孤独死の現場で必要な清掃について解説! 通常の清掃との違いは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

「親や兄弟、親族が孤独死してしまった」というケースは、今では珍しいことではありません。そのため、「孤独死した現場を掃除しなければならないが、どこに依頼していいか困っている」と悩んでいる人もいるでしょう。孤独死の現場は通常の清掃では完全に掃除しきれません。また、危険もあります。

今回は、孤独死の現場清掃について解説しましょう。

  1. 孤独死の対処法
  2. 孤独死現場の清掃は個人では不可能
  3. 孤独死現場の清掃を依頼できる業者
  4. 孤独死現場の清掃方法
  5. 孤独死現場の清掃に関するよくある質問

この記事を読めば、孤独死の現場で専用の清掃が必要な理由や、業者の選び方もわかるでしょう。特殊清掃について詳しく知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.孤独死の対処法

孤独死の現場を見つけたら、どうすればいいのでしょうか? 清掃について説明する前に、孤独死の現場を見つけたらどうすればいいのかを解説します。

1-1.まずは警察に連絡する

孤独死とは、誰にも看取られずに人が亡くなってしばらくしてから発見されることです。1人暮らしで他人との交流が少ない人ほど、孤独死のリスクは高まります。孤独死が発見される状況はさまざまです。遺体を発見するケースもある一方で、虫や悪臭が発生して「中で人が孤独死している可能性が高い」と連絡が来るケースもあるでしょう。孤独死の現場を発見したら、まずは警察に連絡してください。事件性があるかもしれません。勝手に遺体を動かさないように注意しましょう。

1-2.事件性がなければ清掃ができる

孤独死は不審死の一種なので、警察が現場検証を行います。そして、事件性なしと判断されたら清掃をしてもかまいません。遺体は運び出してくれますが、部屋の片づけは遺族が行う必要があります。なお、事件性がある場合は現場が保存されるので、勝手にものを動かすことはできません。

1-3.親族や縁者を探す必要があるケース

1人暮らしの人がアパートなどで孤独死をして大家さんが発見した場合、親族や縁者に連絡を取り、部屋の片づけをしてもらう必要があります。荷物は個人のものですから、大家さんや管理会社が勝手に処分することはできません。まずは賃貸契約時の保証人に連絡しましょう。

2.孤独死現場の清掃は個人では不可能

亡くなった直後に発見された現場でない限り、孤独死の現場はとても汚れています。また、汚れから感染症にかかる恐れもあるでしょう。悪臭や害虫も発生していれば、その駆除も必要です。さらに、現場で使用した清掃用具や汚れがついたものは、通常のゴミとして処分することはできません。専門の業者へ処分を依頼することが必要です。ですから、孤独死現場の清掃は個人では不可能と考えましょう。一般的なハウスクリーニング業者でも引き受けてもらえません。専門の業者に依頼しましょう。

3.孤独死現場の清掃を依頼できる業者

では、孤独死現場の清掃は、どこに依頼すればいいのでしょうか? この項では、孤独死現場を清掃する業者について解説します。

3-1.特殊清掃業者に依頼する

孤独死現場の掃除を請け負う業者は、「特殊清掃」と名乗っていることが一般的です。特殊清掃を専門で行っているところもあれば、ゴミ屋敷の片づけや遺品整理と一緒に行っているところもあるでしょう。まずはインターネットやイエローページなどで最寄りの業者を探してみてください。

3-2.業者によって依頼できる内容は異なる

特殊清掃業者は、業者ごとに依頼できる内容が異なります。清掃・消臭だけを行うところもあれば、部屋に残された家具家電類の処分や遺品整理まで請け負ってくれるところもあるでしょう。どこまで依頼したいかはっきりさせてから業者を選ぶことがおすすめです。

3-3.値段よりも実績で業者を選ぶ

特殊清掃にかかる費用は業者によって異なりますが、一般的なハウスクリーニングより高価です。ワンルームでも10万円台はかかると思っておきましょう。近年は特殊清掃を行う業者も増え、安さをウリにする業者も出てきました。しかし、孤独死現場の清掃はただ汚れを掃除するだけでなく、消臭や消毒も大切です。消臭や消毒がいいかげんだと、見た目がキレイになってもその部屋を使うことは難しいでしょう。今は実績をサイトで紹介している業者も増えています。安さより実績をウリにしている業者を選ぶことが大切です。

4.孤独死現場の清掃方法

では、実際に孤独死の現場ではどのような清掃が行われるのでしょうか? この項では手順の一例を紹介します。

4-1.現場の確認や依頼者との打ち合わせ

清掃業者に依頼すると、まず現場の確認や打ち合わせを行います。その際に見積もりが提示され、依頼者が納得すれば契約となるでしょう。希望があったらそのときに伝えてください。

4-2.清掃は業者だけで行う

孤独死現場の清掃は業者だけで行います。前述したように、汚れから感染症にかかる危険があるほか、強い薬剤を使うので個人が勝手に手を出すことはできません。業者にすべて任せましょう。掃除・消臭・害虫駆除のほか、遺体由来の汚れが付着したものの運び出しや、遺品整理などを行うケースもあります。

4-3.清掃は数時間で終わる

孤独死現場の清掃は、早急さが求められるので数時間で終わることがほとんどです。ただし、汚れがひどくリフォームが必要な場合は、後日までかかることがあります。清掃が終わり、汚れたものがすべて運びだされたら、遺族が遺品整理などをすることができるようになるでしょう。

5.孤独死現場の清掃に関するよくある質問

この項では、孤独死現場の清掃に関する質問を紹介します。

Q.孤独死の現場はすべて特殊清掃が必要なのでしょうか?
A.たとえば、死後数時間で発見された場合は必要ないケースもあります。しかし、そのようなケースはごくまれです。

Q.賃貸契約時の保証人になっていた部屋の住人が孤独死した場合、保証人は原状回復の義務があるでしょうか?
A.はい。賃貸契約時の保証人になっている場合は、義務があります。納得できない場合は弁護士に相談しましょう。

Q.専門の業者に最低限のことをしてもらって、あとは遺族で掃除を行うことは可能ですか?
A.はい。遺体由来の汚れの清掃や消臭・害虫駆除が終われば、個人でも掃除ができます。

Q.大家さんが勝手に孤独死現場の掃除をすることはできないのでしょうか?
A.通常、賃借人の荷物は大家さんや管理会社でも勝手に処分することはできません。ただし、悪臭や害虫が発生していれば近所迷惑にもなるので、緊急的な措置として掃除するケースがほとんどです。また、孤独死のリスクを見込んで契約する際、何かがあった場合は大家さんや管理会社が荷物を処分してもよいと契約書に記載されていることもあります。

Q.清掃をしっかりすれば、また部屋を使えるでしょうか?
A.はい。もちろんです。

まとめ

今回は、孤独死現場の掃除について解説しました。孤独死現場はひどい汚れがつき、悪臭・害虫が発生しているケースが多くあります。警察の現場検証を受けた後、できるだけ早く専門業者に依頼し、掃除をしてもらいましょう。時間が経つほど掃除は大変になります。