遺品整理が大変で負担がかかる理由とは?整理の仕方と共に紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今、親や兄弟の遺品整理に悩む方が増えています。親の家を整理する方法がテーマとなった書籍がベストセラーになり、遺品整理を専門に行う業者も増えてきました。しかし、その一方で遺品整理の大変さや負担の大きさを理解していない方も多く、親や兄弟が亡くなってから慌ててしまう方も珍しくありません。

そこで、今回は遺品整理の大変さや負担の大きさをご説明するとともに、遺品整理で悩まないための方法をご紹介しましょう。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理のここが大変!
  3. 遺品整理を効率よく行う方法
  4. 遺品整理業者に依頼できることや選び方
  5. 遺品整理に関するよくある質問

遺品整理の大変さが理解できれば生前整理の重要性も分かりますし、業者に依頼する踏ん切りもつけやすくなります。遺品整理について興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.遺品整理の基礎知識

はじめに、遺品整理の基礎知識をご紹介します。そもそも遺品とはどのようなものを指すのでしょうか?

1-1.遺品とは

遺品とは、故人が日常使っていたものや愛用品・コレクションなど金銭的な価値が明確でないものすべてを指します。現金や土地・有価証券・価格が明確な美術品や骨とう品など、金銭的な価値が明確なものは遺産となり、相続の対象になるのです。遺品の中には、美術品やコレクターズアイテム・中古価値のある家電品など遺産との区別があいまいなものも含まれます。

1-2.遺品整理とは

遺品整理とは、その名の通り遺品を取っておくものと処分するものに分け、片付けることです。形見分けのようなものと理解されがちですが、形見分けは故人の愛用品を遺族や友人たちが分けることですので、厳密にいうと違います。遺品は家電から日用品まで膨大な量がありますので、形見分けの何倍も大変な作業です。また、遺品整理は、故人との思い出を整理する作業でもあります。ですから、時間が許す限りゆっくりと整理しても構いません。残された方の心理的負担が少ない方法で行っていきましょう。

しかし、現在は高齢者の1人暮らしも珍しくなくなり、遺品の量も昔より増えているというご家庭も多いのです。そのため、遺品整理をしようと思っても、どこから手をつけてよいかわからずに途方に暮れる方も多いことでしょう。

1-3.近年増えている遺品整理問題

人が亡くなり、大量の物品が残された場合、それを片付けるのは引っ越し作業をする以上に大変です。また、親と子が離れて住んでいることも多い現在では、遺品整理をする時間が取れないという方も珍しくないでしょう。さらに、金銭的に価値があるものと価値がないものとが一緒くたに残された場合、遺産相続にも影響が出てきます。次の項で、遺品整理の大変さをもう少し具体的に紹介しましょう。

2.遺品整理のここが大変!

この項では、遺品整理の大変さを具体的に紹介していきます。現代の遺品整理は多大な労力やたくさんのお金がかかるのです。

2-1.金銭的に大変

今は、ゴミを捨てるのにもお金がかかります。テレビやエアコン・冷蔵庫など家電リサイクル法に指定されている家電は、1点につき数千円の処分費用がかかるのです。また、粗大ゴミも有料という自治体が多いので、ゴミを捨てるだけで数万円~十数万円の費用がかかるケースも珍しくありません。また、ゴミ捨て場に捨てきれない場合は自分でゴミ処分場に持ち込む方法もありますが、これも有料です。

2-2.肉体的に大変

両親が亡くなり、荷物がぎっしり詰まった一軒家が残された。こんなご家庭も多いと思います。家一軒分の荷物は、皆様の想像以上に大量です。それをすべているものと不用品に分けてゴミの種類ごとに分別し、捨てたり整理したりします。少人数で片手間にできる仕事ではありません。故人がものを捨てられなかったり収集癖があったりした場合はなおさら大変です。

2-3.時間的に大変

故人と遺族が離れた場所に住んでいた場合、遺品整理をする時間も限られます。それでも、持ち家の場合は時間がある時に通って片付けるという方法を取ることができるでしょう。しかし、賃貸物件の場合は契約者が亡くなった場合、速やかに退去しなければなりません。遺品整理をするために賃貸契約を伸ばすこともできますが、契約者が変わるために新たに敷金や礼金が発生することもあります。そうなると、金銭的にも負担が大きくなるでしょう。

