パソコンが遺品として残されたら? デジタル遺品の対処法を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「親や兄弟が亡くなり遺品として残されたパソコンの処分方法に悩んでいる」という人はいませんか? 今、パソコンやスマホ内の情報はデジタル遺品とも呼ばれ、取扱や対処方法を間違えるとトラブルになるケースが増加中です。「デジタル遺品の処分方法や取扱方を知りたい」と思っている人も多いことでしょう。そこで今回は、遺品としてパソコンやスマホが残された場合の対処方法や注意点を紹介します。

  1. 遺品としてパソコンやスマホが残されたときの注意点
  2. 遺族がパソコンやスマホに関して困らないようにする対策
  3. パソコンやスマホが遺品になってしまった場合の対処方法
  4. パソコンやデジタル遺品に関するよくある質問

この記事を読めば、パソコンやスマホの正しい処分方法や業者に依頼したほうがおすすめのケースなども分かるでしょう。故人が残したパソコンの処分方法に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

1.遺品としてパソコンやスマホが残されたときの注意点

はじめに、遺品としてパソコンやスマホが残されたときに起こりがちなトラブルや困りごとを紹介します。

1-1.パソコンやスマホが開けない

パソコンやスマホにロックをかけている人は、珍しくありません。家族にもパスワードを知らせていない人も多いことでしょう。そのため、「パソコンやスマホ内のデータを確認したいが、ロックがかかっていて見ることができない」と悩んでいる人もいます。

1-2.各種サービスの解除方法やパスワードが分からない

現在、ネット上ではいろいろなサービスが提供されています。一例をあげると、SNSやショッピングサイト・ネットバンク・証券会社の取引口座などです。これらは、サービスの契約を解除しない限りお金がかかり続けるものもあります。また、ネットバンクの口座などがある場合、金額を確認して遺産相続の手続きが必要です。これらのパスワードや解約方法が分からないと、相続手続きにも影響がでることがあります。

1-3.個人情報が流出した

パソコンやスマホをデータ削除せずに処分した場合、個人情報が流出する可能性があります。クレジットカードの番号や各種サービスの暗証番号はもちろんのこと、写真や住所録なども流出すると大変なことになるでしょう。また、一度流出した情報を完全に削除するのは困難です。

1-4.故人の秘密を知ってしまった

パソコンやスマホの中に、家族でも知られたくない秘密のフォルダを作っている人もいます。パソコンのデータを確認する際、故人の秘密を知ってしまうこともあるでしょう。

2.遺族がパソコンやスマホに関して困らないようにする対策

この項では、自分が亡くなった後で遺族がパソコンやスマホに関して困らないようにする方法を紹介します。

2-1.エンディングノートを作成する

エンディングノートとは、家族や友人などに伝えたいことを自由に書くノートのことです。そこに、ネット上で利用しているサービスや各種パスワード、契約中のサービスなどを書き、自分の死後どうしてほしいかも書いておきましょう。そうすれば、遺族はそれを手がかりにデータの整理ができます。

2-2.自動削除のサービスを利用する

今は、一定期間パソコンやスマホを起動させないとデータを削除してくれるサービスもあります。そのようなサービスに申し込めば、家族にも見られたくないデータを死後に削除することも可能です。ただし、このようなサービスの多くが「一定期間パソコンに触らないとデータを削除する」タイプになります。ですから、パソコンやスマホに一定期間触らないことが多い人は使いにくいでしょう。また、家族が死後すぐにパソコンやスマホを触った場合はデータ消去がうまくいかないこともあります。

2-3.ネットバンキングや証券会社の口座などは家族に伝えておく

ネットバンキングや証券会社の口座などは、前述したように遺産相続に関わってきます。通帳などがなく、ネットがないと見ることができないものは、家族に口座の存在やパスワードを伝えておきましょう。

3.パソコンやスマホが遺品になってしまった場合の対処方法

この項では、パソコンやスマホが遺品になった場合にやることを紹介します。

3-1.データを確認する

エンディングノートが残されていた場合、それを元にパソコンやスマホのロックを解除し、パソコンやスマホを立ち上げてデータを確認しましょう。特に、ネットバンキングや証券会社の口座・残高・借入の有無などを最初に確認してください。

3-2.パスワードが分からない場合はセーフモードで立ち上げる

パソコンのパスワードが分からない場合、Windowsの場合はセーフモードで立ち上げるとパスワードの再設定が可能です。MacBookの場合は、ヒントが設定してあればそこから推測ができます。スマホの場合は、パスワードを忘れてしまうと、最悪初期化しないといけないので注意しましょう。なお、iPhoneの場合は初期化した後でデータをiCloudから戻すことができます。

3-3.パソコンやスマホを処分する場合はデータを削除する

パソコンやスマホを処分する場合は、データを必ず削除しましょう。パソコンの場合は専用のソフトやコマンドでOSごと削除します。スマホは初期化しましょう。なお、パソコンの場合、削除したデータは元に戻らないので残したいデータは必ず事前にバックアップを取ってください。

3-4.データ削除の方法が分からない場合は業者に依頼する

遺品整理ファンデックスをはじめとする遺品整理業者の中には、パソコン内のデータ消去を遺品整理の一環として行っているところもあります。データ消去の方法が分からなかったりパソコンが壊れて立ち上がらなかったりする場合は、ぜひ利用してみましょう。

4.パソコンやデジタル遺品に関するよくある質問

この項では、パソコンやデジタル遺品に関する質問を紹介します。

Q.ネットバンキングの口座などは故人が亡くなったら閉じなければダメですか?
A.はい。口座は解約するのが基本です。

Q.SNSを通じた友人たちに自分の死を伝えたい場合はどうしたらいいでしょうか?
A.エンディングノートに自分が亡くなった後でSNSに投稿してほしい文章を書き残しておくのがおすすめです。

Q.自分の死後データを削除してくれるサービスとはどのようなものでしょうか?
A.一定期間パソコンが作動しないとデータが削除されます。ですから、何かの理由で長期間パソコンが使えない場合は、解除しておかないとデータが削除される可能性があるので気をつけてください。

Q.パソコンにはろくなデータが入っていなかった場合、削除する必要はないでしょうか?
A.いいえ。必ず削除してください。

Q.パソコンはゴミとして自治体に回収してもらえますか?
A.いいえ。基本的にメーカーに回収してもらいましょう。事情があって今すぐパソコンを処分したい場合は、遺品整理ファンデックスなどを利用してください。

まとめ

今回は、遺品としてパソコンが残された場合の対処方法を紹介しました。「パソコンのことはよく分からない」と放置しておいて、後になって借金があることが発覚すれば、遺産相続がうまくいかなくなることもあります。必ず中のデータを確認しましょう。そのまま処分してはいけません。データ削除の方法が分からない場合は、遺品整理ファンデックスをご利用ください。