遺品整理の悪徳業者とは?~遺品の処分業者へ依頼するポイント~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

近年は、遺品整理を専門業者に依頼するケースが増えてきました。親元を離れて遠方に住んでいる方や、仕事で忙しい方にとっては、なかなか遺品整理をする時間がありませんよね。また、単身者が亡くなる孤独死も増えているため、大家が遺品整理業者に依頼するケースも増えているのです。依頼者が増えると同時に、不正を働く悪徳業者とのトラブルも増加しています。悪徳業者とのトラブルを防ぐためには、見分け方とポイントを把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、遺品整理の基礎知識と悪徳業者の特徴・見分け方について説明します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理の悪徳業者とは
  3. 遺品整理の悪徳業者を見分けるために
  4. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の悪徳業者を見極めるポイントが分かります。依頼を考えている方や遺品整理をする方は、ぜひチェックしてください。


1.遺品整理の基礎知識

まずは、遺品整理の基礎知識と、近年増えている遺品整理業者の需要について説明します。

1-1.遺品整理とは

故人の残したものを整理することを「遺品整理」といいます。親など身内が亡くなった場合は、親族が責任を持って遺品を整理し片付けなければなりません。遺品整理の主な目的は、遺品の中から「必要なもの」と「要らないもの」を仕分けることです。遺品は、日常的に使う家電製品・家具・小物・貴重品など、さまざまな種類があります。中には、故人との思い出の品もあるでしょう。大切なものを誤って処分しないためにも、整理整頓・片付けが大切です。

1-2.近年増えている遺品整理の需要

核家族化・高齢化社会など、社会構造の変化によって遺品整理サービスの需要が増加傾向にあります。従来の遺品整理は、遺族の手によって行われてきました。しかし、核家族化によって故人の住まいと離れた場所に住んでいる方が多くなり、遺品整理を遺族で行うのが難しくなっています。
また、遺品整理は形見分けをするもの・供養するもの・要らないものなど見定める必要があるため、一般的な片付けとは異なるのです。正確に見定めるためには、心配り・豊富な経験が必要なので、プロの遺品整理業者へ依頼するケースが増えています。

1-3.遺品整理の業者について

遺品整理サービスの需要が高まるにつれ、業者数が増加しています。遺品整理業者は、依頼者の代わりに遺品整理を行ってくれる業者です。依頼者から「残したいもの」と「要らないもの」の区別を聞き出し、仕分け・処分をすることが一般的でしょう。業者の中には、遺品整理のほかにパソコン等に含まれているデータを消去する「デジタル遺品処理」、供養を行う「遺品供養」が利用できるところもあります。
ただし、すべての業者がきちんと遺品整理を行ってくれるとは限りません。もちろん、丁寧なサービスを実施している業者はいますが、中には高額費用を請求する悪徳業者も存在しています。悪徳業者に引っかからないための目を、依頼者が持っておかなければなりません。

2.遺品整理の悪徳業者とは

それでは、遺品整理の悪徳業者とはどのような特徴があるのでしょうか。実際に起きたトラブル例もいくつか紹介するので、ぜひチェックしてください。

2-1.悪徳業者の存在について

遺品整理サービスの需要の上昇が、遺品整理業者が増えた1番の理由といえるでしょう。急速に需要が高まっていることから、この機会を利用して荒稼ぎをする悪徳業者も増えています。多くの人が、遺品整理に関する知識を豊富に持っていません。そのため、遺品整理業者を謳(うた)う悪徳業者にだまされて、高額な費用を支払ってしまうケースがあるのです。すべての業者が安心して依頼できるとは限らないので、慎重に業者を選ぶことが大切なポイントでしょう。

