孤独死対策を5つ紹介! 現状や原因を把握して孤独死を防ぐ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「孤独死を防ぐための対策を知りたい」という人は多いでしょう。高齢化が進む今の時代には、孤独死の心配を抱えている高齢者が数多くいます。早めに対策をすることで孤独死を防ぐことができる可能性もあるため、どのような対策があるのか知っておきましょう。

この記事では、孤独死の現状や原因・対策方法などをまとめてご紹介します。

  1. 孤独死の現状を紹介
  2. 孤独死が起こる原因は?
  3. 孤独死によって発生する問題
  4. 孤独死を防ぐ対策5つ
  5. 孤独死に関するよくある質問

この記事を読むことで、孤独死が増えている理由や、孤独死を防ぐために必要な準備などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.孤独死の現状を紹介

まずは、孤独死の現状をご紹介しましょう。

1-1.高齢者の半数近くが孤独死を心配している

高齢者のうち、半数近くが孤独死を心配していることが分かっています。少子高齢化が進み、子供と離れて一人暮らしをする高齢者が増えているのが現状です。中には、子供が遠方に住んでいて「年に1~2回会う程度」という人も少なくありません。そういった状況で暮らす高齢者は「自宅で突然亡くなっても見つけてもらえないのではないか」という不安を、少なからず持っているのです。

1-2.10年で2倍に増えているのが現状

実際に、孤独死はこの10年で約2倍に増えています。その多くが、病気やケガが原因です。持病による発作が起きてそのまま亡くなってしまったケースや、転倒によるケガで動くことができなくなり、衰弱して死に至ったケースもあります。亡くなったことに周囲が気づかず、発見まで時間がたってしまっていた例も少なくありません。

1-3.若者の孤独死も増えている

近年は若者の孤独死も問題になっています。一人暮らしをしていた20代や30代の若者が、突然死してしまうケースも珍しくないのです。友人や近隣住民との付き合いがなく、連絡が付かないことを不審に思った家族が発見するまで、何週間も経過していたという例もあります。

2.孤独死が起こる原因は?

孤独死の原因として多いものをまとめました。

2-1.家族と離れて暮らしている

孤独死の原因として最も多いのが、家族と離れて一人で暮らす高齢者が増えていることです。少子化がすすんだ今の時代、「兄弟のうちの誰かが親と暮らす」ということが当たり前ではなくなってきています。一人っ子の家庭も多く、その子供も仕事の関係などで親と遠く離れて暮らしているケースも珍しくありません。こまめに連絡を取り合っていれば親の体調不良に気付くことができる場合もあると思いますが、「少し連絡を取らずにいるうちに亡くなっていた」という例も多いのです。

2-2.近隣とのコミュニケーション不足

近隣とのコミュニケーションが不足し、社会的に孤立してしまうことも孤独死の原因です。妻に先立たれた男性の孤独死が多いのはそのためでしょう。近隣住民とのコミュニケーションをしっかり取っておけば、何かあったときに頼ることができます。また、具合が悪くて外に出ることができなくなったとき、様子を見にきてくれる可能性もあるでしょう。

2-3.未婚者の増加も原因の一つ

そもそも、未婚率が増加していることも孤独死が増える原因になっています。結婚そのものをしないため、高齢になってから必然的に一人で暮らすことになってしまうのです。そのため、誰にも看取(みと)られることなく孤独死してしまうケースが増えることにつながります。

3.孤独死によって発生する問題

孤独死をすることによってどのような問題が発生するのでしょうか。

3-1.清掃や原状回復に多大な費用がかかる

孤独死の発見が遅れ、遺体の腐敗がすすんでいた場合、部屋の清掃や原状回復工事に多大な費用がかかります。特殊清掃や床・壁クロスの張り替えが必要になることもあるでしょう。その費用は基本的に遺族が負うことになるのです。また、孤独死した人が賃貸物件に住んでいた場合、管理会社から損害賠償金を請求される可能性もあるでしょう。