2-4.精神的に大変

人の死は遺された方に強い影響を与えます。特に、交通事故などで突然亡くなった場合は気持ちの整理がつかないこともあるでしょう。遺品整理は故人が亡くなったという事実に向き合う作業でもあります。そのため、亡くなったことを受け入れられないと遺品整理に取りかかることは難しいでしょう。故人の死を受け入れたつもりでも、いざ遺品と向き合うと整理することができないというケースもあります。

また、長いこと音信不通だった親や兄弟の遺品整理を依頼された場合も精神的に大変です。今は離婚する夫婦も多いので、実の親兄弟と長い間音信不通になることも決して珍しいことではありません。

2-5.価値があいまいなものを整理するのは大変

古書・骨とう・美術品・コレクターズアイテムのような遺品は、価値が分かる方が限られています。そのため、遺品整理をした後で金銭的な価値が高いことが分かることもあるでしょう。この場合、相続問題に発展することもあります。また、金銭的な価値はないけれど歴史的・文化的に価値がある遺品が残された場合、処分したくてもできないといった問題が発生することもあるのです。

3.遺品整理を効率よく行う方法

では、遺品整理はどのように行っていけばよいのでしょうか?この項では効率よく遺品整理を行う方法の一例をご紹介します。

3-1.大型の家具や家電を真っ先に処分する

大型の家具や家電は、大抵が量産品で思い入れも少ないものが多いでしょう。また、最新型の家電や高価なものでない限り引き取り手も現れません。ですから、真っ先に処分しましょう。発売してから5年以内の大型家電・デザイナーズ家具・民芸家具はリサイクル業者が買い取ってくれることもあります。時間的に余裕があれば、インターネットで業者を探して依頼してもよいでしょう。

また、大型家具や家電だけを不用品回収業者に引き取ってもらうという方法もあります。時間がない場合やゴミ捨て場まで不用品をもって行けない場合は、積極的に業者を利用してください。

3-2.人手を集め、短期集中で整理する

遺品整理は、人手が多いほどスムーズに進みます。ですから、四十九日など親族が集まりやすい時期に一気に整理をしてしまいましょう。賃貸物件の場合はあわただしくはなりますが、葬儀直後に行うと最も人出が集まりやすいのです。
整理を始める前に、取っておくものを一覧表にしておくとよいでしょう。日用品は多くても、故人の形見として手元にずっと置いておきたい品はごくわずかなはずです。また、当日はゴミ集積場に持ちこみの許可を取り、出たゴミを直接持ち込めるようにしておくと曜日に関わらずゴミが処分できます。

3-3.迷ったら写真に撮って捨てる

遺品には故人の思い出が詰まっています。必要ではないけれど、捨てるのには忍びないというものも多いことでしょう。その場合は、写真に撮って処分をすれば、写真を見ながら故人を偲ぶこともできます。アルバムやビデオテープなどが大量に残されている場合は、電子化してCD-ROMに焼いてもらうサービスも利用しましょう。そうすれば、コンパクトに保管ができます。

3-4.コレクターズアイテム・骨とう・古書などは専門の業者に査定を依頼する

骨とうや古書・美術品・コレクターズアイテムは専門の業者に鑑定を依頼しましょう。特に、ホビー用品は驚くほどの高値がつく場合があります。不用意に始末すると後でもめ事の原因となりますので、注意してください。ただし、金銭的な価値がつくのは保存状態が良いものだけです。保存状態が悪いものは、残念ですが処分しましょう。

3-5.遺品整理業者を依頼する

  • 残された遺品が膨大で、家族だけではとても整理できない
  • 故人が遠く離れた場所に住んでおり、遺品整理をすることが難しい
  • 故人が汚部屋やゴミ屋敷を作ってしまい、素人では片付けられない
  • 賃貸物件のため、早急に遺品を整理する必要がある
  • 親しい人を失ったショックが大きく、遺品整理をすることができまい

このような場合は、遺品整理を行っている業者を利用しましょう。業者を利用すると、1日あれば家の中を空っぽにしてくれます。また、不用品の買取や処分も行ってくれるので、自分でゴミを捨てたり改めてリサイクル業者に依頼をしたりする必要もありません。

4.遺品整理業者に依頼できることや選び方

この項では、遺品整理業者に依頼ができることや遺品整理業者の選び方をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

4-1.遺品整理業者に依頼できること

遺品整理業者には

  • 大型家具や家電の処分・買取
  • 不用品の回収・処分
  • 遺品の供養
  • パソコンなどのデータ消去
  • 家屋の清掃

などを依頼できます。ただし、すべての業者がここに挙げたことを引き受けてくれるわけではありません。業者によっては依頼できないこともありますし、逆にここに挙げていないことでも依頼することができます。ホームページに依頼できる内容を記載している業者も多いので、依頼したいことをはっきりさせてから業者を探しましょう。

4-2.遺品整理業者とは?