2-2.悪徳業者の特徴

遺品の処分や買い取り事業を行う場合は、都道府県から許可を取得しなければなりません。無許可での事業は法律違反となります。そのため、ホームページなどに「産業廃棄物収集運搬許可」「古物商許可」が記載されていない場合は、悪徳業者の可能性が高いでしょう。
また、業者スタッフの対応が悪い・返事が遅い・見積書が細かく記載されていないなどが、悪徳業者の主な特徴となります。少しでも不安な要素があれば、依頼しないほうがよいでしょう。きちんと特徴を理解しておけば、悪徳業者を避けることができます。

2-3.トラブル例

今までで実際に起きた悪徳業者とのトラブルを紹介します。

2-3-1.大切な遺品を雑に扱われた

たとえ、遺族にとっては要らないものでも故人が使用していたものは大切な遺品です。中には、故人が大切にしていた品もあるでしょう。悪徳業者は故人・遺族に対する配慮がなく、遺品を雑に扱う傾向があります。実際に、遺族の前でもかかわらず、遺品を雑に扱ったり、大切なものを処分したりというトラブルが起きているのです。故人・遺族の気持ちを配慮しない業者には気をつけましょう。

2-3-2.高額な追加料金を請求された

よくあるトラブルが、見積書と異なる高額な費用を請求されたというケースです。悪徳業者は、平均費用よりも金銭を多くだまし取る傾向があります。見積書に記載されていなくても、「思ったよりも時間がかかったから」「処分する不用品が多いから」などと理由をつけて追加料金を請求するのです。ほとんどの悪徳業者は、見積もりの段階で最低限の金額を提示するでしょう。

2-3-3.市場価格よりも低価格で買い取られた

遺品の中には、再利用できるものは買い取りが可能です。ただし、市場価格よりも低価格で買い取りされてしまうというトラブルが起きています。特に、貴金属・アクセサリー類などの高価な遺品を無断で回収したり、処分費用を請求しておきながら不法投棄をしたりする業者も増えているのが現状です。

3.遺品整理の悪徳業者を見分けるために

悪徳業者と優良業者を見極めるためのポイントを、事前に把握することが大切です。また、トラブルになったときの相談先もチェックしておきましょう。

3-1.見分け方、ポイント

遺品整理を行うタイミングは「49日」がベストといわれています。早めに取りかからなければならないため、最初から1社に限定して依頼する方がほとんどです。しかし、それでは悪徳業者と優良業者を見極めることができません。まず、複数の業者へ無料見積もりを依頼してください。見積書とサービス内容などを比較することで、適切な費用で利用できる業者が分かります。また、どの業者に依頼すべきか悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 無料相談・無料見積もりを行っている
  • 産業廃棄物収集運搬などの許可を取得している
  • 見積書の内容が細かく記載されている
  • サービス内容が充実している
  • 処分だけでなく、買い取りも行っている
  • 料金システムが明確
  • 無料でダンボールなどの資材が利用できる

生前・遺品整理を行っている「ファンデックス」は、遺品整理・デジタル遺品処理・遺品供養・不用品の買い取りなど、多岐にわたるサービスを提供しています。ぜひ1度、お問い合わせください。

3-2.遺品整理士について

遺品整理士とは、遺品整理士認定協会の資格で、遺品にかかわるすべてのことを習得した者のことを指しています。不正を働く遺品整理業者が増えているため、遺品整理の取り扱いや法規制などの知識を正しく身につけることが重要です。故人・遺族の思いを大切にするのはもちろんのこと、廃棄物・リサイクル品の取り扱いに関する正しい知識を身につけています。遺品整理士の資格認定によって、遺品整理業に一定のガイドラインが定められるのです。
業者選びの際は、遺品整理士の有無に関してもチェックするとよいでしょう。有資格者のいる業者なら、安心して任せることができます。さらに、遺品整理に関係する法的手続きについても相談できるのでおすすめです。

