遺言書の効力について知る!~自分の思いを確実に遺すために~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺言が持つ効力についてご存じでしょうか? 近年は「終活」という言葉が注目を集め、遺言書を遺(のこ)す人も増えてきています。遺言書は相続トラブルを防ぐ上でも非常に重要になるため、正しい書き方を把握しておく必要があるでしょう。この記事では、遺言書の効力や書き方など、知っておくべきことをまとめてご紹介します。

  1. 遺言・遺言書とは?
  2. 遺言の効力について
  3. 遺言書について
  4. 遺言書を書いたらどうするのか?
  5. 遺言書作成を依頼する場合
  6. 遺言書の開封について
  7. 遺言に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺言書を作成する上で知っておくべきことが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.遺言・遺言書とは?

まずは、遺言書の目的や種類・必要性などをまとめてご紹介します。

1-1.遺言・遺言書とは?

遺言とは、自らの死後のために遺(のこ)す言葉のことです。遺言書は遺言を書き留めた書類のことで、基本的に何を書いてもかまいません。ただし、相続や財産の処分・身内に関する事項については、規定どおりに作成することで法的な効力を持つのが特徴です。

1-2.目的

遺言書を遺(のこ)す目的には、以下のようなものがあります。

  • 遺族間のトラブルを予防する
  • 渡したい人に財産を確実に渡るようにする
  • 相続手続きの負担を軽減する
  • 相続税対策
  • 自分の思いを遺(のこ)す

1-3.種類

遺言書には、大きく分けて「普通方式遺言」と「特別方式遺言」があります。

1-3-1.普通方式遺言

普通方式遺言とは、日常生活の中で遺(のこ)す遺言のことです。「公正証書遺言」「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。

  • 公正証書遺言:公証人が作成し、原本を公証役場で保管してもらう方式
  • 自筆証書遺言:遺言の全文を自書し、押印して作成する方式
  • 秘密証書遺言:公証役場で手続きをするが、内容を公証人に秘密にできる方式

1-3-2.特別方式遺言

特別方式遺言とは、普通方式遺言が不可能な場合に緊急で作成する遺言のことです。「一般危急時遺言」「難船危急時遺言」「一般隔絶地遺言」「船舶隔絶地遺言」の4種類があります。

  • 一般危急時遺言:病気や負傷で死亡の危急が迫った人が遺(のこ)す遺言
  • 難船危急時遺言:船舶や飛行機に乗っていて死亡の危急が迫った人が遺(のこ)す遺言
  • 一般隔絶地遺言:伝染病によって隔離された場所にいる人が遺(のこ)す遺言
  • 船舶隔絶地遺言:船舶に乗っていて陸地から離れた場所にいる人が遺(のこ)す遺言

1-4.必要性とメリット

遺言書を遺(のこ)す最大のメリットは、相続手続きで遺族がもめるのを防ぐことにあります。相続人同士が一つ一つの財産について分配方法を考えるのは大変なことです。遺言書で何をどのように相続するのか決まっていれば、そのようなもめごとが起こることはないでしょう。相続人の手間を省くためにも、遺言書は必要な場合が多いのです。