必見!知っておくべき不用品の片付けにかんするルールと賢い処分方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

不用品の片付けにお困りではありませんか?使わなくなった家具や買い替えることになった家電など、生活している上で必ず不用品は発生するでしょう。「早く処分してすっきりした部屋にしたい」と思っても、どうやって処分するべきか迷いますよね。不用品を片付ける方法はいくつか選択肢があり、それぞれにメリットとデメリットがあるのです。どの方法が適しているのか知っておく必要があるでしょう。この記事では、不用品の処分を自分で行う方法と業者に依頼する方法などをまとめて解説します。

  1. 不用品の片付けにかんする基礎知識
  2. 不用品を片付ける際の注意点
  3. 不用品の片付け方法
  4. 不用品の片付けと買い取りについて
  5. 不用品の片付け、業者選び
  6. 不用品の片付けにかんするよくある質問

この記事を読むことで、不用品を処分するベストな方法がわかるはずです。最も楽でお得に片付けられる方法を知ってください。


1.不用品の片付けにかんする基礎知識

まずは、不用品の種類とそれぞれの処分方法について解説しましょう。

1-1.不用品とは何か?

一般的に不用品とは「いらないもの」のことです。あっても役に立たないもの・使わないものという意味でもあります。同じ読み方で「不要品」という言葉もありますが、こちらは「壊れていないこと」が前提です。そのため、リサイクルショップなどで買い取ってもらえるのは「不要品」になります。「不用品」は壊れていて使えないものであるため、引き取ってもらえたとしてもジャンク品として販売されることになるでしょう。

1-2.粗大ゴミの種類あれこれ

大きな不用品を処分する際に、まず思い浮かぶのが自治体回収による粗大ゴミとして捨てる方法でしょう。粗大ゴミとは、指定ゴミ袋に入りきらないサイズの不用品を言います。たとえば、洋服タンスやベッド・布団・自転車などは大きさ的に粗大ゴミ扱いになることがほとんどです。自分で市の処理施設に持ち込むか、指定の回収場所まで取りに来てもらう方法があります。

1-3.家電はどうやって処分するのか?

いらなくなった家電を処分する際は、注意が必要です。まず、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目は「家電リサイクル法」の対象となるため、粗大ゴミとして捨てることはできません。基本的には小売店に回収義務があり、消費者はリサイクル料金を支払って回収してもらう必要があるのです。また、携帯電話やデジタルカメラなどの小型家電についても「小型家電リサイクル法」によって回収がすすめられています。市町村によっては回収ボックスなどを設置していることもあるため、調べておく必要があるでしょう。

1-4.パソコンの捨て方

パソコンは「資源有効利用促進法」により、メーカーによる自主回収とリサイクルが義務づけられています。そのため、基本的に自治体が回収するゴミとして捨てることはできなくなったのです。PCリサイクルマークがついているパソコンについては、無償で回収してもらえます。回収方法はメーカーによって異なるため、事前に問い合わせておきましょう。

1-5.そのほかの特殊な不用品

乾電池や蛍光管・水銀体温計などは、特殊な不用品であると考えてください。専用のゴミ袋に入れて捨てることができない自治体もあるため、事前に確認しておきましょう。「どうやって処分すればよいのかわからない」という場合は、不用品回収を行っている専門業者に依頼するとスムーズです。