大掃除で断捨離するにはコツがあった! 処分すべきものはコレ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ものを減らそう、断捨離しよう、と思ってもなかなかきっかけがつかめなくて先延ばししている人はいませんか? 大掃除は、断捨離を始めるのにぴったりなタイミングです。この記事では、大掃除で断捨離する方法やコツをお伝えします。

  1. 大掃除と断捨離について
  2. 大掃除の断捨離の方法
  3. 大掃除の断捨離、不用品について
  4. よくある質問

この記事を読むことで、大掃除の断捨離について理解が深まります。やる気が出たら、ぜひ実践してください。不要なものを処分して、シンプルに整った部屋で新しい年を迎えましょう。


1.大掃除と断捨離について

効率よく大掃除をするには、その前に不要品を処分し、ものを減らしておくことが大切です。同時にやることで効果が高まる大掃除と断捨離について説明します。

1-1.断捨離とは

断捨離とは単なる片付けのハウツーではなく、不要なものを減らして暮らしに調和をもたらそうという思想です。やましたひでこ氏が提唱しているもので、実践すると人生が変わるともいわれています。断捨離とはヨガの考え方である「断行(だんぎょう)」「捨行(しゃぎょう)」「離行(りぎょう)」を応用したもので、以下の意味が込められているのです。

  • 断=ものが入ってくるのを断つ。家の中にものが増えるのは、ものを買うあるいはもらうことが原因。中には拾ってくるものもある。この3つのルートで家の中に入り込んでくるものを減らすこと
  • 捨=不要なものを捨てる。家の中に入ってきてしまったものを家の外に出す段階。捨てる・譲る・売るなどの方法がある
  • 離=ものへの執着から離れる。自分に本当に必要なものを見極められるようになる

1-2.断捨離のメリット

断捨離は、ものが多くなったから捨てるのではなく、不要なものを買わない・もらわないことから始まります。さらに、不要なものは惜しみなく手放すことで生活空間にゆとりが生まれ、本当に必要なものだけを買うことができるようになるのです。ものへの執着から解放されることで、ものに振り回されることなく、身軽で快適な暮らしができるようになるでしょう。

1-3.断捨離と大掃除の関係

1年の汚れを落とし、すがすがしい気持ちで新年を迎えるための行事が大掃除です。日本では古来、年末の行事として行われてきました。日頃生き届かないところも入念にきれいにする大掃除は、快適な暮らしを見つめ直すいい機会です。ところが、いざ大掃除をしようと思っても、家の中にものが多すぎると、効率よく掃除をすることができません。こんなときこそ断捨離でものを減らせば、大掃除がはかどるだけでなく、日頃の掃除もラクに済むのです。

12