3-2.人に迷惑をかける

孤独死はさまざまな人に迷惑をかけることにもなります。たとえば、集合住宅で孤独死が発生した場合、腐敗した遺体の臭いが室外に漏れ出し、近隣住民が大きな精神的被害を負うこともあるでしょう。また、賃貸物件の場合は、孤独死が発生したことで事故物件扱いとなるため、入居者が集まりにくくなるという問題も発生します。このように、孤独死は他人にも大きな迷惑をかけることになるということを覚えておきましょう。

3-3.悪質な清掃業者にだまされる可能性も

孤独死した現場は特殊清掃が必要になる場合がほとんどなので、業者に依頼することになるでしょう。悪質な清掃業者を選んでしまい、トラブルに巻き込まれる例も珍しくありません。適切な特殊清掃を行わず高額な料金を請求された例も多いため、十分注意が必要です。

4.孤独死を防ぐ対策5つ

孤独死を防ぐためにできる対策についてご紹介しましょう。

4-1.自治体のサービスを利用する

自治体によっては高齢者の見守りサービスを実施しているところもあります。ボランティアスタッフが定期的に高齢者宅を訪問して安否確認や声かけを行っている自治体も多いため、確認してみるとよいでしょう。また、新聞配達業者や水道業者などと連携し、巡回ついでに見守りを行っている自治体もあります。

4-2.訪問サービスを利用する

定期的に誰かが家に来るサービスを利用するのもよいでしょう。日用品や食事の宅配サービスや、ホームヘルパーなどの訪問介護などの利用がおすすめです。「具合が悪い」「ケガをした」などの問題があっても、訪問した際に気づいてもらうことができます。

4-3.見守り家電を利用する

最近は、見守り家電を利用することで孤独死を防止する方法も人気です。見守り家電を使用すると遠くに住む家族に通知がいく仕組みになっているため、日常生活を送れていることを知らせることができます。電話やメールをしなくても安否確認ができるため、大変便利です。

4-4.地域とかかわりを持つ

自分自身でできる対策としては、地域と積極的にかかわりを持つようにしましょう。できるだけ外に出て近隣住民と挨拶を交わすようにするだけでも、万が一のとき気にかけてもらえるはずです。また、地域のイベントなどにも積極的に参加するように心がけましょう。

4-5.高齢者向け施設に入居する

孤独死対策として、高齢者向け施設への入居を検討する人も増えています。老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などに入居すれば、普段から見守りを受けることができるでしょう。遠方に住んでいる家族にとっても、最も安心できる対策といえます。

5.孤独死に関するよくある質問

「孤独死について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.孤独死の直接的な死因としては、何が多いのでしょうか?
A.心筋梗塞や脳いっ血などが多くなっています。高血圧症や糖尿病などの生活習慣病にかかっていると起こりやすくなるため、不摂生な生活を続けている人は要注意です。

Q.遺品整理と特殊清掃を同時に依頼することはできますか?
A.ファンデックスでは、遺品整理と特殊清掃のどちらも実施可能です。こちらから無料見積もりを受け付けているのでチェックしてみてください。

Q.特殊清掃にはどのくらい時間がかかりますか?
A.部屋の広さや汚れの程度によりますが、1~3日程度です。また、フローリングの張り替えなどが必要な場合は1週間ほどかかることもあります。

Q.孤独死しやすい人の特徴を教えてください。
A.自宅に引きこもりな人・人との交流を嫌う人・料理や片付けができない人・経済的な余裕がない人などが孤独死しやすいといわれています。

Q.特殊清掃業者を選ぶポイントは何でしょうか?
A.豊富な実績があるか・詳細な見積もりを出してくれるか・料金体系は明確か・丁寧な対応かなどをチェックすることをおすすめします。

まとめ

孤独死の原因や予防のための対策などを詳しくご紹介しました。孤独死を「他人事ではない」と感じている人も多いでしょう。高齢になっても安心して暮らすことができるよう、どんな対策をすべきか考えてみてください。