墓じまいとはどんなときにするものなのか? 流れや費用も一挙公開!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「墓じまいとはどのようなことなのか?」「費用はどのくらいかかるのか知りたい」という人は多いでしょう。近年、さまざまな理由から墓じまいを検討する人が増えてきています。

この記事では、墓じまいの流れや依頼先・費用などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 墓じまいとは?
  2. 墓じまいを検討する理由
  3. 墓じまいの流れを紹介
  4. 墓じまいにかかる費用は?
  5. 新しい弔いの形を知ろう
  6. 墓じまいに関するよくある質問

この記事を読むことで、墓じまいに必要な手続きや、墓じまい後の弔い方について分かるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.墓じまいとは?

まずは、墓じまいの定義について解説しましょう。

1-1.お墓を撤去・処分すること

墓じまいとは、一言でいうとお墓を撤去して処分することです。お墓から遺骨を取り出し、別の形で管理することになります。墓石は解体し、お墓があった土地は更地に戻すことになるのです。土地は、墓地の管理者に返還します。

1-2.墓じまいをしないとどうなるのか?

管理する人がいなくなってしまったお墓をそのままにしておくと、やがて無縁墓になってしまいます。現在の法律では、一定期間放置されたお墓は、強制的に撤去されることになっているのです。遺骨は合祀(ごうし)墓に納骨されるため、のちに取り出すということはできなくなります。さらに、墓地管理料が未払いだった場合は、まとめて請求される可能性もあるでしょう。

2.墓じまいを検討する理由

近年、墓じまいをする人が急増しているのが現状です。墓じまいを検討する理由には、以下のようなものがあります。

2-1.お墓を継ぐ人がいない

核家族化や少子化がすすんでいる今の時代、「継承者がいない」という理由で墓じまいをする人が増えています。子どもがいない家庭や、子どもが女性だけの家庭などは、早めに墓じまいを検討するケースが多いのです。

2-2.お墓参りをするのが難しい

「体力的につらい」「遠方なので足を運ぶのが大変」という理由でお墓参りをするのが難しくなるケースも多いでしょう。お墓参りに費やす時間や交通費を考え、墓じまいを検討する人も少なくありません。

2-3.子どもへの負担をなくしたい

お墓を継ぐということは、維持管理費などの負担を背負うことにもなります。「子どもにそんな負担を負わせたくない」という理由で墓じまいを検討する人も多いでしょう。特に、一人っ子同士が結婚した場合、両家のお墓を管理することになってしまいます。負担が大きくなることを考え、墓じまいに至るケースも珍しくありません。

3.墓じまいの流れを紹介

墓じまいに必要な手続きや流れをまとめました。

3-1.墓地の管理者に届け出る

お墓を管理している霊園や寺院などに連絡してください。遺骨の移転先によっては必要な手続きについて教えてもらえることもあるため、確認しておくとよいでしょう。

3-2.必要書類を用意する

役所へ行き、必要書類を発行してもらいましょう。遺骨をほかの場所へ移す場合は、改葬許可証が必要です。また、新しい納骨先の受入証明書などが必要になる場合もあるため、確認しておきましょう。

3-3.閉眼供養をし、遺骨を取り出す

お墓から遺骨を取り出す際にお経をあげてもらう儀式のことを閉眼供養といいます。閉眼供養の際には、僧侶に1~5万円のお布施を渡しましょう。

3-4.墓石を解体し、更地にする

墓石の解体・撤去は石材店などに依頼しましょう。更地に戻して管理者に返還してください。

4.墓じまいにかかる費用は?

墓じまいにかかる費用について解説します。

4-1.1㎡あたり10万円が相場

墓石の解体や撤去・墓所を更地に戻すためにかかる費用は、1㎡あたり10万円前後が相場といわれています。さらに、お布施や檀家(だんか)料・新しい納骨先の取得費用を加えると、総額100万円以上かかる場合もあるでしょう。事前にしっかり資金計画を立てておくことをおすすめします。

4-2.費用を節約するには?

墓じまいにかかる費用を少しでも節約したいときは、墓石の解体・撤去を依頼する業者を比較して選ぶことが大切です。事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、できるだけ安い料金のところを選ぶとよいでしょう。また、墓じまい後の遺骨の納骨方法として、手元供養や散骨を選択するのも一つの手です。

5.新しい弔いの形を知ろう

墓じまい後の弔い方にはどのようなものがあるのでしょうか。

5-1.永代供養墓

墓地の管理者が継承者に代わって遺骨を管理・供養を続けてくれるお墓のことです。墓じまいをした人の半数が、永代供養墓を選択しています。最初に費用はかかりますが、年間管理料などは発生することはありません。ただし、遺骨を返却してもらうことはできないため、よく考えた上で選択する必要があるでしょう。

5-2.納骨堂

遺骨を安置する建物のことを納骨堂といいます。室内で遺骨を管理するため、お墓に比べて管理する手間はかかりません。ただし、管理者は必要になるので「継承者がいない」という理由で墓じまいする場合の納骨先としては向いていないでしょう。

5-3.樹木葬

遺骨を自然に還(かえ)す方法として近年注目を集めているのが、樹木葬です。方法としては、墓石の代わりに樹木を植え、その周りに遺骨を埋葬します。基本的に管理の必要がなく継承者を必要としませんが、最初にかかる費用は永代供養墓より高額になるのが特徴です。

5-4.散骨

散骨とは、粉末状にした遺骨を海や山などにまく供養方法のことをいいます。近年、後継者がいない人や家族の負担を減らしたいという人が、墓じまい後に散骨を希望する例が増えてきているのです。ただし、場所によっては条例で散骨を禁止しているところもあるため、事前にしっかり調べておく必要があるでしょう。

5-5.手元供養

手元供養とは、遺骨を自宅で保管して供養することです。遺骨を骨壺(こつつぼ)などに入れて保管する場合と、アクセサリー型の容器に入れて身に着ける方法があります。ただし、最終的には遺骨が手元に残るため、供養先を探す必要があるでしょう。

6.墓じまいに関するよくある質問

「墓じまいについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.墓じまいで追加費用がかかるのはどのようなケースですか?
A.お墓が山奥にある場合などは、その可能性があるでしょう。また、今まで使っていた墓石をそのまま別の場所に移す場合も、運搬のための費用が発生します。

Q.墓じまいの際に発生するトラブル例としてはどのようなものが多いですか?
A.やはり、親族間のトラブルが最も多くなっています。勝手に墓じまいをして大きなもめ事に発展するケースも多いため、全員が納得するまでしっかり話し合いをしてください。

Q.墓じまいを代行してくれる業者もあるのでしょうか?
A.あります。弁護士や行政書士か、墓じまい代行業者に依頼することが可能です。

Q.土葬の遺骨を改葬するにはどうしたらよいでしょうか?
A.再火葬が必要になります。火葬許可証をもらい、火葬場で焼いてもらいましょう。

Q.墓じまいの代行サービスを依頼した場合の費用はどのくらいかかりますか?
A.一般的には、10万~30万円が相場です。

まとめ

墓じまいを検討する理由や、流れ・費用などを詳しくご紹介しました。「継承者がいない」「管理するのが難しくなった」などの理由で、墓じまいを検討する人は増えています。どんな手順で手続きをすればよいのかなど、ぜひこの記事を参考にしてください。