形見分けのトラブルが心配な人へ! よくある事例と対策法を教えます!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「親が亡くなって形見分けをする予定だけど、トラブルが多いと聞いて不安だ」「形見分けでよくあるトラブル事例を知りたい」とお考えではありませんか? 形見分けでトラブルが起きると、親族間に深い溝ができてしまうことがあります。思わぬトラブルを避けるためにも、まずは、よくあるトラブル事例や対処法を知っておくことが必要です。

そこで今回は、形見分けのトラブルについて詳しく解説します。

  1. 形見分けとは?
  2. 形見分けでよくあるトラブル事例
  3. 形見分けでトラブルが発生したときの対処法
  4. 形見分けを行うときの注意点
  5. 形見分けのトラブルに関するよくある質問

この記事を読むことで、形見分けでトラブルが起きたときの対処法や注意点がよく分かります。形見分けの予定がある人は、記事を読んでみてください。


1.形見分けとは?

最初に、形見分けとはどんなことをするのか見ていきましょう。

1-1.故人をしのんで遺品を分けること

形見分けとは、故人をしのんで遺品を分けることです。形見分けは、所有者がいなくなっても、残されたものを大切に使うべきだという考えにより、古くから続いています。形見分けされるものは、主に以下のようなものです。

  • アクセサリー
  • 時計
  • 洋服
  • 着物
  • 万年筆
  • 骨とう品
  • 趣味のコレクション

上記のほかにも、金銭価値が高いものを形見分けすることが多く見られます。

1-2.49日法要後などに行うことが多い

形見分けは、49日法要後などで親族が集まったときに行うケースが多くなります。49日法要では納骨を同時に行うことで、供養の一区切りになることや、遠方の親族まで集まる機会がなかなかないからです。なお、今は葬儀の後に法要をすぐ行うことも多く、場合によっては形見分けを郵送などで済ませるケースもあります。

1-3.形見分けは義務ではない

形見分けは、必ずしも行う義務はありません。実際に、遺族の考えにより形見分けを行わないケースも増えています。ただし、親族が黙っていないことも多く、結局形見分けを行う人になりがちなのが現実です。親族間にわだかまりを残さないためにも、希望者がいる場合は形見分けしておいたほうが無難でしょう。

2.形見分けでよくあるトラブル事例

形見分けでよくありがちなトラブル事例を5つご紹介します。

2-1.形見分けの内容が不公平だと非難された

形見分けのトラブルとして、内容が不公平だと非難されるケースがよく見られます。Aさんは故人の遺品が多かったこともあり、親族それぞれに複数のものを独自に選び、形見分けとして渡しました。しかし、一部の親族から形見分けの内容が不公平だからやり直してほしいと言われたのです。すべての親族に対して公平に形見分けするのはとても困難なので断ったところ、Aさんはその親族から絶縁されてしまいました。

2-2.故人との口約束を主張する人がいる

故人と生前に口約束をしていたことを主張し、形見分けを要求されるケースもあります。Bさんは、親の49日法要が終わったので親族に形見分けをしようと声をかけました。そして、集まってくれた親族に対して、それぞれ使ってもらえそうなものを考えて渡したのです。ところが、故人と生前に口約束でもらうことになっていたと主張して引かない人が出てきました。故人からもらい受ける約束をした主張するものは、とても高価な着物であり、Bさんは形見分けするつもりはないので困ってしまったのです。

2-3.思わぬ人から形見分けを要求される

思わぬ人から形見分けを要求されるのも、よくあるトラブルの一つです。Cさんは、形見分けの対象者をごく近い親族や故人と親しく交流があった人だけにすることにしました。ところが、何のトラブルもなく形見分けが終わってホッとしたのもつかの間、まったく面識のない人から要求されたのです。通夜にも葬儀にも顔を見せず、初めて名前を聞く人からの要求に驚くばかりでしたが、故人と親しかった人である可能性を捨てきれず、結局希望するものを形見分けすることになりました。

2-4.一部の親族が勝手に好きなものを形見として持ち去った

形見分けの際、一部の親族が勝手に好きなものを持ち去ってしまうこともよくあります。Dさんは、法要が一通り済んでから、親族の希望を参考にしてきちんと形見分けする予定でした。ところが、いざ形見分けをしようと思ったところ、一部の親族が勝手に家の中を物色して好きなものを持ち帰ってしまったのです。中には、Dさんと故人の思い出が詰まった大切なものもあり、悲しい気持ちになってしまいました。何とか返却してもらえたものの、その親族とDさんはずっと疎遠になったままです。

2-5.親族の了解を得ずに遺品を処分してしまった

親族の了解を得ずに遺品を処分してしまうと、思わぬトラブルにつながることがあります。普段から整理整頓が好きなEさんは、親が亡くなったことで実家の遺品を処分することにしました。ところが、ある日親族から遺品を形見分けしてほしいとの申し出があったのです。しかし、多くのものは買取に出したり処分したりした後であり、希望をかなえることはできませんでした。Eさんは、親族から非常識だと言われ、親族との付き合いに長いこと支障が出てしまいました。

3.形見分けでトラブルが発生したときの対処法

形見分けでトラブルが発生したときの対処法を詳しく見ていきましょう。

3-1.問題を正しく把握する

形見分けでトラブルが発生したときは、見当違いな対処をしないためにも最初に問題を正しく把握することが大切です。誰がどんなことに対して不満を持っているのか、トラブルになった原因は何かなど、じっくり考えてみましょう。同時に、簡単に解決できるものか、時間や専門知識を必要とするものか見極める必要があります。

