。自分にとっては価値がないものでも、他者から見ると価値があり、高く売れるというものもあるのです。

1-3.賃貸の退去に間に合わない

遺品整理が終わらず、賃貸の退去日に間に合わなくなってしまったというケースも、遺品整理でよくやりがちな失敗例です。この場合は、余分な家賃が発生してしまいます。遺品整理が終わり、何もない状態にしなければ賃貸の引き渡しができません。本当は支払う必要がない家賃を、遺品整理が終わるまで支払い続けなければならなくなるのです。亡くなった人が賃貸物件に住んでいる場合は、なるべく早めに遺品整理を始めなければなりません。

1-4.悪徳業者に引っかかる

遺品整理を専門の業者へ依頼するケースが増えてきている昨今、悪徳業者との間でトラブルが相次いでいます。「見積書に記載されていない追加料金を請求された」「回収されたものが不法投棄されていた」など、トラブルは多種多様です。悪徳業者に引っかからないためには、しっかりと優良業者を見極める必要があります。「早く遺品整理を終わらせなければならない」という焦りは、悪徳業者に当たる原因となるので注意が必要です。

1-5.相続の問題が出てくる

ジュエリー・アクセサリー・骨とう品・美術品などは、資産価値が高ければ、相続手続きの対象となります。相続税がかかることを知らずに美術品などを相続して、後でトラブルになることがあるでしょう。資産価値があるものは、誰が相続するかを親族の中で慎重に話し合うことが大切です。ただし、見た目だけでは資産価値が分からないため、この点に関しては専門家に相談したほうがいいでしょう。

2.遺品整理の失敗を防ぐためにできること

では、遺品整理の失敗を防ぐために、自分たちで何ができるのでしょうか。

2-1.親族総出で行う

まずは、親族総出で遺品整理を行うことです。遺品整理を行う日を決め、事前に親族へ伝えます。なるべく、多くの親族が参加できる「四十九日」などを目安に行うといいでしょう。親族総出で行えば、スムーズな形見分けができ、後日の相続手続きでトラブルになる心配もありません。資産価値のあるものが出てきた場合は、その場で話し合うことができるでしょう。また、遺品の量が多いほど作業に手間と時間がかかるため、人手が多いほうが早く終わらせることができます。

2-2.生前整理を行う

遺品整理の際、「遺品の量が多すぎて時間と手間がかかる」という問題で悩みを抱える方が多くいます。遺された家族に負担をかけないために、生前整理を行うことも大切な予防策の1つです。生前整理は、生きているうちに家具や資産など、身のまわりのものを片付けることを意味しています。生前整理をすることで、大切なものだけを残し、相続してもらいたい人に譲ることができるのも大きなメリットです。親がなかなかものを捨てられない性格の場合は、生前整理を勧めてみてください。

2-3.遺品整理を始める前に決めておきたいこと

遺品整理をスムーズに終わらせるコツは、事前準備をしっかりしておくことです。遺品整理を行う日にちはもちろんのこと、遺族自身で遺品の判断基準を明確にしておかなければなりません。故人が使用していたものの中から、どのようなものを遺品として残すか、捨てるのかという基準を決めてください。ただ、1つずつ判断すると時間がかかってしまうため、必ず残す貴重品や思い出の品などをあらかじめリストアップしておくことが大切です。

2-4.故人の意思を尊重する

あくまで遺品は故人が所有していたものなので、自分たちの判断で勝手に捨てるのはNGです。特に、遺言書がある場合は、記載されている内容に沿って形見分けや遺品整理を行うことが、故人の意思にかなうものといえるでしょう。そのため、遺品整理を始める前に、遺言状の内容をしっかりと確認しておくことも大切です。業者へ依頼する際は、故人の意思や親族の気持ちを尊重してくれるところを選びましょう。

2-5.大まかなスケジュールを立てる

気合いを入れて始めたのに、途中から作業がダラダラしてしまい、一向に遺品整理が終わらないという失敗例があります。遺品整理を始める前に、大まかなスケジュールを立てておきましょう。「この日まで遺品整理を終わらせる」「今日はキッチン、明日はリビング」など、遺品整理を行う範囲と時間を立てることが大切です。ただし、人手が少なく、遺品の量が多い場合は、どうしても時間と手間がかかってしまいます。そういうときは無理をせず、業者へ依頼したほうがいいでしょう。

2-6.自分たちで行うか、業者へ依頼するか

自分たちで作業できる遺品の量や範囲であれば、業者へ依頼する必要はありません。けれども、退去日が決まっている賃貸物件や遺品の量が多い場合は、業者へ依頼することをおすすめします。あらかじめ、自分たちで遺品整理を行うか、業者へ依頼するか話し合って決めてください。ここで気をつけてほしいのは、絶対に無理をしないことです。「業者へ依頼するとお金がかかるから」と、自分たちだけで遺品整理を始めても、手間と時間がかかるだけで収拾のつかない状態になってしまうので注意してください。

