遺品整理で売れるものとは? 売るメリットとおすすめの方法を紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

遺品整理をしていて「売れるものはないのか?」と思うことがあるでしょう。遺品整理では生前故人が所有していたさまざまなものを処分することになります。中には、まだ新しいものや使えるものもたくさんあるでしょう。そういったものを廃棄してしまうのはもったいない気がしますよね。売ることで必要な人に使ってもらうのも一つの方法です。しかし、「どんな遺品でも売ってよいのか?」「売る方法が分からない」という人も多いでしょう。この記事では、遺品整理で売れるものや売るための方法などを詳しくご紹介します。

  1. 遺品整理について
  2. 遺品整理で売れるものとは?
  3. 遺品整理で売れるものの買い取り方法
  4. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で売れるものについて知ることができるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.遺品整理について

まずは、遺品整理について詳しくご紹介します。

1-1.遺品とは?

遺品とは、故人が生前所有していたもののことです。家具や家電・衣類・書籍・趣味のアイテムなど、身の回りのものすべてを遺品として扱うことになります。貴金属や腕時計などの貴重品も遺品に該当するため、その扱いには十分注意が必要です。ただし、現預金や不動産のような財産は、遺品ではなく「遺産」として扱うことになります。

1-2.いつ誰が整理するのか?

遺品整理とは、故人が残したものを整理することをいいます。一般的には亡くなった人の家族が行うものです。遺品整理の時期に決まりはありませんが、賃貸物件の明け渡し期限などがない限りは自分のタイミングで行って問題ないでしょう。親族トラブルを避けるために、四十九日法要など親族が集まるタイミングで遺品整理をする人も少なくありません。

1-3.主な方法

遺品整理はまず、遺品を仕分けすることから開始します。「残すもの」「不要なもの」「形見分けするもの」というように分類していきましょう。そして、分類したものの処理方法を決めていく必要があります。残すものをどのように整理してどこに保管するのか、形見分けはいつ行うのかを決めていきましょう。最後に、不要なものをどう処分するのか考えます。大型の家具や家電は粗大ゴミに出す方法もありますが、自治体によって分類や出し方のルールが異なるため、確認が必要です。

1-4.ポイントと注意点

遺品整理をする際は、トラブルにならないように十分気をつけましょう。「勝手に遺品を処分した」「遺品の分配に納得がいかない」などの理由で親族トラブルが発生するケースも珍しくありません。また、遺品整理の途中で遺言書が出てきた場合は、勝手に開封すると罰金の対象になるということを覚えておきましょう。家庭裁判所での手続きが必要になるため、取り扱いには十分注意してください。

1-5.最近の傾向

遺品整理をめぐる最近の傾向としては、遺品整理作業を業者に依頼する人が急増しています。「兄弟がいないので一人で遺品整理をしなければならない」「遠方に住んでいるので通うのが難しい」などの理由から、遺品整理業者の需要が高まってきているのです。遺品整理業者の数も全国で増大しており、遺品の供養や部屋の清掃など多様なサービスを展開する業者も増えてきてます。

12