故人名義の口座はどうなるの? 凍結していた・していなかった場合の手続き

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

名義人が亡くなると口座はいったいどのようになるのでしょうか。故人名義だった口座の扱いに困っている人は要チェックです。名義人が死亡した場合の銀行口座について、口座が凍結した場合の手続きや凍結していなかった場合の対応を詳しく説明します。

故人名義の口座をどのように扱えば良いのか困ってしまうものです。きちんと扱い方を把握しておけばスムーズに進めることができますよ。ぜひチェックしてくださいね。

  1. 名義人が死亡した場合、銀行口座はどうなるの?
  2. 口座が凍結していた場合の手続き
  3. 口座が凍結していなかった場合の手続き

1.名義人が死亡した場合、銀行口座はどうなるの?

名義人が死亡した銀行口座は「凍結する」とよく聞きます。本当に凍結するのでしょうか。実際、名義人が死亡したら銀行口座はどうなるのか詳しく説明します。気になっている人はぜひチェックしてくださいね。

1‐1.相続人であっても引き落としはできない

名義人が死亡した場合、たとえ相続人だとしても勝手に口座からお金を動かすことはできません。なぜなら、名義人が亡くなった時点で口座に残っているお金は「相続財産」、遺産になるからです。相続人でも遺産を自由に引き出すことはできません。

また、名義を換えることもできないので注意してください。つまり、故人口座は凍結するのです。銀行は名義人の死亡を確認してから口座を凍結します。銀行が口座を凍結するのは相続人の権利や故人の遺志を守るためでもあるのです。勝手に相続人の1人が口座をいじってしまえば相続争いに発展してしまいます。銀行は相続争いにならないため凍結を実行している目的もあるのです。

1‐2.どのようにして名義人の死亡を知るの?

なぜ銀行は名義人の死亡を知ることができるのでしょうか。銀行は名義人の死亡を確実に把握しなければ口座を凍結しません。つまり、口座が凍結できたことは銀行がきちんと死亡を確認した証拠でもあるのです。基本的に、人が亡くなると市役所に死亡届を出します。

死亡届を出したからといって市役所から銀行に連絡がいくわけでもありません。銀行は新聞紙のおくやみ欄や遺族の申し出によって死亡を確認しています。しかし、新聞紙のおくやみ欄を常にチェックしているわけでもないので凍結しない口座も結構あるのです。遺族が申し出をしない限り、故人名義の口座は凍結しないケースもたくさんあります。

1‐3.銀行が把握していない限り口座は凍結しない

故人口座が凍結するのは銀行が名義人の死亡を確認したときです。つまり、銀行が把握していない限り口座は凍結しません。そのまま自由に引き落としができるでしょう。公共料金などの引き落としも通常どおりになります。死亡の事実を管理している銀行側が知らない限り、凍結しないことを覚えておいてくださいね。

窓口などで「名義人が死亡したので」などいってしまえばすぐに口座が凍結します。自由に引き出せなくなってしまうため、報告するタイミングには注意しておかなければなりません。1度凍結した口座は必要な手続きを完了しなければ再び使えないのです。時間がかかってしまうので注意してください。

名義人が死亡した場合、銀行口座は凍結されるんですね。
はい。そのため、必要な現金は凍結前に引き出しておくことが大切です。

2.口座が凍結していた場合の手続き

2‐1.手続きに必要な書類をすべて用意する

亡くなった人の口座がすでに凍結していた場合、手続きをしなければ自由に引き出すことができません。故人の葬儀にかかる費用をまかないたくてもスムーズにできなくなってしまいます。なぜなら、手続きには必要な書類があるからです。

また、用意しなければならない書類もケースによって異なります。たとえば、法定相続分以外の割合で財産をわけるケースです。法定相続分以外の場合は遺産分割における協議で必要な書類を作らなければなりません。

そして、銀行が準備してほしい書類をすべて集める必要があります。一般的に、遺産分割協議書・故人の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明書、通帳・カード・届け印が必要になるでしょう。法定相続分のケースは遺産分割協議書を用意する必要はありません。このように、ケースによって必要な書類が異なります。

2‐2.遺言書がある場合

基本的に銀行が用意してほしいといってくる書類は「故人の出生から死亡までの戸籍謄本」と「相続者全員の戸籍謄本」になります。しかし、故人が遺産相続について記した遺言書がある場合は別になるでしょう。遺言書があるだけで記載している内容に沿って相続するだけで良いのです。銀行に遺言書と必要な書類を提出すればすぐに使えるようになります。

必要な書類といっても、先ほど説明した書類よりも数は圧倒的に少なくなるので安心してください。銀行によって異なりますが、故人の死亡記録が載っている戸籍謄本だけで良いとしているところがほとんどです。そのため、遺言書がある場合は必ず銀行に持っていきましょう。

また、口座のある銀行によって必要な書類や手続きが異なります。必ず電話や窓口で説明を受けてくださいね。

口座の凍結を解除するには必要な書類や所定の手続きがあるんですね。
はい。遺言書があったほうがスムーズに凍結解除ができるでしょう。

3.口座が凍結していなかった場合の手続き

3‐1.相続税の申告をする場合は要注意

口座が凍結していない場合、自由に引き出すことができます。しかし、自由に引き出すからといって油断をしてはいけません。相続税の申告をしなければならない場合、注意が必要になります。口座が凍結する前に1,000万円入っている預金から500万円引き出したとしましょう。

そして、銀行が凍結した後、残りの500万円で相続税を申告してはいけません。脱税行為になってしまいます。税務省はきちんと調べているため、財産が1,000万円あることをすぐに把握するでしょう。トラブルにならないためにも、故人が亡くなったときの残額である1,000万円で申告してください。故人の死亡日における残高が「相続財産」になるのです。

3‐2.トラブルを防ぐためには凍結したほうが良い

故人口座が凍結すると手続きなどで再び使えるまで時間がかかってしまいます。そのため、凍結する前に引き落とす人が結構多いでしょう。しかし、状況によっては逆に早く凍結したほうが良いケースもあるのです。

最近では、親族による遺産相続のトラブルが多発しています。勝手に相続人の1人が故人口座からお金を引き出すとトラブルに発展してしまうでしょう。トラブルを未然に防ぐためにもできるだけ早めに凍結したほうが安心ですよね。親族同士の関係は人によって異なります。現在状況をきちんと把握しながらすぐに凍結したほうが良い場合は銀行に申し出てくださいね。

凍結していない口座だからといって、現金をむやみに引き出してはならないんですね。
はい。どうしてもという場合を除き、相続が終わるまでは手をつけないほうがいいでしょう。

まとめ

名義人が死亡した場合、銀行口座はどうなるのかについて説明しました。事前に口座が凍結した・凍結していなかった場合の対処法・手続きを知っておけば、スムーズに口座を扱えますよね。慌てることのないように知識を身につけておいてください。親族同士でしっかり話し合うことも大切なポイントになります。

  • 相続人であっても自由に引き落としはできない
  • 銀行は新聞紙や遺族の申し出によって凍結する
  • 銀行が把握していない限りは故人口座を凍結しない
  • 手続きに必要な書類をすべて用意する
  • 遺言書がある場合はスムーズに手続きができる
  • 相続税の申告をする場合は預金残高に要注意
  • トラブルを防ぐためには凍結したほうが良い

以上のポイントは必ず押さえておきたいですね。故人名義の口座は亡くなった瞬間から「遺産」に変わります。相続人の勝手では引き落としができないことを覚えておきましょう。