遺品整理で衣類を処分したい! おすすめの処分方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品とは、故人が使っていた衣料品や家具家電・趣味の道具など、遺産以外の総称です。近年、この遺品整理に悩む人が増えています。特に、「大量の衣類が遺され、どうやって処分していいか分からない」という人が多いことでしょう。
そこで、今回は衣類を中心に遺品整理をスムーズに行う方法を解説します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品の衣類を処分する方法
  3. 遺品整理業者を利用するメリット
  4. 遺品整理に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、洋服の遺品整理に頭を悩ますこともなくなるでしょう。遺品整理の効率的なやり方を知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.遺品整理の基礎知識

はじめに、遺品の定義や遺品整理が注目されている理由を解説します。なぜ、遺品整理が必要なのでしょうか?

1-1.遺品とは何か

遺品とは、故人が使っていた衣類・家具家電・趣味の品などです。現金や有価証券・不動産など遺産以外のものすべてが該当します。遺産相続には相続の権利がある人が法律によって決まっていますが、遺品は自由に分けてかまいません。ですから、かつては「形見分け」といって、遺族や故人の友人などが遺品を分け合っていました。

1-2.遺品整理が必要な理由

個人の持ちものが少なかった時代ならば、遺品は親族や友人で分ければよかったのです。しかし、現在は遺品の数も多くなり、形見分けでは遺品のすべてを片づけることはできなくなりました。また、核家族化が進み、親世帯と子世帯が別れて暮らしている家庭も珍しくありません。そのため、家具家電や洋服などが残されても不要になりがちです。また、遺品が残っていると家の処分も満足に行えません。取り壊すにしろ賃貸に出すにしろ、遺品を処分して家を空っぽにする必要があります。

1-3.遺品整理の問題

遺品整理で最も多い悩みは、遺品の多さと遺品整理にかける時間がない、ということです。特に、故人が一戸建ての持ち家に住んでいた場合は、収納スペースすべてがもので埋まっているということも珍しくありません。遺品が多いほど、整理には時間がかかるのです。
また、骨とう品や美術品が大量に残されていた場合、価値が分からず、処分方法に困ることもあります。さらに、遺品が高額で売却できた場合は、その分配方法を巡ってトラブルが起きることも珍しくありません。

12