終活の断捨離はいつから? 生前整理・老前整理の始め方

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「終活や断捨離という言葉が気になる……」と、感じることはありませんか? 終活や断捨離に興味があっても、やり方がわからない人も多いでしょう。しかし、今や終活と断捨離は生活のダイエットとして、若い世代にも広がっているのです。この記事では、老前・生前整理、終活における断捨離について解説し、具体的な実践方法を紹介します。

  1. 終活と断捨離について
  2. 終活と断捨離の意義
  3. 終活における断捨離の方法
  4. 終活の断捨離のすすめ方
  5. 終活の断捨離のコツ
  6. 終活における断捨離の不用品をどうするか
  7. 終活と断捨離に関するよくある質問
  8. まとめ

この記事を読めば、終活と断捨離について理解が深まり、生前整理・⽼前整理を実行することができます。ぜひ、参考にしてください。


1.終活と断捨離について

1-1.終活とは?

終活とは、人生を総括し、より良い終わりを迎えるための活動です。具体的な活動として、所持品や財産を生前整理することや、葬儀や墓の準備を整えることなどがあります。

1-2.断捨離とは?

断捨離とは、ヨーガの行法である断行・離行・捨行(だんぎょう・りぎょう・しゃぎょう)に由来する言葉で、以下の3つを実践します。

  • 断:いらない物が入ってくることを断つ
  • 捨:家の中にたまった不要な物を捨てる
  • 離:いろいろな物への執着から離れる

1-3.社会背景と流行

「断捨離」は発案者である山下英子氏が著書において発表した言葉で、不要な物を減らして生活を快適にするという思想です。膨大な物を扱うストレスを減らし、人生を快適にするという考え方が共感を呼び、2010年の流行語大賞にも選ばれました。
「終活」は2009年の『週刊朝日』の終活に関する連載を始めとし、終活関連本が多数出版されています。少子高齢化社会において「子供の負担になりたくない」「自分らしい最期にしたい」という層に支持され、広がりを見せてきました。エンディングノートの発売や、生前整理のサポートなど、終活に役立つアイテムやサービスも数多く生まれています。

1-4.目的と必要性

断捨離は絶えず物の片付けに追われ、多くの物に圧迫される生活から逃れるために行います。身軽で快適な生活を手に入れるには、物の流入を断つ・捨てる・執着から離れるという断捨離の3つのステップが役に立つのです。

終活のなかで、生前整理は大きな割合を占めています。家の中が物であふれる状態で人生の終わりを迎えた場合、残された人に膨大な遺品整理の苦労をかけることになるでしょう。この苦労を避けること・財産の整理・人に見られたくないものの処分などを行うのが生前整理です。

物が多すぎて生前整理は難しいと感じる人も多いでしょう。このとき役立つのが断捨離の方法です。断捨離で物を減らし、執着をなくすことは、今後の人生を有意義に過ごすことにも役立ちます。