遺品整理は資格を持った業者に依頼しよう! 料金相場などをご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

身内が亡くなった後にのしかかる問題が、遺品整理です。少子高齢化で子どもの人数が少なく、遺品の片づけに四苦八苦する家庭も珍しくありません。遺品整理はゴミの処理だけを行うものではなく、遺産分割に必要な貴重品などの分別も要します。
「自分たちで遺品整理をやるのは難しい?」「遺品整理業者に依頼した場合の料金は?」など、遺品整理に関する疑問が生じることでしょう。遺品整理はコツがいる作業のため、無作為に始めてしまうと収拾がつかなくなるものです。遺品整理業者のニーズも高まっており、料金はかかっても、労力を大幅に削減できるとあり、利用者も増えています。
今回は遺品整理に関する知識です。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理の方法について
  3. 遺品整理業者について
  4. 遺品整理の料金について
  5. 遺品整理でよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、遺品整理について深く学ぶことができ、業者の活用方法などを理解することができるでしょう。自力では限界と感じている方も、遺品整理業者とはどのようなものかを知って、活用方法を覚えておいてください。


1.遺品整理の基礎知識

遺品を不用品としてしまう方がいます。遺品はゴミとは異なり、生前に故人が所有していた愛用品です。遺品に関する基礎知識からご紹介します。

1-1.遺品整理とは?

1-1-1.遺品とは?

遺品は、故人の愛用品を指し、ゴミではありません。形見分けや遺産相続につながる資産価値のあるものから、日用品まで幅広い意味で捉(とら)えられています。

1-1-2.遺品整理の目的

故人が住んでいた家をずっと放置するわけにはいきません。賃貸住宅なら明け渡しが必要で、遺品整理をして元の状態に戻さなければならないのです。また、遺産分割協議までに整理を終えないと、親族間での揉(も)め事を作ることになります。

1-1-3.遺品整理ではどのようなことをするのか?

必要品と不用品の仕分け・貴重品の捜索・ゴミの処分などが、遺品整理で行うことです。家の規模が大きくなるほど、遺品整理は困難を極めます。家族総出で取りかかるなど、作業に数日を要することもあるでしょう。

1-2.遺品整理における最近の傾向

前述したとおり、少子高齢化社会となり、子どもの人数が少なくなってきています。遺品整理をする人手がなく、子どもがいても遠方で遺品整理をする時間がないなど、最近では悩みも多くなっているのです。今後も同じ悩みは増え続ける傾向にあり、速やかに作業を終えることができる遺品整理業者のニーズは高まると予想されます。

2.遺品整理の方法について

遺品整理を自分でやる場合と、遺品整理業者に依頼する場合をご紹介します。どちらもメリットとデメリットがあるため、しっかり覚えておきましょう。

2-1.自分で遺品整理をする場合

2-1-1.自分で遺品整理をするときのやり方

自分1人でやろうとせず、親族と一緒に片づけをした方が早いでしょう。1部屋ずつ手をつけるようにし、一気にやらないようにします。1日1部屋と決めて整理していくことが、遺品整理を進めやすくするポイントです。大まかに必要品と不用品を仕分け、貴重品を親族で探し出すという手段もあります。

2-1-2.自分で遺品整理をするときのポイント

自分だけで遺品整理をすると起こりやすいのは、主観が入ることでしょう。故人にとって愛用品であっても、うっかり捨ててしまうというトラブルが多いものです。故人がどうしてほしかったのかという意思を尊重する気持ちを持ち、1つずつ丁寧に仕分けを行ってください。

2-1-3.自分で遺品整理をするメリット・デメリット

自分で遺品整理をする場合、費用負担なくできるのがメリットです。遺品整理業者は費用がかかるため、お金をかけられない場合には自分でやる方がいいでしょう。
デメリットとなるのは、経験値が少ない素人がやるため、時間がかかることです。数日から、長い場合で数週間を費やすケースもあります。遺品整理後のゴミ処理なども自分でやらなければならず、面倒と感じる方も多いでしょう。

2-1-4.自分で遺品整理をするときの注意点

有価証券・銀行通帳・貴金属などの貴重品は、素人目には判断しにくい場合があり、うっかり廃棄してトラブルになる事例も増えています。また、ゴミ屋敷となっている場合は、自分でやろうと思っても限界を感じるでしょう。孤独死の現場では、特殊清掃を行う必要もあるため、自分で行うのは無理です。自分ではできないと判断した場合、速やかに遺品整理業者に依頼してください。