3.遺品整理の失敗を避けるための業者選び

ここでは、遺品整理の失敗を避けるための業者選びとポイントについて解説します。

3-1.遺品整理業者へ依頼したほうがいいケース

以下の項目に当てはまる方は、遺品整理業者へ依頼したほうがいいケースです。

  • 退去期限が近い賃貸物件に故人が住んでいた
  • 遠方に住んでいるため、時間的に遺品整理に出向くことが難しい
  • 遺品の量が多すぎてどうしたらいいか分からない
  • 故人との関係は疎遠でも、身内なのでやらざるを得ない
  • ショックが大きく現実を受け入れられない
  • 遺品整理が初めてなので、方法や手続きが分からない
  • 自分も高齢で体力的にできない

遺品の量や自分たちの状況を踏まえた上で、ベストな選択をしてください。無理をしてしまうと、遺品整理がうまく進まない可能性が高いので注意しましょう。冷静に考えることが大切です。

3-2.手間と時間をかけず、スピーディーに終わる

遺品整理業者へ依頼する大きなメリットは、手間と時間をかけずにスピーディーに終わらせることができるという点です。実績がある遺品整理業者ほど、効率的なやり方を知っているので短時間で丁寧に片付けることができます。また、業者の中には、遺品整理や不用品の処分だけでなく、不用品買取サービス・ハウスクリーニングなども実施しているところがあるのです。あくまで目安ですが、ワンルームの場合は約2~3時間で終わらせることができます。

3-3.平均費用は1Kで34,800円~

業者へ依頼する場合、部屋の広さ・遺品の量・作業員人数などで費用が異なります。参考として、以下に遺品整理ファンデックスの整理サービス料金をピックアップしました。

  • 1K(作業員人数 2名):34,800円~
  • 1DK(作業員人数 2名):59,800円~
  • 1LDK(作業員人数 3名):79,800円~
  • 2DK(作業員人数 3名):119,800円~
  • 2LDK(作業員人数 4名):149,800円~
  • 3DK(作業員人数 5名):179,800円~

3-4.対応が悪い、説明しない業者には要注意

悪徳業者は、スタッフの対応が悪く、遺品整理サービスの内容を具体的に説明しない特徴があります。いい加減な作業を行うため、残しておきたかったものまで捨てられることもあるのです。また、遺品整理を請け負った実績がなく、見積書の内容もいい加減な傾向があります。業者によって、遺品整理のサービス内容が異なるため、見積書だけでなく内容についてもきちんと確認しておきましょう。

3-5.業者選びのコツを紹介!

どのような遺品整理業者へ依頼したらいいのかわからない場合は、以下のポイントに注目してください。

  • 遺品整理サービス業としての実績がある
  • 産業廃棄物収集運搬業や古物商の許可を取得している
  • 見積書の内容が具体的に記載されている
  • どのような質問にも丁寧に説明してくれる
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけている
  • 格安回収・高価買取が期待できる
  • ハウスクリーンサービスも行っている
  • 料金システムが明確になっている
  • デジタル遺品処理や遺品供養も行っている
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー

生前整理・遺品整理のファンデックスは、さまざまなジャンルの遺品の回収・買取に対応しています。格安費用で最適なプランを提案させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

4.遺品整理の失敗に関してよくある質問

遺品整理の失敗に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.うっかり処分してしまいがちな遺品は?
A.カギ・リモコン・プロバイダーからレンタルしているルーターなどです。何を開けるのか分からないカギでも捨てずに保管しておきましょう。もしかしたら、金庫や大切な書類が保管されている引き出しのカギかもしれません。また、リモコンを捨ててしまうと家電が使えなくなってしまうので気をつけてください。プロバイダーからレンタルしているルーターは返却が必要なので、安易に捨てるのはNGです。

Q.処分に困るものが見つかった場合の対処法は?
A.大量のアダルトDVDなどを自治体回収で処分することはできませんよね。そんなときは、不用品回収を行っている業者へ依頼しましょう。不用品の処分も行っている遺品整理業者は、個人情報の守秘義務があります。

Q.生前整理を親へ勧めるポイントは?
A.生前整理をすればどのようなメリットが生まれるのか、具体的に説明することが大切です。「身のまわりがスッキリすれば生活しやすくなる」「自分の理想的な老後を送ることができる」など、前向きな言葉を使いましょう。また、一緒に手伝うという旨も伝えてください。一緒に作業すると伝えるだけで、親は安心して生前整理を決断することができます。

Q.遺品整理の費用を抑えるコツは?
A.売れるものをなるべく買取に出すことです。不用品と思っているものでも、中古市場で需要が高く、買い取ってもらえるものがあります。たとえば、ブランドもののバッグや衣類・発売から3~5年以内の家電・アクセサリー類などです。また、コレクター品として集めていたものも、買取の対象になる可能性があります。

Q.デジタル遺品処理とは?
A.故人が遺したパソコン内のデータなどデジタル遺品を、安全・確実に消去することです。パソコン内のデータは、大切な情報となるので必ず消去してから処分しなければなりません。デジタル遺品がある場合は、その処理を行っている業者へ依頼しましょう。

まとめ

親族同士のトラブル・賃貸の退去が間に合わない・形見を捨ててしまったなど、遺品整理でやりがちな失敗はたくさんあります。どの失敗も、あらかじめポイントを押さえておけば防ぐことができる内容です。大切なのは、無理のない範囲で遺品整理を進めること、安心して依頼できる業者へ依頼することなど、状況を踏まえた上で正しい選択をしてください。自分たちで遺品整理できないときは、実績のある遺品整理業者へ依頼しましょう。