遺品整理と不用品回収の違いは何? 失敗しないポイント・コツを解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「遺品整理と不用品回収の違いを知りたい」とお考えではありませんか。両方とも不用品を片付けることが同じでも、細かい点を比較するとさまざまな点が違うものです。それに、業者に依頼する場合、どんな業者を選ぶべきか迷いますよね。

そこで今回は、遺品整理と不用品回収の違いについて詳しく解説しましょう。

  1. 遺品整理と不用品回収の違いは?
  2. 遺品整理の主な注意点
  3. 遺品整理と不用品回収の業者選び
  4. 遺品整理と不用品回収の違いに関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理と不用品回収の違いがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。


1.遺品整理と不用品回収の違いは?

最初に、遺品整理と不用品回収の主な違いについて見ていきましょう。

1-1.遺品と不用品の違いは?

遺品と不用品とは、それぞれ以下のようなもののことです。

  • 遺品:故人が残したもの
  • 不用品:必要がなくなったもの・特に使う予定がないもの

遺品の中には、不用品だけでなく形見や金銭価値が高いものも含まれるため、処分するときは注意が必要です。

1-2.遺品整理は故人の供養にもなる

遺品整理は、故人の持ちものを丁寧に整理・処分することで、供養のひとつという意味合いがあります。また、遺族が故人の遺品と一緒に悲しみを整理することにもなるでしょう。一方、不用品回収は、故人が大切にしていたものや遺族にとって思い出のあるものでも一般の不用品と区別せずに処分します。遺品整理は、供養という意味を考えても、遺品整理業者に依頼したほうが適切に対応してくれて安心です。

1-3.不用品回収は遺品と不用品の区別をしない

遺品整理では、すべてのものを遺品として扱うため、丁寧に仕分け・作業をします。しかし、不用品回収は遺品と不用品を区別せずに作業するため、中には雑に扱われることもあるでしょう。また、不用品回収はあくまでも「処分」を前提にしているため、価値があるものが含まれても廃棄される恐れがあります。

2.遺品整理の主な注意点

遺品整理の主な注意点について詳しく解説します。

2-1.故人の遺志を尊重する必要がある

遺品は、故人の持ちものです。いくら亡くなった後でも、故人の遺志を無視することはできません。生前に遺言やエンディングノートで遺品の扱いに関する指示があったら、できるだけ従いましょう。遺品整理を故人の遺志に従って進めるのは、供養のひとつでもあるのです。

2-2.相続が関連する

遺品には、相続が関連する場合があります。遺品整理中に現金や預金通帳など、相続対象となるものが見つかるケースも多いのです。不用品回収業者に依頼した場合、そのまま処分されてしまうこともあるので注意しましょう。トラブルを避けるためにも、遺品整理の際は、必ず相続に関係するものを最初に探すことが大切です。

2-3.親族間のトラブルや形見分けの問題がある

遺品整理は、親族間のトラブルが起きやすいので気をつけてください。勝手に遺品整理を進めてしまい、後から文句を言われるケースが多く見られます。また、形見分けの問題もあるでしょう。適当に処分したり勝手に形見分けをしたりすると、長期間わだかまりが残りやすいものです。遺品整理するときは、親族全員の了承を得てから進めることをおすすめします。

2-4.ゴミ屋敷の片付けを甘く見ないこと

ゴミ屋敷の片付けを甘く見てはいけません。高齢になると、身体能力や判断力が衰えてものを捨てることができず、ゴミ屋敷状態になることがあります。実際に、遺品整理で初めて現状を知ってびっくりする遺族も多いものです。自分たちで片付けるつもりが、物量と汚れ具合を目の当たりにして途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

3.遺品整理と不用品回収の業者選び

遺品整理や不用品回収は、信頼できる業者に依頼すると便利です。

3-1.業者に依頼すべきケースは?

