遺品整理のポイントとは?〜ゴミ屋敷問題を解決するために〜

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

家族・身内が亡くなったときに、必ずやらなければならないのが「遺品整理」です。不用品が多いほど遺品整理に時間と手間がかかり、途中で放棄するケースが増えています。また、孤独死の増加とともに、遺品整理を行う家族がいない結果、ゴミ屋敷化するという問題が浮上してきているのです。ゴミ屋敷化を避けるためにも、まずは、遺品整理のポイントを知ることが大切でしょう。そこで、本記事では、遺品整理をスムーズに行うための方法とポイントを解説します。

  1. ゴミ屋敷の遺品整理について
  2. ゴミ屋敷の遺品整理を家族で行う方法
  3. ゴミ屋敷の遺品整理を業者に頼む場合
  4. ゴミ屋敷の遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、ゴミ屋敷の遺品整理をスムーズに行う方法とポイントが分かります。気になっている方や困っている方は、ぜひチェックしてください。


1.ゴミ屋敷の遺品整理について

まずは、ゴミ屋敷の遺品整理の必要性と行うべき人、大変なことについて説明します。

1-1.ゴミ屋敷問題

家の中だけでなく、敷地内がゴミと不用品でいっぱいになっているのが「ゴミ屋敷」です。ゴミ屋敷はテレビで取り上げられることも多く、社会問題となっています。常にゴミに囲まれている状態は不衛生で、住人の生活環境が悪化するだけではありません。たまっているゴミ・不用品から漂う悪臭や害虫発生により、近隣住民とのトラブルにも発展しやすくなります。また、腐敗物による自然発火が原因の火災・不法投棄のゴミ捨て場になるケースも増えているのです。ゴミ屋敷は、さまざまな悪影響をおよぼす原因になりかねません。

1-2.整理しなければならない理由

前述したとおり、ゴミ屋敷を放置すると多方面に悪影響をおよぼします。特に、近隣住民とのトラブルが大きな問題になるでしょう。ゴミ屋敷は身内だけの問題ではないため、できるだけ早めに掃除し整理しなければなりません。また、遺品の中には、不動産・動産・債券・現金など相続税がかかるものもあります。相続に関する手続きは早めに済ませなければならないため、遺品整理もできるだけ早いうちに終わらせることが必要なのです。

1-3.誰が行うべきか

基本的に、遺品整理は相続者が行うことになります。親が亡くなったときは、相続者となる子どもが遺品整理を行わなければなりません。ただし、相続放棄をした方は遺品整理ができないので注意してください。相続放棄を考えている方も、遺品整理をしてしまうと放棄ができなくなるので注意が必要です。また、遺品整理を行う場合は、親族全員が集まりやすい時期に行うのがポイントとなります。通夜と葬式はバタバタしがちなので、落ち着き始めた49日過ぎに親族で行うのが理想的です。

1-4.大変なことについて

ゴミ屋敷の遺品整理には、大変なことがたくさんあります。たとえば、不用品の多さから片づけられないことです。ゴミ屋敷は大量のゴミであふれているため、自分たちで片づけようとしてもなかなかうまくいきません。想像以上に、手間と時間がかかるでしょう。また、どこに何があるのか分からず、大切なものに気がつかずにそのまま処分してしまったというケースもあります。不用品のゴミが多いほど、大変なことがたくさん出てくるものです。

12