3-3.トラブルになったときの相談先

注意をしていても、悪徳業者に引っかかることもあります。もし、悪徳業者に引っかかったときは、国民生活センターか、消費者センターに相談してください。遺品整理業者とのトラブルが続出しているため、国民生活センターなども注意喚起を促しています。相談時期が遅れるほど、解決策が限られるので注意が必要です。脅迫まがいの言葉を浴びせられたとしても逆上したり、素直に従ったりせずに、まずは相談することをおすすめします。

3-4.そのほか

できるだけ、遺品整理にお金をかけたくないのが本音でしょう。業者を選択する際に、見積もりの価格だけで業者を選択し、悪徳業者に引っかかるケースがあります。確かに、低費用で利用できるのは魅力的ですが、後で追加料金を請求する可能性もあるので要注意です。そのため、金額だけで業者を選択しないようにしてください。見積書のほかに、サービス内容・スタッフの対応・口コミなどを比較することが大切です。

4.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.遺品整理サービスの平均費用はいくらぐらいか?
A.部屋の広さ・不用品の量・作業員人数などによって、大まかな見積額が異なります。ほぼ、部屋の広さに比例して、費用が上がると思ってください。たとえば、ワンルーム・1Kの1人暮らし向けであれば、2トントラック1台で積み込むことができ、約5万~8万円となります。1DK~1LDKになると、約9万~15万円かかるでしょう。具体的な費用に関しては、業者へ無料見積もりを依頼してください。

Q.買い取り額の相場が知りたい
A.正常に稼働できる家電や壊れていない家具などは、買い取ってもらえる可能性があります。買い取り額は業者によって異なりますが、販売額の約5~10%が買い取り額といわれているのです。ただし、販売年月日から経過している家電や、傷が目立つ家具などは価値が下がり、買い取り額が下がる傾向があります。買い取ってもらえるものが多いほど、処分費用を抑えることができるので、買い取りサービスを利用するのも方法の1つです。

Q.依頼前に必ず確認すべきこととは?
A.無料見積もりを依頼し、遺品整理にかかる費用を確認してください。正式な依頼後に見積もりを請求すると、想像以上の高額な費用を請求されるおそれがあります。無料見積もりは、キャンセルをしてもお金がかかりません。優良業者の多くは、ホームページのフォームから無料見積もりを受けつけています。生前・遺品整理を行っている「ファンデックス」でも、ホームページのフォームからお問い合わせ可能です。

Q.産業廃棄物収集運搬・古物商許可証とは?
A.事業活動による産業廃棄物を収集運搬できる許可証が「産業廃棄物収集運搬」です。一方、「古物商許可証」は、都道府県ごとの警察が発行している、中古品の売買が可能な許可証となります。許可を取得していない業者の買い取り・販売は法律違反です。悪徳業者の多くは、許可証を取得していません。ホームページに許可番号が記載されていない業者には依頼しないように気をつけてくださいね。

Q.遺品整理業者へ依頼するメリットとは?
A.遺品の量が多いほど、整理・片付けに時間と手間がかかります。特に、遠方に住んでいる方は、移動時間と費用がかかるでしょう。しかし、業者に依頼すれば、スムーズに遺品整理を終わらせることができます。手間と時間がかからず、労力も必要ありません。
さらに、処分方法に悩みがちな仏壇・位牌(いはい)などの遺品供養も業者へ任せることができるでしょう。遺品整理士が在籍している業者は、供養が必要な遺品の取り扱いにも長けているため、安心して任せることができます。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理を業者に依頼する人が増えてきているからこそ、不正を働く悪徳業者も増加しています。きちんと見極めずに依頼すると、「後で追加料金を請求された」「不法投棄された」など、業者との間でトラブルに発展するおそれがあるのです。トラブルを未然に防ぐために、複数の業者の見積書・サービス内容・スタッフの対応などを比較するとよいでしょう。少しでも不安な点があれば、依頼しないようにしてくださいね。遺品整理の基礎知識と業者選びのポイントをきちんと把握することで、スムーズに片付けることができます。