以下のようなケースは、遺品整理や不用品回収を業者に依頼することをおすすめします。

  • 物量が多い
  • 部屋の汚れがひどい
  • 人手や時間が足りない
  • 賃貸の退去期限が迫っている
  • 相続が関連している
  • 楽に片付けたい
  • 自分たちで進めていたが途中で挫折した
  • 遠方で足を運びにくい

3-2.遺品整理業者と不用品回収業者の違い

遺品整理業者と不用品回収業者の主な違いについては、以下を参考にしてください。

  • 遺品整理業者:遺品の仕分けと処分・遺品供養・特殊清掃などを幅広く行う
  • 不用品回収業者:不用品の回収や処分を行う

遺品整理業者のほうが専門性が高く、幅広い業務を取り扱っています。専門知識や経験に基づいた細かなサービスを期待できることからも、遺品整理は遺品整理業者に依頼することがおすすめです。

3-3.遺品整理士が在籍していることが重要

遺品整理業者を選ぶときは、遺品整理士の在籍をチェックすることが重要です。遺品整理士は、遺品整理に関する正しい知識を持っています。故人の遺志や遺族の気持ちに気配りができ、満足できるサービスを受けられることでしょう。なお、当遺品整理ファンデックスにも遺品整理士の有資格者が複数在籍しています。安心して遺品整理をお任せいただけますので、お気軽にご相談ください。

3-4.ホームページや見積もりへの対応などで判断する

多くの業者は、自社ホームページを用意しています。信頼できる業者のホームページには、以下のような特徴があるので参考にしてください。

  • サービス内容を分かりやすく説明している
  • 連絡先を明記している
  • 知りたいことがどこにあるか分かりやすいレイアウト
  • 費用が明確に記載してある

また、見積もりを依頼したときの対応もしっかりチェックしましょう。信頼できる業者なら、迅速かつ丁寧に対応してくれます。対応が遅く雑な業者や急ぐ業者は、信頼できません。

3-5.悪質業者の手口に注意しよう

遺品整理業者の中には、悪質業者も含まれています。たとえば、以下のようなポイントに当てはまる場合、悪質業者の可能性が高いので注意してください。

  • いきなり訪問してくる
  • 「格安料金」を必要以上に強調して近づいてくる
  • きちんとした自社ホームページや名刺がない
  • とにかく家に上がりたがる
  • 「契約するまで帰らない」と居座られる

悪質業者と契約すると、法外な費用を請求されたり依頼していないものまで無理やり回収されたりします。遺品整理で後悔しないためにも、信頼できる業者に依頼してください。

4.遺品整理と不用品回収の違いに関するよくある質問

最後に、遺品整理と不用品回収に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.不用品回収業者に遺品整理もしていると言われたのですが?
A.不用品回収業者によっては、遺品整理を行っているところもあります。ただし、遺品整理を主な業務としていないため、専門知識に乏しく、サービス内容が不十分なこともあるので注意してください。

Q.遺品整理業者に依頼すれば形見を探してもらえる?
A.依頼することは可能です。形見の特徴を書いたメモを業者に渡して、遺品整理のときに探してもらいましょう。ただし、確実に見つかる保証はありません。

Q.遺品整理後に不用品回収業者に依頼すれば安くなる?
A.はい。遺品整理を遺族がすべて行い、不用品を回収するだけの状態にできれば、費用が安くなる可能性は高いでしょう。

Q.遺品供養は必ずするべきか?
A.気持ちの問題なので、必ずするべきとは断言できません。ただし、仏壇や位はいなどは供養してから処分したほうが、気持ちもスッキリするでしょう。

Q.遺品整理中ずっと立ち会う必要はある?
A.業者によって異なりますが、多くの場合でずっと立ち会う必要はありません。立ち会いを不要としていたでも、業者から緊急連絡が入ることがあるため、携帯電話の番号などを知らせておきましょう。

まとめ

今回は、遺品整理と不用品回収の違いについて詳しく解説しました。遺品整理で後悔しないためにも、遺品整理と不用品回収の違いをよく理解することが大切です。遺品は故人の持ちものであり、整理・処分することは供養のひとつにもなります。特に、相続が関連している・親族同士のトラブルを避けたい場合は、安易な判断で処分しないように注意してください。まずは、遺品整理で豊富な実績があり、信頼できる遺品整理業者によく相談して進めるといいでしょう。