2-2.遺品整理業者に依頼する場合

2-2-1.遺品整理業者に依頼するメリット・デメリット

遺品整理業者は、迅速かつ正確な遺品整理が実現でき、急いでいる方にも最適です。遺品整理業者には遺品整理士の資格を持つ人材がいて、価値ある品を見極める能力に長(た)けています。素人では見逃してしまう可能性があるものでも、確実に見つけ出して遺族の手元に渡してもらえるのです。
デメリットとなるのは、自分で作業をしなくていい分、費用が発生することでしょう。しかし、時間短縮と労力削減が期待でき、費用対効果は大きいとされています。

2-2-2.遺品整理業者に頼むべき場合

人手が足りない・遠方で足を運べない・ゴミ屋敷で整理ができないなどの理由から、遺品整理業者に依頼するケースは多いものです。また、孤独死の現場は、臭いや体液の処理など専門知識がなければできないこともあります。特殊清掃で丁寧に血液や体液を取り除き、原状回復をしてから引き渡しが可能です。

2-2-3.遺品整理業者に依頼するときの注意点

遺品整理業者は、年々増加しています。しかし、中には作業中の盗難などもあるため、遺品整理士が常駐するきちんとした業者を選ぶことが大切です。インターネットで評判を確認してから依頼する方法もいいでしょう。料金だけで判断せず、業者の質にはこだわりを持って探してください。

2-3.遺品整理における注意点やトラブルについて

遺品整理にまつわるトラブルや事前に注意しておくべきことをご紹介します。

2-3-1.故人の意思を尊重する

遺品整理の基準は、生前に故人がどのような意志を持っていたかを考慮し、仕分けや遺品の取り扱いをすることが大切です。故人の意思を尊重せず、大切にしていた品を捨ててしまっては、取り返しがつきません。特に、普段から愛用していた品やコレクションなどはむやみに捨てず、譲り先を見つけるなど生かす方法を見出(みいだ)すべきです。

2-3-2.親族間のトラブル

普段は仲のいい親族でも、遺品整理や遺産相続といった金銭がかかわる問題に直面した場合、何かと揉(も)め事が起こるものです。均等に分配されない・自分だけ利益を得ようとするといったトラブルが多く、親族間に亀裂が入ることも少なくありません。事前に話し合いを持ち、揉(も)め事を回避する方法も考えておきましょう。

2-3-3.ゴミ屋敷問題

久しぶりに訪れたら、実家がゴミ屋敷でショックを受けたという方も多く、近年は深刻な問題となっています。ゴミ屋敷は素人では太刀打ちできないほどのゴミであふれ、頭を抱える人も多いものです。親族だけで何とかしようせず、掃除のプロである業者に依頼すべきでしょう。

2-3-4.相続手続き

遺品整理を終えた後につきまとうのが、相続手続きです。有価証券・銀行預金・貴金属など分配しやすいものばかりではなく、不動産など遺産分割しにくいものもあります。総資産を算出し、法定相続人に適切に分配するまでの作業を行わなければなりません。

2-3-5.法律手続き

遺産相続協議で話し合いがまとまらない場合、家庭裁判所に申し立てを行うこともあります。法律手続きは、行政書士でも引き受けることが可能です。遺産相続で揉(も)め事が起こることも想定し、相談先は決めておくといいでしょう。

3.遺品整理業者について

遺品整理業者の作業内容や注意点などをまとめました。依頼前に理解しておきましょう。

3-1.遺品整理業者はどんなことをしてくれるのか?

遺品整理業者のファンデックスでは、WEBカメラで作業内容を公開しているため、依頼者はいつでも作業をチェックできます。主な作業内容は、遺品の仕分け・貴重品の捜索・家財道具や日用品の処分などです。探し出した貴重品は、遺族の手元にきちんとお渡ししています。処分する品は、供養してから廃棄しており、故人の魂を弔うまで請け負うので安心です。遺族の許可を得て、家財道具などの買取を行い、リサイクルも手がけています。

3-2.遺品整理業者に依頼すると便利

遠方で遺品整理ができなくても、WEBカメラで作業風景を遠隔監視できるため、安心して委ねることができます。また、遺品整理士は遺品のプロで、重要書類や貴重品の発見も確実です。退去まで日程がない方でも、迅速に対応できるのが遺品整理業者のメリットでしょう。

3-3.遺品整理業者で注意すべきこと

遺品整理業者が増えるにつれ、遺品の盗難が横行するようになりました。依頼するときは、自社スタッフで身元がしっかりしている人材が手がけてくれるかどうかも、必ず確認しておきましょう。被害に遭う前に、自己防衛することも、気持ちのいい遺品整理にするために重要です。