3-2.親族間でよく話し合う

親族間でよく話し合うことも必要です。形見分けでトラブルが発生した場合は、ちょっとした行き違いが原因になっていることが多くなります。親族間できちんと話し合うことで、スムーズに解決できることも多いはずです。なお、話し合いの場では、極力冷静に対応してください。感情的になると話し合いが平行線のままになり、いつまでも解決できません。

3-3.弁護士に相談する

形見分けで相続にかかわる問題が発生した場合は、弁護士に相談することをおすすめします。法律の知識に基づき、第三者の視点から客観的なアドバイスをしてもらえることでしょう。親族間での話し合いでまとまらなかった場合でも、弁護士が間に入ることで丸く収まることが多いものです。ただし、弁護士に相談した場合、相談料が数万円以上かかることがあります。また、裁判になった場合は、数十万円程度必要になることもあるでしょう。

4.形見分けを行うときの注意点

形見分けを行うときの主な注意点を詳しく見ていきましょう。

4-1.エンディングノートや遺言書を尊重する

故人のエンディングノートや遺言書に形見分けについて記載があったら、なるべく尊重しましょう。生前にわざわざ指定したのは、遺族間でもめてほしくないからです。故人の供養という点からも、エンディングノートや遺言書に書かれている内容を基本に進めてください。親族などから不満が出た場合は、故人の遺志を尊重した結果であることを伝えて、納得してもらうようにしましょう。

4-2.希望するものを参考にする

形見分けを行うときは、それぞれに希望するものを参考にするとよいでしょう。形見分けする予定のものをリストにまとめて回覧し、それぞれ欲しいものを第一希望~第三希望程度まで指定してもらうのです。ただし、金銭価値が高いものに人気が集中することがあります。希望者が複数になるものについては、希望に添えないこともあると事前に伝えておくことが大切です。

4-3.故人より目上の人に渡さない

形見分けは、故人より目上の人に渡さないのがマナーです。たとえば、故人の恩師や上司などに当たる人に形見分けを行うのはマナー違反になります。ただし、目上に当たる人が形見分けを希望した場合は問題ありません。また、遺言などにより故人の強い希望で形見分けをしたい場合は、先方に事情を話して理解を得てから受け取ってもらいましょう。

4-4.金銭価値が高いものは税金に注意する

特に金銭価値が高いものを形見分けする際は、税金に注意しましょう。一般的には、評価額が110万円以上になると贈与税がかかります。金銭価値が高いものの形見分けを望む人には、贈与税がかかっても欲しいのか確認しておくことが必要です。何も告げずに形見分けをすると、もらった人が贈与税の申告を忘れてしまうことなどにより、思わぬ不利益を受ける可能性があります。

4-5.形見分けの順番を考える

形見分けは、故人と縁が深い人から順番に行うのが一般的です。まずは、子ども・兄弟・孫といった近い間柄の人から進めましょう。親族以外でも、故人が特に親しくしていたりお世話になったりした人がいれば、優先順位を上げても構いません。ただし、ほかの人から不満が出ないよう、事前に説明しておくことが必要です。

4-6.相続放棄をする場合は形見分けを行わない

何らかの理由で相続放棄をする場合は、形見分けを行ってはいけません。形見分けを行うと相続する意思があるとみなされるからです。相続放棄を行うには、すべての財産を放棄する必要があります。形見分けであっても、例外とは認められないのです。相続放棄を予定している人は、対象者から外しておきましょう。

5.形見分けのトラブルに関するよくある質問

最後に、形見分けのトラブルに関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.形見分けでもらった着物が趣味に合わないので処分してよい?
A.処分して構いません。形見分けでもらった後は、所有者がどんな扱いをしても文句を言う人はいないからです。ただし、故人に感謝の気持ちを表してから処分してください。

Q.疎遠になっている親族にも形見分けするべきか?
A.無理に形見分けをする必要はありません。ただし、疎遠になっている親族でも、相続が関係してくる場合は別です。相続が絡む場合は、きちんと連絡を取って形見分けについて話をしてください。

Q.故人の借金返済のために遺品を売却したいのですが?
A.金銭価値の高い遺品を売却する場合は、親族に了承を得てからにしましょう。特に、相続権を持つ親族に無断で処分すると、思わぬトラブルに発展することがあります。しかし、借金返済に充てるためだと説明すれば、納得してくれるはずです。

Q.形見分けで残った遺品はどうすればよい?
A.特に思い入れのないものは、処分して構いません。遺品をきちんと処分することも供養の一つです。たとえば、汚れや傷みのひどいものは、自治体回収にゴミとして出したり不用品回収業者などに処分を依頼したりしましょう。

Q.遺品の処分はどんな業者に依頼すればよい?
A.以下のような条件を満たす遺品整理業者に依頼すると安心です。

  • 遺品の処分実績が豊富にある
  • 遺品整理士の資格保持者が在籍しており、遺品整理や形見分けで詳しい知識がある
  • スタッフが親切で丁寧な対応をしている
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 都合のよい日時・場所で回収してもらえる
  • 可能なものは買取もしている
  • 顧客からの評判がよい
  • 遺品供養も依頼できる
  • 古物商許可など必要な許可を取得済み

なお、当遺品整理ファンデックスでも、遺品の処分をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は、形見分けのトラブルについて詳しく解説しました。形見分けでは、思わぬとトラブルが発生しがちです。まずは、どんなトラブルが起こりやすいのかを理解し、対策しておきましょう。万が一、トラブルが発生したら、何が問題なのかをよく見極めて対処することが必要です。親族間でよく話し合ったり弁護士に相談したりして、解決を試みましょう。なお、形見分けで残った遺品は、信頼できる遺品整理業者に依頼して処分することをおすすめします。