遺品整理において「車」の名義変更をする方法や廃車のやり方・注意点

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品の中には整理が難しいものもあるでしょう。
特に、「車」はどのように整理すれば良いのか悩んでしまいます。
車の相続手続きや処分方法に困っている人も多いはずです。
どうすれば車の相続や整理ができるのでしょうか。
そこで、車の相続手続きのやり方・名義変更、車を処分する方法、車を遺品整理する際の注意点について説明します。
車の相続手続きや遺品整理のやり方を知りたい人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 車の相続手続きのやり方
  2. 車を処分する方法
  3. 車を遺品整理する際の注意点
  4. まとめ

1.車の相続手続きのやり方

車の相続手続きはどうすれば良いのでしょうか。
相続手続きのやり方や名義変更など詳しく説明します。
いつかは必ず整理しなければならないため、事前に知識をしっかり身につけておきましょう。

1‐1.車の名義変更に必要な書類

故人が所有していた車はほとんど、遺族の誰かが相続するケースが多いです。
しかし、そのまま車を自分のものにすることはできません。
きちんと必要な書類を用意して名義変更をしなければならないのです。
そこで、車の名義変更に必要な書類を紹介します。
車の名義変更に用意しておきたい書類は以下のとおりです。

  • 故人の戸籍謄本
  • 遺産分割協議書
  • 車検証
  • 車庫証明書
  • 相続人全員の記載がある戸籍謄本や印鑑証明書

以上の5点は必ず用意しておきたい書類になるでしょう。
誰が故人の車を相続するのか、はっきりわかる書類をきちんと提示しなければなりません。
ただし、車庫証明が不要になるケースもあります。
故人と同居していた人が相続する場合、車庫証明は必要ありません。
車庫証明が必要になるのは、故人の住所とは違う場所で生活していた人だけです。

1‐2.ナンバープレートの管轄に要注意

故人の車を相続する場合、「ナンバープレートの管轄」に注意しなければなりません。管轄区域はあらかじめ決まっており、管轄区内の番号にするのが必要になっています。そのため、車を所有していた故人の管轄外に住んでいる人は注意が必要です。
名義変更をする際、自分の住まいが確認できる書類も提示しなければならないでしょう。
また、変更をする際、ナンバープレートも変えなくてはならないのです。
番号を変えずにそのまま使用していては、警察に引っかかってしまいます。
車を安心して利用するためにもナンバープレートの管轄に注意してくださいね。

1‐3.手続きは管轄である「陸運局」でする

遺品整理における車の相続は、どこですれば良いのか悩む人も多いでしょう。
役場や市役所でするのか悩みますが、相続手続きは管轄である「陸運局」でします。
陸運局は全国各地にあるので1番近い場所を選んでください。
そして、手続きをする際は必ず必要な書類を持参しましょう。
状況によっては必要な書類が変わる可能性もあるので、事前に電話などで確認しておくと安心ですね。
スムーズに手続きができるよう、必要な書類をしっかりチェックしておきましょう。

2.車を処分する方法

2‐1.買い取り業者を利用する

車を相続するつもりだったけれど処分になったケースもあります。
いざというときのために、車を処分する方法についてもしっかりチェックしておきましょう。
車を処分する際、多くの人が買い取り業者を利用します。
買い取り業者に利用するメリットは、「処分と同時に売ったお金が手に入ること」です。
まだ、利用できる車をそのまま廃棄するのは非常にもったいありません。
遺族間で車を欲しがっている人がいれば譲るのも1つの方法でしょう。
しかし、誰も欲しがっている人がいなければ買い取り業者を利用してみてください。
買い取り業者の中には、高い値段で買い取ってくれるところもあります。
できるだけ高い値段で売りたい人は、さまざまな業者から見積もりを出してもらうと良いでしょう。
数社見積もりを比較することで1番高いところで売れますよ。

2‐2.遺品整理サービスを利用する

最近では、遺品整理を業者に依頼する人が増えてきました。
車の処分を受けつけている遺品整理サービス業者もあるのです。
車の廃車手続きを業者がサポートしてくれるでしょう。
車の中には買い取ってほしくても買い取りができないものもあるはずです。
買い取りできない車は廃棄するしかありません。
そこで、遺品整理業者の廃棄サービスを利用してみてはいかがでしょうか。
遺品整理業者の廃車サービスならスムーズに車の処分ができますよ。
業者によってはすべて任せることができるため、何も心配はいりません。
どのような内容で車を処分してくれるのか、しっかりチェックしてくださいね。

3.車を遺品整理する際の注意点

3‐1.できるだけ費用をかけずに廃車する方法

相続せずに車を廃車する際、相続人が廃車の費用を支払わなければなりません。
業者によって異なりますが、廃車の費用はできるだけ抑えておきたいですよね。
そこで、おすすめしたいのが費用をかけずに廃車する方法になります。
廃車の費用を抑える方法として、所定の手続きは自分でやっていきましょう。
自分でできる廃車手続きは業者に依頼しないでください。
自分でできる範囲は積極的に自分でしていきましょう。
すべて業者に任せてしまうと余計にお金がかかってしまうので要注意です。
遺品整理にあまり時間とお金をかけたくないからこそ、効率的な方法で車を処分していきましょう。

3‐2.業者の「見積もり」を数社比較する

車を遺品整理する際、業者に依頼する人は「見積もり」をしっかり確認しなければなりません。
業者によって見積もりの内容が異なります。
1社だけにしぼってしまうと高い費用がかかってしまうものです。
できるだけ費用を抑えるためにも数社の見積もりを比較してください。
比較することで費用が安い業者が見つかりやすくなります。
また、業者によって遺品に対する思いや扱い方が異なるでしょう。
丁寧に扱ってくれるかどうか、しっかり責任持ってくれるかどうか、業者の対応を見ながら確認してくださいね。
丁寧に対応してくれない業者は信用できません。
中には、車をきちんと廃車に回さず放棄する業者もいるので要注意です。

4.まとめ

車の相続手続きのやり方や車を処分する方法、車を遺品整理する際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
遺品整理をする際、車は誰が相続するのか悩んでしまうものです。
基本的に故人と同居していた人が相続するようになるでしょう。
遺言書があれば、内容どおりに車を相続することが大切ですよ。
遺言書がある人は、車について記載していないかどうか必ず確認してくださいね。
そして、上手に相続できるようにきちんと知識を身につけておきましょう。
あらかじめ、「陸運局」にどのような書類が必要なのか、確認しておくことも大切ですよ。

  • 車の名義変更に必要な書類
  • ナンバープレートの管轄に要注意
  • 手続きは管轄である「陸運局」でする
  • 買い取り業者を利用する
  • 遺品整理サービスを上手に利用する
  • できるだけ費用をかけずに廃車する方法
  • 業者の「見積もり」を数社比較する

以上の項目はぜひチェックしておきたいポイントになります。
スムーズに遺品整理をするためにも、車の相続手続きや廃車のやり方をマスターしておいてくださいね。
そして、業者に依頼する場合は数社の業者を比較することが大切です。
比較していかなければ悪徳業者に引っかかってしまいますよ。
内容を確認しつつ信用できる業者に依頼しましょう。