遺品整理は、リサイクル業者や清掃業者が業務の一環として行っているケースが多いでしょう。遺品整理専門の業者もありますが、その数はまだわずかです。遺品整理が大変になるにつれて業者に依頼する方も増えていき、需要に応えるように業者の数も増えていっています。

4-3.遺品整理までの流れ

遺品整理業者に依頼すると、まずは見積もりを取りにきます。この時に依頼内容も伝えましょう。処分してもらうものの量が多いほど料金も高くなります。

「すべていらないものですから捨ててください」という依頼も可能ですが、立ち合いは必要です。なお、金銭的な価値があるかどうか分からないものが大量にあるという場合は、より多くの品物を査定し、買い取ってくれる業者を利用しましょう。買いとれる遺品がある場合は、買い取り額を処分費用から引いてくれます。

積もり額に納得すれば契約です。契約書は必ず控えをもらいましょう。当日、作業は業者が行ってくれます。遺品整理が終わったら家の中を確認して支払いです。

4-4.遺品の供養について

遺品をそのまま捨てるのには抵抗があるという場合は、供養を行ってくれます。回収した遺品を集めて僧侶による読経や神主による祝詞をあげてもらってから処分するのです。また、仏壇や神棚といった宗教用具の場合は、御魂抜き(みたまぬき)という儀式を行ってから処分をしてもらえます。

4-5.悪徳業者の見抜き方や業者選びのポイント

遺品整理業はまだ歴史が浅いので、業者と顧客の間にトラブルも起こることも多く、国民消費者センターも注意を呼びかけています。最も多いトラブルは、高額な遺品整理費用を請求するケースです。まだ遺品整理の相場が明確になっていないので、依頼者も判断がつかないことが多いでしょう。遺品整理にはお金がかかりますが、それでも100万円以上かかることはまれです。あまりに高額すぎるという場合は、一度返事を保留にし、他の業者にも見積もりを取ってみましょう。

見積書が明確で受け答えがしっかりとしており、5年以上の実績のある業者は信頼できます。また、現在は口コミサイトなどもありますので参考にしましょう。

5.遺品整理に関するよくある質問

Q.大型家電や粗大ゴミだけを引き取って欲しいという依頼は可能でしょうか?
A.可能です。まとめていくらで引き取ってくれる業者もあれば、一点ずつ値段をつけて引き取ってくれる業者もあります。

Q.業者が引き取ってくれないものはあるのでしょうか?
A 生体(犬・猫・鳥)や、化学薬品・危険物などは引き取ってもらえません。専門の業者に依頼しましょう。

Q.遺品整理業者は、依頼をしてからどのくらいで片付けにきてくれますか?
A 業者によって異なりますが、急いでほしいときはその旨を伝えてください。

Q.必要なものはすべて運びだしたので立ち合いをする必要はないと考えていますが、ダメでしょうか?
A 業者の中にはwebカメラでリアルタイムに整理の様子を中継してくれる業者もあります。遺族が遠方に住んでいて立ち合いが難しい場合は、そのようなサービスを行っている業者を利用しましょう。

Q 見積書の金額と実際に請求された金額が異なることはありますか?
A 作業をしている途中で新しい依頼をした場合、その費用が加算されることはあるでしょう。ただし、何の説明もなしに大幅にアップした場合は業者との話し合いの席を設けてください。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は遺品整理の大変さや遺族が大きな負担を強いられる理由をご紹介しました。今は生前整理を行う方も増えており、そのやり方を書いた本も発売されています。親がまだ元気なうちに、少しずつ不用品を処分していってもよいでしょう。また、収集癖がある方は、集めているものの目録を作っておいたりいざというときの引き取り先を決めて置いたりすると、遺族の負担が軽くなります。