4.遺品整理の料金について

遺品整理を依頼したいけれど、料金が不安という方も多いと思います。料金は明確に提示している業者が良心的です。

4-1.遺品整理の料金相場

ファンデックスでは、料金表をわかりやすく提示しています。下記は一例です。

  • 1DK(作業員2名) 5万9,800円
  • 2LDK(作業員4名) 14万9,800円
  • 3DK(作業員5名) 17万9,800円
  • 4LDK(作業員6名) 25万9,800円

料金には、仕分け・家財道具の吊(つ)りおろし・資材代金・貴重品の捜索・エアコンの取り外し・ゴミの処分・供養代金・ハウスクリーニングなどが含まれています。相場を知るためには、複数の業者から見積もりを取り、比較することが大切です。

4-2.遺品整理を安く済ませる方法とは?

遺品整理で出た家財道具や家電製品の中には、まだ使えるものがあります。買取をしてもらい、遺品整理費用から差し引いてもらうと費用負担を軽くすることができるでしょう。

4-3.悪徳業者などには注意が必要

日雇い労働者に作業を託している業者は、身元が保証されず、盗難トラブルも多いものです。自社スタッフで教育が行き届いている業者に依頼しましょう。ゴミの処分には産業廃棄物収集運搬業の許可、家財道具などのリサイクルや買取には古物商の許可が必要です。きちんと許可を得て遺品整理を手がける業者であることも、依頼前にしっかり確認しておきましょう。

4-4.遺品整理業者選びのポイント

遺品整理士は、一般社団法人遺品整理士認定協会による資格者です。規定講習を受けた遺品整理のプロゆえ、目利きもしっかりしています。故人を偲(しの)び、大切な遺品を丁寧に扱ってもらえますから、依頼するときは遺品整理士のいる業者を選ぶと安心です。

5.遺品整理でよくある質問

遺品整理を経験している方は少なく、知識がないゆえ、戸惑いも多いことでしょう。質問集を活用し、不安な点は解消してください。

5-1.遺品整理を効率よく進めるコツは?

自分たちでやろうと思うなら、なるべく多くの人手を集めることが大切です。また、1つずつ手に取っては思い出を振り返ってしまい、時間ばかりかかってしまいます。なるべく主観を入れず、必要品と不用品を仕わけていくのがコツです。

5-2.遺品整理はいつまでに終えればいいのか?

遺産相続協議を行う目安は、四十九日法要です。四十九日法要までに遺品整理は終え、遺産相続の話し合いができる態勢にしておくといいでしょう。

5-3.特殊清掃は通常のハウスクリーニングとは違う?

特殊清掃は、血液・体液・害虫駆除など、高度な技術を要する特殊な現場で用いられます。孤独死が増え続ける今、特殊清掃のニーズも広まってきているのです。ハウスクリーニングでは、床下まで染み込んだ血液や体液を完全に取り払い、悪臭を拭い去ることはできません。しかし、特殊清掃は専用の薬剤を用いるため、原状回復が可能となります。

5-4.遺品の中から買取できるものは?

人気ブランドやメーカーの家財道具や、高年式の家電製品などは買取可能です。見積もり時に、買取希望のものはお伝えください。

5-5.遺品整理業者の作業に立ち会うことは可能?

立ち会いは可能な場合はお願いしています。立ち会えない場合でも、事前にヒアリングシートを作成しますので、WEBカメラで確認しながら作業を進めることができるため、安心してご依頼いただけるでしょう。

6.まとめ

いかがでしたか? 遺品整理は故人の思いを尊重して扱うべきもので、ゴミとしてまとめてはいけません。必要品・不用品・資産価値のあるものと仕わけをし、遺産相続のために準備をすることが求められます。目安としては、四十九日法要までに行うことが理想です。自分で遺品整理をすることは可能でも、時間と労力を費やすことになり、思い出にひたってなかなか進まないという悩みもつきまといます。遺品整理は、遺品整理士がいる業者に依頼すると確実で、資産価値のあるものを見極め、遺族に引き渡してくれるのです。不要になった家財道具や家電製品でまだ使えるものは、買取をしてリサイクルすることも業務の1つとなっており、ゴミの処分もしてもらえます。遺品整理業者はたくさんありますが、遺品整理士がいる業者を選びましょう。気持ちのいい遺品整理にするためにも、事前に業者の評判などはチェックしてください。