遺品整理で衣類を処分したい! おすすめの処分方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品とは、故人が使っていた衣料品や家具家電・趣味の道具など、遺産以外の総称です。近年、この遺品整理に悩む人が増えています。特に、「大量の衣類が遺され、どうやって処分していいか分からない」という人が多いことでしょう。
そこで、今回は衣類を中心に遺品整理をスムーズに行う方法を解説します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品の衣類を処分する方法
  3. 遺品整理業者を利用するメリット
  4. 遺品整理に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、洋服の遺品整理に頭を悩ますこともなくなるでしょう。遺品整理の効率的なやり方を知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.遺品整理の基礎知識

はじめに、遺品の定義や遺品整理が注目されている理由を解説します。なぜ、遺品整理が必要なのでしょうか?

1-1.遺品とは何か

遺品とは、故人が使っていた衣類・家具家電・趣味の品などです。現金や有価証券・不動産など遺産以外のものすべてが該当します。遺産相続には相続の権利がある人が法律によって決まっていますが、遺品は自由に分けてかまいません。ですから、かつては「形見分け」といって、遺族や故人の友人などが遺品を分け合っていました。

1-2.遺品整理が必要な理由

個人の持ちものが少なかった時代ならば、遺品は親族や友人で分ければよかったのです。しかし、現在は遺品の数も多くなり、形見分けでは遺品のすべてを片づけることはできなくなりました。また、核家族化が進み、親世帯と子世帯が別れて暮らしている家庭も珍しくありません。そのため、家具家電や洋服などが残されても不要になりがちです。また、遺品が残っていると家の処分も満足に行えません。取り壊すにしろ賃貸に出すにしろ、遺品を処分して家を空っぽにする必要があります。

1-3.遺品整理の問題

遺品整理で最も多い悩みは、遺品の多さと遺品整理にかける時間がない、ということです。特に、故人が一戸建ての持ち家に住んでいた場合は、収納スペースすべてがもので埋まっているということも珍しくありません。遺品が多いほど、整理には時間がかかるのです。
また、骨とう品や美術品が大量に残されていた場合、価値が分からず、処分方法に困ることもあります。さらに、遺品が高額で売却できた場合は、その分配方法を巡ってトラブルが起きることも珍しくありません。

2.遺品の衣類を処分する方法

遺品の中で最も量が多いものといえば、衣類です。この項では、衣類をスムーズに処分する方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.遺品に衣類が多い理由

1960年代まで、誰もが新品の衣類を着られる時代ではありませんでした。おさがりが当たり前で、着られなくなった衣類も何かのために取っておくということが一般的だったのです。現在、70~80代の人はこの時の習慣が抜けきっておらず、着られなくなった服もずっと取ってく、という人も珍しくありません。また、嫁ぐときに親に着物一式を作ってもらい、それがそのまま遺品となるケースもよくあります。

2-2.衣類の処分方法

衣類の処分方法には、以下のような方法があります。

  • 自治体に、資源ゴミとして回収してもらう
  • リサイクルショップに売却する
  • 寄付をする
  • 遺品整理の専門業者に処分を依頼する

衣類は、自治体でもゴミとして回収してもらえますので、遺品の中でも比較的処分がしやすいものです。しかし、衣類が大量に残されている場合は、業者の手を借りる必要があります。

2-3.売却できる衣類とは?

売却できる衣類には、ブランドものの洋服や着物があります。ただし、いくらブランド物でも10年以上前の製品は、ほとんど値段がつきません。一見すると流行とは無縁に見える男性用のスーツも、しっかりと流行があります。ただし、トレンチコートのような型がほとんど変わらない製品は、古くても値段がつく可能性もあるでしょう。
着物も、高名な作家物以外は、それほど高値はつきません。しかし、ただ捨ててしまうよりもリサイクル着物として活用してもらえます。また、着物の場合ははぎれも再利用できるので、シミがあったり多少汚れていたりするものでも買い取ってもらえる可能性があるでしょう。
ブランド物の洋服や着物は、専門のリサイクルショップがありますので、そこで査定をしてもらうといいですね。最近は、ネットで査定を行って郵送で買い取りを行う業者もあります。

2-4.寄付をする方法

ノーブランドの洋服でもきれいなものや、未使用の下着などは寄付ができます。特に、未使用の下着は男性用でも女性用でも一定の需要があり、喜ばれるでしょう。また、洋服ではありませんがタオル類も介護施設をはじめとして多くの需要があります。未使用のタオルが大量に残された場合は、ぜひ寄付をしてください。
なお、衣類を寄付する場合はきちんと洗濯をして(古着の場合)、寄付を受け付けている団体へ送りましょう。いきなり衣類を送りつけてはいけません。

2-5.注意点

衣類は、フリーマーケットで販売したりオークションサイトに出品したりすることもできます。しかし、必ず買い手がつくとは限りません。まだまだ着られる衣類をゴミとして回収してもらうのは気が引けますが、資源ゴミとして回収された衣類は再利用されます。衣類の遺品が大量にあるという場合は、無理をせず自治体に回収してもらいましょう。また、まだ数は少ないのですが、どんな衣類でも1kg数十円で引き取ってリサイクルする業者もあります。身近にこうした業者がある場合は、利用してみましょう。

3.遺品整理業者を利用するメリット

遺品整理業者とは、文字どおり、遺品の整理や不要になった遺品を回収してくれる業者です。遺品整理を専門に行う業者もあれば、不用品回収業者が業務の一環で遺品整理を行っている場合もあります。遺品整理ファンデックスは、遺品整理や買い取りを専門に行っている企業です。

  • 衣類以外にも、大量の遺品があって困っている
  • 衣類を売却したいが、値段がつかない場合は回収だけでもして欲しいと思っている
  • 思い入れがある遺品なので、粗雑に扱ってほしくない
  • 遺族だけでは遺品整理が行えないので、専門業者に手伝ってほしい

このような場合は、ぜひ、遺品整理業者に依頼をしてみましょう。短期間で効率的に遺品整理ができます。

4.遺品整理に関するよくある質問

Q.衣類は、買った時よりも高く売れるということはありませんか?
A.残念ですが、そのような例はほとんどないでしょう。

Q.遺品整理業者の選び方はありますか?
A.優良な遺品整理業者は、必ず正確な見積もりを作成してくれるはずです。また、追加料金が発生する場合はその理由もきちんと告げてくれます。さらに、遺品には敬意をもって接してくれるでしょう。ですから、口コミサイトを参考にしたり、見積もりをよく確認したりして業者を選んでください。

Q.着物は、一般的なリサイクルショップでは売れませんか?
A.着物は、専門的のリサイクルショップも豊富にあり、査定が正確です。可能ならば専門のリサイクルショップで査定してもらいましょう。

Q.衣類の寿命はどのくらいですか?
A.正絹の着物などは、100年前のものでも着用できます。しかし、一般的な衣類は20年以上たつと黄ばみやシミ・虫食いなどが目立つようになるしょう。

Q.衣類は何ゴミになりますか?
A.自治体によって異なるので、まずは確認してください。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は衣類の遺品整理をスムーズに行う方法を中心に、遺品整理のコツを解説しました。遺品整理は、精神力と体力を使うものです。1人で全部やろうと無理をしてはいけません。できるだけ人手を集め、人手がない場合はプロの手を頼りましょう。